インスタ ユーザーを読み込めませんでした ブロック。 インスタグラムで「ユーザーが見つかりませんでした」の表示はブロックされてる証拠!?

【インスタグラム】アプリの不具合のまとめ ログインできない?フィードが更新しない?

インスタ ユーザーを読み込めませんでした ブロック

インスタでいいね!してくれた人を読み込めないエラーが発生 現在、 インスタで自分の投稿にいいね!をしてくれた人を読み込めないエラーが発生しています。 この不具合は多くの人に発生していますが、全ての人に同時に起きている訳ではないようです。 下記では、インスタでいいね!をしてくれた人を読み込めないエラーの詳細と原因を紹介していきます。 インスタでいいね!してくれた人を読み込めないエラーの詳細や原因 投稿に対していいね!をしてくれた人を見ようとすると、 「ユーザーを読み込めませんでした」というエラーメッセージが表示される不具合が多発しています。 このエラーメッセージが出てくると、何度やっても空白の画面が出てくるだけで、いいね!をしてくれたユーザーを表示することができない場合が多いようです。 また、 ストーリーを再生してくれた人やフォロワーそのものが表示されなくなる不具合も同時に発生する方も少なくないようです。 この不具合は1週間以上直らないままと言う方もおり、長期化する傾向にあるようです。 これらの不具合の原因は、以下のものが考えられます。 アプリ側の不具合• スマホ側の不具合• 電波状況が悪い• サーバーにエラーが発生している• 分析ツールを使用している インスタでいいね!してくれた人を読み込めないエラーの対処法 下記では、インスタでいいね!してくれた人を読み込めないエラーの対処法を紹介していきます。 アプリやスマホの再起動・ストレージを空ける いいね!してくれた人が読み込めない不具合は、アプリを再起動させると改善する場合があります。 また、スマホの容量が少なくなると、読み込み不良などの不具合が発生し易くなります。 一度、スマホを再起動させたㇼ、不要なアプリを削除して容量を空けたりして見て下さい。 電波状況の確認・モバイル回線に切り替える 電波状況が悪いと、不具合や読み込みエラーが発生しやすくなります。 Wi-Fiに繋げている場合は、場所を変えたり、別のWi-Fiに繋いだりしてみて下さい。 また、モバイル回線に切り替えると通信が安定し易いので、一度試してみて下さい。 ただし、モバイル回線に切り替えた場合は、機内モードになっていないかや、通信制限に掛かっていないかなどに注意して下さい。 キャッシュをクリアする スマホの「設定」を開きます。 設定一覧の中から「アプリ」を選択します。 「インスタ」をタップします。 一覧から、「ストレージ」に進みます。 「キャッシュを消去」を選択して、キャッシュのクリアの完了です。 ブラウザ版を使う アプリ版のインスタで不具合が出ている場合でも、ブラウザ版のインスタからはいいね!してくれた人を確認できる場合があります。 から、一度アクセスしてみて下さい。 また、ブラウザ版を使用して不具合が出ている場合は、アプリ版を使って見て下さい。 再ログイン・再インストールする インスタは、再ログインや再インストールする事で、不具合が改善する場合が多いです。 インスタはログアウト時にデータの保存が可能で、この機能を使えば、簡単に再ログイン・再インストールができます。 マイページ右上の「三」に進みます。 画面下部にある「設定」を開きます。 アカウントからログアウトをタップします。 「ログアウト」を選ぶと、インスタからログアウトすることができます。 データの保存が未完了の場合は、データの保存するかの確認が出るので、「はい」を押して下さい。 データ保存が正常に反映されれば、「ログイン」を押すだけでアカウントを再開することができます。 再ログインで不具合が改善しない場合は、再インストールを行って見て下さい。 ただし、 データ保存をせずに アンインストールをすると、ログインにパスワードなどが必要になるので気を付けて下さい。 アプリやスマホのアップデート インスタでは細かくアプリのアップデートをして不具合の改善が行われます。 アプリの自動更新を切っている方は、新しいバージョンが来ていないかストアなどで確認してみて下さい。 ただし、アップデートによって更に不具合が起き易くなる場合もあるので、アップデート前にSNSなどで情報を確認した方が良い時もあります。 何度か確認してみる いいね!してくれた人が表示されない不具合は、一時的に回復することがあるようです。 時間を空けつつ、何度か試してみて下さい。 ただし、回復しても一時的な場合も多いので、後で確認すればいいと画面を閉じてしまわない方が良いかも知れません。 不具合であることを投稿しておく いいね!してくれた人を読み込めないと、いいね!返しなどが出来なくなってしまいます。 ただ、この不具合は改善するのに時間が掛かる場合があります。 フォロワーのリアクションに反応できないと気になるようであれば、インスタやTwitterなど、フォロワーに届く方法で不具合であることを伝えてしまいましょう。 分析ツールなどの使用を止めてみる インスタは、分析ツールなどの外部アプリを使っていると不具合の原因になることがあります。 一度使用を停止して、不具合が改善しないか確認してみて下さい。 ミュート・ブロック・制限などに入っていないか確認する 不具合や誤操作で、ミュートやブロックを行ってしまい、フォロワーやリアクションが表示されない可能性もあります。 一度確認してみて下さい。 マイページ右上の「=」を開きます。 「設定」に進みます。 「プライバシー設定」をタップします。 こちらから、フォロワーが、ミュート・ブロック・制限に入ってしまっていないか確認してみて下さい。 時間を空ける 不具合が起きたままインスタを使っていると、投稿などの他の部分に不具合が発生してしまうこともあります。 インスタの不具合は24時間程度空けてみると改善している場合もあるので、一度使用を停止してみると良いかも知れません。 また、21時から23時などの、インスタのアクセスが増える時間帯を避ける事で、不具合を回避できる場合もあるようです。 運営に問い合わせる ただし、上記の対処法が有効でなく、24時間程度空けても不具合が改善しない場合は長期化する可能性があります。 その時は、運営に問い合わせをしてみて下さい。 マイページ右上の「三」マークに進みます。 画面下部の「設定」を選択します。 「ヘルプ」をタップします。 「一覧から、「問題を報告」を選びます。 一覧から、「問題を報告」に進みます。 こちらに不具合の内容を入力して送信すれば、問い合わせの完了です。

次の

インスタの『何らかのエラーが発生しました』とは?原因と対処法まとめ

インスタ ユーザーを読み込めませんでした ブロック

Contents• インスタのフィードとは インスタのフィードとは、ホーム画面のこと。 つまりTwitterではタイムラインに該当する画面です。 もっと細かくいうとインスタのホーム画面に流れてくる情報のことを指します。 フィードとは受動的に流れてくる情報やそれを受け取る場所と考えておけば間違いないでしょう。 スポンサーリンク フィードに表示される順番には規則性がある インスタのホーム画面に流れてくるフィードには、実は規則性があります。 投稿された時系列順に表示されているように感じますが、単純にそれだけではないのです。 インスタのシステムがフィードを表示するにあたって重要視する要素は複数存在するのですが、その中でもよくいわれているのがユーザーが関心を示しているコンテンツをホーム画面の上位に表示するということ。 つまり、あなたが日常的にチェックしているユーザーがいるのならば、そのユーザーに関連するフィードが優先的に表示されるという仕組みです。 スポンサーリンク どうしても見たくない情報にはミュートを使用 フィードはユーザーの関心や傾向をシステムで処理して表示しています。 しかし、自分が望むィードばかり流れるかというとそうとも限りません。 もし、見ていて不快になる情報を大量に発信するユーザーがいる場合は、ミュートすることによってそのユーザーのフィードを流れなくすることが可能。 ミュートを使う場合は、ホーム画面に表示されているフィードから該当するユーザーアイコンを長押しします。 するとメニューが表示されるため、「ミュート」を選択するだけ。 ミュートを一度行えば、以降は該当するユーザーのフィードは流れてきません。 特定ユーザーのフィードを流れなくする方法は、ブロックやフォロー解除でもできますが、ミュートだと相手に気づかれずに行えるというメリットがあります。 ブロックやフォロー解除はSNSにおけるトラブルに発展することもあるため、ミュートをオススメします。 「フィードがリフレッシュできませんでした」とは何? インスタを使用しているとたまに「フィードがリフレッシュできませんでした」というメッセージが表示されることがあります。 これは 新しいフィードが読み込めないという状態を表しています。 この状態だとフォローしているユーザーの投稿が見られないだけではなく、自分の投稿もできなくなります。 読み込めない理由として考えられるもの フィードが読み込めなくなる原因は複数考えられます。 ここでは、その原因を説明します。 サーバーが落ちている アクセスが集中するなどインスタのサーバーに負担がかかりすぎるとサーバーが落ちて、フィードが読み込めなくなります。 サーバーが落ちている場合はサーバーが復旧するまで待ちましょう。 また、インスタ公式からサーバーダウンに関する情報が発信されてる場合も。 サーバーが復旧さえすればフィードは正常に読み込めるようになります。 アプリの不具合 アップデートされたアプリに不具合があるなどして、フィードが読み込めなくなる可能性も。 こちらもインスタのサーバー落ちと同様に不具合を解消したアプリのリリースを待ちましょう。 また、サーバーダウン時と同様にインスタ公式から情報が発表されることもあります。 問題が解決したアプリがリリースされれば、フィードを正常に読み込めるはずです。 スマホが原因 自分のスマホでいろいろなアプリを立ち上げているために空きメモリー不足になっていたり、熱による暴走を起こしてスマホがフリーズしてフィードが読み込めない場合があります。 これらはバックグラウンドで立ち上がっているアプリを止めたり、再起動すると症状が改善し、フィードを正常に表示できるでしょう。 通信がうまくできていない 電波が入らない場所にいたり、通信速度制限にかかっていると通信不良が起こり、フィードが読み込めなくなるケースも。 電波が入らない場所にいるのならば電波が入る場所に移動すれば解消するでしょう。 通信速度制限にかかっている場合は、スマホの契約会社から追加容量を購入するか、Wi-Fiで接続することでフィードが正常に表示できます。 フィードを理解すればインスタを快適に使える フィードの仕組みを理解すれば、見たくないフィードが流れてきたり、フィード自体が表示されないといったトラブルが起こったときに問題なく対応できます。 画像や動画を中心に扱っている楽しいSNSがインスタですから、トラブルで気分が損なわれてしまうともったいありません。 本記事に書いてある対策を覚えて、楽しいインスタライフを送りましょう。

次の

インスタグラムの新機能『ネームタグ』の使い方と豆知識

インスタ ユーザーを読み込めませんでした ブロック

インスタグラムは比較的動作は安定しているアプリです。 とはいえ起動時や、写真のアップロード時にインスタグラムが強制終了してしまうといった不具合が起きる場合があります。 ここではインスタアプリについて、不具合やその対策のためのチェック事項をまとめていきます。 不明なネットワーク? 「アカウントの作成やログインでサーバに接続できない!」「不明なネットワーク」などのネットワークのエラーになる場合の対応方法です。 インスタグラムの障害がないか調べる インスタのサーバーのほうでトラブルになっていると、いくらこちらが頑張ってもログインできません。 ツイッターなどで、ほかに今インスタへログインできない人がいないか検索して調べてみましょう。 ログインできない人が多い場合は、時間をおいてからアクセスしなおしましょう。 WiFi状況を確認する ネットワークの状況でエラーになる場合があります。 WiFiで接続している場合には、• WiFiルータを再起動させる• WiFiボタンを一度オフにしてからオンにしなおす• 違うWiFiへ接続してみる• WiFiではなくモバイルのネットワークのほうで接続する... などを試してみましょう。 キャッシュを消去する ログインデータなどを一度消去してリセットすると直る場合があります。 特にアンドロイドのスマホを利用している場合には、自分でキャッシュを削除できます。 アプリのデータを消去するには、「設定>アプリ>インスタグラム」を選びます。 次に「ストレージ」を選び、「データ」の消去を実行します。 この場合、アプリを再起動してログインの手続きを再度行ってください。 日付を確認する スマホの日付や時間設定によっては不具合が出る場合があります。 日付や時間をちゃんと設定しなおすか、日付と時刻の自動設定をオンにしておきましょう。 アプリがよく落ちる? アプリを最新にしておく アプリのバージョン変更のタイミングで、不具合が起きやすくなる場合があります。 グーグルプレイストアなどで、インスタグラムが最新版になっているかチェックしてみましょう。 メモリを確保する インスタグラムは、非常に動作が軽快で便利なのですが、それでもスマホの空きメモリが厳しい場合には不具合が起きやすくなります。 急なアプリの終了にならないよう、メモリを確保しておく必要があります。 また動作が不安定な場合に はデバイスの再起動が有効かもしれません。 設定を変更する 右下の人アイコンを選び、次に右上の「・・・」アイコンをタップすることで設定を表示させます。 「 元の写真を保存」をオフにしてみましょう。 フィルタをかける前の写真は保存されませんが、インスタグラムの動作が1ステップ省略されるので、動作の負荷が軽減されるかもしれません。 「 携帯ネットワークデータの使用」 では「デフォルト」と「データ使用量を軽減」があります。 データ使用量を軽減していると、ロードや転送にかかる時間が長くなります。 ばあいによってはこちらの設定も切り替えて試してみましょう。 キャッシュを削除する アプリのキャッシュのせいでうまく動作しない場合があります。 設定>アプリでインスタグラムを選びます。 キャッシュの消去やデータの消去を実行してみましょう。 画像が読み込めません?準備しています? トップ画面で下にスワイプすると、写真のタイムラインが更新されます。 しかし「画像を読み込めませんでした。 タップしてもう一度お試しください。 」「フィードがリフレッシュできませんでした」とエラーになる場合があります。 これ以外にもタイムラインが「 準備しています」とだけでて写真が出てこない場合もあります。 時間をおいてからアクセスする そもそもインスタグラム側のサーバ障害、あるいはアクセス集中によるものであればこちらからできることはほとんどありません。 ちょっと時間をおいてアクセスしましょう。 サーバ障害が改善されていれば、問題なく見れるようになっているはずです。 ネットワーク接続を確認する 他のアプリ(メールなど)を起動して、ネットにつながるかどうか確認してみましょう。 スマホで他のアプリもネットにつながらない場合には、そもそもネットワークから切断されている可能性が高いです。 WiFiと3Gを切り替えてみる• 電波再接続アプリを使って接続しなおしてみる• 本体を再起動する など試してみましょう。 機内モードをオフにする アンドロイドでは、ついついメニューをスライドさせて「機内モード」をオンにしてしまう場合があります。 するとネットワーク接続がうまいくいかずにデータを更新できなくなります。 「機内モード」がオンならばオフに設定すれば大丈夫です。 また、インスタアプリでは「フィードがリフレッシュできません」となります。 たびたびこのようなトラブルが広範囲に起きる場合があります。 原因としては、サーバ側の一時的な障害であることが多いです。 しばし待ってからアクセスしましょう。 不審なログイン試行が検知されました インスタを起動したら「 不審なログイン試行が検知されました」という表示が出ました。 ログインで誰かがいろんなパスワードを試したりしたのでしょうか... この後は問題なく使えましたが、何度も出るようならインスタ側に問い合わせしてみるほうがいいのかもしれません。 カメラに接続できません インスタ中に「カメラに接続できません」というエラーが出てしまいました。 フロントもバックカメラも両方ダメでした。 インスタだけの問題であれば、ほかのカメラアプリでとりあえず撮影しておくのも手です。 あとでインスタでギャラリーからアップロードすればいいからです。 ちなみにうちのケースでは他のカメラアプリもダメでした。 うちでのケースは結局本体の再起動によって直りました。 逆に再起動でもダメなうならショップへもっていってみてもらった方が早いと思います。 アクションがブロックされています いいねなどのアクションをすると 「 We restric certain content and actions to protect our community. Tell us if you think we made a msitake. 」としてブロックされます。 これは「コミュニティを守るため特定のコンテンツやアクションを制限しています。 これが正しくない場合は連絡してください」といった意味で、特殊な条件でアプリが制限されることを意味します。 スパム予防のために特定の作業をしすぎるとブロックされる可能性はあります。 ただし、ネットワーク障害やアプリのバグでこのようなエラーになるケースも見受けられます。 時間をおいてから試してみるとよいでしょう。 人によっては一度ログアウトしてから再度ログイン出直ったとするユーザさんもいます。 急に英語表記になった? アップデートのタイミングで急に表記が英語になってしまう不具合が起こりました。 その場合はマイページから右上のメニューボタンをタップ。 下にある設定から「 Settings 設定 >Language 言語 」で変更しましょう。 apicode.

次の