メインクーン 安い。 メインクーンはどんな猫?特徴や性格、飼い方などを紹介

メインクーンを飼うときの注意点、及びおすすめフード

メインクーン 安い

メインクーンキャッテリー東京オノクーンの歴史 メインクーンキャッテリー東京オノクーンは、東京都にてメインクーンの子猫のブリーダーを1998年に始めました。 初めはメインクーンの雄猫を迎え、その後にメインクーンの雌猫を迎えて繁殖をスタートしました。 初めてのメインクーンの子猫のブリードは、雌猫のヒートが中々来ない為、雌猫を迎えた一年後に、初めてメインクーンの子猫のブリードに成功しました。 その後は順調にメインクーンの子猫の繁殖が出来ました。 ブリード2回目にシルバーの子猫が4頭産まれ、その中の一頭がアンソニーと名付けました。 アンソニーはキャットショーでは素晴らしい活躍を見せ、その後繁殖の雄として数々の優秀なメインクーンの 子猫を輩出しました。 アンソニーの血統は国内はもとより、外国にも行っています。 メインクーンの歴史 メインクーンは血統書付きの猫としては、アメリカのメイン州でメインクーンのブリーダー達によって作られました。 アメリカに来る前のメインクーンの土台になった猫は、北ヨーロッパからバイキングあるいは交易の船に乗って、アメリカに着いたと思われています。 メインクーンは早い時期からキャットショーで人気の猫種で、1895年にマジソンスクエアガーデンで開かれたキャットショーでベストの猫として栄冠を勝ち取りました。 その後キャットショーではペルシャ猫が人気になり、メインクーンは一時人気が下がりました。 しかしアメリカのメインクーンの愛好家達が、メインクーンの愛好家クラブを作り現在への人気へとなっています。 日本にメインクーンが輸入されたのは、未だ歴史が浅くキャットショーで人気になり、その後一般の人達にも知られ始めました。 メインクーンの身体特徴 メインクーンは家猫の中で、最大の猫として知られています。 ギネスブックに乗っている世界最大の猫はメインクーンで、体長が123cm、体重は15.8kgとして記録されている。 メインクーンの雌猫の体重は雄猫の半分程度で、大きくても6kgから7kgです。 注意して頂きたいのは、10kg以上になるメインクーンは殆ど肥満で体重が重くなり、年を取ると関節炎を発症します。 私が今まで見てきた、肥満していないメインクーンで最大級の体重は10kg未満です。 メインクーンの性格 メインクーンは別名をジェントルジャイアントと呼ばれ、大変温厚な猫です。 又、その巨体に似合わず可愛い声(バードボイス)で鳴くのも特徴です。 人間に良く懐き、人生において長きパートナーとしてうってつけの猫です。

次の

知能レベルが高い!?メインクーンの飼い方とは?食費や子猫の値段は?

メインクーン 安い

メインクーンは「ジェントルジャイアント(穏やかな巨人)」という愛称で呼ばれるほど世界中で人気のある猫種です。 そこで、メインクーンとは一体どのような猫なのか、オスとメスの性格や特徴、体重や大きさなどの違いについて探ります。 メインクーンの基本情報をご紹介!特徴や性格、寿命は? メインクーンのメスとオスの違いについて探る前に、そもそもメインクーンとはどのような猫なのかを知るために、その基本的な特徴や性格、また平均寿命について紹介します。 メインクーンは成長すると体長が100cmほどにもなり、人間で例えると小学2年生くらいの子どもの身長と同じくらいになります。 他の猫種が成猫の大きさに育つのは通常1年間であるのに対して、メインクーンは成猫の大きさになるまでには通常3年間かかります。 このようにメインクーンは時間をかけてゆっくりと成長していきます。 メインクーンのなかには世界一大きな猫としてギネスに認定されている子もいます。 例えば、イギリスに住むメインクーンの全長は118. 33cm、またアメリカに住むメインクーンの全長は123cmもの大きな体をしています。 その後も続々と世界記録は更新されているため、これからさらに大きく成長したメインクーンが現れる可能性は否めません。 さらにメインクーンは大型猫でがっしりとした骨格に加えて筋肉質な体をしており、猫の体型のタイプの中では「ロング&サブスタンシャル」にあてはまります。 またメインクーンの特徴は、全身が長くて厚みのあるダブルコートの被毛で覆われていることです。 特に首周りから腹部にかけてライオンのたてがみのようなふさふさとした立派な毛が生えています。 さらに長くて太いしっぽにもふさふさとした長い毛が生えており、まるで一匹の猫がそこにいるかのように見えます。 他に耳も大きく先端は尖り、耳先にはリンクスティップが生えています。 メインクーンの被毛色はブラック、ホワイト、クリーム、レッド、ブルーなど様々な色があります。 他にもメインクーンの顔の特徴として、顎のラインが四角く鼻筋には緩やかなジェントルカーブが見られます。 目は卵型で色は被毛と同じように多彩なところが特徴的と言えます。 具体的にはブルー、グリーン、ゴールド、カッパーといった色が挙げられます。 なかでも、ゴールドとカッパーの目の色をしたメインクーンが多いです。 特に飼い主や家族にはよく懐き、一緒に遊んだり共に過ごしたりすることを好みます。 そのため「犬のような猫」と言われることもあります。 また協調性や適応力が高いため小さな子どもや家族でない人たちとも仲良くできます。 また犬や他の動物とも上手に関係性を築くことができるため、多頭飼いにも適した猫種と言えます。 さらにメインクーンは猫のなかでも知能が高く、人間の言葉や行動を理解する能力にも長けています。 そして飼い主にも忠実であるためしつけもしやすく、初心者でも飼いやすい猫種と言えます。 また他の猫種と違って前足を器用に使うこともでき、例えば前足を使って蛇口を捻り水を飲んだり、ドアを開閉したり、人間と同じような行動をとることがあります。 一般的な猫の平均寿命は約15年であるため、大型の猫種であっても他の猫種とそれほど大差は見られません。 また最近の猫の平均寿命も長寿化しているため、メインクーンのなかにも14年以上生きる子もいます。 とはいえ、愛猫の寿命は飼い主による日頃からの健康管理に左右されるところもあります。 特にメインクーンがかかりやすい病気として、肥大性心筋症や脊髄性筋萎縮症、多発性のう胞腎が挙げられます。 これらの病気を予防するためにも豊富な栄養素が含まれた食事を与え、筋力低下や肥満を予防するための適度な運動をさせることが大切です。 また事故や感染症を防止するために室内飼育が良いとされています。 そのため大きな体でもストレスを感じさせない十分なスペースを設けてあげることも必要です。 他にも、定期的な健康診断や獣医からのアドバイスも参考にすると良いでしょう。 このように、愛猫が一日でも元気に長生きするためには飼い主の健康管理が欠かせません。 メインクーンのメスとオスの性格の違いとは?メスは甘える? メインクーンの基本的な性格と特徴を知った上で、メスとオスとではその性格にどのような違いが表れるのか見ていきます。 メインクーンのメスの性格 メインクーンのメスの性格はオスよりも独立心が強く、自分が構って欲しい時だけ飼い主や家族の側に来るといった猫らしい気ままな性格が目立ちます。 そのため飼い主らとは一定の距離感を保った状態で接することを好みます。 またメス猫に特有の防衛本能から生まれる警戒心や攻撃性の強さも見られます。 そのため神経質なところがあり、ストレスを感じやすい性格でもあります。 このようにメインクーンのメスはオスに比べると猫らしい性格が顕著に表れるため、家を空けることが多く猫と一緒に過ごす時間が十分に持てない人におすすめと言えるでしょう。 しかし、メス猫であっても避妊手術をした場合、子どもを生み育てることへの防衛本能が薄れ攻撃的な面も無くなります。 またいつまでも自分が子猫の感覚で居続けることとなり、成猫になっても親である飼い主に甘えてくることもあるようです。 メインクーンのオスの性格 メインクーンのオスの性格はメスよりも人懐っこく寂しがり屋で、飼い主や家族に構ってほしいと擦り寄って来るなど甘えたな性格が目立ちます。 そのため飼い主らと一緒に過ごすことを好み、自ら触れ合いを求めてきます。 またオス猫に特有の活発さやいたずら好きな面も見られ、加えて感情も表に出やすいです。 とはいえ、賢く飼い主に忠実なためきちんとしつけることができれば心配をする必要はありません。 ただし、オス猫も去勢手術をした場合、成長して成猫になっても子猫のような性質がそのまま残り、甘えん坊でやんちゃな性格のままでいることもあります。 他にも、去勢手術をすることにより活動的で攻撃的な面が無くなり、おっとりとしたおとなしい性格が目立つようになります。 そのためメインクーンのオス猫はより穏やかで甘えん坊な性格になります。 このようにメインクーンのオスは猫ではなく犬のような性格であるため、積極的に猫と触れ合いたい人や猫と親しく分かち合いたい人にはおすすめと言えるでしょう。 またメインクーンのオスはメスよりも飼いやすく、猫を初めて飼う人やこれまでに犬しか飼ったことのない人にもおすすめできる猫です。 とはいえ、ここで紹介したメスとオスの性格の違いが必ずしも全てのメインクーンのメスとオスに当てはまるとは限りません。 個体差もあり、飼い主に甘えたがるメス猫もいれば、クールな一面を持つオス猫もいます。 メインクーンを飼う際に、どちらの性別が自分の生活スタイルに合うのか、その子自身がどのような性格か、また好みの性格かどうかを見極める必要があります。 メインクーンのメスとオスの体重や大きさの違いは?メスは小さい? メインクーンのメスの成猫の平均体重は一般的に約3~6kgで、体長は約100cm程です。 メインクーンのオスの成猫の平均体重は約6~9kgで、体調はメス猫と同様、100cm程の大きさになります。 ただしオスは去勢手術を行うと肥満傾向が強まるため、さらに大きくなる恐れがあります。 子猫の時期はオスもメスもそれほど体重や大きさに大差はありませんが、成長するに連れて徐々に大きさに違いが生じてきます。 成猫になったメスとオスの体重を比較すると2倍から3倍の違いがあり、また体つきもひと回りほどオス猫のほうが大きくなります。 メスのメインクーンの発情期はいつ?期間中の特徴や避妊法は? 猫の発情期はメス猫だけに見られる習性です。 あくまでもオス猫は自ら発情することはなく、メス猫の発情期に誘発されるかたちで発情します。 そこで、メスの発情期の時期や期間中の特徴、また避妊法について紹介します。 メスのメインクーンの発情期の時期 メスのメインクーンが初めての発情期を迎えるのは、早い子であれば生後6ヶ月程度と言えます。 メス猫の最初の発情期の時期は、猫の種類や個体差によって多少異なります。 他の猫種の場合であれば、一般的に生後5~12ヶ月程度で初めての発情期を迎えます。 そのためメインクーンのメスが初めて発情期を迎える時期が、取り立てて早い訳でも遅い訳でもありません。 また一般的に発情期を迎えたメス猫の繁殖期間は、2~4月頃と6~8月頃の暖かい時期に盛んになります。 そして、発情が起こるのは年に2~3回以上であり、1回の発情期の期間は1~3週間ほどです。 ただし、前述の回数や期間はあくまでも目安であり、オス猫や他の猫の声や気配を察してメス猫の発情する時期や回数が変わることも多々あります。 そのため自分の愛猫の様子を注意深く観察して、発情する時期を把握して対処できるようにしておきましょう。 メスのメインクーンの発情期中の特徴 メス猫の場合、メス犬とは異なり生理がないため発情期だと気付きにくいところがあります。 そこで、メスのメインクーンが発情期中に見せる主な特徴をいくつか紹介します。 1つ目の特徴として、大きな声で鳴き続けます。 メス猫は発情期を迎えるとその間は絶えず鳴き続けることとなります。 その声は日頃の鳴き声とは異なり、大変高く大きな声であるため飼い主も気付きやすい特徴と言えます。 その鳴き声は人間の赤ん坊の泣き声によく似ていて、さらにオス猫を誘い寄せるために周辺に響き渡るぐらいの大きな声で鳴き続けます。 そのため、飼い主は近隣住民への迷惑にならないよう配慮が必要になります。 その際、愛猫を部屋やケージに閉じ込めても鳴くことを止めさせることはできません。 もちろん、生理現象であるため叱りつけても解決はしません。 発情を抑えることができる手段は発情期前に避妊手術を行うしかありません。 2つ目の特徴として、体を擦り付けたりくねらせたりします。 発情期を迎えたメス猫は飼い主の腕や足、また床や地面などに腹部や胸部を擦り付けるような行動をとります。 発情したメスは人懐っこくなり、過度に飼い主に甘えてくることもあります。 この行動は愛猫が過剰に甘えてくる姿にも見えるため、日頃の愛猫の様子や性格を把握している飼い主にしか判断し難い行動とも言えるかもしれません。 3つ目の特徴として、お尻を高く突き出すようなポースをとります。 発情期を迎えたメス猫は下半身を高く持ち上げてオス猫にアピールしたり、オス猫を受け入れる準備が整っていることを知らせようとします。 これらのメス猫の行動は比較的飼い主が気付きやすい特徴と言えます。 もし愛猫にこれらの特徴が見受けられたら、愛猫の発情期が始まったサインであるということを見逃さないようにしましょう。 しかし、メス猫の発情期に見せる特徴にも個体差があり、前述した特徴が見られないこともあります。 そのため避妊手術を考えている場合や繁殖させたいと考えている場合は、愛猫の行動をしっかり観察する必要があります。 メスのメインクーンの避妊法 メスのメインクーンの避妊の方法は「卵巣摘出」あるいは「卵巣と子宮摘出」の2種類があります。 どちらにせよ腹部を切開するというリスクが伴います。 そのため、愛猫の身体にとってどちらの方法が最善かは獣医師との相談を踏まえてから決めるようにしましょう。 先にも触れたように、メス猫の発情期を回避する手段は避妊手術を受ける以外にありません。 また、発情期および繁殖期間は、メス猫にとって精神的かつ肉体的にも苦痛でしかありません。 猫は一度でも発情期を経験してしまうと、避妊手術をしたとしても性欲を抑制することができなくなってしまいます。 そのため避妊手術を受ける場合は、最初の発情期を迎える前に行うことが大切です。 それゆえ、メスのメインクーンの場合、初めての発情期が生後6ヶ月からであるため、適切な避妊の時期は生後5~6ヶ月と言えます。 ただし、個体差もあるため掛かりつけの獣医師とよく相談してから決めましょう。 また避妊手術が可能な期間にはタイムリミットがあるため、間際になって慌てないためにも避妊手術をするか否かということを飼う前に決めておくのも一つの方法です。

次の

メインクーンの性格って悪いの?しつけ方は?飼い方についても紹介!

メインクーン 安い

雪上を歩行するメインクーン 原産国 ヨーロッパから北米に伝来 別名 クーン・キャット(Coon Cat) メイン・キャット(Maine Cat) メイン・シャグ(Maine Shag) 各団体による猫種のスタンダード メインクーン(Maine Coon)は、の中でも大きなのひとつであり「 ジェントルジャイアント(穏やかな巨人)」という愛称を持つ身体的な特徴と、その賢さと遊び好きなことでも知られている。 長毛種である。 一般的にが原産とされておりメイン州公認の「州猫」として認定されている。 アメリカにおける最古、最大の品種であり、身体の模様やのが(ラクーン)に似ていることから命名されたが、実際には(アメリカ)のにいた猫と、によりから連れて来られた長毛種の猫のと考えられている。 にアメリカ初のキャットショーで優勝したメインクーン「コーセイ」(Cosey) メインクーンの起源は、奇抜とも思われる逸話を含め、諸説がある。 マーク・コールマン Coleman, Mark 著、古谷沙梨訳「メイン・クーン」 , 7月 では、以下の説を紹介している。 地方の猫をルーツとする説 昔は、その風貌から土着猫とアライグマの混血であると考えられておりメイン州のアライグマ(raccoon:ラクーン)を意味する「メイン・クーン」と名づけられたとする説。 クーンの連れてきた猫とする説 系あるいは、系の猫がクーン船長によって、中国から北アメリカ東部沿海地方に連れてこられ、この猫を始祖とする説。 のアメリカ計画をルーツとする説 スティーブン・クロー船長の助力によりへの亡命を計画し、まで用意したが実現されず、形見にと船長が連れてきた王妃が愛でていたアンゴラ種の猫を始祖とする説。 そして、の船猫であったと風貌が似ていることから中にする船員と同じく逃げ出した猫と土着の猫との交配により誕生したとする説を、最も有力としている。 身体特徴 [ ] 白毛のメインクーン メインクーンは特にその大きな骨格と三角形の体型、長い毛並みで知られ、色は多彩でその知能と優しい性格も特徴とされる。 や股関節異形成症の健康面での問題を持つブリードとされているが、これらは検査により遺伝子異常を発見し、発症し得るかを確認することが可能である。 メインクーンの耳は大きく、根元が幅広、頭の高い位置にあり、中にタフト(Tuft=房毛)が豊富に付き、先端にリンクスティップス(Lynx Tips=の耳先の飾り毛)がある。 メインクーンに特徴的なリンクスティップスによって、オオヤマネコのような風貌を得ている。 メインクーンのは長く、2004年には17. 4 cmの洞毛を持つメインクーンが、2005年には19 cmの触毛を持つメインクーンが最長のを持つ猫としてギネスに登録された。 頭の形はどちらかというと長めだが、されていない雄が成長するとえらが張るようになる。 顎は頑丈で、はしっかりとした四角形。 横顔には、にジェントルカーブと呼ばれる緩やかで、流線的な窪みが見られる。 メインクーンと似ていると区別する特徴の一つとして、ジェントルカーブの有無がある。 メインクーンのボディは、筋肉質で胸幅が広く、どの部分をとっても華奢な部分が無く、がっしりとしている。 胴は長めで、横から見ると長方形に見える。 全体的に均整が取れていて、極端な特徴は無い。 体長(鼻の先から尻尾の先にかけての長さ)は、1メートル(40インチ)を超える場合もあり2010年に123 cm(48. 5インチ)が最も体長の長い猫としてギネスに記録されている。 成猫としての体格が出来上がるまでには、他の猫種より長い期間を要する傾向にあり、4歳から5歳で成猫としての体格が固まるとされている。 2010年に世界最長の猫に認定されたメインクーンは、5歳になって記録の体長に達した。 体重が11 kg - 12 kg(25ポンド)に達する個体もあるが雄の成猫の平均体重は6 kg - 9 kg(12ポンド - 20ポンド)で雌は若干軽い3 kg - 5 kg(7ポンド - 11ポンド)。 メインクーンの尻尾は長く、2011年に世界一長い尻尾の猫として、前述の2010年に世界最長の猫に認定されたメインクーンが再び認定された。 その際の尻尾の長さは41. 5 cm(16. 34インチ)である。 しかし、チョコレート、ラヴェンダー、濃いタビー、局所的な色パターン(のようなポイント)のメインクーンは存在しない。 目の色も極めてバラエティに富んでいる。 あらゆる被毛パターンで、グリーン、グリーンゴールド、または、ゴールドという目の色がある。 被毛が白のメインクーンの場合、両目がブルー、または、というものもいる。 額に特徴的な「M」型の模様があるのは、メインクーンの毛色に多いの特徴であり、メインクーン特有ではない。 毛はミディアムロングで密集しており、胸元にはのに似たひだ襟のような長い飾り毛がある。 このため maine coonを mane coon(maneはたてがみの意) と冗談交じりで表記することもある。 被毛が下毛と長めの上毛の2層になっているのがメインクーンの特徴である。 被毛は、一般的にとても柔らかい。 やなどと呼ばれる足の後ろ側にある長い毛と、指の間にある長い毛のおかげで、寒さの中でも体温を保つことが出来る。 尻尾がとても立派にふさふさとしているため、「尻尾にくっついている猫」という異名すら得ている。 初期のメインクーンは、持ち前の太足、飾り毛によって、そしての兆候が強くあったため足場を取りやすく、上での活動に有利であったとされるが、次第に多指症の傾向は逆転するに至っている。 行動面の特徴 [ ] メインクーンは、極めて賢く、器用で、遊び好きな猫種である。 足先を器用に丸めて物を持ち上げるなど、前足を良く使う傾向にあるため、棚の戸を開けたり、水道の蛇口を開いたり、トイレを流したり、小さなものを持ち上げたりすることを簡単に覚えてしまう。 中には、直接ボウルに顔を近づけるのではなく、前足を使ってエサや水を飲むメインクーンも見受けられる。 メインクーンは、平均以上の知能を持っているため、トレーニングしやすい猫種のひとつであるといわれている。 また、のどを鳴らすような鳴き声と、ニャーという猫の鳴き声を組み合わせたような声を出すことでも知られており、うれしい時や驚いた時にこのような声をだす傾向にあるようだ。 他の猫種に比べ、メインクーンのニャーという鳴き声は高めである。 仲間の猫や人間と一緒に食事をすることを好み、単独でエサを食べるのは珍しい。 メインクーンは、飼い主に甘えて膝の上に乗ってくるタイプの猫種ではないといわれてはいるが、これは、個体により異なり、中には、飼い主の膝の上が大好きというメインクーンもいる。 飼い主の膝の上でうたた寝するメインクーン 水の中に入ってというわけではないが、水で遊ぶことを好むメインクーンもいる。 おもちゃを水に浸してから遊んだり、水のボウルをひっくり返したりすることがある。 また、前足を使って器用に水をすくって飲むメインクーンもいる。 犬のような行動をするメインクーンもいる。 物を取ってくるというのは、好きなゲームの一つである。 犬がそうするように、ボールを取ってきて飼い主の足元に置き、またボールを投げてもらうのを待つという遊びである。 郵便物を取りに行ったり、犬の散歩に行ったりなど、日々の生活の中で飼い主についてまわることがあり、屋外にいる時でさえ、飼い主に呼ばれると戻ってくることもある。 健康状態 [ ] 美しい白毛のメインクーン メインクーンは一般的にはニューイングランドの気候で生活できるように丈夫で健康なブリードである。 一番危険な病気はで、メインクーンの場合はで遺伝する。 特に中年期から老年期の猫や雄猫に発症しやすいとされている。 肥大型心筋症は、左心室の筋肉が肥大し硬くなる心筋の病気で、猫の場合、心不全、による後足の麻痺、突然死などの原因となる。 1歳から7歳のメインクーンなら、心臓超音波診断(心エコー検査)で肥大型心筋症を発見することが可能である。 また、この病気を発症する遺伝子異常は遺伝子検査により発見することも可能である。 の獣医学部で遺伝子突然変異の検査をしたメインクーンの内、3分の1の猫が陽性であった。 [ ]心臓ミオシン結合タンパク質Cの遺伝暗号を指定する遺伝子の突然変異が、ある特定のメインクーンの遺伝系列においては、肥大型心筋症の要因となってきたことがわかっている。 もうひとつの健康リスクはで、これもまた遺伝性の病気で、胴や四肢の筋肉を動かす脊髄の神経が消失することにより発生する病気である。 症状は通常、生後3~4ヶ月で発症し、筋肉の萎縮、筋力の低下、短命などに繋がる。 この病気を発症する遺伝子も検査により発見することが可能である。 股関節の運動障害や関節炎となるもメインクーンには見られる。 動物整形外科財団が2007年に纏めた研究レポートによると1974年1月から2008年12月までに動物をブリードごとに最低各100のケースを調査したうち、メインクーンは994のケースがあり23. ちなみにメインクーンはこのレポートで唯一の猫であった。 [ ].

次の