ゾビラックス 市販。 医療用医薬品 : ゾビラックス

ヘルペス薬 バルトレックス、ゾビラックス、ファムビルの違い

ゾビラックス 市販

市販の外用薬が使用できるのは、医師の診察により「口唇ヘルペスである」との診断を受けたことがあり、再発したケースに限られます。 口唇ヘルペスの市販薬はすべて【第1類医薬品】ですので、薬剤師の対面販売で購入することができます。 再発でない場合などは、ドラッグストアの店頭に行っても購入できないケースもあります。 口唇ヘルペスの初期症状は、 唇や口元に「なんとなく違和感を覚える」という段階から、ピリピリ、チクチクしたような痛みに近い感覚、少し重い腫れてきたかな? という感覚があります。 初期レベルで市販の抗ウィルス軟膏を塗れば、発疹にまで至らず、発症しないですむことも少なくありません。 初期レベルを放置した場合、赤いプツプツした発疹から、小さな水ぶくれになり、水ぶくれが合体して大きくなったりします。 発症してしまった場合でも、市販の抗ウィルス軟膏を塗ることによって患部の拡大や症状の悪化を防ぐことができます。 ただ、できるだけ初期段階での治療の方が効果的で、峠を過ぎてからではあまり効果は見られませんが、広めに塗っておくことによって周囲への感染拡大を防ぐことはできます。 使用前には、よく手を洗って清潔にしてください。 1日数回、患部に適量を塗ってください。 こすらず、患部の上に軽くのせるように塗ってください。 使用後も、よく手を洗ってください。 手を洗う前に、他の部位を触らないようにしてください。 万が一、目に入った場合にはすぐに目を洗ってください。 再発を繰り返して慣れた口唇ヘルペスであっても、いつもより症状が悪化していると感じたら、まずは「皮膚科」を受診してください。 風邪をひいていたり、他の病気や体力が落ちている場合などは、合併症もありますので「内科」が良いでしょう。 妊娠中の妊婦であれば、かかっている「産婦人科」で相談してください。 口唇ヘルペス以外の「性器ヘルペス」や「帯状疱疹」なとの場合は、内服治療を受けるために医療機関への受診をおすすめします。 性器ヘルペスの場合は抗ウイルス軟膏ではなく、ヘルペス治療薬のバルトレックスやゾビラックスの服用を行います。 ヘルペス治療に効果のある市販薬の口コミ• 佐藤製薬の「アラセナS」• 大正製薬の「ヘルペシア」• グラクソ・スミスクライン株式会社の「アクチビア」 使用前には、添付の説明書を必ず確認してください。 ヘルペスはヘルペスウィルスの感染症で、一度感染すると体内の神経節にウィルスが隠れ潜み、体調を崩すと再発します。 風邪をひいたり、熱が出たり、疲れが溜まったりすると、口唇ヘルペスを頻繁に繰り返すという人もいます。 以前は、抗ウィルス薬は医療機関でしか処方されませんでしたが、最近は抗ウィルス軟膏が市販されています。 初期段階での口唇ヘルペスの場合は、市販の抗ウィルス軟膏を塗って対応しておけば悪化させずにすみます。 頻繁に再発を繰り返している人は、体調管理とともに市販の抗ウィルス軟膏を常備しておくと良いでしょう。 口唇ヘルペスへの有効成分は、アシクロビル、ビタラビンです。 「アクチビア軟膏」は、マクロゴールというベースのクリームにアシクロビルを混ぜた、至ってシンプルな薬です。 「アラセナS」は、アシクロビルの他に、ビタラビンという抗ウィルス薬が入っていて、有効成分が2種類です。 ビタラビンは少量でもより効果を発揮するので、特におすすめです。 軟膏タイプとクリームタイプもあり、外出時はクリームタイプで薄く塗り、就寝時は軟膏タイプでしっかり塗るという、使い分けが可能なのが便利です。 「ヘルペシア」は、アシクロビルの他に添加物が他の2種類と比べて多いのでメリットもあるのですが、アレルギー等がある方にはおすすめできません。 外用薬には、軟膏タイプやクリームタイプとあります。 一般的に有効成分や配合量は同じでも、ベースとなる基剤と呼ばれるモノが異なっていて、使い勝手やテクスチャアが違います。 クリームタイプは薄く伸びやすいテクスチャアで、軟膏タイプはしっかり厚めに塗ることが出来るという感覚です。 化粧品などの肌触りとか、皮膚に乗せた時の感覚や伸び、吸収の時間差のようなイメージが分かりやすいかもしれません。 口唇ヘルペスの場合、唇や口元にガッツリ薬を塗っている状態は、あまり見栄えの良いものではないですから、外出時は薄く伸びるクリームタイプにしておいて、自宅でのリラックス時や寝る前などには軟膏タイプで、しっかり厚めに塗るという人もいます。 市販されている抗ウィルス剤は、外用薬だけです。 内服薬は医師の処方が必要ですし、点滴治療は医療機関で実施されます。 内服薬で有名なヘルペス治療薬はバルトレックスとゾビラックスです。 性器ヘルペスは、主に抗ウイルス薬 ウイルスの増殖を抑える を用いた治療を行うことが有効です。 外用薬だけの使用は、あまりメリットがありませんので、症状や体質に合わせた専門医の適切な治療をおすすめします。 ヘルペス治療薬のバルトレックス個人輸入.

次の

ゾビラックス通販|アシクロビル|ヘルペス薬|効果・副作用

ゾビラックス 市販

人に感染するヘルペスウイルスは主に3種類です。 単純ヘルペスウイルス1型 口唇ヘルペス カポジ水痘様発疹症など• 単純ヘルペスウイルス2型 性器ヘルペスなど• 水痘・帯状疱疹ウイルス 水疱瘡(水痘)、 帯状疱疹など 口唇ヘルペス、水疱瘡、帯状疱疹などの治療に使われる抗ヘルペスウイルス薬の飲み薬も3種類です。 ゾビラックス(アシクロビル)• バルトレックス(バラシクロビル)• ファムビル(ファムシクロビル) ヘルペスウイルスの増殖を抑える作用は共通していますが、吸収率、飲み方、薬価(薬の値段)などが違います。 ゾビラックス・バルトレックス・ファムビル 主成分の違い 主成分に関しては、ゾビラックスとバルトレックスは 兄弟関係にあります。 ファムビルは全くの別成分です。 ファムビルもプロドラッグ の主成分 ファムシクロビルは、体内で ペンシクロビルに変換され、ペンシクロビルはヘルペスウイルス内で 活性型ペンシクロビルになり効果を発揮します。 ゾビラックス・バルトレックス・ファムビル 服用回数と吸収率の違い ゾビラックスは吸収率が悪く(バイオアベリラビリティが低く)、 1日4回以上服用しなければ効果を発揮しませんでした。 バルトレックスとファムビルは、 吸収率を改善して 服用回数を軽減した進化型のヘルペス薬です。 ゾビラックス バルトレックス ファムビル BA 10%~20% 約55% 77% 服用回数 4~5回 2~3回 3回 ゾビラックス・バルトレックス・ファムビル ジェネリックの有無と薬価の違い は薬価が高いのがネックです。 ゾビラックスとバルトレックスはジェネリックがありますが、 ファムビルにはジェネリックがありません。 ジェネリック ヘルペス薬 薬価 — ゾビラックス200mg 221. 8 — ゾビラックス400mg 352. 6 — バルトレックス錠 405. 8~219. 4 — ファムビル 489. 7 ~289. 8 薬価はゾビラックスとゾビラックスのジェネリック(アシクロビル)に軍配があがります。 しかし、ヘルペス薬は何の病気に(水疱瘡、口唇ヘルペス、帯状疱疹など)に使うかで1回服用量と服用回数に違いがあります。 口唇ヘルペス(単純疱疹)の治療コストを例に挙げると、 ジェネリックではアシクロビルですが、先発ではバルトレックスが一番安くなります。 ヘルペス薬 1回量 服用回数 1日分薬価 ゾビラックス200 1錠 5回 1109 アシクロビル200 212 バルトレックス 2回 811 バラシクロビル 378~439 ファムビル 3回 1469 ゾビラックス・バルトレックス・ファムビル 製剤(剤形)の違い ファムビルは錠剤のみです。 ゾビラックスは飲み薬だけではなく、 塗り薬や点滴もあり使い勝手がいいです。 アラセナAというヘルペスの塗り薬もありますが、軟膏とクリームのみです。 目のヘルペス(角膜ヘルペス)に使えるヘルペスの塗り薬は、 ゾビラックス眼軟膏だけです。 しかし、ヘルペス薬はウイルスの増殖を抑える効果が出るまで 2日程度かかります。 各診断を受けたら、 できるだけ早くヘルペス薬を飲んで治療を開始します。 本剤の投与は、発病初期に近いほど効果が期待できるので、早期に投与を開始すること。 なお、目安として、帯状疱疹の治療においては皮疹出現後5日以内に、また、水痘の治療においては皮疹出現後2日以内に投与を開始することが望ましい バルトレックス添付文書より でヘルペス薬を受け取ったら、帰宅後すぐに1回分を飲んでください。 さらにヘルペス薬の効果を最大限に発揮するためには、処方されたヘルペス薬は 最後まで飲みきることも大切です。 水疱瘡の飲み方(服用期間) 水疱瘡の多くは 1歳~5歳の子供ですので、顆粒剤の子供の飲み方を解説します。 ゾビラックス顆粒を1回0. バルトレックス顆粒を1回0. ゾビラックス錠 200mgを1回1錠、 1日5回、5日間• バルトレックス錠を1回1錠、 1日2回、5日間• ファムビルを1回1錠、 1日3回、5日間 10kg以上の子供• ゾビラックス顆粒を1回0. 5g)• バルトレックス顆粒を1回0. ゾビラックス錠 400mgを1回2錠、 1日5回、7日間• バルトレックス錠を1回2錠、 1日3回、7日間• ファムビル錠を1回2錠、 1日3回、7日間 ゾビラックス・バルトレックス・ファムビル 口唇ヘルペス、帯状疱疹への効果の違い ヘルペス薬はヘルペスウイルスの増殖を抑えて水ぶくれの皮膚症状を改善するだけではありません。 ヘルペスの症状の軽い初期に服用を開始すれば、皮膚の かゆみ(水疱瘡)やピリピリとした 痛み(口唇ヘルペス、帯状疱疹)を和らげることができます。 バルトレックス VS ゾビラックス バルトレックスとゾビラックスのヘルペスに効果を示す成分は同じアシクロビルですので、 効果は同等です。 バルトレックス VS ファムビル ファムビルはバルトレックスより後に発売されたヘルペス薬です。 効果はバルトレックス以上を期待したいですが、口唇ヘルペスと帯状疱疹への 効果は同等です。 帯状疱疹の病変部位が完全 痂皮化するまでの日数 つまり、 ゾビラックス、バルトレックス、ファムビルの効果の優越はありません。 ゾビラックス・バルトレックス・ファムビル 帯状疱疹後神経痛への効果の違い 帯状疱疹後神経痛とは ヘルペス薬が本当に必要な病気は 帯状疱疹です。 帯状疱疹の後遺症である 帯状疱疹後神経痛はだらだら痛みが続く厄介な病気だからです。 さらに、帯状疱疹後神経痛薬の 効果の個人差は大きく、長期の痛みに悩まされることも少なくありません。 帯状疱疹後神経痛に移行させないためにも、早期にヘルペス薬で治療を開始します。 ヘルペス薬と帯状疱疹後神経痛 ヘルペス薬を服用しない場合、帯状疱疹後神経痛に移行する頻度(皮疹発現90日後の疼痛残存率)は 20~60%と言われています。 50歳以上の成人を対象にした海外の二重盲検比較試験の結果では、半数の方の痛みが取れるまでにかかる日数は、バルトレックスの方が短いことが確認されています。 ゾビラックス:51日• バルトレックス: 38日 バルトレックスとファムビルを直接比較したデータがないため効果の優越は不明ですが、ファムビルは 帯状疱疹痛と 帯状疱疹後神経痛が消失するまでの期間を短縮することが海外の二重盲検比較試験で確認されています。 ファムビルを服用した場合• 半数の方の痛みが取れるまでにかかる日数が 21日• 帯状疱疹後神経痛に移行する頻度は 12. 4% ゾビラックス・バルトレックス・ファムビルと アラセナA軟膏・ゾビラックス軟膏の併用 ヘルペス薬は飲み薬と飲み薬がありますが、ヘルペス治療には経験的に優先順位があります。 健康保険では、飲み薬と塗り薬の併用は原則認められていません。 口唇ヘルペス ヘルペス塗り薬(アラセナA軟膏・ゾビラックス軟膏)優先• 帯状疱疹 ヘルペス飲み薬(ゾビラックス、バルトレックス、ファムビル)優先 例えば、帯状疱疹にヘルペスの飲み薬(ゾビラックス、バルトレックス、ファムビル)を使った場合、帯状疱疹治療には十分な効果を発揮します。 ヘルペス塗り薬(アラセナA軟膏・ゾビラックス軟膏)をさらに併用はできません。 (ヘルペス薬は高価で、健康保険を切迫させるという理由もある) 健康保険請求上の理由でテラコートリル、テラマイシンなどの抗生物質の塗り薬が、帯状疱疹に使用される場合があります。 まとめ• バルトレックスはゾビラックスの欠点を改良したプロドラッグで、アシクロビルに変換されて抗ヘルペスウイルス作用を発現する• ファムビルの主成分ファムシクロビルは、体内で変換されてペンシクロビルになり、ヘルペスウイルス内で活性型ペンシクロビルになり効果を発現する• ゾビラックスは飲み薬だけではなく、塗り薬や点滴もある• 口唇ヘルペス、帯状疱疹でゾビラックス、バルトレックス、ファムビルを服用した場合、効果の優越はない• ゾビラックス、バルトレックス、ファムビルを服用した場合、半数の方の帯状疱疹痛が取れるまでにかかる日数は、51日、38日、21日という試験結果がある (ただし、試験条件が違うため単純比較はできない)• 健康保険では、飲み薬(ゾビラックス、バルトレックス、ファムビル)と飲み薬(アラセナA軟膏・ゾビラックス軟膏)の併用は原則認められていません。

次の

帯状疱疹の治療方法はゾビラックスなどの塗り薬や点滴?入院が必要なことも?

ゾビラックス 市販

特徴 ゾビラックスはGSKファーマ社が開発したヘルペスウイルスの治療薬で、白い丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているゾビラックスは、 GSKファーマ社が製造・販売している正規品です。 効果 ゾビラックスの主成分であるアシクロビルはヘルペスウイルスや水痘・帯状疱疹ウイルスのDNA複製を阻害し、ウイルスの増殖を抑える働きがあります。 また、皮膚の病巣の悪化や皮疹の発現を抑え、血中ウイルス価を減少させる効果があります。 副作用 主な副作用は、発疹、腹痛、めまい、頭痛、意識低下などがあげられます。 成分量 日本国内においては200mg/400mgが処方されています。 当サイトでは200mg/400mg/800mgの3種類が購入可能です。 ヘルペス• 単純疱疹• 帯状疱疹 有効成分:アシクロビル/Aciclovir 200mg・400mg・800mg• ご注文 ゾビラックス 200mg 内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文 25錠 ゾビラックスの特徴 ゾビラックスはGSKファーマ社が開発したヘルペスウイルスの治療薬で、白い丸形の錠剤が特徴です。 ゾビラックスの効果 ゾビラックスの主成分であるアシクロビルは、 DNAポリメラーゼ阻害薬と呼ばれています。 DNAポリメラーゼとは、ウイルスのDNA複製に関わる酵素のことであり、アシクロビルはDNAポリメラーゼを阻害することにより、ウイルスの増殖を抑える効果があります。 アシクロビルは ウイルスの増殖を抑えるだけでなく、皮疹の発現を抑えたり、皮膚の病巣の悪化を抑える効果もあります。 ウイルスの少ない発症初期に服用すると、より高い効果があり、初期治療により病状の悪化を抑えることもできるため、治癒も早まります。 口唇ヘルペスや性器ヘルペスのような単純ヘルペスや水痘・帯状疱疹ウイルスは細菌とは別の微生物で、細菌よりも小さく、生物の細胞内で皮膚や粘膜に水ぶくれを作り増殖するのが特徴です。 ゾビラックスの成分量 日本国内において、200mg/400mgが処方されています。 個人輸入を行っている当サイトでは200mg/400mg/800mgの3種類の購入が可能です。 その他 ヘルペスウイルスは再発が多く、予防が難しい病気ですので常備薬としてもお薦めです。 ゾビラックスの主成分であるアシクロビルは人類初のウイルスに対する薬として、開発したアメリカのガートルード・エリオンはノーベル生理学・医学賞を受賞しました。 ゾビラックス関連ページ ヘルペス治療薬商品一覧 ・ 参考サイト 商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。 ・ 服用方法・使用方法 服用のタイミング 食事に関係なく服用できます。 服薬中は普段より多めに水分を補給してください。 めまいやふらつきが現れることがあるため、高所作業や自動車の運転等危険を伴う操作をする際にも注意が必要です。 服用量の目安 単純疱疹(口唇ヘルペス・性器ヘルペス)の場合、1回200mgを1日5回に分けて服用します。 水痘・帯状疱疹の場合、1回800mgを1日5回に分けて服用します。 推奨用量 推奨されている服用量は症状の種類や状況によって異なります。 飲み忘れた場合には、気がついた時点ですぐ1回分を服用してください。 ただし、ただし2回分を一度に服用することはできません。 次の服用の時間が近づいている場合、1回分を空けて服用サイクルを調整するようにしてください。 腎障害のある方や、高齢者は精神神経症状などがあらわれやすいため注意が必要です。 副作用 併用禁忌 現在報告されておりません。 併用注意 併用注意薬は、ゾビラックスと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。 ・プロベネシド アシクロビルの腎臓での排泄が抑えられ、作用が強くなることや副作用が現れやすくなります。 ・シメチジン アシクロビルの排泄が抑えられ、アシクロビルの作用が強まる可能性があります。 ・ミコフェノール酸 モフェチル 併用することで両方の薬の効果が強まることがあります。 ・テオフィリン テオフィリンの血中濃度が上がり、作用が強まることがあります。 特に腎機能が低下している高齢者の方は注意が必要です。 参考サイト 服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。 ・ 保管方法 決済が失敗する場合があります。 まれにカード発行会社の規制により、国をまたいだクレジット決済がエラーとなる場合がございます。 クレジット決済ができない場合には、カード発行会社にご連絡いただき、クレジット決済をしたい旨をお伝えいただくことで決済が可能となる場合がございます。 【ご注意ください】 本来、医薬品のクレジット決済はカード規約で禁止されています。 医薬品である旨を伝えてトラブルになったケースもあるようですので、ご連絡される際には「海外の通販サイトを利用したいので制限を解除して欲しい」という旨だけとお伝え下さい。 請求金額が異なる場合があります。 昨今は外貨の変動幅が大きく、元から円へのエクスチェンジ時に為替差益が発生しており、1~2%前後の手数料が掛かっております。 購入金額以外に、この為替差益がお客様の負担となりクレジット会社から請求される可能性がございます。 ご負担頂いた3%分を当サイトでは、次回購入時に利用頂けるポイントとして付与しております。 こちらをご理解の上で、クレジット決済をお願い致します。

次の