モスクワ オリンピック ボイコット。 モスクワ五輪ボイコットから40年“代表選手に東京大会で光を”

英仏も参加したモスクワ五輪 この事実がなぜあまり知られていない?(1/4)

モスクワ オリンピック ボイコット

東京オリンピックがどんどん近づいています。 そんななか、 新国立競技場周辺に設置する新たな五輪博物館 「日本オリンピックミュージアム」に モスクワオリンピックに出場予定 だった 選手の名前が刻まれることになったそうです。 1980年に開催されたモスクワオリンピックには日本は出場をボイコットし 代表として選ばれた選手たちは「 幻の代表」と呼ばれました。 出場してないので、国際的には「オリンピアン」と認められてなく 日本でも認定証とバッジが配られたくらいだったとか。 選手たちは参加したかっただろうし、今回のことで国内だけでも名前が刻まれる というのはいいことだと思います。 ところでなぜモスクワオリンピックをボイコットしたのでしょうか? そこには 東西冷戦という当時の事情が絡んでいたのです。 そこでボイコットした理由や出場予定だった有力選手など調べてみました。 モスクワオリンピック モスクワオリンピックはソビエト連邦(当時)の首都モスクワで行われたオリンピックで 1980年7月19日から8月3日まで開催されました。 社会主義国家としては初のオリンピック開催で大会マスコットは 熊をモチーフにしたミーシャ。 日本ではオリンピックの前年に「こぐまのミーシャ」というアニメが放送されています。 このモスクワオリンピックはテレビ朝日が独占放映権を獲得していたのですね 「こぐまのミーシャ」もテレビ朝日系列で放送、力を入れていたんでしょう。 しかし、 日本がボイコットしたので放送は深夜の録画放送のみとなったそうです。 自国開催だったソ連や社会主義の東欧諸国ではメダル獲得が義務付けられ 組織的なドーピングが行なわれ後に健康被害を出した選手もいるといわれています。 そういえば、2014年のソチ冬季オリンピックでもロシアの国家ぐるみのドーピングが 明るみに出ていましたね。 ボイコットの理由 なぜ日本はモスクワオリンピックをボイコットしたのでしょう? 当時は 東西冷戦という時代背景がありました。 1979年12月 ソ連がアフガニスタンに侵攻しました。 それを受けて1980年1月、 アメリカのカーター大統領がボイコットを呼びかけたのです。 その後、日本や西ドイツ、当時ソ連と対立していた中国など50か国ほどが ボイコットを決めました。 4月、日本政府はボイコットの方針を決めJOC(日本オリンピック委員会)に伝えます。 選手たちはJOCに参加を訴えたそうです。 この時期がピークの選手もいたでしょうし、是非とも参加したかったことでしょう。 しかし1980年5月24日、JOCは臨時総会を開き投票(不参加29参加13)で不参加が 決定しました。 4年後の1984年。 アメリカでロサンゼルスオリンピックが開かれましたが、今度はア メリカのグレナダ侵攻 を理由に東欧諸国がボイコットしています。 幻の代表の有力選手 幻の代表と言われたモスクワオリンピックに出場するはずだった選手たち。 金メダル候補と言われた選手もいました、何人か紹介します。 瀬古利彦 元マラソンの選手です。 モスクワオリンピックで金メダルの東ドイツワルデマール・チェルピンスキー選手に 何度か勝ったことがあったそうで、メダルを期待されていました。 山下泰裕 元柔道の選手です。 全日本選手権で4連覇していて、メダルが期待されていました。 4年後のロサンゼルスオリンピックでは金メダルを獲得しています。 高田裕司 元レスリングの選手です。 1976年の モントリオールオリンピックで金メダル、モスクワオリンピック でも連覇確実とまで言われていました。 一旦レスリングを引退し、復帰した1984年の ロサンゼルスオリンピックでは 銅メダルを獲得しています。

次の

モスクワ五輪ボイコット40年 JOCの苦い経験、問われる存在

モスクワ オリンピック ボイコット

三浦甲子二NET常務。 実際、モントリオール五輪に際し、アメリカ国内では3大ネットワークが熾烈な争奪戦を展開した結果、ABCが75億円で独占放送権を得たのに対し、日本国内での放映権料は3億9000万円に抑えられた。 これがモスクワ五輪に際しては、米国内ではNBCが約200億円で、NETもその10%程度とはいえ約20億円で獲得したと伝えられた(西田善夫『オリンピックと放送』丸善ライブラリー。 金額は当時のドル・円のレートより算出)。 NETは放送権獲得後、国内の放送各社に対し、時間や金額が合えば、希望する局には五輪の映像を分配するとの基本方針を示す。 それでも、NETに対し、NHKとほかの在京民放3局(日本テレビ・TBS・フジテレビ)の反発もあり、話し合いはなかなか進まなかった。 しかし、いざ開催年の1980年を迎えると、思いがけない展開を見せる。 前年末の開催国のソ連(当時)によるアフガニスタン侵攻に対し、アメリカが抗議してモスクワ五輪への不参加を決定、日本もこれに同調したのだ。 日本選手が出なければ中継の視聴率は見込めない。 そのためテレビ朝日は、五輪放送の総時間を、当初計画の206時間余から44時間余へと大幅に縮小せざるをえなかった。

次の

ご存知ですか? 3月9日は日本教育テレビがモスクワ五輪独占放送権を獲得した日です

モスクワ オリンピック ボイコット

大会開催までの経緯 [ ] ソ連はでに初参加してから、常に国別の争いで上位に立ち、と呼ばれるトップ選手の獲得を国威発揚に活用していた。 その集大成として、自国の首都モスクワでのオリンピック開催を目指すようになった。 一方、オリンピック自体は巨大化の弊害が見え始め、での()などもあり、開催都市への負担が大きくなってきた。 その中で、スポーツ大国のソ連が運営を全面的に担うというモスクワ開催は支持を集め、、ので開かれた第75回でモスクワでの1980年夏季五輪の開催が決定された。 1980年夏季オリンピック 開催地投票 都市 国 1回目 39 20 モスクワでの初の開催の決定を受けて、大会施設の建設が急ピッチで行われたほか旧態化していたモスクワの当時の空の玄関であるのが大幅改修されるなど行われた。 ボイコット問題 [ ] 開会式に入場する代表チームの旗手。 でソ連と対立するのが1980年1月にボイコットを主唱し、、のや、それに1979年10月の IOC 理事会(名古屋開催)でIOC加盟が承認されていたが、以降ソ連と対立関係にあったや、、、などといったでを支援する諸国、および的立場の強い諸国など50カ国近くがボイコットを決めた。 一方で・の西側諸国の大半、すなわち、、、、、、、などは参加した。 イギリスではボイコットを指示した政府の後援を得られず、オリンピック委員会が独力で選手を派遣した。 またフランス、イタリア、オランダなど7カ国は競技には参加したものの、開会式の入場行進には参加せずイギリス、ポルトガルなど3カ国は旗手1人だけの入場行進となった。 これらの参加した西側諸国は概ねを用いず、優勝時や開会式などのセレモニーではとが使用された。 ただし、は国旗を用いている。 アメリカは、、日本、西ドイツ、中華人民共和国といったボイコットした国々とモスクワ五輪に対抗した競技大会を準備し 、 ()として1980年7月にで開催された。 日本 [ ]• ボイコット決定前 - 日本では決定前からモスクワオリンピック参加確定をほぼ疑わない空気が醸成されており、オリンピック協賛企業のテレビCMでは「頑張れニッポン!は近い!」と煽るフレーズが盛り込まれていたほか、後述の『めざせモスクワ』リリースや製作の『』が放映されるなど、プレイベントが各媒体で大々的に行なわれていた。 1980年2月 - 前月のアメリカからの西側諸国への要請を受け、は大会ボイコットの方針を固めた。 一方、 JOC は大会参加への道を模索した。 1980年4月 - 日本国政府の最終方針としてボイコットがJOCに伝えられた。 多くの選手はJOC本部で大会参加を訴えた。 1980年 - JOC総会の投票(29対13)でボイコットが最終的に決定された(なお、この採決は挙手によるもので、(当時)も出席しており、各競技団体の代表者には、参加に投票した場合には予算を分配しないなどの圧力がかけられていた)。 1980年 - JOC常任委員会、(幻のメンバー)を承認し、同時に大会への不参加を確認する。 前後のボイコットとの関連 [ ] 上記3大会とも出場した国 モスクワオリンピックへのボイコットを呼びかけ、中心的存在であったアメリカが開催する予定になっていた、次()の夏季オリンピックであるには、のを理由に多くの東側諸国が報復としてボイコットした。 中でもはモスクワオリンピックとロサンゼルスオリンピックを両方ともボイコットしている。 なお、前回のではの政策に絡み、諸国の多くがボイコットをしたが、今回の五輪では主にを除いたアフリカ諸国が復帰した。 一方で、モスクワオリンピックをボイコットした韓国で次々回に開催されたには、中華人民共和国もほとんどのアフリカ諸国もソ連をはじめとする(とを除く)も参加し、大規模なボイコット合戦にようやく終止符が打たれた。 めざせモスクワ [ ] この大会に前後して、西ドイツのポップグループでもあるがモスクワをモデルにして作った曲『』が世界的にヒットした。 西ドイツはモスクワオリンピックをボイコットしたにもかかわらず、これが縁でジンギスカンはモスクワオリンピックに招待された。 日本でも(所属声優のユニット)やによってカヴァーされた。 前者はオリンピックを強く意識した歌詞、後者はオリンピックと全く関係ないモスクワ観光的な歌詞だった。 実施競技 [ ] モスクワオリンピックの。 西側諸国の多くがボイコットした事で、大会はのメダルラッシュとなった。 特にソ連は自国開催の強みを最大限に発揮し、元来の得意種目の重量挙げや射撃に加えアメリカが不参加の競泳や陸上、日本が不参加の男子体操やバレーボールで順調に金メダルを獲得した。 金メダル80個はでのアメリカの83個に次いで、一つの大会での2番目の獲得記録となっている。 また、ソ連と同じく「ステート・アマ」が選手のほとんどを占めるもボートで14種目中11個の金メダルを稼ぎ、47個と第2位の金メダルを獲得した。 一方、東側諸国に押され気味の西側諸国の中ではイギリスが陸上男子のトラック競技で健闘し、100mのウェルズ、800mのオヴェット、1500mのコーと3つの金メダルを獲得している。 主な競技会場 [ ]• マイナー・アリーナ• オリニピック・プール• スポーツパレス• ドルジバ・マルチプロセス・アリーナ• (キエフ)• (サンクトペテルブルク)• ピリタ川(タリン) 各国・地域のメダル獲得数 [ ] 詳細は「」を参照 順 国・地域 金 銀 銅 計 1 (開催国) 80 69 46 195 2 47 37 42 126 3 8 16 17 41 4 8 7 5 20 5 8 3 4 15 6 7 10 15 32 7 6 6 13 25 8 6 5 3 14 9 5 7 9 21 10 3 14 15 32 主な金メダリスト [ ]• (、男子)• (、陸上競技男子)• (イギリス、陸上競技男子)• (イギリス、陸上競技男子)• (、陸上競技男子、)• (ソビエト連邦、陸上競技女子100m)• (、陸上競技女子)• (ソビエト連邦、陸上競技女子800m)• (ソビエト連邦、陸上競技男子)• (イギリス、陸上競技男子)• (東ドイツ、ボクシングフェザー級)• - 男子体操団体総合、個人総合他。 金3個、銀4個、銅1個を獲得し、のと並ぶ、個人の一大会最多獲得メダル記録を持つ。 ソビエト。 (、体操男子団体総合、種目別)• - 女子体操のと。 「白い妖精」。。 - 男子競泳自由形1500m。 人類史上初の「14分台スイマー」。 ソビエト。 - 女子。 この大会からまで金8個、合計12個のメダルを獲得。 東ドイツ。 - 男子マラソン。 に続く2連覇。 東ドイツ。 - 男子ボクシングヘビー級。 ミュンヘン以来の3連覇。 キューバ。 - 西側諸国のボイコットにより急遽繰り上げ出場となり、オリンピック初実施の同種目で同国初の金メダルを獲得。 大会マスコット [ ] 閉会式のマスゲームで涙を流すミーシャ ミーシャ をモチーフにした。 日本では系列(製作は)にて、開催の前年からこのマスコットを主人公とした『』というが放映されていた。 主題歌にはのも使われていた。 閉会式でやの影響でアメリカや日本、西ドイツや韓国といったがボイコットした事に対しての演出でミーシャが涙を流すというが行われた。 それから34年後のの閉会式にてミーシャの孫とされるホッキョクグマのマスコットが現れ、モスクワオリンピック閉会式の映像を流した後、スタジアムに設けられた小さな聖火台の聖火を吹き消すと共に一筋の涙をこぼすという場面が演出された。 テレビ放映 [ ] ソ連国内では全連邦ラジオで、欧州では (31カ国)とインタービジョン (11カ国)、中南米ではOTIを通じて放送された。 オーストラリアでは 、アメリカ国内では で放映したが、一部の国では放送体制を大幅縮小した。 また、カナダは当初で放送予定だったが、カナダのボイコットを受け中止が決定した。 日本ではに系列が独占放映権を獲得した。 しかし、日本のボイコットが決まったため、中継体制は大幅に縮小され、深夜の録画放送のみとなった。 放映権料についてはを参照。 なお、この前にテレビ朝日の重役で「怪物」と呼ばれたがソ連の高官と会っていたことから、に絡む黒い噂を含むが流れたことがある。 その後の影響 [ ] 国際的影響 [ ] 大会そのものは事件もなく平穏に終わったが、西側諸国の集団ボイコットによりその権威が失墜したことは疑いようがなかった。 閉会式のミーシャの涙に象徴されるように、ソ連の失望と怒りは深く、次のでは東側諸国を巻き込んだ報復ボイコットにつながった。 それを暗示するように、閉会式でのでは「 ロサンゼルスで会いましょう」という文字が一切出なかった。 大会後、がIOC会長を退任し、が新会長となった。 これ以上の大量ボイコットを避ける為の政治的独立と、その裏付けになる経済的自立を志向し結果的にや大型スポンサー契約に依存するへの傾斜を強め、プロ選手の出場解禁に道を付けた。 自国開催のソ連の選手には金メダル獲得が義務付けられ、他の東側諸国でも似たような状況となった。 その結果、組織的なが行われ、後に多くの選手が健康被害を受けることになったといわれている。 日本国内の影響 [ ] 種目によっては、世界トップレベルの大会への参加に8年間の空白が大きなマイナスに作用した。 団体競技の影響• 男子体操 - のから続けた5連覇が自動的に途絶えた金メダル奪回は、のにてようやく実現。 バレーボール - その後、男女とも未だに金メダルの再獲得に至っていない。 男子ハンドボール - の(以下、ロサンゼルス)、の(以下、ソウル)と2大会連続出場を果たすも、の(以下モントリオール)の9位には及ばず、の以降出場自体が途絶えた。 女子バスケットボール - ボイコットへ動き出していた最中に世界予選出場も敗退。 モントリオール以来の2度目の出場はのまで20年要した。 男子バスケットボール、同ホッケー、女子ハンドボール - 自国開催ののまで出場権獲得ならず。 特に男子バスケットボールは開催国枠も失う危機に見舞われた。 個人競技の影響• - 補欠として代表の可能性を残していたが完全消滅。 その後大学生の身分のままプロ転向。 () - のを協会の不祥事で出場を閉ざされて以来機会に恵まれず、念願の代表選出だったが、これも幻に終わった。 のでは次女であるがオリンピック出場を果たした。 - 前年の71kg級で優勝。 代表が内定していたがボイコットを契機に一度は現役引退。 その後、の柔道師範としてを指導していたこともあった。 - 競輪に転向。 ロサンゼルスでは弟であるに託し銅メダルを獲得している。 - その後、ロサンゼルス、ソウルと2大会連続出場を果たしたものの、ソウルで9位にとどまる。 - 現役引退。 後に復帰し、ロサンゼルスで銅メダルを獲得。 自転車競技 - 1977年にに合格しながらも、それを辞退して当大会にかけたものの出場叶わず。 当時存在した競輪学校の年齢制限(24歳未満)のため競輪選手への道も閉ざされたことから、このまま現役を退いた。 ボート、 - ほとんど一人の力で代表の座を勝ち取ったが、幻の出場に終わった。 その後、国内各地のレガッタに出場した。 - 当時11歳。 夏季五輪では初めての小学生の五輪代表選手だった が幻に終わった。 その後、ロサンゼルス、ソウルと出場したがいずれもメダル獲得は果たせなかった。 柔道 - 世界柔道選手権4回優勝の実績者で、代表が内定していたものの出場叶わず。 その後指導者となり、のでは審判員としてオリンピックの舞台に立った。 レスリング - 大学中退し、大相撲に転向。 レスリング - プロレスに転向。 1986年に復帰するもオリンピック出場果たせず。 柔道 - ボイコット決定の翌日に全日本体重別選手権で骨折を追う不運も重なるが、当時の東海大学総長の勧めで現地観戦。 それが功を奏しロサンゼルスにモスクワ組で唯一出場し金メダルを獲得。 テレビ朝日• 1977年の社名変更に続く大改革の柱だったオリンピック独占中継の価値が大暴落し、大きなダメージを負った。 ただ、この中継の留守番予備軍として大量に採用したアナウンサー達から、、、、、といった、のちに活躍することになる局アナを多く輩出した。 その後のJOCの対応• 不本意ながら政府のボイコット指示を受け入れざるを得なかったJOCは政府()から自立する形での組織の基盤強化の必要性を痛感し、にから独立し、としての活動を行うこととなった。 再招致 [ ] モスクワは、したが最初の投票で落選した。 なお、同年の開催地となったロンドンの招致委員長がこの五輪で男子陸上1500m金メダリストのセバスチャン・コーであった。 脚注 [ ]• 日刊スポーツ 2014年2月24日閲覧• 2, p. 379• SANSPO. COM 2020年5月24日• - 毎日新聞 2015年03月26日 18時32分• 後にの短編集「」(「」が収録)で「たった一人のオリンピック」として紹介された。 冬季は1936年の がいる。 参考文献 [ ]• 『オリンピックの政治学』(丸善ライブラリー、1992年)• 著「とオリンピック。 」 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 系で1979年8月 - 10月に月曜19:00 - 19:30 JST に放映された。 タイトルはモスクワオリンピックにちなんだもの。 司会は。 司会はと。 当初はモスクワオリンピックに向けて(同時にテレビ朝日の独占中継を)盛り上げる企画を予定していたが、日本政府の参加ボイコット方針により大幅に変更され、参加ボイコットの是非を問う企画がメインとなった(一部のバラエティ的な企画を除く)。 番組内では終始、参加の賛否についての視聴者アンケートも行われた。 なお、この番組のなかで「モスクワオリンピック応援歌」として初めて(生で)披露されたのが、「」(歌・)である。 外部リンク [ ]• (ロシア語)• 1896:• 1900:• 1904:• 1906: 注1• 1908:• 1912:• 1916: 注2• 1920:• 1924:• 1928:• 1932:• 1936:• 1944: 注2• 1948:• 1952:• 1956: 注5• 1960:• 1964:• 1968:• 1972:• 1976:• 1980:• 1984:• 1988:• 1992:• 1996:• 2000:• 2004:• 2008:• 2012:• 2016:• 2020: 注3, 注4• 2024: 注4• 2028: 注4• 2032: 注4.

次の