ヒラメ の ムニエル。 舌平目のムニエル白ワインソース/9ジラジ

舌平目のムニエル白ワインソース/9ジラジ

ヒラメ の ムニエル

「ムニエル」という料理名は、小麦粉を作る職人「ムニエ」に由来します。 舌平目に小麦粉をまぶして焼くことから、この名前がつきました。 「粉屋風」舌平目は、まず最初に小麦粉をまぶして焼いて、パセリのみじん切りを散らし、焦がしバターとレモンの絞り汁をかけます。 レモンの輪切り数枚と「自家製」マッシュポテト、または香り米を添えて出来立てを食卓に供します。 タラ、タイ、サケなど、大半の魚も、丸ごとでも切り身でも、この方法で調理できるほか、食用ガエルやモツのような魚以外の食材にも応用できます。 下準備10分、調理30分 6人分• うろこを引いた皮付きの舌平目6尾• バター100グラム• 小麦粉60グラム• 食用油• レモン2個、飾り付け用2個• 塩、コショウ• 大きな深皿に小麦粉を入れます。 舌平目を片側、次いで反対側と入れ、全体に小麦粉をまんべんなくまぶします。 フライパンにバター半量を溶かし、焦げつかないように注意しながら褐色になるまで火を入れます。 舌平目の黒い皮側から入れて焼きます。 皮に香ばしい焼き色が付いたら魚を返し、しばらく焼きます。 このとき焼き時間が長すぎて身が崩れることのないように注意します。 魚をフライパンから取り出します。 残りのバターを褐色になるまで火にかけます。 レモン2個分の絞り汁を加えます。 焦がしバターを舌平目の上に注ぎ、塩、コショウをして、カットレモンを添えます。 おすすめの付け合わせ 精米した香り米(バスマティ)または玄米 おすすめのワイン 白ワイン(サンセール).

次の

鮭のムニエルのレシピ~洋食店のように仕上げる焼き方のコツ 【シェフ直伝】

ヒラメ の ムニエル

「ムニエル」という料理名は、小麦粉を作る職人「ムニエ」に由来します。 舌平目に小麦粉をまぶして焼くことから、この名前がつきました。 「粉屋風」舌平目は、まず最初に小麦粉をまぶして焼いて、パセリのみじん切りを散らし、焦がしバターとレモンの絞り汁をかけます。 レモンの輪切り数枚と「自家製」マッシュポテト、または香り米を添えて出来立てを食卓に供します。 タラ、タイ、サケなど、大半の魚も、丸ごとでも切り身でも、この方法で調理できるほか、食用ガエルやモツのような魚以外の食材にも応用できます。 下準備10分、調理30分 6人分• うろこを引いた皮付きの舌平目6尾• バター100グラム• 小麦粉60グラム• 食用油• レモン2個、飾り付け用2個• 塩、コショウ• 大きな深皿に小麦粉を入れます。 舌平目を片側、次いで反対側と入れ、全体に小麦粉をまんべんなくまぶします。 フライパンにバター半量を溶かし、焦げつかないように注意しながら褐色になるまで火を入れます。 舌平目の黒い皮側から入れて焼きます。 皮に香ばしい焼き色が付いたら魚を返し、しばらく焼きます。 このとき焼き時間が長すぎて身が崩れることのないように注意します。 魚をフライパンから取り出します。 残りのバターを褐色になるまで火にかけます。 レモン2個分の絞り汁を加えます。 焦がしバターを舌平目の上に注ぎ、塩、コショウをして、カットレモンを添えます。 おすすめの付け合わせ 精米した香り米(バスマティ)または玄米 おすすめのワイン 白ワイン(サンセール).

次の

舌平目(シタビラメ)とは?ヒラメなの?ムニエルのことも絶対理解できるカンタン説明: ニュースプラスナウ

ヒラメ の ムニエル

血抜きするため5分ほど水につける。 まな板も洗う。 2.付け合わせのニンジン、大根の皮を取り拍子切りにする。 切り終わって出たくず野菜は3で使う。 3.魚の出し汁を取る。 その後、水をひたひたになるまで加え沸騰するまで強火にかける。 4.上身、下身に塩・コショウして、クロスして編むように形をクッション型に整形する。 5.小麦粉を打ち、バターで焼いてムニエルにする。 粉屋風という意味もあるよ。 竹串を5秒間刺して、下唇にあてて温かかったらOKです。 6.ニンジン・大根・インゲンをボイルしたものをオリーブ油、バター、砂糖を入れ、 しんなりするまで炒めて、最後に塩・コショウする。 7.ソース作り白ワインを煮詰めた後、魚の出し汁を入れる。 湧いてきたら弱火にし、濃度がついてきたら漉(こ)して、バター、塩、コショウで 味を調えて、香草(なくてもOK)をソースに入れる。 8.皿に野菜を盛り、その上に舌平目のムニエルをのせ7のソースをかけて完成。 舌平目のムニエル 白ワインソース完成!オオクボックス、クールにイケメンでキメました! 試食!クールなイケメンが顔を崩してしまうほどウマ! お家でできる本格的なムニエルです。 ぜひ挑戦してくださいネ:-.

次の