くせ毛 ワックス おすすめ。 くせ毛女子へ。髪質別オススメのワックス・選び方を徹底解説

【メンズ必見】美容師が解説!くせ毛におすすめのヘアワックス10選!!

くせ毛 ワックス おすすめ

もっと詳しく• 「とりあえずつけてみる。 」がめちゃくちゃ大事! 「じゃあスタイリング剤をつけよう!」とせっかくなったとしても 「どれをつけたらいいのか分からない」 「こんなに種類がある中で自分に合うものなんて見つけられるわけがない」 となってしまう方も多いと思います! 自分に合うものをはじめからつける必要はありませんよ! 「え?いや合ってるものを使わないといい感じになんてなるわけないんだかえ合うものを使わないと」とあなたは思うかもしれません。 でもそれは大きな間違いです。 合うものをつけないよりも何もつけないほうが1億倍やってはいけないことです! 初心者はつい失敗をしたくないからとはじめから良いものを選んでしまいがち。 ネットにも溢れんばかりの情報が転がっているし、調べ上げてばもしかしたら自分にとって最高のスタイリング剤にはじめから出会ってしまうかもしれません。 でも、そんなことは100%ないので安心してください。 つける習慣がない方が自分に合う最高の商品を見つけられる可能性はゼロ。 何故ならそれが自分にとって最高か判断できるこれまでのスタイリング経験がないからです。 この記事では万人に人気で使いやすいスタイリング剤ではなく、『くせ毛の人が使いやすい』というフィルターを通してくせ毛専門美容師が選りすぐりの商品を厳選して紹介しています。 でも、それも ベストではなくベターです。 対応くせ毛タイプ・・縮毛以外OK!• 対応レングス・・・・どんな長さもOK! くせ毛のみならず、ホホバオイル自体にアレルギーがなければ全員に使ってほしい超・オススメアイテムです! 乾かす前後にほんの少しつけるだけ。 お肌にも使えるので、僕自身全身の保湿に仕様していてもう7年以上は愛用しています! ホホバオイルならばどれでもいいというわけではなく、下記のものが圧倒的にオススメ。 オーガニックなものなのでブランドによっても使い心地はまるで違います。 人間の出す皮脂に限りなく近い成分で構成されていて、数々の文献でその安全性が証明されています。 髪の艶やかさ、潤い、しなやかさの元となる『ワックスエステル』という成分が90%を占めると言われていて、地球上で植物からこのワックスエステルを含んでいるのはホホバオイルだけ。 ホホバオイルに関しては、かなり詳しめに記事を書いているので漏れなく全員読んでください!(笑) くせ毛の皆様はこれを購入すれば洗い流さないトリートメントジプシーを確実に抜け出すことができます。 対応くせ毛タイプ・・縮毛以外OK!• 対応レングス・・・・どんな長さもOK! 「くせ毛ならとりあえず買っとけ!」という素晴らしすぎる一品。 テクスチャーはハンドクリームのような質感でベタつきはほぼゼロ。 付けたまま寝ても不快感を感じる人は極少数だと断言できるほど、さらっと自然な使い心地です。 だからと言ってカバー力が損なわれるのかと言えばそうではなく、くせ毛、乾燥毛、ダメージ毛、多毛などの様々な状況と髪質、そして、ショート〜ロングまであらゆる髪の長さに対応可能なガチでおすすめなヘアクリームです。 立ち上げたり、固めりそういう効果はなく、保湿目的のヘアクリームだと思ってください! くせ毛特有のパサパサ感を抑えることが出来ます。 とりあえず買っとけ! \美容品は正規販売店で/• 対応くせ毛タイプ・・波状毛、弱めの捻転毛• 対応レングス・・・・ショート〜ショートボブ かっちりスタイリングしたい方向けの水溶性ポマードタイプのスタイリング剤です! 以前はクールグリースをスタメン使用していましたが、ポマードハードを使うようになってからはクールグリースは二軍落ちしました。 笑 クールグリースと比べると髪馴染みが良くベタつきも少なく、くせ毛の広がりとパサつきがしっかり抑えて艶を出してくれるかなり使い勝手の良い一品です! 香料入りですが香りはかなり弱めでほぼ原材料の匂いと言っても過言ではありません。 ヘアグリースなので、セット力とくせ毛カバー力はピカイチ。 ワックス慣れしていない女性の方だと、ポマードハードはベタつきがあるスタイリング剤なので少し使いづらさがあるかもしれません。 グリースはあくまでしっかり目なヘアセット向き。 カバー力は抜群にいいですが、扱いやすさはぶっちゃけないです!• 対応くせ毛タイプ・・波状毛、捻転毛• 対応レングス・・・・ショート〜ショートボブ ポマードハードなどのグリース系は、かなりキツめのくせ毛までしっかりツヤ感を出してスタイリングしてくれますが、そこまではいかなくとも艶のあるスタイリングをしたい方にオススメ! ポマードハードや他のワックスと比べてもベタつきが少なく、香りも良いのでしっかりスタイリングをしてほしい女性にとてもオススメしやすいですね。 ポマードハードよりもフットワークが軽めなのが良きところ。 <成分> 水、ミスチリン酸イソプロピル、コハク酸ジオクチル、セテス-10、キャンデリラロウ、ヒドロキシステアリン酸、セテス-6、BG、マイクロステアリンワックス、スクワラン、PEG-90M、 VA/クロトン酸/ネオデカン酸ビニル コポリマー、 オクチルアクリルアミド/アクリル酸ヒドロキシプロピル/メタクリル酸ブチルアミノエチル コポリマー、ジステリアン酸AL、クエン酸、AMP、水酸化Na、エタノール、ペンテト酸5Na、ヒノキチオール、安息香酸Na、フェノキシエタノール、プロピルパラベン、メチルパラベン Q8. 不器用でヘアアレンジが出来ないのですが、どうすれば出来るようになりますか? こればっかりは慣れでしかないですね。 髪が傷んでしまうのが怖くてストレートアイロンなどは使いたくありません。

次の

軟毛・猫っ毛向けワックス人気おすすめ【原因と改善方法・正しいセットの仕方を徹底解説】 | VOKKA [ヴォッカ]

くせ毛 ワックス おすすめ

もくじ• 今回ご紹介するスタイリング剤は左がプリュムワックス、右がプリュムヘアオイル! 「ワックスを探しに来たんだけどな・・・」と思ったあなた!ちょっと待ってください。 ヘアオイルはくせ毛さん必須アイテム!! 使わないと損しますよ!? スキンケアで例えると「 ヘアオイルは美容液」で「 ワックスはメイクの役割」を果たします! 髪に必要な成分を補給するヘアオイルで毎日ケアをして、くせ毛を美しく見せるのがワックスとなります。 当然すっぴんがお好きな方もいらっしゃると思いますが、くせ毛を美しく見せたい場合はどちらも欠かすことができないアイテムなんですね。 コレ、ヘアオイルとワックスだけで仕上げていますよ!ブローすらしていません。 パサつく、広がるくせ毛でもまるでトリートメントをしたかのような仕上がりに!これなら毎日サロン帰りを実現可能! 面倒なブローなどをしなくても清潔感のある髪に仕上げる事ができるから、縮毛矯正や美容院でのトリートメントをする必要はありませんよ! 「普通のスタイリング剤・ワックスとなにが違うの?」 プリュムヘアオイルとプリュムワックスが共通しているのは ベタつかないこと! くせ毛の場合はパサついたり広がってしまうから、スタイリング剤が必須!でも指通りが悪かったりすると使いたくないですよね。 そこで美容師である僕は多くのお客様と一緒に試行錯誤をしてやっとできた2セット! だから使用されたほとんどの方が「 ワックスなのにべたつかないから使いやすい」「 ヘアオイルを付けた瞬間髪がサラサラっ」などと好評をいただいています。 そして何よりも お肌に優しいから敏感肌で悩んでいるお客様にも喜ばれています。 それだけだけではありません! ただのスタイリング剤ではなく 髪のダメージを補修して保護する役割があります。 \嬉しい!喜びの声/ 「くせ毛でもこんなに綺麗になるんだ!」 「周りから綺麗になったねと褒められた」 そんなお声をたくさん頂きます。 使い方もとっても簡単! プリュムヘアオイルに配合されている「シルクとケラチン」がドライヤーからの熱やカラーやパーマ等で傷んでしまった髪を保護します。 そして朝のセットはプリュムワックスで! ツヤが欲しいところに狙って使用することができて、髪型を美しく保つことが可能です。 お肌にもいい成分を使用しているから使った後は手を洗わないでくださいね。 ネイルケアやハンドクリームとしても優秀なんです。 自信があるから効果を感じられなかったら 返金の対応もしていますよ! くせ毛に必要な正しいヘアケアとは? くせ毛の場合はカラーやパーマをしていなくても 傷んで見えてしまうのが特徴でもあります。 当然毎回全体カラーやパーマをかけてしまうともっと傷んでみえるので、 毎回の美容院での施術が重要となります。 できるだけ綺麗で清潔感のある髪の毛になりたい場合は、毎回の美容院での施術にはこだわって欲しいです。 具体的にはカラーをしている場合は、 毎回全体カラーをしなくてもいいように色の持ちを考えたカラーに変えてもらうこと。 くせ毛を扱いやすくするためにパーマをかけている方もいらっしゃいますが、その前に本当に必要なのか?を美容師さんに相談をしましょう。 ちなみに 僕はくせ毛にパーマはおすすめしていません。 そして、驚かれるのですが 美容院でのトリートメントや髪質改善は不要ですよ。 もともとの髪質が原因でパサついて見えてしまうので、トリートメントで髪質を変えることはできません。 それに時間とお金をかけても数日で元に戻るのでコスパも悪いです。 だから 毎日綺麗になれるようにホームケア製品にこだわるべきだと僕は思っています。 そのためくせ毛さんにおすすめのスタイリング剤とワックスを開発しています。 なにも予防、対策をしていない方は今からでも遅くはないので少しずつ正しいホームケアの習慣付けをしてみてください。 わからない事がありましたら以下の公式LINEでいつでもご相談いただけます! 3日以内で僕がお答えしますね! まとめ 今回の記事ではカット3万円美容師が、くせ毛で悩むお客様におすすめのスタイリング剤(ワックス)をご紹介しました。 今までの常識は「くせ毛だから縮毛矯正をしないといけない。 」でしたが、僕は縮毛矯正やパーマをおすすめしていません。 理由はくせ毛をいかした髪型にする事で多くのお客様が喜んでいるからです。 髪の毛の量が多くて太い「うねり髪」でも大丈夫! 強いくせ毛で、広がる、量も多い場合でも乾かす前にプリュムヘアオイル、そして仕上げにプリュムワックスを使用することで綺麗な髪にすることが可能です。

次の

【くせ毛専門美容師が厳選】くせ毛にオススメなワックス・スタイリング剤8選

くせ毛 ワックス おすすめ

- 2018年12月月18日午後7時52分PST くせ毛の男性がワックスを選ぶ場合、注意すべきポイントは、髪質です。 毛の量、ヘアスタイルなどでベストなワックスは多少異なりますが、髪質に合ったワックスを使用することで、かなりくせ毛を抑えることが可能です。 剛毛のくせ毛 剛毛とは、1本1本が硬くてしっかりしていて、毛髪の量が多く太いことを意味します。 剛毛は、毛髪のたんぱく質がしっかりと結びついており、キューティクルなどの繊維の密度が濃く、繊維と繊維の間に隙間がない状態です。 髪の毛の一本一本が丈夫なので、そのようなコシのある頭髪は、髪の健康面から考えると良い状態といえます。 人によって若干異なりますが、髪の手触りがゴワゴワしていて、寝癖などはしっかりと水に濡らさないと直らないなどに心当たりがある人は剛毛の可能性が高いです。 剛毛の人が間違ったワックス選びをしてしまうと、まとまりがなく、モサモサした印象になるので注意が必要です。 ファイバー、ジェル、グリース系ワックスがおすすめ そんな剛毛のくせ毛男子には、ファイバー、ジェル、グリース系のワックスがおすすめです。 これらのメンズワックスは、髪の広がりを抑えてツヤを出してくれるため、髪全体のボリュームを抑えてくれる効果があります。 髪が濡れたらボリュームが減るのと同じ原理ですね。 では、それぞれの特徴を紹介します。 ファイバー系の特徴 出典 メリット デメリット ・伸びがよく、毛先に動きをつけたい時に適している ・つけすぎると重くなり、髪がぺたつく ・油分が多く、髪にツヤを与える ・髪に馴染みやすいので初心者でも扱いやすい ジェル系の特徴 出典 メリット デメリット ・強いホールド力がある ・動きを出すのは難しい ・速乾性がある ・一度乾くと、修正が難しい ・髪にツヤが出て、清潔な印象になる ・適量以上つけるとテカテカになる グリース系の特徴 出典 メリット デメリット ・髪にツヤ感が出る ・適量以上つけるとテカテカになる 髪全体につけることも、部分的につけることも向いている 軟毛のくせ毛 軟毛とは細く柔らかい毛髪のことを意味します。 キューティクルが少ないため、枝毛になりやすくダメージを受けやすい髪質です。 軟毛のくせ毛の特徴としては、くせによって髪がぺたんこになってしまうことです。 髪をセットしても、すぐにもとに戻ってしまうことに心当たりがある人は軟毛の可能性が高いです。 また、髪の毛の1本1本が細いため、水分や油分が多いワックスだとボリュームを更に抑えてしまうので要注意です。 ドライ系ワックスがおすすめ そんな軟毛のくせ毛男子には、ドライ系のワックスがおすすめです。 ドライ系のワックスは、特にふわりと動きのあるスタイリングに向いています。 固いテクスチャーでワックスの伸びは悪い特徴があるので、毛束感を出したい方には適しません。 そのため、「軟毛だけど、毛束感を出したい!」という方は、ジェル、ファイバー、グリース系のワックスを毛先だけに使うことをおすすめします。 ドライ系の特徴 出典 メリット デメリット ・ツヤなしでふんわり出来る ・伸びが悪い スタイリング力が非常に高い 付けすぎるとガチガチになる オススメくせ毛ワックスを比較【男性】 剛毛のくせ毛にオススメ 【アリミノ】FREEZE WAX フリーズワックス|ファイバー系 出典 ファイバー系の中でも、ホールド力が少し強めのワックスです。 短髪のヘアスタイルには相性抜群ですが、長い髪でも使えるので、幅広い方から人気があります。 水で簡単に落とせるので、髪の毛や毛根にワックスが残る心配はありません。 ただ、その分、雨などで濡れてしまうとすぐに崩れるので注意が必要です。 【ホーユー】ミニーレ ウイウイ デザインジャム10|ジェル系 出典 匂い、ホールド力ともに優れているので、美容院などでも使われています。 ウェット感も出るので、「清潔感を出したい」「色気ある雰囲気にしたい」という人にオススメです。 また、少量を全体で馴染ませることで、程よい毛束感を出すことも出来ます。 【阪本高生堂】クールグリースG|グリース系 出典 グリース系ワックスの中でもかなり知名度が高い商品です。 整髪力、キープ力、ツヤ感共にバランスが良く、多くの方から人気があります。 グリース系に興味がある方は、是非一度試してみて下さい。 軟毛のくせ毛にオススメのワックス デザインキューブ・ドライワックス|ドライ系 ドライ系の中でも、特に伸びが良いワックスです。 そのため、一回のセットに使用するワックスの量が少なくて済みます。 セットした髪が重くならず、ふんわりとツヤのない優しいスタイリングが可能なので、特に無造作ヘアの人にオススメです。 【ナカノ】スタイリングワックス M|ドライ系 出典 ドライ系ワックスの中ではセット力が低いので、ナチュラルなスタイルが作れると人気です。 ちなみに、ナカノのヘアワックスには、ヘアカラーの退色防止効果が含まれているため、マットやアッシュに髪を染めている人から非常に高い支持を獲得しています。 【ドゥーサー】ドライペーストワックス 6|ドライ系 出典 しっかりしたキープ力とハードなセット力を持ち、立体感のあるヘアスタイルを作ることが出来ます。 ワックスを付けた髪は非常に軽く、崩れてもすぐに直すことが出来る人気メンズワックスです。 ちなみにドゥーサーは、「6」以外を選ぶと、ドライ系ではなく、ファイバー系などになるので注意してください。 くせ毛ワックスのつけ方・スタイリング方法 くせ毛を抑えるワックスを紹介しましたが、つけ方・スタイリング方法などを間違うと、ベタベタになってしまったり、すぐに型が崩れたりします。 なので、自分に合ったワックスだけでなく、正しいつけ方・スタイリング方法を理解しておきましょう。 実はワックスより重要?髪のブロー セット前のドライヤーを使ったブローによって、更にくせ毛を抑えることが可能です。 くせ毛を伸ばすブローは、以下の動画がかなり参考になります。 出典 この動画では、アイロンなどを使わずにドライヤーだけで前髪を真っ直ぐにしています。 アイロンを使うよりは髪へのダメージが少ないので、是非一度試してみて下さい。 もし更に詳しくセット方法について知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。 トップにボリュームを出す• サイドのボリュームを落とす• 後頭部のボリュームを出す 以下の動画では、直毛の男性が見本として行っていますが、くせ毛の男性でも参考になる動画です。 あまり意識せずに、髪を乾かしている人は特に参考にしてください。 出典 ワックスをつける時の3つの注意点 ワックスの量 ワックスの量で一番注意すべきポイントは、一気に多い量を手に取らないことです。 10円玉程度のワックスを指に取って、手のひら全体に薄く伸ばして付けていきましょう。 もし足りなかったら、再度同じぐらいの量を取って、付けていくことで、ベタベタになるのを防ぐことが出来ます。 馴染ませ方 男性で、ワックスのつけ方が下手な人の多くは、馴染ませ方が苦手な傾向にあります。 まずは髪の毛全体の毛先を中心にヘアワックスを付けていき、毛先全体に行き渡ったら、手のひらで揉むように根元までヘアワックスを付けましょう。 この時に、毛の根本にワックスを付けすぎると、重たい印象になってしまうので注意が必要です。 整え方 毛束感を出したい部分をねじったり、つまんだりして整えていきます。 この時、ワックスを追加で付けすぎてしまうと、重くなってしまうので、手のひらに残っているワックスを使うようにしましょう。 1日の終わりに、必ずワックスを落としましょう くせ毛を抑えるためにワックスを使うと、最初は自然とワックスの量が多くなりがちです。 ワックスが残っていると、頭皮に悪影響があるので、必ず丁寧に洗い落とすことを心がけましょう。

次の