新幹線 切符 suica。 Suicaで新幹線に乗る方法まとめ!そのまま改札を通っても大丈夫?

新幹線乗換改札機の通り方|改札機の通り方|利用方法|Suica:JR東日本

新幹線 切符 suica

新幹線と在来線(通常の電車)では線路の規格が異なるため、 新幹線ホームと在来線ホームは明確に分けられています。 新幹線ホームに行くには当然、 新幹線ホームに続く改札を通る必要があるし、 新幹線の乗車券と特急券の2枚が必要になります。 在来線ホームの中にある新幹線改札口、もしくは 駅の外の改札口から新幹線ホームに行く場合(新幹線に乗車する場合) 乗車券と特急券の2枚を同時に入れて改札口を通過します。 同じように新幹線ホームから在来線ホームもしくは、 駅の外に出る場合(新幹線から降りる場合)には、 乗車券と特急券の2枚を同時に入れて改札口を通過します。 ただ、新幹線に乗る場合と降りる場合では、 それぞれ改札口に入れて戻ってくる切符の数が違うし、 exicカードやsuicaなどのICカードも使う場合には、 改札口の通り方がまたちょっと変わってきます。 細かな注意点があるので、 新幹線の改札口の通り方を詳しくまとめています。 新幹線改札は乗車券と特急券を2枚重ねて通る 新幹線改札の通り方の基本中の基本は、 乗車券と特急券を2枚重ねて改札機に入れることです。 乗車券と特急券のどっちが上でどっちが下でもどちらでも構わないし、 入れる向きや裏表も気にする必要はありません。 なんなら2枚同時に入れなくても、(あまり間を開けなければ) 1枚ずつ入れたってOKです。 在来線の改札機に比べると、切符を入れてから切符が出てくるまでに 少し時間がかかるので「おや?」と思うかもしれませんが、 改札を通過した証明となる「刻印」が印字されて戻ってきます。 新幹線乗車券で在来線に乗れる? ちなみに、乗車券と特急券は何が違うのかというと、 乗車券は在来線と同じく距離に応じて課金される電車賃です。 それに対して特急券というのは、 新幹線の関連施設の利用料といった感じです。 たとえば、東京駅から品川駅に行く場合、 新幹線乗車券で在来線の電車に乗ることができます。 逆に在来線の乗車券でも 実は新幹線乗車券として使えたりもするので、 在来線の乗車券に新幹線特急券を加えることで、 新幹線に乗車できるようになるものの、 適用できる区間・できない区間というのがあります。 よほどのことがない限り、新幹線乗車券と 在来線の乗車券ははっきり区別して使うようにしましょう。 どうしても新幹線と在来線を変えたい場合には、 いったん、切符を払い戻してもらってから、 改めて切符を買い直すことをおすすめします。 suica,icocaなどICカードの新幹線改札の通り方 新幹線乗車券・特急券に加えて suica,icocaなどICカードも使う新幹線改札の通り方は、 基本的にICカードを最後に改札機に当てるようにします。 考えられるケースとしては、 新幹線に乗車する場合であれば、 最寄りのJR駅はICカードで通過して 新幹線ホームのある駅(東京駅や大宮駅など)まで移動したケース。 新幹線ホームにつながる改札機に新幹線乗車券・特急券を通した後、 ICカードを改札機に当てることで、 最寄駅から新幹線駅までの運賃をICカードで精算します。 新幹線から下車(降車)する場合であれば、 改札機に新幹線乗車券・特急券を通します。 特急券のみが回収されて新幹線乗車券だけが戻ってきます。 新幹線改札だけで在来線改札を通らない駅もある 新幹線のある駅(東京駅や品川駅、新横浜駅)などには、 在来線に乗り換えるための改札機だけじゃなくて、 駅の外にそのまま出て行ける改札機の2種類があります。 新幹線のある駅が最終目的地で、 駅の外で誰かと待ち合わせをしていたり、 車や私鉄・地下鉄に乗り換えるのであれば、 駅の外に直結している改札機を通過するのが良いでしょう。 ただ、在来線に乗り換える改札機とは違って、 もちろん、新幹線乗車券も回収されてしまいます。 新幹線のある駅からさらにた別のJRの駅まで 移動しなきゃいけない場合には、 くれぐれも在来線に乗り換える改札機を通るように気を付けましょう。 新幹線乗車券は「途中下車無効」なので、 改札口から駅の外に出てしまうと使えなくなり、 もう一度、切符を買い直さなければいけなくなります。 特に「東京都市区内」「山手線内」といった切符の場合は、 一定区間内を新幹線乗車券で在来線に乗って移動できる特別な券なので、 無駄にしないように気を付けましょう。 新幹線乗車中も乗車券と特急券をすぐに出せるように 新幹線乗車券と特急券は、 新幹線乗車中も出しやすい場所に入れておくと良いです。 新幹線では車内改札が行われることがあって、 巡回してくる車掌さんに新幹線乗車券と特急券を 見せなきゃいけない場合があるからです。 ただ最近の傾向としては車内改札は廃止される傾向が強く、 グリーン車や指定席で新幹線乗車券と特急券を見せるように 言われることはほぼありません。 車掌さんが何度か電車内を通過して、 予約されていない席に座っている人がいないかどうか? を確認する程度になっています。 以前に比べるとチェックが緩くなっているので、 不正しやすくなっているものの、もしばれたときには、 罰則を受けることになるので、 きちんと正規料金を払わなければいけませんね。 ちなみに海外の場合には、フランスのようにそもそも、 特急券が必要な電車に乗る際にも改札口のようなものはなく、 駅の外から電車まで普通に移動できる駅もあります。 厳密には、乗車券と特急券がなければ越えてはいけないライン (侵入してはいけないエリア)が定められているものの、 改札機のようなものがないので、余裕で移動できてしまいます。 だからと言って、安易にエリア内に侵入してしまうと、 一斉取り締まりが不定期に実施されることがあり、 やはり罰則を受けることがあります。 新幹線改札の降り方・在来線乗り換え・出口に注意 すでに触れていますが、新幹線を降りる際には、 1.その駅が目的地なのか? 2.別の駅へさらに移動するのか? によって、通過する改札口(改札機)が違います。 「1.その駅が目的地なのか?」の場合であれば、 駅の外に直結する改札機を通過しても良いですし、 いったん、在来線に乗り換える改札機を通過して、 在来線ホームの改札口から駅の外に出ても構いません。 けれども「2.別の駅へさらに移動するのか?」の場合には、 必ず在来線乗り換え改札口(改札機)を通過しなければいけません。 駅の外に直結する改札口を通過してしまうと、 新幹線乗車券まで回収されてしまうので、 駅に入るには改めて乗車券を買い直さなければいけません。 乗車券というのは通常「入場券」も加算されているので、 余計な運賃を支払うことになってしまいます。 ちなみに、新幹線乗車券に表示されている区間よりも さらに先に目的地の駅ある場合には、目的地の駅に到着した際に、 精算機に新幹線乗車券を入れることで、 乗り継ぎ分の清算ができます。 新幹線乗車券・特急券を紛失した場合 新幹線乗車券もしくは特急券をなくしてしまった! そんな時には、切符を買い直さなければいけません。 新幹線に乗るには乗車券と特急券の 2つがそろってなければいけないものの、 紛失再発行という制度もあります。 買い直した切符には紛失再発行の刻印が押されるんですが、 新幹線(電車)を降りる際には自動改札機ではなくて、 窓口で係員に紛失再発行の刻印が押された切符を出します。 すると、再収受証明を発行してもらえるので、 もし紛失した切符が見つかった場合には、 この再収受証明と紛失した切符をJR窓口に出すことで、 払い戻しを受けることができます。 ただし220円(指定券は330円)の手数料がかかります。 exicカードの新幹線改札の通り方 エクスプレス予約(EX予約)専用ICカード、通称exICカードは、 特急券と乗車券が一体となったエクスプレス予約の会員向けのICカードです。 エクスプレス予約は東海道・山陽新幹線で利用できるサービスで、 利用にはあらかじめ会員登録を済ませておく必要がありさらに、 窓口や券売機で購入もできません。 発行までに最大3週間ほどかかるものの、新幹線をよく利用するのであれば、 切符の枚数が減るし他の交通系ICカードと一緒に収納できるし、 エクスプレス予約のみの割引が適用されるので、意外と安く便利です。 exicカードと在来線のICカード(suicaやicocaなど)で 在来線と新幹線に乗り換えをする場合には、 2枚重ねてピッと自動改札機に当てれば読み取ってもらえます。 もし新幹線のある駅まで通常の切符で来た場合には、 先に切符を新幹線改札機に通した後にexicカードを当てます。 exicカードの難点を上げると、特急券がないので、 指定席を予約しても座席番号を忘れると確認しづらいこと。 新幹線ホームにいる車掌さんに聞けば、手元にある端末で調べてもらえるし、 座席情報表示機がホームにあれば座席確認ができます。 またexICカードは今のところ東海道・山陽新幹線のみのサービスであり、 上越新幹線や東北新幹線などには対応していません。 東海道・山陽新幹線と東北新幹線などに乗り継ぐ際は、 いったん、東海道新幹線の改札口を出て改めて、 東北新幹線の乗車券とっ級件で新幹線ホームに入り直さなければいけません。

次の

ご利用方法

新幹線 切符 suica

もくじ• 新幹線eチケットって何? 新幹線eチケットとは、手持ちの交通系ICカードを使用して、新幹線にチケットレスで乗車できるサービスです。 事前にウェブサイトで購入手続きをする必要があります。 JR東日本の新幹線全線で利用できるほか、直通運転しているJR北海道の北海道新幹線や、JR西日本の北陸新幹線でも利用できます。 一方、東海道新幹線、山陽新幹線、九州新幹線は利用できません。 また、新幹線以外の特急列車も利用できません。 スマートEXに類似したサービスですが、両者は全く別のサービスです。 新幹線eチケット スマートEX 運営 JR東日本 JR東海 対応路線 東北新幹線 上越新幹線 北陸新幹線 北海道新幹線 山形新幹線 秋田新幹線 東海道新幹線 山陽新幹線 利用方法は2種類 基本的にICカードを利用したチケットレスでの乗車となりますが、紙のきっぷを受け取って乗ることもできます。 ICカード乗車 事前に登録したICカードを改札機にタッチして乗車することができます。 ICカードに特急券情報を書き込むわけではなく、サーバー上に記録された予約情報を問い合せる鍵として使用します。 ICカードは手持ちのSuicaやPASMOなどが利用できます。 きっぷ乗車 従来の「えきねっと」と同様に、指定席券売機で紙のきっぷに引き換えて乗車することも可能です。 クレジットカードが必要です 新幹線e特急券を利用するときは、事前に「」というウェブサイトできっぷを購入する必要があります(北陸新幹線は「」というサイトも対応)。 そのため、クレジットカードが必ず必要になります。 Suicaの残額で支払うことはできません。 乗車券と特急券のセットです 新幹線eチケットを利用する場合は、通常のきっぷとは異なる規則の商品となります。 乗車券と特急券は必ず同区間でセットになっていて、 別々にすることができません。 イメージとしては、新幹線回数券を1枚ずつ買えるようにしたようなものです。 トクだ値も利用可能 「えきねっとトクだ値」という割引商品も利用可能です。 利用のしかた 座席票は指定席の番号が記載された紙片です。 きっぷではありません。 自分で座席番号を確認できる場合は受け取る必要はありません。 指定された座席に座っている場合は、車内改札(検札)は省略されていますので、乗務員に見せる必要もありません。 メリット 駅に行かなくても座席が抑えられる 従来は駅に行ってその場で特急券を買わないと座席を抑えることができませんでした。 しかし、新幹線eチケットはインターネットを通じて予約することができます。 移動中にスマートフォンを使って座席を確保することができるので便利です。 もっとも、えきねっとではeチケット以外の普通のきっぷも買うことができますので、新幹線eチケット特有のメリットというわけではありません。 窓口に並ぶ必要がない 新幹線eチケットは、手持ちの端末で購入し、手持ちのICカードで直接改札を通過することができます。 駅の窓口の行列に並ぶ必要は一切ありません。 当日でも割引可能 新幹線eチケットは、指定席を利用する場合は定価から200円引きになります。 自由席利用の場合は定価と同額です。 注意ただし、予約した時点で購入契約が成立していますので、キャンセルするのであれば払いもどし手数料320円がかかります。 乗車せずに放置した場合は代金の100%が請求されます。 入会金や年会費がかからない 専用のサイトに会員登録が必要と聞くと身構えてしまいますが、お金は一切かかりません。 また、 専用のクレジットカードに入会する必要もありません。 手持ちのカードで登録することができます。 すぐ使う予定がなくて、会員登録だけして放置していても何ら問題ありません。 デメリット クレジットカードが必要 新幹線eチケットは 現金やSuicaで購入することはできません。 インターネットで事前に登録したカードで決済する必要があります。 クレジットカードの他に、対応したプリペイドカードやデビットカードで利用することもできます。 VISAやJCBのデビットカードを持っておくと、銀行口座から直接支払いができるので便利です。 注意ただし、きっぷを受け取るときは指定席券売機にカードを挿入する必要がありますので、カードレスタイプのプリペイドカードやデビットカードは使用できません。 J-Debit(ジェイデビット)は利用できません。 コンビニ払いや銀行振込などには対応していません。 駅の窓口で支払うこともできません。 乗車券と特急券を切り離せない 普通のきっぷは乗車券と特急券を別々に買うことができますが、新幹線eチケットは、これを切り離すことができません。 在来線と乗り継ぐ場合は、 乗り継ぎ駅で一旦運賃計算を打ち切る形になります。 そのため、場合によっては普通のきっぷのほうが安くなることもあります。 えきねっとでは通常のきっぷも発売していますが、チケットレスではなく、必ず駅で紙のきっぷを受け取って乗車する必要があります。 特定都区市内制度が利用できない ふつうの乗車券の場合は、特定都区市内制度というものがありますが、新幹線eチケットではこの制度がありません。 特定都区市内制度というのは、長距離の乗車券になると、発着駅がエリアで指定される仕組みです。 具体的には、東京都区内から201キロ以上離れた駅との間の乗車券は東京都区内発着となります。 101キロ以上では山手線内発着になります。 新幹線eチケットの対応エリア内で特定都区市内制度のある都市は、東京、仙台の二つです。 往復割引がきかない 普通のきっぷであれば、片道601キロを超える区間を往復する場合に乗車券が1割引きになります。 しかし、新幹線eチケットには往復割引がありません。 往復割引を使いたい場合は、紙の乗車券を使う通常のきっぷを買う必要があります。 トクだ値を使わないのであれば、往復割引のほうが安くなりますが、トクだ値を使う場合はどちらが安くなるかは場合によって異なります。 乗継割引がきかない 普通のきっぷであれば、新幹線と在来線の特急を乗り継ぐ時に乗継割引が適用されます。 新幹線eチケットではこれが効きません。 乗継割引は在来線の特急料金が半額になるもので、割引額が大きいです。 新幹線eチケットを使うよりも普通に乗継割引を使ったほうが安くすむ場合もありますので、よく考えて買う必要があります。 トクだ値を使わないのであれば、乗継割引のほうが安くなりますが、トクだ値を使う場合はどちらが安くなるかは場合によって異なります。 学割が使えない 大学生の方であれば学割を使って旅行をする方も多いと思います。 新幹線eチケットを利用する場合は学割の設定はありません。 学割は乗車券部分が2割引きになるので、学割のほうが安いです。 学割を使いたい場合は、駅の窓口で紙の乗車券を買う必要があります。 まとめ 新幹線eチケットを使うと、携帯できっぷを買って、改札にタッチするだけで新幹線に乗ることができます。 さらに、普通に買うよりも安く乗れるのでお得です。 最後に、eチケット、トクだ値、タッチでGo! の3種類の比較表を載せておきます。 JR東日本の新幹線に乗る方法 eチケット タッチでGo! この表のほか、えきねっとで通常のきっぷを買うことも可能です。 また、駅で普通に買うこともできます。 あわせて読みたい.

次の

モバイルSuica完全ガイド!使い方や新幹線・特急券購入などのメリットまとめ

新幹線 切符 suica

今日、JRの「ひたち往復きっぷ」で横浜から水戸を往復してきました。 その際、行きに運賃を二回分払ってしまったようなのです。 1 横浜駅(JR)にて、Suicaで入る。 2 上野駅にて、JR改札内の特急の改札へ。 ひたち往復きっぷの行きの券を駅員に提示し、特急に乗車。 3 水戸駅にて、自動改札に、ひたち往復きっぷの行きの券を入れる。 同時に、 1 の横浜~上野駅の分をと思い、Suicaを当てる。 このときに気づけばよかったのですが、 帰りに横浜駅にて、Suicaの残額がおかしいことに気づきました。 JR東日本の運賃問い合わせ窓口に電話したところ、 「なぜ直後に気づかなかったのか? 早めに水戸駅に行って、改札で訴えるのが最も確実。 それができないなら、早く上野駅に行って訴えてくれ。 」 とのことでした。 上野駅に行く場合、どこの窓口(改札?みどりの窓口?)に 行けばいいのでしょうか。 また、その際、もって行ったほうがいいものってありますか? …そもそも、取り合ってもらえるものなのでしょうか…。 (水戸駅ですぐ気づかなかったお前が悪い、といわれそうで…。 また、「ひたち往復きっぷとSuicaを同時に使ったという 証拠がない。 」と断られそうで…。 ) 何か、アドバイス・経験談等を教えていただければと思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 参考までに、一部の駅にはお客様相談室がありますので、そちらがよろしいでしょう。 JR東日本公式サイト内の以下のページをご参照下さい。 上野駅のほか、横浜駅にもあります。 迷ったら、駅員さんに「相談室はどこですか?」と聞かれてもよろしいでしょう。 お話としてはわかりますが、証拠・根拠という点からなかなか解決が難しい問題ですね。 ご質問にあるように「きっぷを通してから」「Suicaをタッチした」ときにエラーにならなければ、問題ないと思うのも仕方ありませんね。 なにか、ひたち往復きっぷを買った時のもの、あるいはカードで支払った場合はお客様控えなどをお持ちになってはいかがでしょうか。 また、水戸でとった写真などが携帯などにあれば参考になるかもしれません。 解決できるかどうか、返金が困難な可能性はかなり大きいのですが、上記で紹介した窓口で相談してみてはいかがでしょうか。 ちなみに、原則としてひたち往復きっぷの乗車券相当部分は都区内発着となりますので、別途支払いは横浜~蒲田となることを申し添えておきます。 とりあえず、「ダメもと」覚悟で主要駅にある「お客様相談室」へ出向いてみましょう。 新幹線の場合は、乗り換えの自動改札で新幹線の特急券+東京都区内発着の乗車券(トクトクきっぷ、新幹線回数券等を含む)を投入してからSuicaをタッチすれば、(横浜からsuicaで入場の場合)自動的に横浜~蒲田間の運賃210円が引かれます。 質問者さんは、こちらと勘違いされたんでしょうか? しかし、上野駅の「特急の改札」は、常磐線や高崎線の特急券(特急が利用できるトクトクきっぷを含む)をチェックするだけです。 「Suica定期券+フレッシュひたち料金回数券」なんていう利用法もあるんでね。 今回はSuica首都圏エリア内(常磐線:いわき、中央本線:韮崎、内房線・外房線の全部など)で完結する旅行なので、せっかくトクトクきっぷを使っても、Suicaから別途(横浜~水戸間の運賃相当額が)引かれてしまいます。 やはり、横浜~蒲田間の乗車券を自動券売機で購入して、それで入場すべきでした(Suicaをオレンジカードのような使い方にして、自動券売機に投入して蒲田までの乗車券と引き換える事も可能)。 もしSuicaで直接入場して、そのまま「ひたち往復きっぷ」で水戸まで来てしまった場合は、水戸駅の有人改札で精算になります。 この場合、「エリア外への利用」のように、磁気情報修正の上で横浜~蒲田間の運賃210円を現金払いになると思います。 Q 勝田駅まで特急で行く予定です。 初めてなので、初歩的な質問かと思いますが教えてください。 当日は新宿までPASMOで行き、一旦改札を出て 券売機で上野駅までの乗車券を買おうかと思っています。 説明が分かりにくいとは思いますが、 日にちも迫っていて、少し焦っております。 よろしくお願い致します。 これは発券の都合上で1枚になっているためで、利用者の都合で特急券だけ、 乗車券だけといった変更も可能で、効力としては特急券と乗車券別々の場合と同じです。 お手持ちの1枚になったキップは、利用上は乗車券と特急券をわけて考える必要はありません。 JRの改札や車内検札(きっぷチェック)などではその1枚だけを使えばいいわけです。 乗車券と特急券が別々だと、自動改札に通すきっぷに気をつかう必要がありますが、 ご質問のように1枚なら何の気も使わなくてすみますから便利ですね。 JRの乗車券は決まり事により、101~200kmは上野や新宿などからは山手線内発 201~kmは東京都区内発となります。 (着も同様) 従って、お手持ちのきっぷで山手線内各駅のどの駅から乗ることも可能ですので、 上野までの乗車券を別途買う必要はありません。 新宿までPASMOで行かれるのはわかりましたが、何線で来るのか・・・ 小田急・京王・地下鉄などのJR以外で来るとしましょう。 これら私鉄とJRの連絡改札がある場合、JRの紙のきっぷをいれてからPASMOをタッチしてください。 仮に東京にお帰りの場合でも、紙のきっぷをいれてからPASMOをタッチの手順となります。 なお、乗車券を払い戻して全区間PASMOの使用でもかまいませんが、 乗車券の払い戻しは手数料210円がかかりますので、オススメできません。 次回以降の知識として覚えておいてください。 結局、新宿までJR以外で来る場合、 連絡改札を使用:購入したJRの紙のきっぷをいれてからPASMOをタッチ 連絡改札不使用:PASMOで一旦改札を出て、JRの改札をきっぷでとおる 上野駅などで特急用の改札がある場合:JRのきっぷを見せて通る 勝田駅はJRのきっぷで出る と、そんなに難しいことはありませんので、ご安心ください。 なお、JRのきっぷの山手線内発は、山手線内のどれか1駅を出発駅にできる のであって、山手線内乗り降り自由ではありませんのでご注意ください。 例えば、どうしても上野駅で降りたくなったら、駅係員に申告してください。 新宿から上野までの運賃を別途支払った上で、お手持ちの乗車券を使わなかったことに してもらえます。 (全く使わない場合とは異なり、払い戻しなどに影響します) このようなことを予備知識で持っておられると、とっさの判断に迷いません。 これは発券の都合上で1枚になっているためで、利用者の都合で特急券だけ、 乗車券だけといった変更も可能で、効力としては特急券と乗車券別々の場合と同じです。 お手持ちの1枚になったキップは、利用上は乗車券と特急券をわけて考える必要はありません。 JRの改札や車内検札(きっぷチェック)などではその1枚だけを使えばいい... A ベストアンサー 情報を小出しにすると、「聞きたいこと」が分からないので、 思っているような回答は得られないですよ。 (安いきっぷの買い方など) で、水戸から乗って上野へ向かうという想定で回答しますが、 水戸・上野共に特急専用ホームがあって、 特急券を持っていないと入れないような作りになっています。 ですから、乗車前に乗車券(またはSuica)と特急券を購入して下さい。 (いわばガソリン代) 特急券はいわば「オプション券」で、 スーパーひたちやフレッシュひたちなどの特急に乗る場合に そのスピードに対して追加で支払う付加価値の代金です。 (いわば高速料金) ですから、特急券を買っても乗車券がなければ列車には乗れません。 このあたり、乗り慣れていないとわかりにくいですが、 きっぷを買う際に、みどりの窓口に行けば わかりやすく教えてくれるはずなので、 是非、窓口できっぷを買って下さい。 券売機はそのあたりの仕組みを熟知している人向けだと 思った方が良いかと思います。 情報を小出しにすると、「聞きたいこと」が分からないので、 思っているような回答は得られないですよ。 (安いきっぷの買い方など) で、水戸から乗って上野へ向かうという想定で回答しますが、 水戸・上野共に特急専用ホームがあって、 特急券を持っていないと入れないような作りになっています。 ですから、乗車前に乗車券(またはSuica)と特急券を購入して下さい。 これはSuica乗車券で「精算あり」の場合も同じことがいえます。 新幹線への乗り換えならば、新幹線自動改札機で自動処理してくれますが、こういう場合はどうしたらよいのでしょうか? A ベストアンサー アナログ的ですが、ベストな方法は大井町の改札を入る時に有人改札で両方見せてどうするかお聞きになって下さい。 通常、そのまま何もせず通してくれますので、あとは甲府駅の自動改札できっぷを入れればOKです。 Suica定期券の場合は乗車券との併用が可能ですが、Suicaのチャージで乗車した場合は乗車券と併用できませんので、Suica乗車券の場合ですとSuicaの入場記録を抹消して現金支払いとなります。 Suica定期券の区間と手持ちの乗車券の区間が連続している必要がありますので、間が開いている場合は下車駅でその分の現金精算となります。 ご質問の場合、大井町駅をSuica定期券タッチで入った場合は、甲府駅の有人改札でで両方出してSuicaに処理をしてもらって下さい。 Q JRの電車に乗るときの切符(?)はどのような構成になるのでしょうか? 今、次のように認識してます。 (たぶん、この認識が間違ってますが、) ・運賃 その区間における基本料金みたいなもの ・特急券 その区間を走る特急とか新幹線とかに乗る時に追加で払うもの ・指定席券 絶対座りたい時に、あらかじめ一定数確保された指定の席に座るためのもの そう考えた時に、いくつかの疑問があります。 1.前に金券ショップで新幹線の券を買った時には、それ1枚だけで、乗れた。 指定席は、みどりの窓口に券を持って行ったら決めてもらえた。 新幹線以外の特急とか指定席との併用は可能? 質問がいろいろ曖昧なんですが、この辺の疑問を解消したいと思ってます。 アドバイスお願い致します。 JRの電車に乗るときの切符(?)はどのような構成になるのでしょうか? 今、次のように認識してます。 (たぶん、この認識が間違ってますが、) ・運賃 その区間における基本料金みたいなもの ・特急券 その区間を走る特急とか新幹線とかに乗る時に追加で払うもの ・指定席券 絶対座りたい時に、あらかじめ一定数確保された指定の席に座るためのもの そう考えた時に、いくつかの疑問があります。 1.前に金券ショップで新幹線の券を買った時には、それ1枚だけで、乗れた。 A ベストアンサー まず最初の認識ですが、JRの規則においては以下のような乗車券類が存在します。 jreast. html ・乗車券(運賃)・・・どの種別の列車にも必要 ・特急券(料金)・・・特急列車(新幹線含む)に必要。 なお特急券は着席保証のある「指定席特急券」とか、 着席保証のない「自由席特急券」などというようにそれぞれ独立しています。 ・グリーン券(料金)・・・グリーン車に必要。 ・指定席券(料金)・・・急行や普通(快速)列車の普通車指定席に必要。 前述の通り特急だけは指定席券というものが存在せず、特急券に包括されます。 またグリーン車指定席もグリーン券+指定席券ではなく、グリーン券に包括されています。 ということで特急の指定席に乗る場合は、乗車券+(指定席)特急券 特急の自由席に乗る場合は、乗車券+(自由席)特急券 特急のグリーン車に乗る場合は、乗車券+(指定席)特急券+グリーン券 急行の指定席に乗る場合は、乗車券+急行券+指定席券 という感じになります(詳細は興味があればということで)。 1.そのきっぷの券面に「指定席特急券」とか「指定席用」とか書いてあれば、 指定席特急券としての効力があります。 「自由席特急券」とか「自由席用」とか書いてあれば自由席しか利用できません。 (指定席と自由席の差額を支払えば、指定席に乗れるものはあります) また一部には、乗車券の効力のない特急券のみのチケットも存在します。 (その場合、券面にその旨表記があります) 2.yahoo路線情報についていえば、特別料金は特急料金のことは示しているのですが、 それが指定席特急料金なのか自由席特急料金なのかは見てもわかりません。 たいていは指定席特急料金ですが、自由席の場合のこともたまにあります。 いずれにしても特急に乗る場合には必要な料金です。 3.青春18きっぷは、ごく一部の例外を除いて普通(快速)列車専用のきっぷのため、 乗車券(運賃)に相当するという考えではなく、専用券と考えた方がいいでしょう。 併用が認められているのは#4さんの回答にある通り、 普通(快速)列車の普通車指定席とグリーン車自由席、それとライナーです。 まず最初の認識ですが、JRの規則においては以下のような乗車券類が存在します。 jreast. html ・乗車券(運賃)・・・どの種別の列車にも必要 ・特急券(料金)・・・特急列車(新幹線含む)に必要。 なお特急券は着席保証のある「指定席特急券」とか、 着席保証のない「自由席特急券」などというようにそれぞれ独立しています。 ・グリーン券(料金)・・・グリーン車に必要。 ・指定席券(料金)・・・急行や普通(快速)列車の普通車指定席に... また、なるべく、乗車時には直ぐに車掌室に出向き、特急券(座席指定の場合は指定席特急券)を発券してもらう。 もしも、満席の場合は自由席特急券になり、車掌の配慮で指定席に空きが出来れば指定席特急券を発券してもらう。 >でも、それならどこの駅から乗ったか分からないですね? いいえ、手元の乗車券の発行駅や車内検札等で、ある程度は分かります。 自己申告と言うか、特急券の購入が出来なかったor車内で購入の理由事情を述べて必要な種類の切符を購入します。 尚、無断でで乗車していて、特急電車が数駅を通過してから車内検札時に特急券を持たず無断で乗っている場合は、ご指摘のように特急の乗車区間が分からない場合も出てきますので、その場合は車掌の判断で、利用客の申告通りor始発駅や乗換え可能な駅からの乗車と見做される可能性もあります。 Q 明日の早朝、両親が常磐線で上野まできて、東北新幹線に乗り換えます。 新幹線の乗車券とチケットは私が持っているので新幹線の改札(新幹線乗換口?)で待ち合わせます。 常磐線が9番ホームに到着してから新幹線の改札までの行き方がよくわからないので教えてください。 1)構内図を見ると、駅の中から見て中央改札の左のほうに新幹線乗換口があるようですが、これは一階ですか? 2)一旦中央改札の方まで行かないとここには行けませんか? 3)常磐線到着から新幹線の発車まで20分位なのですがたいへんですか? 近所の人に9番ホームから下に下に行くと新幹線乗り場?10分くらいかかる?みたいなあいまいな情報を得てしまい混乱してます。 ちなみに父親は10年前は上野駅を使って通勤していたのですが様変わりしてしまい、あまりわからないようです。 A ベストアンサー 9番ホームから新幹線ホームまで結構時間がかかります。 迷うと20分では危ないですよ。 乗り換え改札口自体は常磐線の特急ホーム(17番線)のすぐ横にあるのですが、そこから地下3Fまで降りるのです。 ですから10分かかるというのは、あながち嘘ではないですよ。 できれば1本早く出るかしたほうが無なんです。 上野に着いたら先頭方向(中央改札口)に向かっていきますと 左側に降りる階段(14.15番ホーム行)がありますので そこを降りると常磐線特急改札とともに新幹線乗り換え改札口が見えます。 jreast. html A ベストアンサー ご質問のきっぷは 4月16日の朝10時から 発売されます。 みどりの窓口なら全国どこでもかまいません。 値段は 乗車券:1,450円 指定席特急券:1,410円 合計:2,860円 ですので、お調べになった値段であっています。 乗車券と特急券の区間はぴったり合っている必要はありません。 乗車券はJRを利用する全区間を買った方が安くなります。 (まれに高くなってしまうこともあります) また、乗車券はいつ買ってもかまいませんので、当日でもかまいませんし、SuicaやPASMOのご利用でもかまいません。 SuicaやPASMOご利用の場合は、指定席特急券のみを購入すれば結構です。 なお、川崎からですと「踊り子箱根フリーきっぷ」という、特急指定席を利用して往復4000円というおとくなきっぷもあります。 2日以内に往復するようでしたらご検討下さい。 ただし、新幹線は使えません。 ご利用の場合は、みどりの窓口やビュープラザなどでどうぞ。 jreast. aspx の左側にある「キーワードでさがす」に 踊り子箱根フリーきっぷ と入力して検索ボタンを押して下さい。 検索結果の「踊り子箱根フリーきっぷ」と書かれているところをクリックすると詳細をご覧になれます。 このとき、横浜市内は横浜市内にあるJRの駅のほか、川崎・尻手・八丁畷・川崎新町・鶴見線内各駅が含まれます。 これは、矢向駅が前後を川崎市の駅に挟まれて路線的に飛び地になっているなどのため、横浜市内駅には上記の川崎などを含んで飛び地(飛び駅?)を解消するようにJRで定めていることによります。 JRのきっぷで横浜市内といえば、常に上記の川崎駅などが含まれます。 ご質問のきっぷは 4月16日の朝10時から 発売されます。 みどりの窓口なら全国どこでもかまいません。 値段は 乗車券:1,450円 指定席特急券:1,410円 合計:2,860円 ですので、お調べになった値段であっています。 なお、例えばJRの利用区間が蒲田からのような場合は 「5月16日」に「踊り子1...

次の