マネーフォワード me 使い方。 【初心者向け】無料の家計簿アプリ「マネーフォワードME」使い方を分かりやすく解説【メリット・デメリットも】

無料家計簿アプリ『マネーフォワードME』が便利すぎ!できることまとめ

マネーフォワード me 使い方

マネーフォワードMEとは マネーフォワードMEとは、株式会社マネーフォワードにより提供されている家計簿アプリです。 カードや銀行口座を登録しておくだけで、自動的に家計簿がつけられる手軽さから人気となっています。 2019年11月末の時点で、登録者数は900万人を突破しています。 家計簿アプリでは、ナンバーワンの利用率はさすがですね。 実際に使ってみても、一度登録してしまえば、あとは放っておけば数字が記録されていきます。 家計簿に伴う煩わしさがありませんので、長く利用することができますよ。 機種変更って大丈夫? マネーフォワードを長期間使っていると、いずれぶち当たるのが機種変更です。 機種変更の際に今までのデータを引き継ぐことができるのかは気になるところですよね。 一番最初は、銀行口座やクレジットカードを登録したり、月の予算を決めたり、何かと大変です。 機種変更のたびにそれを繰り返さなくてはならないとなると、ちょっと大変ですよね。 それに加えて、データがもしかして外に漏れてしまうんじゃないの?という不安もあるかと思います。 ですが、安心して下さい。 マネーフォワードは機種変更でも、クラウド型のサービスですので、IDとパスワードさえメモしておけば、新機種でもすぐに使うことができますよ。 機種変更のやり方 機種変更の手順は簡単です。 まずは、もともと使用していた端末でマネーフォワードを開きましょう。 設定画面から自分のアカウントの状況を確認します。 自分のアカウントのID、もしくは登録したメールアドレスを確認します。 パスワードを忘れている人は再設定しておきましょう。 それらの情報を確認できたら、アカウントをログアウトします。 そして、新しいスマホでマネーフォワードをインストールしまう。 インストール後は新規登録ではなく、ログインボタンを押しましょう。 自分のIDとパスワードを入力し、ログインできれば引き継ぎ完了です。 案外簡単に終わります。 まとめ マネーフォワードmeは機種変更も簡単に終わります。 クレジットカードや銀行口座も、繰り返し入力する必要はありません。 IDとパスワードさえおさえておけば、ものの5分で機種変更は終わります。 今までのデータについても機種変更後も確認することが可能です。 機種変更する場合でも安心してマネーフォワードを使い続けられそうですね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

【無料家計簿アプリ】マネーフォワードの使い方〜振替を活用しよう〜

マネーフォワード me 使い方

マネーフォワードMEとは マネーフォワードMEとは、株式会社マネーフォワードにより提供されている家計簿アプリです。 カードや銀行口座を登録しておくだけで、自動的に家計簿がつけられる手軽さから人気となっています。 2019年11月末の時点で、登録者数は900万人を突破しています。 家計簿アプリでは、ナンバーワンの利用率はさすがですね。 実際に使ってみても、一度登録してしまえば、あとは放っておけば数字が記録されていきます。 家計簿に伴う煩わしさがありませんので、長く利用することができますよ。 無料サービスでできること 無料サービスでも、基本的な家計簿をつけることは可能になります。 10個までと数に限界はありますが、銀行口座やクレジットカードを登録することは可能です。 口座の連携する頻度は、プレミアムサービスと比べると少なくはありますが、定期的に連携はしてくれます。 ほかにも、予算をつけることも可能ですし、グループ機能も一つではありますが使うことができます。 一年間の間であれば過去のデータを振り返ることもできますし、自分の資産状況についてもざっくりではありますが把握することが可能です。 普通の家計簿とは異なり、投資信託や株式のような金融資産についても、資産として計上されていくのは嬉しいですよね。 無料でも十分、家計簿としての役割を果たしてくれるような印象ですね。 プレミアムサービスでできること プレミアムサービスとはマネーフォワードmeのなかで、有料課金により使うことの出来るサービスです。 無料で使うことのできた機能はもちろん、プラスアルファの機能が非常に整っています。 例えば、銀行口座やクレジットカードの登録できる数に縛りはありません。 連携の頻度も増え、自分で更新のボタンを押すこともできます。 更新の操作をすると、一括で更新することができるので、いつでも最新の情報を反映させることが可能になります。 他にも、マンスリーレポート機能は今までの収支のバランスをビジュアルでわかりやすく示してくれます。 そして、資産の項目では受託ローンなどの負債についても正確に把握することが可能となります。 有料課金により、月額負担の金額以上の節約効果が見込めるのではないでしょうか? 結局どっちが良いの? 無料サービスで住むなら無料にしたい。 しかし、有料にするともっと節約できるといわれるとどっちのサービスを使って良いのかわからなくなってしまいます。 それでは、どちらを選ぶと良いのでしょうか? こんな人は無料サービスがオススメ! 独身でひとり暮らしの人は無料のサービスでも十分です。 または、学生のかたも無料のサービスで良いかと思います。 奨学金などの借金がある場合は、有料サービスを検討することも必要かと思います。 しかし、先程上げたような方は、持ち家などの資産(負債)を計上する必要がありません。 なので、無料のプランで十分事足りると思います。 口座の数も十分です。 収支のバランスが崩れている場合も、どの部分に改善が必要なのかも把握できる範囲と言えるでしょう。 そのような場合は、有料プランよりも無料プランで十分と言えるでしょう。 こんな人はプレミアムサービスがオススメ 結婚して財布の中身を一つにしている人。 多額の借金がある人。 このような人たちはプレミアムサービスがおすすめです。 家計簿を個人としてではなく、家庭で付ける場合はプレミアムサービスがおすすめです。 一人では10の口座で事足りたことも、人が増えると足りなくなることが多いです。 また、住宅ローンやマイカーローンなどで負債を抱え込む場合があるでしょう。 その際には、自分の財務の状況を正しく把握するために、負債の内容を反映させる必要性が高いです。 このため、多額の借金がある人もプレミアムサービスをおすすめします。 無料プランでは、負債の面を正しく把握することが難しく、見かけの数字では財務状況に問題ないと勘違いしてしまうこともあると思います。 月500円で、正確な財務状況を把握し、またアドバイスを聴くことができるのですからプレミアムサービスがおすすめです。 一度試してみるのもあり! マネーフォワードmeは一ヶ月間無料で使うことが可能です。 もし、無料か有料のプレミアムサービスかで迷うのであれば、一度お試しで使ってみることをおすすめします。 特にマンスリーレポートは実際に自分の財務状況で見てみることをおすすめします。 自分で家計の状態を把握するのが大変というような人でも、アプリを使うことでビジュアル的にイメージできるようになりますよ! 一度、試しにつかてみてはいかがでしょうか?.

次の

無料家計簿アプリ『マネーフォワード ME』の基本的な使い方

マネーフォワード me 使い方

家計簿を自動で簡単に作成することができる• 連携した複数の口座の残高や入出金履歴を一括管理できる• 銀行やカードで使った支出項目について自動で振り分けされる• 月単位、年単位で家計の入出項目についてグラフ化して確認できる といった多機能な部分にあります。 これら機能を上手く活用して簡単、便利に家計簿を作成し、日々のお金の流れを見れるようにしていきましょう! 日々の家計簿として利用する上では、無料会員でも問題はないですが、プレミアム会員 月額500円、iOSでは月額480円 になることで、制限がなくなってより充実した機能を活用することができます。 無料会員とプレミアム会員の機能比較は以下の通りです。 出典: この比較表を見ると有料会員でないと活用できる部分は少ないように見えます。 しかし、プレミアム機能も全て活用するとは限らないので、まずは 無料会員として サービスを利用した上で、連携口座をどうしても増やしたい、1年以上前の家計簿記録と見比べたい、家計診断も行いたいと思った時に、プレミアム会員を検討するのも方法の一つですよ。 これで、一連のアカウントの登録作業は完了です。 ここで登録したメールアドレスやパスワードは、他人に教えたり、忘れたりしないよう十分に注意しましょう! マネーフォワードMEで家計簿を作るには? ここでは、マネーフォワードMEの家計簿を作成するために必要な方法について紹介していきます。 口座連携機能について マネーフォワードMEで家計簿を作るためには、まず口座連携を行う必要があります。 口座連携とは、簡単に言うと自分の持っている銀行などの口座の入出金明細やクレジットカードの取引履歴を 自動でマネーフォワードME上に反映させることができるサービスです。 また、自動取得した口座の入出金明細やクレジットカードの取引履歴について、食費や光熱費などによって 自動でカテゴリを分類してくれるので大変便利です。 具体的な口座連携の仕方としては、下記の1~4の手順で行います。 この画面に入力するIDとパスワードは、オンラインバンキング用のログイン情報なので、口座番号と間違えないように注意! ここでの注意点として、マネーフォワードMEで口座連携するためには、 金融機関のオンライン バンキングを開設している必要があります。 そのため、口座連携予定の口座で、オンラインバンキングを開設していない場合は、各銀行のホームページから申し込みを行いましょう。 現金支出の場合の入力方法について ここまで順番通りに進めていただいた場合、自分の登録したい口座やクレジットカードを連携できましたよね。 その上でより詳細な家計簿を作るためには、クレジットカードや口座の取引履歴に加え、普段の現金収支を記録する必要があります。 そのため、次は現金の支払いがあった場合の入力方法を説明していきます。 具体的な入力方法としては、下記の1~3の手順で行います。 無料会員での利用の場合、データのバックアップがない• 個人情報が漏洩した場合のリスクがある• 自動カテゴリ分類時に自分の意図と別のカテゴリに振り分けされる場合がある• マネーフォワードMEの画面を他人に見られると資産状態が丸分かりになる 無料会員での利用の場合、データのバックアップがない マネーフォワードMEの無料会員とプレミアム会員の機能比較の表にも記載がありますが、無料会員だとデータのバックアップがありません。 そのため、ログイン情報が分からなくなったらどうしよう、どうしてもこれまでの家計簿記録を残しておきたい!という方は、プレミアム会員に登録しましょう。 個人情報が漏洩した場合のリスクがある マネーフォワードMEを利用する際には、やはり個人口座やクレジットカードなどの情報がどう管理されているか気になりますよね。 実際にマネーフォワードMEで管理している情報について、以下の図を参考に説明していきます。 出典: この図を見て分かるように、マネーフォワードMEでは個人のダイレクトバンキングのログインIDやパスワードは管理しているものの、実際の振込みやカード利用に必要な情報は扱っていません。 また、マネーフォワードMEでは、自社内での高度な管理体制の構築に加えて、外部のセキュリティ診断会社からの第三者評価を受けるなど、セキュリティ対策を万全にしています。 もし、マネーフォワードMEにいつもと異なる環境からアクセスされた場合にも、二段階認証でアクセスを確認することができ、不正ログインを防ぐことができます。 ただ、これらの情報が万全のセキュリティで守られているとしても、個人情報の漏洩は絶対ないということは言えないため、 どの情報を預けるのか、しっかりと 自分の判断を持った上で活用していきましょう! 自動カテゴリ分類時に意図しないカテゴリに振り分けされる マネーフォワードMEで連携しているクレジットカードの利用履歴は、クレジット使用先の名前によって自動分類されています。 そのため、カテゴリが上手く振り分けられず、 カテゴリ不明、あるいは自分の意図しないカテゴリに 振り分けられることがあります。 そういった場合、自動分類されたカテゴリを自分の手で再振り分けする必要があるので、クレジットカードの支出項目が多いときには、 多少の手間を感じることもあるかもしれません。 しかし、自分で一度カテゴリを設定することで、次回からはそのカテゴリを記憶して自動分類してくれるようになるため、多少面倒ですが再振り分けをしていきましょう! マネーフォワードMEの画面を他人に見られると資産状態が丸分かりになる このマネーフォワードMEで、全ての口座情報やクレジットカード履歴を連携していて、もし第三者に見られてしまうと、 一目であなたの資産状態の全てが分かってしまいます。 そうしたあなたの個人資産や情報の覗き見を防止するために、アプリ版のマネーフォワードMEではパスワードロック機能や対応機種のみだけですが指紋認証機能などによるセキュリティ対策を行っています。 マネーフォワードMEには、このようなセキュリティ機能はありますが、 一番はあなたの意識次第です。 あなたが保有する資産をまとめた通帳をスマホであれば、常に持ち歩いているという意識を持って、しっかりと管理していきましょう! 最後に 今回は、の登録から使い方などについて紹介してきました。 家計簿を付けることは、手間がかかって大変です。 日々の記録を付け忘れることもあると思います。 それでも、この手間や面倒さを乗り越えていくことで家計のお金の見える化につながっていくため、このマネーフォワードMEを上手く取り入れながら、あなたの節約活動に是非活かしていきましょう。

次の