まな きれい か インスタ グラム。 インスタグラムに投稿する写真の最適サイズと長方形写真をそのまま投稿する方法

LINEアイコンでモテる/モテない女性かわかる?男ウケの良い/嫌われるアイコンは?

まな きれい か インスタ グラム

インスタの別垢、どう使い分ける? インスタの別垢や裏垢など、メインで投稿しているアカウント 本垢 とは別のアカウントを持っている人も少なくないと思います。 「友達が別垢を作っているから」や「本垢のフォロー数が多過ぎて見きれないから」「フォロワー数を限定して仲の良い人とだけ繋がっているアカウントを作りたい」など、人によって別垢や裏垢を作る理由はさまざまだと思います。 私の場合、別垢を作った理由としては フォローが多過ぎて見きれなかったからです。 芸能人やインスタグラマー、友達などをフォローしているとごちゃごちゃしてしまって見にくく、不便だなと思ったからです。 なので 友達だけをフォローするアカウント リア垢 と 芸能人やインスタグラマーだけフォローするアカウント 別垢 に分けることにしました。 別垢の便利な点。 私が別垢を作ってよかったなと思う点は、投稿やストーリーがごちゃごちゃにならず見やすくなったという点と好きなものだけを好きなだけ見られるという点です。 別垢を作ってからインスタの検索欄に表示される関連投稿に好みの投稿がどんどん出てくるようになったので、本当に自分好みのインスタに仕上がったなという気がしています。 見たいものを見たいだけ見られるというところが非常に良かったなと思います。 私は好きなインスタグラマーや芸能人をフォローしているだけなので、投稿は一切していないのですが、使い方によっては ペットだけを投稿するアカウントや ご飯だけを投稿するアカウント、 ダイエットの経過報告をするアカウントという風に分けている方もいるようです。 友達しか許可していないプライベート用非公開アカウント (20代ディレクター)• ペット用アカウント (20代ディレクター)• 子供の写真を載せる用非公開アカウント (40代女子)• コーヒーをひたすら投稿する趣味アカウント (30代女子)• インスタの統一感を大事にしている人やこの手の投稿だけを見たい!という人も少なからずいるので、アカウント分けをして投稿に統一感を出すことでフォロワーが増えやすくなるというのも別垢を作る良い点かもしれないなと思いました。 裏垢はどう使っている人がいるの? 裏垢というと、悪口を書き込んでいるなどのマイナスなイメージがあるかもしれません。 もしかしたらそういうこともあるかもしれませんが、実際はリア垢では載せられない、載せたらもしかしたら友達に引かれるかもというような投稿をしている人が多い気がします。 例えば 盛れた自撮りを載せたいけど、あまりたくさん載せていると引かれそう・・・。 だったり 買ったものを載せたいけど、マウントを取っているのではないかと思われそう・・・。 などの理由で裏垢 別垢 を作る人が多い傾向にある気がします。 実際にインスタグラマーと呼ばれる方々のアカウントを見ているとフォロー数が少なく、本当のリア垢としては使っていないだろうな~と感じる人も中には見られます。 自分の投稿内容が友達からどう思われているのか気になる人やあまり悪く思われたくないなと思っている人は少なくないと思います。 私もそうです。 なので無難な投稿だけをリア垢でして、裏垢では自分の好きな投稿をするという方法が使われているのかもしれません。 知らない人に見られるのが怖い、フォロワーを限定しているアカウントを作りたいという人はアカウントを非公開にするというやり方もあるのでぜひやってみてください!.

次の

yoka1124さんのインスタグラム写真 #valmuer #cachecache #プチプラコーデ #プチプラ #きれいめコーデ #きれいめカジュアル #大人カジュアルコーデ #大人カジュアル #code #coordinate #ootd #instafashion #今日のコーデ #ママコーデ #ママファッション #男の子ママ #mineby3mootd #ponte_fashion #r_fashion #夏コーデ #大人女子 #シンプル #シンプルコーデ #30代ファッション #きれいめファッション 2020

まな きれい か インスタ グラム

インスタグラム準備編 人気インスタグラマーSAKIEさんはどんなことを気にして投稿しているのでしょう?使用機材や、テーマの決め方など、予め決めておくと良い準備のポイントを紹介します。 ミラーレスカメラが武器になる!? 画質で差がつくインスタグラム 小型で高性能のミラーレスカメラ「Canon EOS M200」を愛用しているSAKIEさん。 もともと写真が好きで、ご自身で画質や撮影法を追求するうちに、ミラーレスカメラに行き着いたそうです。 インスタグラムは、写真のデータサイズに制限があり高解像度での投稿/閲覧は出来ませんが、それでも 「元の写真がキレイなほど、インスタグラム上でも際立つんです。 」と、カメラの重要性を語ります。 「いい写真が撮れると、自分も嬉しいし、もっと人にも見て欲しいってなりますよね。 良いカメラは、撮れる写真のクオリティーが違います。 そういう意味でも、 ミラーレスカメラで撮影するのが、まず大事だと思っています。 」SAKIEさんが愛用しているミラーレスカメラはボディもレンズもコンパクトで、その上操作がかんたんで直感的に扱えるところが、お気に入りと言います。 「旅先では、撮影にあまり長い時間をかけたくないので、操作性や取り回しの自由度が大切。 ミラーレスカメラはコンパクトだし、とくに背面の液晶で感覚的に操作できるところが気に入っています。 」写真に対して研究熱心なSAKIEさん。 より美しい写真を、どうしたら撮れるのか、いつも考えながら撮影しているそうです。 「純粋にもっとキレイな写真を撮りたい気持ちが強いんです。 インスタグラムでは、描写のキレイな写真は、それだけでも人気が高いんですよ。 」SAKIEさんが言うように、高性能なカメラやレンズは、インスタグラムでも大きなアドバンテージがあるようです。 おしゃれでキャッチーなテーマが、フォロワーの心を掴む。 インスタグラム初心者こそ 「テーマを持って発信することが何より大切」と、テーマの重要性について語ってくれました。 「誰にでも、好きなものや、自分の世界観というのがあるはず。 そこからオリジナルなテーマを探しましょう。 」テーマ探しのヒントとして、SAKIEさんいわく 「好きこそものの上手なれ。 」です。 旅や花、動物など、自分の好きなものをテーマにするのが写真の上達と長続きの秘訣だそうです。 そして、 「テーマが決まったら、たくさん撮影して怖がらずどんどん発信しましょう。 写真を通じて世界と繋がるのがインスタグラム。 世界中の人と繋がったり、自分の可能性が広がるような感覚はとても刺激的です。 <フォロワーが増える!? SAKIE流ワンポイントアドバイス> 投稿テーマは個人の自由ですが、インスタグラム上で共感を得やすいテーマがあるのも事実。 「かわいいペット、おしゃれなファッション、手料理や食べ歩きなどのグルメ、旅のキレイな風景は、インスタグラムでも人気がありますね。 」とSAKIEさん。 フォロワー増加を狙うならば、キャッチーなテーマを選ぶのも一つの近道でしょう。 「テーマの次に気をつけているのは、写真の世界観と統一感ですね。 」とSAKIEさんは言います。 」インスタグラムで世界観を表すのは、自分のページです。 そこに統一感を持たせることは、鑑賞する人の共感を誘うことに繋がり、結果的にフォロワーの増加に結びついていきます。 <フォロワーが増える!? SAKIE流ワンポイントアドバイス> 投稿に際して、SAKIEさんのように様々なテーマの写真をミックスして投稿していく方法も可能ですが、いきなり統一感を維持するのは難しいもの。 「初心者なら、まずはワンテーマから始めるのがいいと思います。 」テーマを1つに絞ることで、写真とページの統一感をコントロールしやすくなるそう。 慣れてきたらテーマを増やしていきましょう。 インスタグラム撮影編 人気インスタグラマーSAKIEさんはどんなことを気にして撮影をしているのでしょう?フォロワー37,000人の心を掴むテクニックとは?インスタグラマーならではの心構えから、具体的な技術論を紹介します。 インスタグラマーの心構え 一枚の写真で世界中を繋げてしまう、言うなればコミュニケーションツールとも言えるインスタグラム。 SAKIE流のインスタグラムを楽しむ心構えについて聞いてみました。 発信した自分の写真に「いいね」やフォロワーの反応があったら、モチベーションも上がるはず。 」 たくさん観られるほど、写真が上達するというのはよく知られた写真のセオリーのひとつ。 そして、楽しむことこそファンを増やすコツだと語ってくれました。 人とはカブらない!オリジナリティーを持とう 作風に、確たるオリジナリティーを持つSAKIEさんですが、始めたばかりは試行錯誤の連続だったようです。 「私自身、実は初めから一貫した表現をしていたわけではないんです。 流行りの派手な色彩の写真ばかり撮っていた時期もあったり……、でも、やっぱり自分ならではの表現の大切さに気づきました。 派手な色彩とは決別して、より自分らしい表現を探っていきました。 けれど、流行には逆行していたのでフォロワーさんもかなり減ってしまったり……、落ち込んだ時期ももちろんあります。 」 しかし、それでも自分を信じて発信を続けたそうです。 自分の場合もそうでした。 これから始める人も自分ならではの表現を持つこと、オリジナリティーを、特に意識してほしいですね。 」 また、悩んだ時期オリジナリティーを獲得するためにSAKIEさんが実践してきた写真上達法は、 「海外のインスタグラマーの素敵な写真を見て、感動したし、良い意味で影響もされました。 あんな風に撮りたいなと思って、自分なりに写真を研究したり、時には真似したり……。 私は、真似をすることは、とても良いことだと思っています。 真似することからは、学ぶことがとても多いし、写真上達の最短の近道になります。 最終的に自分らしさにつなげればいいわけですから。 」 <フォロワーが増える!? SAKIE流インスタグラム撮影術> 常時シャッターチャンスを狙うインスタグラマーとしての体験と研究から導き出されたSAKIE流インスタグラム撮影法。 その秘密を撮影ジャンル別に紹介します。 広角レンズでとらえた風景の中に、ワンポイントとして人を入れ込んで風景に生命感を持たせ、世界観の広がりを作るのがSAKIE流の演出法です。 「広角レンズは、私の風景写真では欠かせません。 広角の広い画角の中に、少し人物が入り込んでいる情景が、特に好きなイメージなんです。 」 構図を細かく調整できるので三脚も常に持ち歩くそうです。 「私にとって、構図決めにはなくてはならない道具の一つが三脚です。 かさばりますが、海外撮影でも持って行っているんですよ。 」 良い写真を撮るために三脚も常時携帯するというSAKIEさん。 そんなところからも写真に対する意気込みが感じ取れます。 インスタグラムのグルメ写真などでトレンドとなっている真上から撮る構図などはあえて避け、独自のアングルを心がけているそう。 また、お気に入りのマクロレンズで、奥行きに柔らかいボケを作るのが好きだとか。 「マクロレンズの柔らかい描写が好きで、接写はもちろん、グルメやコスメ撮影には欠かせません。 バーやレストランのナイトシーンでも、背景の光のボケがとてもキレイなので手放せないレンズです。 」 光のとらえ方にもこだわりを持ち、 「あまり明るすぎる写真より、少し影のある質感が好き。 」 そして、納得いくカットが撮れるまで妥協しないのもSAKIE流です。

次の

もしやあなたも“イタい人”? インスタグラムでやってはいけない8つのこと【2020年最新版】

まな きれい か インスタ グラム

Contents• ひかえめにいって「汚部屋」と化した我が家 突然ですが、我が家のリビングの現状です。 と言っても、写真でお見せするのは憚られるので、イラストでごまかします…。 はい、控え目にいって「汚部屋(おべや)」というやつですね。 我が家はなぜ片付かない? いや、言い訳ですが、別に私たち夫婦はもともと片付けができないダメ人間だったわけではありません! 夫婦二人で暮らしていた時は、それなりにきちんとしていたんです! しかし、子供が一人生まれ、二人生まれ、気が付くとこんな状態に…。 理由は明白です。 子供を見ながらでは、家事がちっとも進まないからです!(言い切った!) 私が日中仕事に行っている間、専業主婦の妻が片付ければいいでしょ、と思う方もいるでしょう。 何を隠そう、私自身もそう思っていた時がありました…。 しかし、育児に積極的に参加すればするほど、「そう簡単なもんじゃないぞ…」ということが分かってきました。 インスタグラムでもこんな漫画を描きました。 そりゃ、なかなか家も片付きませんよね。 「汚部屋」が妻の心をむしばんでいた…! ま、そのことは私も理解したつもりで、「今が一番子供に手がかかる時だし、家のことは気にしないようにしよう。 しょっちゅうお客を招待するわけでもないし」と考え、「汚部屋」化した我が家の様子は見て見ぬふりをするようにしました。 しかし!それではいけなかったのです…! 仕事が終わってマイホームに帰宅して、部屋に入ると雑然としたリビングルーム…。 ちょっとげんなり。 私的にはこれぐらいのプチストレスだったのですが、実はこの状況にストレスを抱えていたのは妻の方でした。 二人目の子供が生まれてから、明らかに妻は疲労困憊していました。 上の子が幼稚園に通い始めたものの、なかなか新しい環境に慣れず毎朝大泣きする日々。 その面倒を見ながら、生まれたての新生児を昼も夜もなく世話する生活。 いや!もちろん私だって人並み以上に家事育児をやっていたつもりですが、どうしてもサラリーマンとして日中は妻一人に任さざるを得ません。 そうこうするうちに下の子が脱水症状で入院したり、あれこれあって、妻の心身にも不調が表れてきました。 「いま、何がきつい?」 「うーん、この部屋かな。 この散らかった部屋を見るのがしんどいの」 なんと!この「汚部屋」が妻のストレスの一因になっていたのです(もちろんそれだけじゃないことは分かっていますよ)。 片付け隊に名乗りを上げたものの… こりゃいかん!と、私は立ち上がりました。 今まで見て見ぬふりをしていたけど、私がこの部屋を整理整頓しよう!と。 とにかく物があふれているリビング。 これを何とかしなればいけません。 娘が読み散らかした本を本棚にしまい、娘が日々工作したり絵を描いたりする中で出てくる端切れやぐしゃぐしゃの紙などはゴミに捨て、干し終わった洗濯物はなんとなく家族それぞれの洋服かごにぶち込み(オイ!)、郵便で届いた広告やチラシは束ねて、せっせせっせとお掃除をしました。 ふぅ、なんとなく部屋がスッキリしたぞ、と満足して、妻からも喜びの声が聞けるかなと思っていたのですが…。 妻からは.

次の