前沢 ファンド。 前澤友作「10億円を10人の夢ある起業家に投資します」総額100億円の前澤ファンドを設立(ENCOUNT)

前澤ファンド 求む!!十人の起業家に応募 【早すぎる評価コメント返信】の謎が解けた

前沢 ファンド

ZOZO前社長の前澤友作氏(出演予定だった「AbemaTV」の番組公式サイトより) 前澤氏の「note」によると、対象は「夢ある事業プランやアイデアを持ち合わせた、挑戦意欲と社会貢献意欲の高い起業家」。 前澤氏は通過者の企業に投資し、約20%の株式を保有する予定。 経営に参加しながら、事業の立ち上げと成長を支援する方針だ。 前澤氏はファンドの概要について、「背負えるリスク、意思決定のスピード、経営のバックアップ、話題性と影響力、明確なビジョンなど、前澤個人が柔軟に動ける個人ファンドならではの強みが多数あります」と説明。 ZOZOを創業して上場に導いたノウハウを生かしてサポートするとし、「のんびりやるつもりはありません。 前澤とやるからには圧倒的な規模感とスピード感をイメージしてください」とコメントしている。 出資比率などについては、「投資額・投資タイミング・出資比率などは応相談ですが、数千万円単位や持分比率数%未満の小さな投資は行いません」としている。 書類審査の通過者には、運営スタッフとの面談(1次面談)と、前澤氏本人との面談(最終面談)が課される。 複数のプランを送付できるが、1件当たり10万円の審査料が発生する。 応募の受付期間は2月7日〜16日。

次の

前沢工業について、公益財団法人 前澤育英財団は保有割合が5%を超えたと報告 [大量保有報告書]

前沢 ファンド

ZOZO前社長の前澤友作氏(出演予定だった「AbemaTV」の番組公式サイトより) 前澤氏の「note」によると、対象は「夢ある事業プランやアイデアを持ち合わせた、挑戦意欲と社会貢献意欲の高い起業家」。 前澤氏は通過者の企業に投資し、約20%の株式を保有する予定。 経営に参加しながら、事業の立ち上げと成長を支援する方針だ。 前澤氏はファンドの概要について、「背負えるリスク、意思決定のスピード、経営のバックアップ、話題性と影響力、明確なビジョンなど、前澤個人が柔軟に動ける個人ファンドならではの強みが多数あります」と説明。 ZOZOを創業して上場に導いたノウハウを生かしてサポートするとし、「のんびりやるつもりはありません。 前澤とやるからには圧倒的な規模感とスピード感をイメージしてください」とコメントしている。 出資比率などについては、「投資額・投資タイミング・出資比率などは応相談ですが、数千万円単位や持分比率数%未満の小さな投資は行いません」としている。 書類審査の通過者には、運営スタッフとの面談(1次面談)と、前澤氏本人との面談(最終面談)が課される。 複数のプランを送付できるが、1件当たり10万円の審査料が発生する。 応募の受付期間は2月7日〜16日。

次の

前澤友作氏「10億円を10人の夢ある起業家に投資します」総額100億円の前澤ファンドを設立

前沢 ファンド

ZOZOの創業者・前澤友作氏が7日、自身のツイッターを更新し、総額100億円の「前澤ファンド」をスタートすることを発表した。 前澤氏は前日の6日にツイッターで「明日夕方、お年玉に続く【大型新企画】発表します。 」と予告、そして7日午後5時過ぎにツイッターが更新され「総額100億円の 前澤ファンド をスタートします。 10億円を10人の夢ある起業家に投資します! あなたのビジネスアイデアをご提案ください。 前澤全面バックアップで一気にビジネスを拡大し上場も狙いましょう! 応募〆切は2月16日23:59まで」とツイート。 前澤氏のnoteに詳細が記された。 これまでお年玉企画やお見合い企画など、様々な話題を振りまいてきた前澤氏だが、今回はこれまでの経営者としてのキャリアを生かし、新しいビジネスを模索する多くの起業家を応援していくという。 これに対して「そう来たか」「素敵な考え」「企画がぶっとびすぎてて気絶もの」「前澤さんやる事でけぇわ」といったコメントや具体的な提案もあがっている。 ただし、次の投稿で「皆さんからの提案には、合否関係なく僕から一件一件コメントを返します。 本気で返しますので、皆さんからも本気の提案をお待ちしています。 こちらもそれなりに時間とパワーを使いますので、提案一件につき10万円(税込)の審査料をいただきます。 たくさんのご提案お待ちしてます!!」と投稿し、これには、「審査料の10万円が・・」「本気で起業したいけど。 10万は厳しいよ」といった感想や「10万でフィードバックもらえるなら 格安すぎる」「10万で一流のアドバイスがもらえるなら安いもの」「企画のコンサル料として10万円は安い」といったコメントも寄せられている。 ENCOUNT編集部.

次の