当日はよろしくお願いいたします。 【本日、最終日】最後までよろしくお願いいたします!

「どうぞよろしくお願いいたします」の意味と使い方・敬語

当日はよろしくお願いいたします

公開日: 2019. 04 更新日: 2019. 04 「何卒よろしくお願いいたします」の意味や使い方、返信、「申し上げます」との違い 「何卒よろしくお願いいたします」という表現をご存知でしょうか。 この表現はビジネスシーンで使うことが多いです。 ビジネスの場では、メールで相手にお願いをしたり謝罪をすることが多々あります。 よく使われている表現ということもあって、意味や使い方は曖昧なまま使っている、意味は理解していないけど使っているという方がいるかもしれません。 使い方を間違ってしまうと、誤解を招いたり、悪い印象を与えてしまうことがあります。 正しく使うためには、意味についてきちんと知っておくことが必要です。 そこで今回は「何卒よろしくお願いいたします」の意味や使い方、類語について解説していきます。 適切に覚えて、上手く使えるようにしましょう! 「何卒よろしくお願いいたします」の読み方と意味 「何卒」の読み方は「なにとぞ」で、「どうぞ」の堅い表現 「何卒」は「 なにとぞ」と読みます。 「なにそつ」とは読まないので注意しましょう。 「何卒」は当て字です。 「なにとぞ」とひらがなで表記しても意味は同じです。 「何卒」は「どうぞ」をより堅く表現した言い回しです。 「期待する」というニュアンスが含まれていて、相手に何かを強くお願いする場合に用いる表現となります。 依頼の強調表現になります。 「何卒よろしくお願いいたします」だったら「どうぞよろしくお願いいたします」という意味になります。 「何卒」を使うことで、文章が改まった印象となるのでビジネスシーンで多用されています。 話し言葉として使うと、相手に仰々しい印象を与えてしまうので注意しましょう。 「よろしく」は依頼するときに使う言葉 「何卒よろしくお願いいたします」の「よろしく」は 希望の実現のために相手になすべき配慮を期待していう語になります。 「よろしくお願いします」「よろしく頼みます」「よろしくお伝えください」などの形で 依頼や お願いをする文章で使います。 「よろしく」「どうかよろしく」「よろしくどうぞ」「あとはよろしく」などだけでも相手に依頼するニュアンスになります。 漢字は「 宜しく」と書きます。 一般的には「よろしく」とひらがなで表記することが多いです。 「お願いいたします」は謙譲表現 「お願い」+「いたす」+「ます」で成り立っています。 「いたす」は 謙譲語の補助動詞です。 「ます」は 丁寧語です。 違う種類の敬語を二回使っても二重敬語にはなりません。 「いたします」は、一般的に相手への敬意を払い「〜します」「〜させてもらいます」「〜させていただきます」と自ら率先して相手のために何かをする、という意味合いで使います。 本動詞に付属して使用する補助動詞はひらがな表記で書くのがルールなので、「お願いいたします」の「いたします」は漢字「致します」ではなく「いたします」とひらがなで書くのが正しい表現になります。 「何卒よろしくお願いいたします」のビジネスでの使い方と例文 ビジネスメールの締めくくり ビジネスメールでは「何卒よろしくお願いいたします」は 締めくくりとして使います。 相手にただ用件を伝えるだけだと丁寧さに欠けてしまいますので、「何卒よろしくお願いいたします」と付け加えることで、相手に良い印象を与えることができます。 お礼や依頼、確認などどんな内容であっても、締めくくりに「何卒よろしくお願いいたします」を入れることによって全体的にフォーマルな印象となります。 年賀状などの手紙の締めくくりとしてよく使う表現には「何卒ご自愛ください」があります。 手紙や年賀状で「何卒よろしくお願いいたします」を使ってしまうとビジネスライクな響きが強くなってしまいますので「何卒ご自愛ください」の方が無難です。 ビジネスメールでの依頼・お願い 「何卒よろしくお願いいたします」は上記で紹介したような形式的な締めくくりとしてだけでなく、相手に具体的に依頼やお願いをするときにも使用します。 具体的に依頼内容を書く場合は、下記のような形になります。 ・〜のほど、何卒よろしくお願いいたします ・〜していただきますよう、何卒よろしくお願いいたします 「〜」の部分に依頼内容を書きます。 ・ご確認のほど、何卒よろしくお願いいたします ・ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします ・ご助力のほど、何卒よろしくお願いいたします ・ご返答のほど、何卒よろしくお願いいたします ・ご検討のほど、何卒よろしくお願いいたします などの言い回しがよく使われます。 例文 ・企画の内容についてご検討のうえ私までご連絡いただきますよう、何卒よろしくお願いいたします。 ご確認のほど、何卒よろしくお願いいたします。 ・来週の打ち合わせに関する書類をお送りいただけますか。 ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。 ・来月行われる予定だった会議の日程が変更となりましたので、何卒ご理解いただけますようお願いいたします。 ・ご不便をおかけいたしますが、ご了承いただけますよう、何卒よろしくお願いいたします。 ・この機会にさらなる努力を重ねてまいります。 今後ともご指導のほど、何卒よろしくお願いいたします。 ・皆様のご期待に添えるよう、精一杯努力してまいります。 今後とも変わらぬお付き合いのほど、何卒よろしくお願いいたします。 ・昨年中は格別のご厚情を賜りまして厚くお礼申し上げます。 今後ともご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願いいたします。 ・皆様の温かなご支援とご指導のおかげで無事計画を成功させることができました。 これからも変わらぬご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。 ビジネスメールでの謝罪・お詫び ビジネスシーンで不手際や不注意で取引先や顧客に迷惑をかけた場合、相手に謝罪・お詫びをする場面でも「何卒よろしくお願いいたします」は使用します。 よく使われている表現には、「 ご容赦くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします」があります。 「 申し訳ございません。 何卒ご容赦ください」という表現も使います。 「ご容赦ください」は「許してください、大目に見てください」の尊敬語で、比較的軽い謝罪を表現する言い回しになります。 「ご容赦ください」は比較的軽い表現なので、相手先に大きな損失を与えてしまった場合などは不適切になるので注意してください。 「ご容赦ください」の意味と使い方に関しては、下記の記事で詳しく説明していますので、興味のある方は参考にしてみてください。 言い回し ・ご容赦くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします ・ご理解くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします ・ご了承くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします ・お許しくださいますよう、何卒よろしくお願いいたします 例文 ・当方の事情により、今回の件はお断りいたします。 何卒ご理解いただけますようお願いいたします。 ・先日は大変申し訳ありませんでした。 ご容赦くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。 ・この度は多大なるご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。 お許しくださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。 ・当イベントの日程は予告なく変更される可能性があります。 ご了承くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。 ・既にお振込みいただいてる場合でも本メールが送信されている場合がございます。 ご理解くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。 謝罪の「何卒よろしくお願いいたします」に対する返信 謝罪の「何卒よろしくお願いいたします」に対する返信の書き方を説明していきます。 相手にミスがあった場合でもあまり感情的にならず、健全なビジネス関係を維持するのがベストです。 下記のように返信すればよいでしょう。 株式会社サシスセソ 渡辺様 いつもお世話になっております。 株式会社タチツテトの鈴木です。 お気遣いいただき、大変恐縮です。 こちらこそ確認が不足しており、申し訳ございませんでした。 どうかお気になさらないでください。 引き続きよろしくお願いいたします。 鈴木 「何卒よろしくお願いいたします」と「何卒よろしくお願い申し上げます」の違い 「何卒よろしくお願いいたします」と「何卒よろしくお願い申し上げます」の違いについて説明していきます。 「何卒よろしくお願いいたします」と「何卒よろしくお願い申し上げます」の違いを理解するには、「お願いいたします」と「お願い申し上げます」の違いに注目しましょう。 「お願いいたします」= 動詞「お願いする」+謙譲語の補助動詞「いたす」+丁寧語「ます」 「お願い申し上げます」= 名詞「お願い」+「言う」の謙譲語「申し上げる」+丁寧語「ます」 つまり、「何卒よろしくお願いいたします」と「何卒よろしくお願い申し上げます」の違いは、 「お願いする」と「お願いを言う」に違いは何かということになります。 「お願いを言う」という表現は 「聞いてる人がいるのが前提 」である一方、「お願いする」ことは相手がいなくても実行可能なので、「お願いする」の意味である「お願いいたします」の方が動詞の意味的に謙虚だと主張する人がいます。 一方で、「お願い申し上げます」の方が日常会話での使用頻度が低いため、語感的にはかしこまったフォーマルな響きがあります。 したがって、 「お願いいたします」と「お願い申し上げます」の違いはほぼない、というのが答えになります。 ビジネスメールでどちらを使うべきか迷った場合は、「何卒よろしくお願いいたします」を使えばよいでしょう。 お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・大変恐縮ですが、納期の延期が可能かどうか、ご連絡いただけるよう何卒よろしくお願い申し上げます。 「どうか(よろしく)」と「どうぞ(よろしく)」の違い 「何卒」の類語に「どうか」と「どうぞ」があります。 これらの違いについても解説します。 「どうか」と「どうぞ」の違い 「どうか」と「どうぞ」は、どちらも依頼やお願いする文章で使う語ですが、微妙にニュアンスが異なります。 「どうか」は 困難なことと承知している上で、相手に丁寧にお願いすることを、 「どうぞ」は 単に丁寧に相手にお願いすること を意味します。 よって、依頼内容が実際には困難でなくとも「どうか」を使うことでより謙虚な響きになり、より丁寧な意味合いが強くなります。 「どうか」「どうぞ」をよりフォーマルにした言葉が「何卒」なので、「何卒」にも「困難なことを知った上で依頼してる」というニュアンスを含むということになります。 例文 ・プロジェクトに協力していただけるよう、どうかお願いいたします。 ・書類をご確認していただきますよう、どうかお願い申し上げます。 ・来月行われる会議についての資料を作成していただけませんか。 どうぞお願いいたします。 どうぞお許しください。 「何卒」の類語には「是非(ぜひ)」もある 「是非」は 強調を表す語です。 事情がどうあろうとも、あることを実現しよう、実現したいという強い意志や要望を表します。 親しい間柄の相手の場合は「是非」を使えます。 改まった場面以外で「何卒」を使ってしまうと、相手に大げさな印象を与えてしまうので、代わりに「是非」を使うことができます。 目上の人に対しても使えます。 ただ何度も「是非!是非!」などと言ったり、強い言い方になると強制的であると感じさせてしまいます。 「是非」は状況や相手に合わせて、使用するかどうか判断するようにしましょう。 また、「是非とも」という表現もあります。 「是非とも」も「是非」と同様に、自分の意志や意向を伝える場合や、相手に何かをお願いする場合に使います。 例文 ・皆様、是非ともアンケートのご協力をお願いいたします。 ・是非ともこの問題解決について助言をいただけたらと思います。 ・是非ともお役に立ちたいと存じていますので、何なりとお申し付けください。

次の

「ご指導のほどよろしくお願いいたします」の使い方や敬語での例文を解説

当日はよろしくお願いいたします

何卒はなにとぞ、と読みます。 相手に強く願う気持ちを表す言葉で、「どうぞ」「どうか」と同じ意味です。 「どうぞよろしくお願いいたします」という文と意味は同じなのです。 時代劇や大河ドラマでは、「なにとぞ!」と偉い人に懇願しているシーンがよくありますが、現在では単体ではあまり使われません。 次に、よろしくお願いいたします、についてです。 よろしくというのは、何かを頼むときに添える言葉です。 「よろしく御指導下さい」などとも使えます。 いたします、ここでは「する」の丁寧語として使われています。 「何卒よろしくお願いいたします」の全体の意味合いは挨拶の言葉 何卒よろしくお願いいたします、は「よろしくお願いします」を丁寧に厳かにした表現です。 「よろしくお願いします」は、相手によくしてもらいたいという気持ちを示す挨拶言葉です。 普段意味を考えずに使っている人も多いようですが、相手によくしてもらいたいということを表現するに適切な内容の末尾であるかどうか、時に意識することも必要です。 使いやすい挨拶言葉なので、ビジネスにおいては珍しいシチュエーションでない限り使っておかしいことは少ないのですが、意味を知って使うか知らずに使うかで、あなたの表現方法に何らかの影響を与えます。 「何卒よろしくお願いいたします」の使用例 具体的なシチュエーションをみていきましょう。 会社の重要な取引先相手とのメールで、しかも普段やりとりしている担当者の上司に当たる方へメールをするときに末尾に持ってくるにはぴったりの表現です。 「ご多忙の折お時間を頂戴できますことに、深く感謝申し上げます。 明日のお打合せにつきまして、何卒よろしくお願いいたします。 」 このように、~については良き取り計らいをお願いしたい、という表現にも使えます。 口語表現においても使用できますが、社内で使用するには丁寧すぎる印象を与えてしまうでしょう。 「何卒よろしくお願いいたします」の言葉がマニュアル敬語にならないようにする 便利な表現であるだけに、多用をしてしまうと口先だけの挨拶などという印象を与える恐れもあります。 直接言葉で発するときには心を込めて言うことはもちろん、前置きの言葉、枕詞 まくらことば をつけることをおすすめします。 「ご多忙のところ恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします」 このようにすることで、通り一遍な表現を使っているのではなく、自分でその場に適切な言葉を考えて発している、気持ちが入っている言葉と捉えてもらいやすいのです。 似た言葉の「何卒よろしくお願いいたします」を使う注意点 似た表現として、 「何卒よろしくお願い申し上げます」 「どうぞよろしくお願いします」 があります。 違いを説明できない人も多いのですが、いざ言葉を使用するときに細かい部分が理解できていないと自信を持って使うことができません。 しっかりと相違点を把握しておきましょう。 意味合いはどれも同じですが、「どうぞよろしくお願いします」は丁寧語の1つではありますが、自分がへりくだったり相手を持ち上げる意味合いはありません。 つまり、尊敬語でも謙譲語でもないのです。 同等の立場でのやりとりや、目上の人から目下の人に対する、カジュアルな挨拶言葉なのです。 目上の人に使用する人もいますが、好ましくはありません。 「いたします」と「申し上げます」の言葉の違い 「何卒よろしくお願いいたします」の「いたす」が「する」の丁寧語であるのに対して、「申し上げます」は「言う」の謙譲語です。 つまり、「何卒よろしくお願いいたします」も「よろしくお願いします」と同様に謙譲語でも尊敬語でもないのです。 より丁寧な表現ではあるので、ビジネスにおいても使われます。 「何卒」という言葉自体に敬語の意味合いはないのですが、「どうぞ」よりもかしこまった印象を相手に与えることが多いので、「何卒よろしくお願いします」の使用は不自然なのです。 「何卒よろしくお願いいたします」の言葉の意味を知り敬語の奥深さを表現する 相手によくしてもらいたい、ということを表す挨拶表現として便利な「何卒よろしくお願いいたします」ですが、あまりによく使われるので時にマニュアル敬語として嫌悪感を持たれることもあります。 そうした印象を避けるために効果的なのが、状況に応じた前置きです。 「ふつつかものではありますが、なにとぞ・・・」と口語で伝える言葉を文章にするときは漢字ではなく平仮名にすると柔らかい印象にもなります。 「何卒よろしくお願いいたします」はよく使い、使われる表現であるだけに、1つ1つの単語の意味も理解することでより豊かな表現力につながるでしょう。

次の

よろしくお願いいたしますの敬語の使い方(目上や漢字)!お願いします、お願い申し上げますとの使い分けは?

当日はよろしくお願いいたします

公開日: 2019. 04 更新日: 2019. 04 「何卒よろしくお願いいたします」の意味や使い方、返信、「申し上げます」との違い 「何卒よろしくお願いいたします」という表現をご存知でしょうか。 この表現はビジネスシーンで使うことが多いです。 ビジネスの場では、メールで相手にお願いをしたり謝罪をすることが多々あります。 よく使われている表現ということもあって、意味や使い方は曖昧なまま使っている、意味は理解していないけど使っているという方がいるかもしれません。 使い方を間違ってしまうと、誤解を招いたり、悪い印象を与えてしまうことがあります。 正しく使うためには、意味についてきちんと知っておくことが必要です。 そこで今回は「何卒よろしくお願いいたします」の意味や使い方、類語について解説していきます。 適切に覚えて、上手く使えるようにしましょう! 「何卒よろしくお願いいたします」の読み方と意味 「何卒」の読み方は「なにとぞ」で、「どうぞ」の堅い表現 「何卒」は「 なにとぞ」と読みます。 「なにそつ」とは読まないので注意しましょう。 「何卒」は当て字です。 「なにとぞ」とひらがなで表記しても意味は同じです。 「何卒」は「どうぞ」をより堅く表現した言い回しです。 「期待する」というニュアンスが含まれていて、相手に何かを強くお願いする場合に用いる表現となります。 依頼の強調表現になります。 「何卒よろしくお願いいたします」だったら「どうぞよろしくお願いいたします」という意味になります。 「何卒」を使うことで、文章が改まった印象となるのでビジネスシーンで多用されています。 話し言葉として使うと、相手に仰々しい印象を与えてしまうので注意しましょう。 「よろしく」は依頼するときに使う言葉 「何卒よろしくお願いいたします」の「よろしく」は 希望の実現のために相手になすべき配慮を期待していう語になります。 「よろしくお願いします」「よろしく頼みます」「よろしくお伝えください」などの形で 依頼や お願いをする文章で使います。 「よろしく」「どうかよろしく」「よろしくどうぞ」「あとはよろしく」などだけでも相手に依頼するニュアンスになります。 漢字は「 宜しく」と書きます。 一般的には「よろしく」とひらがなで表記することが多いです。 「お願いいたします」は謙譲表現 「お願い」+「いたす」+「ます」で成り立っています。 「いたす」は 謙譲語の補助動詞です。 「ます」は 丁寧語です。 違う種類の敬語を二回使っても二重敬語にはなりません。 「いたします」は、一般的に相手への敬意を払い「〜します」「〜させてもらいます」「〜させていただきます」と自ら率先して相手のために何かをする、という意味合いで使います。 本動詞に付属して使用する補助動詞はひらがな表記で書くのがルールなので、「お願いいたします」の「いたします」は漢字「致します」ではなく「いたします」とひらがなで書くのが正しい表現になります。 「何卒よろしくお願いいたします」のビジネスでの使い方と例文 ビジネスメールの締めくくり ビジネスメールでは「何卒よろしくお願いいたします」は 締めくくりとして使います。 相手にただ用件を伝えるだけだと丁寧さに欠けてしまいますので、「何卒よろしくお願いいたします」と付け加えることで、相手に良い印象を与えることができます。 お礼や依頼、確認などどんな内容であっても、締めくくりに「何卒よろしくお願いいたします」を入れることによって全体的にフォーマルな印象となります。 年賀状などの手紙の締めくくりとしてよく使う表現には「何卒ご自愛ください」があります。 手紙や年賀状で「何卒よろしくお願いいたします」を使ってしまうとビジネスライクな響きが強くなってしまいますので「何卒ご自愛ください」の方が無難です。 ビジネスメールでの依頼・お願い 「何卒よろしくお願いいたします」は上記で紹介したような形式的な締めくくりとしてだけでなく、相手に具体的に依頼やお願いをするときにも使用します。 具体的に依頼内容を書く場合は、下記のような形になります。 ・〜のほど、何卒よろしくお願いいたします ・〜していただきますよう、何卒よろしくお願いいたします 「〜」の部分に依頼内容を書きます。 ・ご確認のほど、何卒よろしくお願いいたします ・ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします ・ご助力のほど、何卒よろしくお願いいたします ・ご返答のほど、何卒よろしくお願いいたします ・ご検討のほど、何卒よろしくお願いいたします などの言い回しがよく使われます。 例文 ・企画の内容についてご検討のうえ私までご連絡いただきますよう、何卒よろしくお願いいたします。 ご確認のほど、何卒よろしくお願いいたします。 ・来週の打ち合わせに関する書類をお送りいただけますか。 ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。 ・来月行われる予定だった会議の日程が変更となりましたので、何卒ご理解いただけますようお願いいたします。 ・ご不便をおかけいたしますが、ご了承いただけますよう、何卒よろしくお願いいたします。 ・この機会にさらなる努力を重ねてまいります。 今後ともご指導のほど、何卒よろしくお願いいたします。 ・皆様のご期待に添えるよう、精一杯努力してまいります。 今後とも変わらぬお付き合いのほど、何卒よろしくお願いいたします。 ・昨年中は格別のご厚情を賜りまして厚くお礼申し上げます。 今後ともご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願いいたします。 ・皆様の温かなご支援とご指導のおかげで無事計画を成功させることができました。 これからも変わらぬご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。 ビジネスメールでの謝罪・お詫び ビジネスシーンで不手際や不注意で取引先や顧客に迷惑をかけた場合、相手に謝罪・お詫びをする場面でも「何卒よろしくお願いいたします」は使用します。 よく使われている表現には、「 ご容赦くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします」があります。 「 申し訳ございません。 何卒ご容赦ください」という表現も使います。 「ご容赦ください」は「許してください、大目に見てください」の尊敬語で、比較的軽い謝罪を表現する言い回しになります。 「ご容赦ください」は比較的軽い表現なので、相手先に大きな損失を与えてしまった場合などは不適切になるので注意してください。 「ご容赦ください」の意味と使い方に関しては、下記の記事で詳しく説明していますので、興味のある方は参考にしてみてください。 言い回し ・ご容赦くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします ・ご理解くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします ・ご了承くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします ・お許しくださいますよう、何卒よろしくお願いいたします 例文 ・当方の事情により、今回の件はお断りいたします。 何卒ご理解いただけますようお願いいたします。 ・先日は大変申し訳ありませんでした。 ご容赦くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。 ・この度は多大なるご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。 お許しくださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。 ・当イベントの日程は予告なく変更される可能性があります。 ご了承くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。 ・既にお振込みいただいてる場合でも本メールが送信されている場合がございます。 ご理解くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。 謝罪の「何卒よろしくお願いいたします」に対する返信 謝罪の「何卒よろしくお願いいたします」に対する返信の書き方を説明していきます。 相手にミスがあった場合でもあまり感情的にならず、健全なビジネス関係を維持するのがベストです。 下記のように返信すればよいでしょう。 株式会社サシスセソ 渡辺様 いつもお世話になっております。 株式会社タチツテトの鈴木です。 お気遣いいただき、大変恐縮です。 こちらこそ確認が不足しており、申し訳ございませんでした。 どうかお気になさらないでください。 引き続きよろしくお願いいたします。 鈴木 「何卒よろしくお願いいたします」と「何卒よろしくお願い申し上げます」の違い 「何卒よろしくお願いいたします」と「何卒よろしくお願い申し上げます」の違いについて説明していきます。 「何卒よろしくお願いいたします」と「何卒よろしくお願い申し上げます」の違いを理解するには、「お願いいたします」と「お願い申し上げます」の違いに注目しましょう。 「お願いいたします」= 動詞「お願いする」+謙譲語の補助動詞「いたす」+丁寧語「ます」 「お願い申し上げます」= 名詞「お願い」+「言う」の謙譲語「申し上げる」+丁寧語「ます」 つまり、「何卒よろしくお願いいたします」と「何卒よろしくお願い申し上げます」の違いは、 「お願いする」と「お願いを言う」に違いは何かということになります。 「お願いを言う」という表現は 「聞いてる人がいるのが前提 」である一方、「お願いする」ことは相手がいなくても実行可能なので、「お願いする」の意味である「お願いいたします」の方が動詞の意味的に謙虚だと主張する人がいます。 一方で、「お願い申し上げます」の方が日常会話での使用頻度が低いため、語感的にはかしこまったフォーマルな響きがあります。 したがって、 「お願いいたします」と「お願い申し上げます」の違いはほぼない、というのが答えになります。 ビジネスメールでどちらを使うべきか迷った場合は、「何卒よろしくお願いいたします」を使えばよいでしょう。 お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・大変恐縮ですが、納期の延期が可能かどうか、ご連絡いただけるよう何卒よろしくお願い申し上げます。 「どうか(よろしく)」と「どうぞ(よろしく)」の違い 「何卒」の類語に「どうか」と「どうぞ」があります。 これらの違いについても解説します。 「どうか」と「どうぞ」の違い 「どうか」と「どうぞ」は、どちらも依頼やお願いする文章で使う語ですが、微妙にニュアンスが異なります。 「どうか」は 困難なことと承知している上で、相手に丁寧にお願いすることを、 「どうぞ」は 単に丁寧に相手にお願いすること を意味します。 よって、依頼内容が実際には困難でなくとも「どうか」を使うことでより謙虚な響きになり、より丁寧な意味合いが強くなります。 「どうか」「どうぞ」をよりフォーマルにした言葉が「何卒」なので、「何卒」にも「困難なことを知った上で依頼してる」というニュアンスを含むということになります。 例文 ・プロジェクトに協力していただけるよう、どうかお願いいたします。 ・書類をご確認していただきますよう、どうかお願い申し上げます。 ・来月行われる会議についての資料を作成していただけませんか。 どうぞお願いいたします。 どうぞお許しください。 「何卒」の類語には「是非(ぜひ)」もある 「是非」は 強調を表す語です。 事情がどうあろうとも、あることを実現しよう、実現したいという強い意志や要望を表します。 親しい間柄の相手の場合は「是非」を使えます。 改まった場面以外で「何卒」を使ってしまうと、相手に大げさな印象を与えてしまうので、代わりに「是非」を使うことができます。 目上の人に対しても使えます。 ただ何度も「是非!是非!」などと言ったり、強い言い方になると強制的であると感じさせてしまいます。 「是非」は状況や相手に合わせて、使用するかどうか判断するようにしましょう。 また、「是非とも」という表現もあります。 「是非とも」も「是非」と同様に、自分の意志や意向を伝える場合や、相手に何かをお願いする場合に使います。 例文 ・皆様、是非ともアンケートのご協力をお願いいたします。 ・是非ともこの問題解決について助言をいただけたらと思います。 ・是非ともお役に立ちたいと存じていますので、何なりとお申し付けください。

次の