デューダ。 DODA(デューダ)スカウトサービスって、どんなサービス?

掲載までの流れ

デューダ

新着求人2週間の露出強化プランあり!• doda(デューダ)の特徴 doda(デューダ)の会員データ・プラン形態 doda(デューダ)は 約474万人(2019年3月末時点)の会員を有し、求人サイトの中でもトップクラスです。 会員の年齢は 34歳以下が全体の約7割、最終学歴は 大卒・大学院卒で約6割を占め、転職コア層が会員の大部分を構成しています。 dodaは掲載プランの形態が大きく2つに分かれているのも特徴です。 一つ目はベーシックな「基本プラン」で、1週目は新着求人として上位に掲載され、最も露出が高くなります。 二つ目のプランは「プレミアプラン」という商品で、1週目と3週目に新着求人として上位掲載されるプランです。 新着求人週が2週分あるため、露出の機会が「基本プラン」よりも多く、貴社求人情報をより多くのユーザーに見せることができます。 掲載料金は基本プランよりもやや高くなりますが、PV数をより集めることができるため、効果を実感いただける商品です。 詳しい料金についてはをご覧ください。 一般的に人材紹介を利用する求職者はキャリア志向・専門性が高いといわれており、即戦力を求める企業のニーズと合致しています。 doda(デューダ)では求人情報サービスと人材紹介サービスの両方を同ブランドで提供しているため、dodaの求人サイトに求人を掲載すると質の高い人材紹介利用者にもアプローチすることができます。 IT系・モノづくり系エンジニアの採用に強い doda(デューダ)のおすすめポイントのひとつはIT系・モノづくり系エンジニアの採用に強いということです。 IT・モノづくりエンジニアそれぞれの特別サイトをもっており、プロモーションにも力を入れていることがこの強みの背景の要因です。 また求人特集もdodaの本体サイトにあり、IT系・モノづくり系エンジニアの特集も組まれているため求職者の目に留まる機会にも恵まれています。 国内最大級の転職フェア 転職フェアとは求人サイトの運営社が開催し、求職者と人材募集企業が実際に会うことのできる転職イベントです。 doda(デューダ)が開催する転職フェアがその他の求人サイトで大きく異なるのは、転職フェアの規模にあります。 なんと大手求人サイトが開催する転職フェアの規模との差は最大でも 約5倍。 求める人材と出会える確率がぐんと上がります。 転職フェアの規模 2019年2月 東京 11,032名 2018年10月 東京 12,134名 2019年2月 大阪 5,324名 2018年11月 大阪 5,609名 2019年1月 名古屋 1,730名 2018年10月 名古屋 1,932名 IT系・モノづくり系エンジニア専用エリアを設置 doda(デューダ)が開催する転職フェアには、IT系とモノづくり系エンジニア専門のエリアが設置されています。 そのため、この専門エリアで出会う人は採用ターゲットであるので、専門用語などを噛み砕く必要もなく求職者と密なコミュニケーションが取れます。 転職フェアの会場にまで、エンジニアを採用したい企業に配慮が行き届いていることが、dodaのエンジニア採用に強い所以のひとつです。 採用スピードの早い転職フェア 転職フェアの魅力は内定出しまでのスピード感が断トツに早いところにあります。 転職フェアは応募前の求職者に会え、求人票などの文字では伝えることが難しい貴社の魅力や雰囲気を直接伝えることができます。 また、履歴書といった書類だけでは判断が難しい人柄などの雰囲気を見ることができるのも魅力です。 転職フェアの面接までのスピード感• 求職者に直接的・能動的にアプローチできる• 採用までのスピードが最速 転職フェア 面接までの ステップ数は 2ステップ• 来場者にアプローチ• 面接 掲載スケジュール・掲載フロー doda(デューダ)の掲載開始日は、 毎週月・木曜日です。 お手持ちの写真の素材・原稿の内容によっては、およそ1週間での掲載開始も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。 (詳細のご掲載スケジュールは営業担当よりご案内させていただきます。 ) ご掲載の流れ• STEP1 お問い合わせ 下記のお問い合せフォームやお電話にて、ご連絡ください。 弊社の採用コンサルタントから、当日中に折り返しご連絡致します。 STEP2 採用ニーズのヒアリング 募集職種、雇用形態、求める人材、採用課題、採用スケジュールなど詳細をお伺いさせていただきます。 STEP3 採用プランのご提案 弊社採用コンサルタントが、お伺いした内容をもとに、最適なプランをご提案致します。 STEP4 取材・原稿作成 求人広告専門の制作・クリエイティブスタッフが、効果の高い原稿を作成するためのインタビュー・写真撮影にお伺いし、取材を致します。 STEP5 掲載スタート 掲載開始後は、採用業務のアウトソーシングなど、採用成功に向けてフォローします。 STEP6 分析・効果測定 応募数や求人情報の閲覧回数、応募者の質などの分析を行います。 分析・効果測定をすることで貴社の今後の採用に活かすことができます。 掲載料金 基本プランの掲載料金 doda(デューダ)の掲載料金をご紹介します。 dodaにはE~Aタイプまで5種類の基本プランがございます。 それぞれのプランによって、doda内の求人一覧ページで順位が異なり、順位が高いほど掲載料金が高くなっております。 必要としている職種や、採用人数などを考慮して、掲載プランを選択することになります。 またWeb上ではお伝えできない特別掲載プランもございますので、お電話・フォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。 プレミアプランの掲載料金 doda(デューダ)にはプレミアタイプのプランも用意されています。 プレミアタイプの特徴は、4週間の掲載のうち1週目と3週目に新着求人扱いとなります。 新着求人は求人一覧ページで上位に表示されるようになっているため、基本プランよりも求職者の目に留まりやすくなります。 そのため基本プランよりも多くの応募数獲得を狙うことができます。 成功事例 採用事例をご紹介しています。 貴社に近い業種や職種・企業規模にあわせて無料で採用事例のご提供も承っておりますので、お気軽にご相談ください。 28歳~32歳• 自分で調べ、考え、行動できる方• 自ら動き、率先してコミュニケーションのとれる方 ご掲載プラン 基本プラン:基本プラン:Aタイプ ポイント 以前は経理経験者ということもあり、人材紹介を中心に複数の求人媒体で採用活動を展開。 しかし「応募者と社風とのミスマッチ」があり、定着にまで至らなかった。 まずは、採用活動のフィールドの見直しから提案。 経理業務経験者の閲覧数が多いとされている求人媒体をピックアップし、その中でも定評が高い「dodaオフィスワーク」を選定しました。 その後、求めている人物像を明確化していくために入念なヒアリングを行い、マッチングを重視した原稿内容への変更だけでなく、お客様の採用基準に関しても明確化し、より精度の高い選考体制を作り上げました。 求職者層や特性を見極めた求人媒体選定と、原稿内容の見直しが大きな効果に結びついたこと、また、お客様側の採用基準も明確化したことでしっかりとした面接を行うことができ、85名の応募からマッチングの高い人材の採用に成功しました。 採用結果 応募数85名、うち1名を採用。 社風にも馴染み、1年2ヶ月経った現在でも活躍中。 お客様の声 複数の求人媒体などを今まで使っていましたが、エランさんのヒアリングやそのヒアリングに基づいたご提案を受けて、自分たちの課題や問題点の認識が甘かったんだと感じました。 求める人物像に合わせた求人原稿の作成方法や写真の撮り方など、細かな部分にまでプロのこだわりを拝見しました。 また採用の成功のために選考体制にまでアドバイスをいただき、何から何かまでお手伝い頂き、大変感謝しています。 中途採用に関連する求人広告.

次の

doda Recruiters(ダイレクト・ソーシング/ダイレクトリクルーティングサービス)|doda中途採用をお考えの法人様へ

デューダ

毎日45万通以上のオファーが送られている! 今回紹介するDODA(デューダ)のスカウトサービスでは、何と 1ヶ月当たりに1,370万通のオファーが企業から送られているのです。 1日当たりにすると45. 6万通です。 私は最初、この数字を見て目を疑いました。 毎日45万通以上もオファーが届くなんて、いったい登録者は何人いて、オファーを出す企業は何社あるのか? 正確な数字は分かりませんが、たくさんオファーを出す企業は毎日何十通も出し、受け取る方も多い人は1日に何十通もオファーが来ることでしょう。 いや、もう一桁多いかも知れません。 あなたのWEB履歴書を見た企業からオファーが届きます とにかく、事実としてDODAのスカウトサービスでは毎日45万通以上のオファーが送られているのです。 あなたもこのサービスを利用しない手はありません。 じっとしているだけでオファーが来るのですから、こんな有難いことはありません。 むろん、オファーが来たからと言って必ず面接を受ける義務はありません。 あなたがオファーの中から選択すればいいのです。 しかも、オファーがあなたの希望と違っていた場合、オファー辞退の連絡も不要です。 わずらわしさは一切ありません。 だからあなたも積極的にスカウトサービスを利用してみましょう。 DODA(デューダ)スカウトサービスの利用法 DODAのスカウトサービスを利用するのに難しいことは何もありません。 詳しくはDODAの公式サイトからご覧頂くとして、ここでは要点だけ簡単に説明しておきます。 まず、ざっとサービス利用の流れを紹介しましょう。 1.DODAの会員登録をする。 まず、DODAの会員登録をします。 全てのサービスは、まず会員登録することで利用可能となります。 もちろん、登録に費用はかかりません。 2.DODAのスカウトサービスに登録する。 次にスカウトサービスの利用登録をします。 ここであなたのWEB履歴書を作成します。 このWEB履歴書を見て企業の採用担当者がオファーを検討するので、しっかりあなたをPRする必要があります。 どんな項目を、どんなふうに書けばいいのか、DODAでは効果的なWEB履歴書の書き方を公開しています。 それを参考に書けば大丈夫です。 むろん、あなたの個人情報が全て公開される訳ではありません。 公開してもいい情報、公開したくない情報の区分けも可能です。 3.スカウトサービス利用開始 WEB履歴書の作成、登録が終わればいよいよスカウトサービスの利用開始です。 あなたのデータを色々な企業の採用担当者が見てくれます。 4.オファーが届く あなたのPRを読んだ企業の中で、求人条件と合致すると判断した企業からオファーが届きます。 あなたの携帯メールにオファーの連絡先を設定することも可能です。 5.選考スタート あなたがオファーの中から関心がある、応募してみたいと思う案件があれば、さっそく応募の返信をしてください。 書類選考なしで即、面接と言うケースもあります。 ざっとまぁ、こんな流れになります。 お読み頂いてすでにお気付きだと思いますが、あなたにとっての仕事はWEB履歴書の作成です。 これはあなたご自身で作成して頂くしかありません。 しかし、心配ご無用です。 先ほども説明しましたが、DODAのスカウトサービス案内ページに、WEB履歴書の書き方、ポイントが分かり易く説明されています。 その説明に従って、1項目ずつ書いていけば大丈夫です。 しかも、WEB履歴書は一度書いてそれっきりではありません。 何度でも更新可能です。 場合によっては転職エージェントに相談してブラッシュアップすることも出来ます。 転職者満足度No1。 転職支援実績・取り扱い求人数、共に国内最大級。 スカウトサービスはあなたのキャリアが活かせるサービスです。 実際にスカウトサービスを使った人の口コミ情報 転職支援サイトのスカウトサービスはDODAに限ったサービスではありません。 他の転職支援サイト数社でも似たようなスカウトサービスを行っています。 それで、ネット上にはDODAを始めとするスカウトサービスの実体について、様々な口コミ情報がアップされています。 中でも、最も多い口コミの1つがこちらです。 『自分の希望以外のオファーが大量にメールで送られてくる。 』 これです。 オファーが多い人は1日に30通とか50通も来たそうです。 しかも、本当に応募してみようかな、と思うオファーは30通に1件くらいの確率だったそうです。 むろん、これはその人がどんな内容でWEB履歴を書いたのかにもよります。 皆さんが同じようになる訳ではないと思います。 ただ、冒頭に説明したようにDODAだけでも1日に45万件以上のオファーが送られているのです。 どう考えても手作業で1件、1件処理しているとは思えません。 ネット情報によると、WEB履歴書に出て来るキーワードを検索して、求人条件と合致する登録者宛てに自動でオファーを配信しているのだそうです。 この真偽のほどは分かりません。 そうした推測がネット上で書かれているだけで、本当かどうかは知りません。 いかにも有りそうな話だなとは思いますが。 その一方で、即面接したい、と言うオファーが届くこともあります。 これは絶対に担当者が目を通してオファーを出しています。 自動的に面接オファーを配信するはずがありません。 まぁ、オファーも様々、応募の可能性ゼロのものから希望に近いものまで、色んなオファーが来るでしょう。 でも、考えようによっては、例え30通に1件でも応募したいオファーがあればラッキーではないでしょうか。 自分で1社、1社、履歴書を手書きで郵送するよりずっと効率がいいと思います。 それに、転職に成功した人はスカウトサービス一本に頼り切りではなく、他にも転職エージェントサービスを複数登録した、と言う人が多くいます。 無料のサービスに100%の満足度を期待したり、過大な期待をかけるのは無理と言うものです。 転職ツールの1つとして上手に使いこなすことが理想ですね。 ぜひあなたもDODAのスカウトサービスを一度使ってみて下さい。 使いもしないであきらめたり、見限るのはもったいないです。 合わせてエージェントサービスもぜひ同時に登録してご利用下さい。

次の

dodaを正しく退会・解約する方法!退会する際の注意点を解説

デューダ

概要 [ ] テューダー家はを発祥とする、かつてのの末裔の家系であったが、ヘンリー7世の祖父はイングランド王の未亡人の納戸係秘書を務める下級貴族に過ぎなかった。 しかしオウエンはキャサリンと結婚し、その間に生まれたらの子供たちは一躍、の異父弟として、またフランス王家の血を引く者として上級貴族の一員となった。 エドマンドが、の四男の曾孫であるのと結婚し、その間に生まれたリッチモンド伯ヘンリー・テューダーは母方の血統により最後のの王位継承権者となった。 、ヘンリー・テューダーはでを破ってとして即位し、テューダー朝を開いた。 、で疲弊した諸侯を抑圧してを推進し、海外進出にも積極的で、その政策は、、、に受け継がれ、テューダー朝の全盛期を築いた。 エリザベス1世の死によりヘンリー8世の血筋が絶えたため、ヘンリー7世の血を引く王ジェームズ6世がとしてイングランド王に迎えられ、イングランドにおけるを開いた。 王家の出自もあって、この時代に国王の臣下として活躍した人物には、やなど系が多いと言われている。 アイルランド王国 [ ] 詳細は「」を参照 ヘンリー8世はに、の決議に基づく形で正式にアイルランド王となり(それまでは(Lord of Ireland)を称していた)、イングランド・アイルランド両王国はということになった。 ただしアイルランドを実際に支配する有力諸侯は推戴も戴冠もしなかったので、史実的には詐称であると言える。 とはいえでは、をもっての始まりであるとされている(この時代にはまだ実効支配に程遠いものであった)。 ヘンリー・テューダーの王位継承権について [ ] ランカスター家の祖は、最初の妻、2番目の妻との間にや娘たちをもうけていたが、愛人との間にもら4人の子をもうけた。 後にキャサリンとは正式に結婚したが、は子孫たちが王位継承を巡って争うことを危惧して、にこの異母弟妹たちに対して「嫡出子であることは認めるが、王位継承権は認めない」とした。 従って、ジョン・ボーフォートの子孫はマーガレット・ボーフォートも含めて王位継承権を持たなかったことになる。 その息子であるも、ランカスター家の血を引くとはいえ本来ならば王位継承権を持たず、簒奪者であるとの見方もある。 ただし、ヘンリー7世は正統な王位継承権を持つのと結婚し、以降の王たちはすべてその血筋であるために正統には疑問の余地がない。 歴代国王 [ ]• 系図 [ ].

次の