この サイト へ の 接続 では プライバシー が 保護 され ませ ん。 PC/スマホで【この接続ではプライバシーが保護されません】が出る時の対処

【Chrome】「この接続ではプライバシーが保護されません」が表示された時の対処法

この サイト へ の 接続 では プライバシー が 保護 され ませ ん

端末の一時的な不具合• 日付と時刻の設定不備• Chromeのバージョンが古い• Chromeのキャッシュ過多 ほとんどの場合この4つが原因になっていることが多いみたいです。 続いてそれぞれの対処法についても順番に確認していきましょう。 「この接続ではプライバシーが保護されません」が表示された時の対処法 「この接続ではプライバシーが保護されません」が表示されてしまった場合の対処法について解説していきます。 端末の再起動 端末に一時的な不具合が発生しているために、 「この接続ではプライバシーが保護されません」が表示されてしまっている可能性があります。 まずは 使用している端末を一度再起動してみましょう。 これだけで、ほとんどの軽微なトラブルは解決します。 日付と時刻を確認する 本体に設定している日付や時刻の設定が実際の状況と違いすぎることが原因でエラーが起きているのかもしれません。 一度 端末の設定から、登録されている日付と時刻を現在の状態に修正してみてください。 Chromeをバージョンアップする 使用している 「Chrome」のバージョンが古いために、エラーが発生している可能性も考えられます。 以下の手順で 「Chrome」をアップデートしてみてください。 「Chrome」を起動する。 メニューから 「ヘルプ」を選択する。 自動でアップデートされるのを待つ。 これで簡単に最新バージョンにアップデートすることができますので、改めてきちんと接続できるかどうか確認してみてください。 Chromeのキャッシュクリア 「Chrome」などのWebブラウザって、使用するたびにキャッシュと呼ばれるデータの残りカスが蓄積していきます。 この キャッシュの量があまりにも増えすぎると、色々と不具合の原因となってしまいがちなんです。 対処法としては、 「キャッシュクリア」と呼ばれる機能を使って一度リフレッシュしてみることで改善があるかもしれません。 以下の手順でChromeの 「キャッシュクリア」を試してみてください。 「Chrome」を起動する。 メニューから 「設定」を開く。 「詳細設定」を選択する。 「閲覧履歴データを消去する」を選択する。 詳細設定タブを選択して以下の項目にチェックを入れる。 閲覧履歴• ダウンロード履歴• Cookieとほかのサイトデータ• キャッシュされた画像とファイル• 「データを消去」を選択する。 これでキャッシュクリアは完了です。 注意点としては 「パスワードとその他のログインデータ」を削除してしまうと、 Webサイトの自動ログインに必要なデータなども消えてしまうため、チェック項目には気を付けてください。 どうしても解決しない場合は… ご紹介した方法を試してみても、 どうしても解決しない場合もあるかと思います。 一応このエラーが発生する原因として、 閲覧しようとしているWebサイト側に問題があるケースも十分考えられます。 そういった場合は基本的に、閲覧者側からではどうすることもできません。 おとなしく諦めて、 しばらく時間を置いてみるのというのも効果的かと思います。 強制的にアクセスすることも可能 「この接続ではプライバシーが保護されません」の表示がどうしても改善しない場合、実は 無理やりアクセスすることも可能なんです。 ただしその分、色々な セキュリティ上のリスクなどに無防備な方法とも言えますので、あくまでも自己責任で行うようにしてください。 まとめ 今回は、 Chromeで「この接続ではプライバシーが保護されません」が表示された時の原因や対処法について詳しくまとめてみました。 主な原因としては蓄積し過ぎた 「キャッシュ」が影響している可能性が高いみたいです。 ただし、Webサイト側のトラブルの可能性も十分考えられますので、一通りご紹介した内容を試したうえで判断するようにしてみてください。

次の

google chromeをいつも通り起動したのですが、「この接続では...

この サイト へ の 接続 では プライバシー が 保護 され ませ ん

GoogleChromeで「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示される この接続ではプライバシーが保護されません XXXXXXX. com では、悪意のあるユーザーによって、パスワード、メッセージ、クレジット カードなどの情報が盗まれる可能性があります。 プライバシー ポリシー という警告が出る場合。 詳細設定から「XXXXXXX. comにアクセスする(安全ではありません)」を開いたとしても、ダメ。 An error occurred. Sorry, the page you are looking for is currently unavailable. Please try again later. If you are the system administrator of this resource then you should check the error log for details. Faithfully yours, nginx. HTTPS. 開けました!! ただし「保護されていない通信」と表示されてしまいます。 保護されていない通信(https化されていない) httpで通信している状態です。 保護されていない通信(保護されていない) https接続になってはいるが、WEBサイト上にhttp接続をしている何かがあるという状態です。 証明書は有効になっているがhttps接続ができていない。 この場合は、何がhttp通信になっているのかの原因を探す必要があります。 鍵のアイコン(保護されている状態) 保護されている通信です。 このアイコンの状態になっていればOK! まとめ SSLサーバー証明書(以下、SSL証明書)を導入して、ご自身のWebサイトをSSL化(https化)することで鍵のアイコン(保護されている)に変わります。 カテゴリー• 100•

次の

Chrome「この接続ではプライバシーが保護されません」の原因・対処法

この サイト へ の 接続 では プライバシー が 保護 され ませ ん

「この接続ではプライバシーが保護されません」の解決法は? 私がメインで報酬を上げているブログが、今日なんと アクセスエラーになってしまいました! それは突然起こりました。 ブログ記事を開くと、こんな表示が出たのです。 「昨日で切れたって?」 「お知らせメールとか来てたのかな?」 いろいろ調べること2時間以上・・・ これは SSL化の問題に絡んでるかもって思ったので、私が使っているエックスサーバーを開いてみました。 しかし、特別なお知らせもない。 ??? そして、アクセスが全く不能になってしまった私のブログ・・・ まさに、過去最高に 最悪の事態! 涙(TT) もう終わった・・・ もともとアナログな私に、この絶体絶命のピンチを乗り越えられるのかな・・・と絶望的でした。 エックスサーバーのお問い合わせサポートに連絡をしてみました。 でもすぐには返信が来なかったので、自分でもいろいろ探してみたところ そこには SSL証明書というキーワードがありました。 SSL証明書ってなに?? そこで調べると 私の場合は エックスサーバーを使っているので、今回はエックスサーバーの設定方法となります。 しかし、他のサーバーでも名前や設定方法は違うと思いますが、 SSL証明書を申し込む(更新する)と解決するというのは同じかもしれません。 では、流れで解説します。 ちなみに私は、この矢印の通りにしました。 できたら「お申込み内容の確認・料金のお支払い」をクリック。 すると、メールボックスにエックスサーバーから 【Xserver】ご利用料金お支払い確認のお知らせ 【Xserver】SSL新規取得手続きのご案内 という件名のメールが届きます。 インフォパネルの画面に戻ると、新しく表示が出ています。 次にこの 『SSL証明書 新規お申込み』の画面が出るので、(例)を参考にして入力します。 そのページの下にある 『SSL登録者情報入力へ進む』をクリック。 次の画面にある『SSLご登録担当者情報』を入力します。 私の場合はこんな感じです。 ここまで来ると、申込みはできたことになります。 後はエックスサーバー側の設定待ちです。 このように案内されているので、メール連絡を待ちましよう! すぐにエックスサーバーからメールが来ました。 【Xserver】SSL証明書設定完了のお知らせ という件名です。 ここに書かれているように、 最大30分程度でご利用可能になります。 アナリティクスでリアルタイムアクセスを見たり、実際にサイトを開いてみたりしてみてください。 そんな中、 私のブログがアクセスエラーになってると知り心配して連絡をくれたアイアムスターさんや、 いろいろ原因を一緒に考えてくださったひらまささん。 一度死んだも同然なので、生まれ変わったと思って気を引き締めて頑張ります。

次の