衆議院 選挙 2019 候補 者。 衆議院議員総選挙

2017衆議院議員選挙に候補者はどうソーシャルメディアを運用すれば良いのか

衆議院 選挙 2019 候補 者

日本国憲法第45条 衆議院議員の任期は、四年とする。 但し、衆議院解散の場合には、その期間満了前に終了する。 1-2.参議院の任期と選挙 日本国憲法では、参議院の 任期は6年で、3年ごとに選挙で半数を入れ替えます。 衆議院のように任期途中での途中解散はありません。 参議院の定数も、別途、公職選挙法によって決められ、法律改正によって変動します。 2018年改正公職選挙法成立により、定数は従来の242人から6人増えて248人になります。 2019年の参議院選挙では、定数の 半分の124人が選挙の対象になります。 ただし、2019年の参院選で増加するのは3人分だけですので、2019年時点では 定数は 245 人となります。 2.選挙の仕組み 本章では、衆議院/参議院それぞれの仕組みを解説します。 説明にあたって、次のような各種選挙方式の用語が登場しますが、詳細については、3章で説明します。 用語説明を先にご覧になりたい方は、下記リンクから該当説明に飛ぶことができます。 2-1.衆議院選挙の仕組み 衆議院選挙では次の2つの選挙方式があり、両方に対して別々の用紙で投票を行います(計2枚の投票用紙に記入します)。 2つを総称して「 小選挙区比例代表並立制」と呼ばれます。 複数の小選挙区で立候補することはできません。 有権者は 自分の小選挙区の候補者の中から1名のみ 名前を記入します。 他の小選挙区の候補者の名前を書くことはできません。 それぞれの小選挙区で最も得票数の多い候補者1名が当選します。 ただし、有効投票総数の6分の1以上の得票が必要です。 小選挙区選挙の候補者が比例代表選挙に 重複して立候補することが認められていますので、小選挙区選挙で落選しても比例代表選挙で復活当選することがあります。 有権者は 政党名1つを記入します。 衆議員選挙では、「 ドント式による拘束名簿式」という方式がとられており、各政党ごとに投票された割合で議席が割り当てられ、その政党の 候補者名簿であらかじめ決められ順番に当選となります。 2-2.参議院選挙の仕組み 参議院選挙では次の2つの選挙方式があり、両方に対して別々の用紙で投票を行います(計2枚の投票用紙に記入します)。 複数の選挙区で立候補することはできません。 有権者は 自分の選挙区の候補者の中から1名のみ 名前を記入します。 他の選挙区の候補者の名前を書くことはできません。 それぞれの選挙区での議席は人口に応じて決定されます。 人口の多い都道府県では議席数が多く、人口の少ない都道府県では議席数が少なくなります。 2019年参院選では、埼玉県のみ1人定数が増え、次のようになりました。 選挙区 数 都道府県 2人区 1人改選 32 下記以外 4人区 2人改選 4 茨城県、静岡県、京都府、広島県 6人区 3人改選 5 北海道、千葉県、兵庫県、福岡県 8人区 4人改選 3 埼玉県、神奈川県、愛知県、大阪府 12人区 6人改選 1 東京都 【参考】2016年参院選では選挙区定数の10増(北海道・東京・愛知・兵庫・福岡各2人)10減(宮城・新潟・長野各2人、鳥取・島根と徳島・高知を合区し各2人)が行われ、各都道府県の定数が大幅に変更されました。 選挙区選挙の候補者が比例代表選挙にも 重複して立候補 することは認められていません。 従来、参議員選挙では、「ドント式による非拘束名簿式」という方式がとられていましたが、2019年の参院選から、(1)拘束名簿式と(2)非拘束名簿式の両方が併用されることになりました。 2種類の候補者名簿が存在することになります。 (1)拘束名簿式 2019年参院選から、「 特定枠制度」が新たに導入されました。 その政党内で優先的に当選させたい候補者を特定枠として名簿に記載することで、名簿記載順に当選させることができます。 (2)非拘束名簿式 その他の候補者については、非拘束名簿式により、各政党ごとに投票された割合で議席が割り当てられ、その政党内では 個人名で得票数の多い候補者から順番に当選となります。 有権者は、 政党名1つまたは各党の名簿に記載されている候補者名1名を記入します。 政党名を記入した場合はその政党の総得票数がプラス1となります。 非拘束名簿式に記入されている候補者名を記入した場合は、その候補者に1票が入ると同時にその候補者が所属する政党の総得票数もプラス1となります。 拘束名簿式に記入されている候補者については、個人としての選挙運動は認められておらず、その候補者名を記入した場合は、単純にその政党の総得票数がプラス1となります。 2つの名簿の順番 拘束名簿式に記載されている候補者が優先して当選し、次に、非拘束名簿式に記載されている候補者が当選します。 たとえば、政党Xの拘束名簿にA,Bの2人、非拘束名簿にC,D,E,Fの4人が記載されていて、当選者枠が4人だった場合、まずは、拘束名簿の2人A,Bが優先して当選し、その次に、非拘束名簿の中で個人名で投票数の多いD,Fが当選します(下記表参照)。 名簿 氏名 個人名 投票数 当選順位 拘束名簿 A氏 - 1 B氏 - 2 非拘束名簿 C氏 100 (落選) D氏 500 3 E氏 200 (落選) F氏 300 4 2-3.衆院選と参院選の仕組みの違い 衆院選と参院選のどちらも仕組みが似ていますが、細かい違いをまとめておきます。 3-1.ドント方式 ドント方式とは比例代表選挙における議席配分の計算方法の一つで、現在、日本の衆議院議員比例代表選挙、参議院議員比例代表選挙で採用されています。 文章で説明すると複雑ですので、具体的を示します。 3-2.非拘束名簿式 非拘束名簿式とは、当選する順番を決めずに、 有権者の投票数によって当選順番を決める方法です。 参議院議員選挙の比例代表選挙では、 政党名または候補者名を記入します。 政党名の得票数と候補者名の得票数の合計がその政党の 総得票数となり、その総得票数に応じてドント方式で各政党の議席数が決まります。 そして、政党内では、各候補者の得票数に応じて当選が決まります。 有権者は政党を選ぶだけでなく、その政党内での候補者も指定することができます。 具体例で確認します。 3-3.拘束名簿式 拘束名簿式とは、 名簿で当選する順番が各政党によって決められている方式です。 簡単にいえば、当選させたい順に書いた名簿の上から順番に当選していきます。 衆議院議員選挙の比例代表選挙では、 政党名のみを記入し、政党名の得票数に応じてドント式で議席数が決まります。 有権者は政党を選ぶことはできますが、当選者は各政党に委ねられます。 具体例で確認します。 このときは、「惜敗率」を使って同一順位内の各候補者の順位を決定します。 C氏とD氏では選挙区での惜敗率の高いC氏が当選。 仮にE氏がまったく人気のない候補者だったとしても、比例代表の名簿でトップに書いてあり、その政党が議席を獲得できれば当選します。

次の

2017衆議院議員選挙に候補者はどうソーシャルメディアを運用すれば良いのか

衆議院 選挙 2019 候補 者

衆議院選挙の立候補者の数について 今回の第48回衆議院選挙の総定数は465人です。 そして、立候補者総数は1180人です。 与党の自由民主党332人、公明党53人、両党合わせて計385人の立候補者を擁立しておりますが、野党で改選後の衆議院総数の過半数(233人)に達する候補を擁立したのは希望の党の235人、共産党243人の両党だけという状況となっております。 小選挙区選挙(定数289人)の立候補者数は936人です。 ちなみにこの人数は、小選挙区比例代表並立制の導入後では最少となりました。 比例代表選挙(定数176人)には855人が立候補しました。 このうち、611人は小選挙区選挙との重複立候補ということになります。 すなわち、この611人に関しては、小選挙区選挙で落選しても復活当選の可能性があるということですが、小選挙区での得票数が有効投票総数の10パーセント、すなわち、供託金没収点未満だった候補者の復活当選は認められておりません。 ここで、政党党首の復活当選については、社会民主党の土井たか子党首が2003年衆院選にて小選挙区落選をして比例復活当選を果たした例、民主党の海江田万里党首が2012年の衆院選で小選挙区落選をして比例復活当選をした例があります。 325人の小選挙区選挙での候補者は、比例代表選挙には立候補しておりません。 また、244人の比例代表選挙に立候補した候補者は、小選挙区では立候補しておらず、比例代表選挙のみとなっております。 スポンサーリンク 衆議院選挙結果の予想のまとめ 今回の選挙では、既存の党の消滅、新しい党が登場、それらの党の人気、支持率がまさに数日単位で変わるという状況であり、さらに、台風が近づいているという情報もあり、天候次第では投票率が大幅に変わるため、選挙結果、特に比例代表選挙に関しての予想が難しい状況です。 また、小選挙区では当選者は一人なので、手堅く毎回選ばれる議員も与党などを含め多く存在します。 その一方、激選区も幾つか見られます。 そんな中、最新の結果予想としては、日本テレビ、読売新聞による最新の世論調査の結果によると、自民党は、選挙戦の序盤からの勢いが維持されていて、手堅い票の獲得となりそうです。 小選挙区と比例代表をあわせて、自民党単独でも衆議院の過半数233議席を大きく上回る見込みとなっています。 公明党は改選前の34議席とほぼ同等の議席が見込まれる、いつも通りの選挙戦となっており、与党の自民党と公明党を合わせて大台の300議席に届きそうです。 このような、現在の与党の優勢な選挙戦の状況は、野党が分裂してまとまっていないことなどが要因とされています。 産経新聞社とFNNによる合同電話世論調査を加味した終盤情勢分析でも、やはり、自民党の候補者が多くの選挙区で優勢の戦いを進めており、野党各党には厳しい選挙結果が待っているという予想です。 毎日新聞の調査でも、自民党は小選挙区、比例代表とも順風の選挙戦を送っており、単独で300議席を超える可能性も指摘されています。 朝日新聞の調査では、自民党は最小で267、最大で303人の議席を獲得すると予想、公明党の24から35議席の予想と合わせても、与党2党による300議席越えの可能性は高いです。 日経新聞の調査でも、自民だけでも安定多数の244議席を上回る見通しで、公明党と合わせて300議席に迫るだろうという結果です。 まとめ 10月22日の第48回衆議院総選挙の立候補者の数と各メディアの予想をまとめました。 自民党だけで安定多数の244議席を上回り、34議席程度獲得するであろう公明党と合わせて300議席越えが予想されています。 なお、与党の現在の議席数、並びに議席目標や安定多数と委員会の運営についてはにまとめています。 日本の国会に関する記事のリンク集.

次の

衆議院議員総選挙

衆議院 選挙 2019 候補 者

Contents• 酒田市長選挙2019年の開票結果速報と当確出口調査 酒田市長選挙2019年の開票結果は選挙管理委員会事務局による開票速報やNHK出口調査情報が入り次第随時本記事を更新していきます。 開票は午後9時から酒田市体育館(入船町3-20)にて 結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き 当 27246 丸山 至 65 男 無所属 現 市長 まるやま いたる 22609 阿部 寿一 60 男 無所属 元 無職、元衆院議員 あべ じゅいち なお、 2019年酒田市市長選挙に立候補したのは、いずれも無所属で衆院議員を務めた元市長の阿部寿一氏(60)=国民推薦、社民支持=と、再選を目指す現職市長の丸山至氏(65)=自民、公明推薦の計2名となります。 立候補者の詳細な経歴や主な政策主張に関しては次の通りです。 酒田市長選挙2019年の立候補者の公約やプロフィール 丸山 至(まるやま いたる)の経歴やプロフィール• 名前:丸山 至(まるやま いたる)• 現年齢:65歳• 性別:男• 党派:無所属(自民党、公明党推薦)• 肩書き:酒田市長(1期目)• 学歴:山形県立酒田東高等学校、山形大学人文学部卒業• 職歴:酒田市職員、酒田市副市長、酒田市長(1期) 大学卒業後1977年に酒田市役所に入省、商工港湾課長、企画調整課長、水道部管理課長、財務部長、総務部長などを歴任。 2012年には酒田市副市長に就任。 在任中は病気療養で職務を離れた本間正巳市長の職務代理者として市政を取り仕切った。 2015年に本間市長の死去を受けて咲かあt市長選挙に自民党・公明党推薦で立候補して当選、現在1期目。 主な公約・政策主張 丸山氏は、1期目の「成果への仕掛け」から2期目「成果の現出」へ、賑わいの創出に向けて「『人財と風土が支える産業・交流都市 酒田』をつくる」というスローガンのもと、次の5つを政策の柱として掲げています。 存在感のある産業力、文化力の形成• 子育て、子ども教育の環境の充実• 市政に対する市民の参画意識の醸成• 東北公益文科大学との新たな「大学まちづくり」の推進• 安心性能の高い地域社会づくり 医療、福祉、社会的不利者支援、防犯防災 「くらし改革、働き方改革」の推進 阿部 寿一(あべ じゅいち)の経歴やプロフィール• 名前:阿部 寿一(あべ じゅいち)• 現年齢:60歳• 性別:男• 党派:無所属(国民民主党推薦、社民党支持)• 肩書き:元酒田市長(4期)、元衆議院議員• 学歴:山形県立酒田東高等学校、東京大学法学部卒業• 職歴:建設省職員、酒田市長(4期)、衆議院議員(1期) 大学卒業後、建設省(現 国土交通省)入省、総理府(現 内閣府)地方分権推進委員会上席調査員、大臣官房人事課長補佐を歴任。 1999年に酒田市長選挙に無所属で立候補して当選、4期務める。 2012年に衆議院議員選挙に山形3区から無所属で立候補して当選、1期務める。 2014年・2017年の衆議院総選挙では落選。 酒田市長選挙2019年の情勢や争点・当選予想など 再選を目指す現職の丸山氏と元市長で元衆議院議員でもある阿部氏の一騎打ちとなりました。 両氏とも知名度・実績は十分ですが、夏の参議院選挙の山形選挙区では野党統一候補が勝利しただけに、阿部氏はその勢いに乗りたいところです。 ただ、阿部氏は過去4期も市長を務めているだけに、新鮮味に欠けるのではないかという懸念材料もあります。 「衆議院選挙に落選したので、市長選に出戻り」という批判もやや気になるところです。 いずれにしても無党派層の動向がカギを握りそうで、低めの投票率(前回は59. 今のところ、全くの互角で、フタを開けるまでわからないでしょう。 まとめ 以上、酒田市市長選挙2019における開票結果速報及び立候補者に関する情報をご紹介致しました。 当日は酒田市議会議員補欠選挙についても随時追っていきますので、どうぞ参考にしてくださいね! その他2019年9月1日投開票の選挙一覧•

次の