コーヒーが冷めないうちに 評価。 コーヒーが冷めないうちに(映画)の感想(評価)やネットの反応まとめ!

www.styleawards.com:カスタマーレビュー: コーヒーが冷めないうちに 通常版 [DVD]

コーヒーが冷めないうちに 評価

映画館で見れずにいたので、鑑賞。 タイトルと雰囲気がすごく好きだったので、結構気になってました。 見逃したの結構ショックだったし 面白い! 評価良くなかったので、期待していなかったがなかなか良かった。 有村架純が可愛くて、伊藤健太郎がカッコイイ。 とある喫茶店には不思議な席があった。 その席に座り、時田数 有村架純 という店員にコーヒーを注いでもらいコップが満タンになったとたんに、席に座った人は自分の思い描いた過去に戻れるという。 見てる人をこの世界に引き込むいい始まり方。 有村架純と店の雰囲気から独特な空気を作り出していて、いつの間にかこの世界に吸い込まれている。 出演者が豪華。 有村架純、伊藤健太郎、吉田羊、薬師丸ひろ子、松重豊などなど。 そういった面でも楽しめる。 その中でも薬師丸ひろ子の演技がやはり輝いてる。 過去を振り返ったときの情景が綺麗。 ただ、言葉だけで振り返らずに当時の状況も加えて、 どうなったの?やどうすんの?など質問を投げかけるから分かりやすい。 ちょっと無理やりな所もある。 まず、4つの話だから4回泣けるという謳っているのだろうが、4つの話が結構独立しているから飽きないものの映画としてはイマイチ。 ドラマの方がもっと丁寧に書けただろうし、視聴者受けも良かったと思う。 恋愛模様も4つの話と共に進んでいくが、 前半はちょっと雑さを感じた。 無理やり詰め込んだなってのがひしひしと伝わる。 都合のいいように作られているところもあり、 さっきはこうだったのに何故こっちでは?という疑問が浮かんでくる。 非常に惜しい。 もっといけたと思う。 でも、エンドロールまで楽しめて余韻も残るいい作品でしたよ。 ある席に座ると過去に戻れるというファンタジー作品。 過去を変えられないというルールがあるので、タイムトラベル者には分類できない気はします。 喫茶店に行きつけの何人かの話をオムニバスっぽい感じで話は進みます。 どの話もそれぞれに思い入れがあり、楽しめました。 気になったのは、最後のエピソード。 あれは過去を変えているんではないでしょうか。 ああいうややこしいやり方をしないとその当時を乗り切れなかったかもしれませんが、そこだけ見終わってしばらくして気になりました。 それを含めてもいい役者がそろっていて、肩肘張らずに気楽に見れたいい作品でした。 レビュータイトルにも書きましたが、過去よりも未来をみて生きなければならないと強く思いました。 そういった意味では、一つめのエピソードが一番印象的でした。 パンプキンパイとシナモンティーに バラの形の角砂糖ふたつ シナモンの枝でガラスに三度 恋しい人の名を書けば 愛がかなえられると 娘らは信じてる さだまさし パンプキンとシナモンティー いつもの事ですが映画に関係ない話しから始めます。 私は喫茶店を愛しています。 出来れば昭和感が溢れてる喫茶店。 紅茶の美味しい喫茶店。 無性に食べたくなる時がある。 イタリアに留学した事のある知人に聞いたが現地のナポリの人はナポリタンスパゲティは知らないらしい。 わかってねえな!単にケチャップ味で安いウインナーが入っていてタバスコをかけて食うのが最高じゃねえか! なに?アルデンテ?知らねえよ!馬鹿野郎! ふにゃふにゃ麺が大事だろ?あのなあ、美味い食い物は飽きるんだよ。 毎日ハーゲンダッツのアイスは飽きるだろ?ガリガリ君も食いたいだろ? まずい食い物は飽きない。 なにしろまずいからな。 まあ私の馬鹿舌はそんなもんだ。 喫茶店の話しに戻る。 私が初めて喫茶店に行った時だ。 多分中三だった。 友人の Oくんと連れ立ってチャリで20分ほどの喫茶店に行った。 中坊のくせに喫茶店?不良に憧れていたのか?とりあえず馬鹿だ。 リアル・・・. 舐められちゃダメだ。 うーん・・・私は考えた。 そして注文した。 ア、アメリカンで・・・友人は言った。 じゃあ俺もそれで。 ・・・苦いね・・・ ・・・うん、苦いね・・・ 会話終了。 お前はこの後、200も300も喫茶店に行くんだよ。 日本中行く先々の喫茶店に行くんだよ。 無理に行くんじゃないよ。 約2年前の作品ですし地上波でも放送しています。 しかし大事な部分には触れないようにします。 昭和の喫茶店フリクラフニクラが舞台の話です。 ある席に座ると過去に行けると言う噂があります。 マスターは時田流 深水元基 接客は姪の時田数 有村架純 です。 しかし過去に行ける、その席には必ず座っている女性がいる。 夏服の妙齢の女性。 必ず本を読んでいる。 誰?演じるのは石田ゆり子。 あれ?トイレには行くのね。 その隙に・・・ めんどくさいルールがあります。 過去に行っても現在は変えられません。 そして時田家の女性が淹れた【コーヒーが冷めないうちに】戻ってこなくてはなりません。 それを守らないと大変な事が起こります。 そして・・・ まずキャスティングがいいね。 有村架純ちゃんも波瑠ちゃんもいい。 吉田羊さんも伊藤健太郎もいい。 今放送中の朝ドラにも出演しているが柔らかな色彩を加えてくれる。 そんな女優さん。 オチも気が効いています。 ほっこりします。 こんな時だからこそファンタジーも大事だと思います。 長い割に中身のないレビューになりました。 ここまで読んで頂きありがとうございました。 コーヒーが冷める前に見てる僕の気持ちが冷めてしまった。 映画の方向性が間違ってるんじゃないかな? 実体化した幽霊が出ているんだから、コメディにしたら面白かったと思う。 コメディだったら、笑いの反動で泣けるしね。 最初のエピソードは、設定にのれなかった。 一度付き合っていて「焼けぼっくい」の状態だったらわかるんだけど、幼馴染でお互い彼氏彼女がいたっていうのはちょっとね。 2つ目のエピソードは、病気の症状がおかしい。 自宅から喫茶店まで歩いてこれて、本も読めて、夫だけがわからないなんて、単なる記憶喪失。 3つ目のエピソードは、ちょっとほろっときた。 4つのエピソードの中では一番良かったかな。 4つ目のエピソードに関しては、幽霊の正体が、感の鈍い僕でも最初の方でわかっしまっていた。 あとは、感動的な場面がやってきて幽霊が成仏するのかな、あのかわいい有村架純ちゃんが涙を流したら、自分も号泣しちゃうんじゃないかな、と思いながら見ていた。 ところが、全く感動できず、最後は冷めた目でエンドロールを眺めた。 数と亮介の恋愛プロセスがつまらかったし、わざとらしすぎるストーリーが原因かな? これで、4回とも涙を流す人は何人いるんだろうか。

次の

【みんなの口コミ】映画『コーヒーが冷めないうちに』の感想評価評判

コーヒーが冷めないうちに 評価

原作本はシリーズ累計120万部を突破。 あの日に戻れたら、あなたは誰に会いに行きますか? 2015年の発売以降「とにかく泣ける! 」と口コミで広がり、17年には本屋大賞にもノミネートされた小説「コーヒーが冷めないうちに」。 舞台の脚本家兼、演出家として活躍する川口俊和の小説デビュー作となる本作が、シリーズ続編の「この嘘がばれないうちに」とともに映画化! 主人公にはどの世代からも圧倒的な支持をもつ人気女優・有村架純。 今作では、かわいらしさの中にも凛とした美しさ・意思の強さを持つ女性像を瑞々しく演じています。 彼女が淹れるコーヒーがきっかけで、タイムスリップが起こり、ストーリーが始まります。 脇を固めるキャストには、石田ゆり子、薬師丸ひろ子、吉田羊、松重豊などの超豪華な演技派且つ人気俳優陣、更には波瑠、伊藤健太郎、林遣都、深水元基、松本若菜などのフレッシュな実力派俳優が集結。 監督には幅広いジャンルのヒットドラマ演出を多数手掛け、2018年「アンナチュラル」 TBS で高い評価を得た塚原あゆ子。 今作が満を持しての映画監督デビュー作。 商品の情報 あらすじ 時田数 有村架純 が従兄 いとこ で店主の時田流 深水元基 と切り盛りする、とある街のとある喫茶店「フニクリフニクラ」。 そこには、不思議な都市伝説があった。 それは店内の【ある席】に座ると、望んだとおりの時間に戻ることができるというもの。 ただし、そこにはめんどくさい……非常に面倒くさいいくつかのルールがあった。 1 過去に戻って、どんな事をしても、現実は変わらない。 2 過去に戻っても、喫茶店を出る事はできない。 3 過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ。 コーヒーが冷めないうちに飲み干さなければならない。 4 過去に戻れる席には先客がいる。 席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ。 5 過去に戻っても、この喫茶店を訪れた事のない人には会う事ができない。 「ここに来れば過去に戻れるってほんとうですか? 」今日も不思議な噂を聞いた客がこの喫茶店に訪れる。 アメリカに行ってしまった幼馴染の賀田多五郎 林遣都 とケンカ別れをしてしまった三十路直前の独身キャリアウーマン清川二美子 波瑠。 若年性アルツハイマーに侵された妻・高竹佳代 薬師丸ひろ子 と、そんな高竹を優しく見守る夫・房木康徳 松重豊。 故郷の妹 松本若菜 を裏切って、一人スナックを営む喫茶店の常連客・平井八絵子 吉田羊。 数に次第に惹かれていく常連客の大学生・新谷亮介 伊藤健太郎。 過去に戻れるという【ある席】にいつも座っている謎の女 石田ゆり子 ……。 どんなことをしても現実は決して変わらない。 それでも過去に戻り、会いたかった人との再会を望む客たち。 そこで彼らを待っていたものとは? そして、主人公・時田数に隠された真実とは? メイン• 監督 :• 主演 : その他• 原作 :• 脚本 :• 撮影 :• 音楽[映画制作用] :• 出演 : 、 、 、 、 、 、 、 、 制作国:日本 制作年:2018年 収録内容.

次の

【コーヒーが冷めないうちに】見逃した動画を再放送で無料視聴!動画配信サービスまとめ

コーヒーが冷めないうちに 評価

母親・時田要は戻ってきませんでしたが、主人公・時田数は必ず戻ってくる。 主人公の娘・未来が主人公・時田数にコーヒーを淹れた時点では、コーヒーを淹れる時田家の女(主人公の娘・未来)は未だ誕生していません。 従って、コーヒーが冷め切っても主人公・時田数が戻らず、幽霊と化してしまうと、「タイム・パラドクス」を生じてしまいます。 主人公の娘・未来は生まれなくなるはずですから、主人公・時田数にコーヒーを淹れられなくなる。 この点、母親・時田要は異なります。 コーヒーを淹れた時田家の女(主人公・時田数)が、母親・時田要にコーヒーを淹れた時点で既に誕生していましたから、コーヒーが冷め切っても戻らず、幽霊と化しても「タイム・パラドクス」を生じることはありません。 以上より「母親・時田要は戻ってきませんでしたが、主人公・時田数は必ず戻ってくる。 」と解ります。 素直な気持ちを伝える大切さ。 不思議な映像美で描く、温かな愛情物語。 投稿日:2018年11月1日 【賛否両論チェック】 賛:愛おしい人への大事な気持ちを、伝えられるうちに伝えることの大切さを、いくつもの温かな人間ドラマを通して教えてくれる。 過去へと戻る際の不思議な映像美にも注目。 否:どうしても似たようなシーンが多いのは、ご愛嬌か。 世界観も好き嫌いが分かれそう。 まず特筆すべきは、その独特な映像美です。 過去へと戻っていく中で登場人物達が通る道ともいうべき過程が、美しく幻想的な雰囲気で描き出されているのがステキです。 そしてその先で待っているのは、登場人物達それぞれの、切なくも温かい絆の物語です。 本当は大切なはずの人への正直な気持ちを、見栄や意地、相手への気遣いから言えずじまいだった彼らが、過去へと戻って初めて知る相手の本当の想いに、観ている側も思わず一緒になって涙してしまいます。 大切な人が、明日も同じようにいてくれるとは限らない。 だからこそ言える時に、自分の想いをちゃんと言葉にすることがいかに大切か、思い知らされるようです。 個人的には、吉田羊さん演じる八絵子と妹の久美とのエピソードが心に染みました。 そんな中で最も切なくて、物語の核にもなっている、ヒロイン・数のエピソードも見逃せません。 彼女がずっと胸に秘めてきた心の傷の正体と、その意外な真実にも、思わず驚かされます。 そしてやはり実感させてくれるのは、家族の愛の大きさです。 あまり言うとネタバレになってしまうので、詳しくは是非実際にご覧になってみて下さい。 どうしても同じようなシーンの繰り返しが多いのも、こうした作品ならではのご愛嬌。 沢山感動してホロっと泣ける、そんな大人のヒューマンドラマです。 よって、ストーリーやパーソナリティにブレが生じ、論理的齟齬があちこちで生まれる。 最初のエピソードがその顕著な例だろう。 グローバル化されたこの時代に、N. YでもL. Aでもなく、ただ漠然と〝アメリカ〟に行くんだそうだ。 もう、噴飯もの。 あまつさえ、その渡米の動機付けが〝好きな男を追いかける!〟のみだから驚天動地。 そのために現在の日本の仕事や生活をすべて投げ出し、身寄りもツテもない人間が単身渡米し、「仕事は向こうに行ってから探す!」んだそうだ。 お花畑この上ない行動原理には、開いた口が塞がらない。 昨今、アメリカでは移民の受け入れにとても厳しい。 ましてや、永住権や労働ビザの発行は、年々シビアになっており、あまつさえ、トランプ政権の現在、アメリカ国民でさえ、仕事探しに難儀しているというのに…。 終盤に明かされるアパートメント。 映画「ゴースト」よろしく白塗りされた壁のだだっ広い部屋。 そして、書き割りの背景から推察するに、場所は間違いなくニューヨーク。 しかも、マンハッタン。 地区までは特定出来ないものの、あの広さなら家賃は最低でも、月$3000はくだらないだろう。 何のお仕事をされるのかは知らんが、あまりにも現実から乖離していて、鑑賞の意を削がれる。 ことほどさように、結論を急ぐあまり、すべての現実的要素を背景としてしか取り扱っていないため、主人公を取り巻く周辺の環境や、キャラクターが迷子になり、最終的には大きな違和感が残る。 これは、この映画全体に言えること。 〝タイムスリップもの〟は、ただでさえ、時間操作の取り扱いや、時系列的矛盾の回避が難しいとされているシロモノ。 よって、エンドロールのやり方なんて、もう論外だ。 あんな、猫と絡むシーケンスだとか、学園祭の無駄に長く鈍重なくだりとか、すべて割愛すれば、尺を有意義に使えたはずなのに。 しかし、この作品は、ベテラン勢の好演に辛うじて助けられている。 薬師丸ひろ子さん、吉田羊さん、松重豊さんの演技は見事だった。 落涙させられた。 で…、有村架純さん。 この人が出演されるドラマや映画には、どうやら一つのメソッドがあるらしく、とにかく彼女は〝チュー〟をしないと、物語が前に進んで行かないらしい。 これは、脚本や演出の責任だと思うが、この映画の彼女のパーソナリティも様子がおかしい。 〝トラウマ〟によって、閉塞的な生活を余儀なくされた少女は、いつしか性格さえも閉ざすようになってしまったため、恋愛はおろか、対人関係も不得手。 な、はずなのに… 何故かラブシーンになると、やたらとガーリーに変貌する。 キスやイチャつくシーンでは、ガーリッシュエモーションがスクリーンから、ものすごい勢いでせり出してくるから、こっちは焦る。 〝有村メソッド〟が炸裂するあまり、それまでの主人公のパーソナリティの整合性がバラバラになってしまう。 そこで、理解出来た。 彼女のちょっとはにかんだ笑顔、ためらいがちに困惑しながらうつむく所作、寄り添って彼を見つめる視線などは、実に可愛いらしい。 恐らく〝カスミスト〟たちは、これに一杯食わされるのだろう。 流石は、当代きってのアイドルだから、それに関してはまったく文句は無い。 が、しかし、映画となるとそうはいかない。 いかんせん、この人の演技は、この〝手法〟一つしか持ち合わせていないので、その他すべての演技は、単調で凡庸。 よって、ストーリー運びも鈍重になる。 また、彼氏。 現代特有のイケメンが〝イケメン芝居〟の域を出ないから驚きもなく、平坦で台詞も陳腐。 「他人を幸せにすると、自分に返ってくるっていうよ!」 なんて、手垢まみれの台詞を真顔でイケメンに言われると、背筋が凍る。 大学の仲間たちのシーケンスもそう。 彼らの扱いは、もう目も当てられない。 本来、〝仲間たち〟なはずなのに、この映画の中での彼らは完全に〝記号〟で、一人一人の人格はおろか、顔すらろくに写さず、ピントさえ合わさない。 カズのいとこのお兄さんに至っては、だだの〝説明要員〟としてしか機能していないから、感情が煽られない。 これだから、いつが来ても日本のドラマや映画は〝ご都合主義〟の域を脱せないのだと思ってしまう。 〝ドラマ病理〟とでも言うべきか。 予告を観てちょっと期待していただけに実に残念である。 「やっぱ、テレビ局が関わる邦画って、どうしてもこうなっちゃうんだよなぁ〜」の感は拭えない。 映像が美しい。 投稿日:2018年10月3日 『Nのために』など、TBS系で一連の湊かなえ作品を撮った塚原あゆ子監督作品。 このひとの映像は水と光がとにかくきれい。 本作は映像が美しくないとだめだったと思うので、その点では文句なく二重丸。 まあ、4回泣けはしませんでしたが 笑。 最後のとこどういう仕掛け?? って一瞬考えちゃいました。 エンドロール見て、そう、それでいいんだよね、と納得。 しかし、けっこうな賭けだねアレは。 過去に戻っても現実は変えられないけれど、何かを確かめたり意外な真実を知ることはできる。 優しい物語でした。 ウルっとしたのはやはり薬師丸さんと松重さんのとこかなあ。 そして有村架純の可愛さ無双。 子供のように泣く姿にオバサンもやられてしまった。

次の