沢尻 えりか 別に。 沢尻エリカ「別に」騒動の理由はなぜ?司会者アナウンサーは誰だったかも調査!

沢尻エリカと中山秀征の確執とは?ラジかるでの「別に」事件で因縁に

沢尻 えりか 別に

Contents• 沢尻エリカさんのプロフィール 沢尻エリカさんは、日本人の父親と、フランス人の母親を持つハーフということはよく知られていますが、その他のことについてもやっぱり気になります。 ということで、まずは沢尻エリカさんのプロフィールから見てみましょう。 wikipedia. 日本人とフランス人のハーフですが、出身地は東京で国籍も日本。 ただ、所属事務所はスペインに所在するエル・エクストラテレストレ という個人事務所になっているようです。 個人事務所がスペインにある理由がよく分かりませんが、税金とかそういったことも関係しているのかもしれません。 歯列矯正で沢尻エリカさんの八重歯が消えた?! 沢尻エリカさんは、以前笑うと八重歯が見えてチャームポイントになっていたのですが、最近の沢尻エリカさんを見ると八重歯がキレイになくなっています・・・。 昔の写真と今の写真を見比べると一目瞭然。 mag2. 沢尻エリカさんとの結婚で注目を集めた高城剛さんは、その後「私の名前は高城剛。 住所不定、職業不明。 」という本を出版して話題になりましたね〜。 住所不定、職業不明って、自分で「ハイパーメディアクリエイター」って名乗ってたでしょと突っ込みたくなりますが、この本は自己顕示欲が強い沢尻エリカさんの夫というイメージで世間から見られていた高城剛さんのイメージをいい意味で裏切る内容ということもあり高く評価されているそうです。 高城剛さんの話になってしまいましたが、今回の主役はあくまでも沢尻エリカさんなので、二人の結婚の話にもどりましょう。 二人の結婚が発表された時、45歳の高城剛さんと23歳の沢尻エリカさんが結婚するということで、その年の差もあってかなり話題になりました。 当時はまだ、尖ってた印象が強い沢尻エリカさんだったので、そのくらい歳の離れた人と結婚する方がうまくいくという意見と、二人の結婚は長続きしないという意見の両方があり連日テレビでも特集されていました。 二人は、明治神宮で結婚式を挙げて、ハワイで結婚披露宴を行うなど和装の結婚式とドレス姿の披露宴の両方ともかなり豪華だったこともあり、テレビのワイドショーでも大々的に取り上げられたので、覚えている人も多いのではないでしょうか? 結婚当初は仲睦まじい様子だった二人ですが、沢尻エリカさんはわずか1年後に離婚協議に入ったと話したことで話題になりました。 しかも、夫の高城剛さんはこれを否定するなど反論し、一時は二人の離婚騒動としてワイドショーなどでも取り上げられました。 早く別れたい沢尻エリカさんと、別れたくない高城剛さんの間でなかなか折り合いがつかなかったようですが、結局結婚から4年後の2013年の12月に二人は正式に離婚しています。 ここで、気になるのは二人の離婚理由。 結婚からたった1年で離婚協議に入るなど、たった1年の結婚生活で何があったのでしょうか。 沢尻エリカさんは、メディアから離婚理由を問われた際に、沢尻エリカさんが高城剛さんの信頼を失ってしまったためと答えたことがあったそうですが、何が原因で高城剛さんの信頼を失ったのかまでは語られませんでした。 もしかすると、沢尻エリカさんが浮気をしたことが高城剛さんにバレてしまったのではという噂も当時はありましたが、これについては信憑性がなくあくまでも噂というだけのようです。 一方の高城剛さんから、一部の人間が沢尻エリカさんを脱がせて金にしようとしていると話が出て話題になりました。 一部の人間というのは、沢尻エリカさんの所属事務所が提携しているエイベックスのことではと言われていましたが、2012年に女優復帰作として公開された主演映画の「ヘルタースケルター」で大胆な濡れ場シーンがあったことで、高城剛さんの話は本当だったのではと言われています。 ちなみに、沢尻エリカさんは「ヘルタースケルター」で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞するなど、この作品で女優としての価値を更に高めたとも言われているので、何が正しいのかもはや分からなくなってきます・・・。 blog. fc2. 以前東スポでは 「知り合ってもう2年以上になるレゲエファッションブランドのデザイナー男性 33 が本命で、 事実婚状態が続いてます。 1年ほど前から沢尻の母・リラさんと都内の一軒家で3人で同居しているのは変わりませんから。 ただ、これも自分の意思を曲げない強い性格からきているので、このまま安定していてくれればいいのですが…」とはファッション関係者。 tokyo-sports. この記事は、数年前の記事なので、現在も沢尻エリカさんの母親と一緒に3人で暮らしているのかは分かりませんが、現在の沢尻エリカさんの彼氏は「IRIELIFE」のデザイナーのNAOKIさんのようです。 主演なのに思い入れのあるシーンがないとは何様のつもりだと監督なら思いそうですが、「クローズド・ノート」の監督は行定勲さん。 行定勲さんは、心のなかではそう思っていたかも知れませんが、大人な対応で、沢尻エリカさんが撮影現場でみんなにクッキー焼いてきてくれたという話をしてその場を和ませようとします。 そして、その話に食いついたアナウンサーは今度は、「どんな思い出クッキーを焼いたのか聞かせてください」と沢尻エリカさんに振りました。 そこで、沢尻エリカさんの口から発せられたのが 「別に・・・。 」 その場を取り繕うとした監督の努力もむなしく、冒頭の「特にないです」の更に上をいく「別に・・・。 」 会場は完全に静まり返ってしまったそうです。 結局20分ほどあったこの舞台挨拶で沢尻エリカさんが発した言葉は三言のみ。 この「別に」事件で、この舞台挨拶はワイドショーで大きく報じられたので、ある意味映画のプロモーションになったのかも知れませんが・・・。 ただ、この舞台挨拶での態度は代償も大きく、沢尻エリカさんのあまりに無愛想な受け答えは大バッシングを受けることになりました。 「別に」事件が起きた「クローズド・ノート」の舞台挨拶の動画もありました。 芸能界から干させる可能性もあるのになぜ沢尻エリカさんはあの時あんな態度を取ってしまったのでしょうか? 「別に」事件の真相が気になったので調べてみたところ、当時沢尻エリカさんは五本の映画に出演するなど超多忙な生活を送っていて、映画が公開になる度にプロモーションのため様々な媒体でインタビューを受けるため、連日インタビューを受けていて同じような質問に160回以上も答えるなどしていたそうです。 そのため、次第にインタビューに疲れてきたのかどんどん答えがぶっきらぼうになり、更にインタビューを早く終わらせたいと思うようななったのか答えが全てそこから話しが広がないような無愛想な答えになっていたそうです。 最近はバラエティ番組にも出演するようになっている沢尻エリカさんですが、当時を振り返って、同じような取材を受ける毎日で精神的にピークだったと語っています。 沢尻エリカさんは、演技に向かう姿勢はとても高く評価されていて、撮影中は徹底的に役に入り込み、演技対するプロ意識が半端ないと言われています。 そのため「りりこ」役を演じた「ヘルタースケルター」では、撮影終了後に精神的に病むなど体調も崩してしまい、撮影後の映画のプロモーション活動も休止しています。 「ヘルタースケルター」は、沢尻エリカさんと仲がよいと言われている蜷川実花さんが監督で、沢尻エリカさん自身も大人になって自分の状態を把握できるようになっていたので、プロモーション活動の休止という選択もできたのかもしれません。 しかし、「別に」事件があった当時は沢尻エリカさんもまだ若く、自分の精神状態を正しく把握できていなかったり、更に自分の意見もそこまで通るわけでなく、ある意味事務所の意向にそって活動せざるおえなかったことで、ギリギリの精神状態だった時にあの舞台挨拶があったため、普通に考えるとありえないような態度を取ってしまったのではないでしょうか。 あの「別に」事件から10年経つそうですが、最近はすっかり落ち着いた感じの沢尻エリカさん。 当時のことも若気の至りでしたと話すなどすっかり大人の女性になっていてむしろ好印象さえ受けるくらいで、あの「別に」事件の頃の沢尻エリカさんのキャラがウソのようですね〜。 Sponsored Links.

次の

ただのワガママ?沢尻エリカの『別に』発言の真相は?

沢尻 えりか 別に

沢尻エリカ 1986年4月8日に生まれた沢尻エリカさん。 沢尻エリカさんは、小学校6年生の時に芸能界デビューをしています。 そして、2003年に女優としての活動が始まり、ドラマ「ホットマン」で連続テレビドラマに初出演します。 また、翌年の2004年には「問題のない私たち」で、準主役を務めて、映画初出演を果たしています。 初映画で準主演を務めていることからわかりますが、当時から彼女の女優としての実力はかなり高いことが認められていたのですね。 そして、2005年には沢尻エリカさんの代表作となる映画「パッチギ」に出演し、その役が高く評価されて、数多くの映画賞・新人賞を受賞することになりました。 同年には、沢尻エリカさんの初主演ドラマ「1リットルの涙」も大ヒットし、知名度を大きくあげることになりました。 また、2006年には、ドラマ「タイヨウのうた」で演じた役が歌手だったということもあり、その役名で歌手デビューも果たすことに! 彼女の歴史を遡ってみると、トントン拍子で女優の道を駆け上がってきたことがわかりますね。 あの事件が起きるまでは…。 沢尻エリカと中山秀征の確執とは 女優として第一線で活躍してきた沢尻エリカさん。 そんな彼女が芸能人生を一気に転落させた事件があったのは、知っていますか? それは、伝説と言われる 「別に」事件です。 これがキッカケで、彼女は一時芸能界から姿を消すことになりました。 また、この事件がキッカケで、タレントの中山秀征さんとも確執が生まれたとされています。 その時の内容を見ていきましょう。 沢尻エリカと中山秀征のラジかるッでの「別に」事件 2007年9月に放送された中山秀征さんがMCの番組「ラジかるッ」で、沢尻エリカさんは自身が出演した映画の番宣で出演しました。 そして、「ラジかるッ」は生放送だったために、まさかの放送事故のような状況を起こしてしまうことになりました。 それは、番組に出演した沢尻エリカさんが、最初からニコリともせず、仏頂面で足を広げて、不機嫌な態度をとっていたためです。 この沢尻エリカさんの態度を見て、中山秀征さんは 「生放送に出るのは(初めてですか)?」 という質問を投げかけました。 すると、沢尻エリカさんは 「ないけど、あっても教えないです」 と大先輩に向かって驚きの返答をしたのです。 生放送だったので、カットできずそのまま放送されたこのやりとりは、視聴者をドン引きさせることになりました。 ただ、プロ意識が高いということで有名だった沢尻エリカさん。 彼女が、ここまで明らかにおかしな態度をするのは、当然原因があったのです。 スポンサードリンク 沢尻エリカが不機嫌な態度をとった原因 生放送で沢尻エリカが悪態をついたことで、視聴者を驚かせた事件。 この事件を沢尻エリカさんが起こしたのには、中山秀征さんがMCを務めた番組「夜もヒッパレ」が原因だったされています。 なんでも、「夜もヒッパレ」でハーフ軍団の一員として出演した沢尻エリカさんに対し、中山秀征さんが 「歌がヘタだ。 」、 「代わりはいるんだ。 」などの発言をしていたのです。 こういった事実があったため、沢尻エリカさんは中山秀征さんに対して、敵対心があったのだとされています。 また、この当時の沢尻エリカさんは本当に多忙で、同時期に多くの映画に出演していたため、1日に何本ものインタビューを受ける日々が続いていました。 多忙で疲弊しきっているのに、毎日繰り返される同じ内容のインタビューに苛立ちが募っていたともいわれています。 なので、「ラジかるッ」で悪態をついた翌日に行われた映画「クローズドノート」の舞台挨拶で、あの有名な「別に」事件を起こしてしまったのです。 スポンサードリンク 沢尻エリカと中山秀征の因縁はどうなった? 番組「ラジかるッ」での出来事で、因縁ができた沢尻エリカさんと中山秀征さん。 完全な確執が出来た2人が、事件後、初めて共演する時がありました。 それは、中山秀征さんがMCを務める番組「シューイチ」に沢尻エリカさんが出演したためでした。 あの事件から9年が経過して初めての共演。 久しぶりの共演を果たした番組「シューイチ」で、当時のことを振り返ることに。 中山秀征さんが当時を思い出し、 「入ってきた瞬間からやる気満々な感じがあった」 語りました。 そして、 「あの日はどんな感じだったんですか?」 と水を向けられた沢尻エリカさんは 「あの日っていうか、あの時代なんですけど、ちょっとどっかおかしかった」 と申し訳なさそうに苦笑いしていましたね。 この返事に中山秀征さんは 「こんな風に和やかに話すのは初めて」 と、当時は目も合わせてくれなかったことを明かしました。 また、中山秀征さんは 「(放送中)大丈夫かなこれ、生放送だけどって逆に思った」 と当時の心境を漏らすと、 沢尻エリカさんは 「大変失礼しました」 と即座に謝罪していました。 こうして、和やかに放送された「シューイチ」で、2人の確執は雪解けを迎えることになりました。 番組の最後には 「(ドラマ撮影中に)スタッフにクッキーを焼いたりなんかしたんですか?」 と、舞台挨拶での「別に」発言の発端となった質問に中山秀征さんが触れると、 沢尻エリカさんは 「今回は全然そんなタイミングなかったんで…」 と笑顔で返答し、 中山秀征さんは 「そこ『別に』じゃないんですか」 とイジりスタジオを笑いに誘っていました。 ということで、9年間続いた確執もたった1回の共演で雪融けすることになったのでした。 スポンサードリンク まとめ 沢尻エリカさんと中山秀征さんとの確執について見てきましたが、とうとう共演がなされ解決しましたね。 本当に大きな話題となった事件ですから、スタジオにいた共演者は2人の共演にヒヤヒヤしたことでしょう。 当時、沢尻エリカさんは「エリカ様」という風にメディアやファンから持ち上げられていた事情もあったので、少し天狗になっていた可能性もあります。 なので、沢尻エリカさんは当時、普段は何をしても許される状況になっていたのかもしれません。 だから、「別に」事件なんて起こしてしまったことも可能性としては挙げられます。 徐々に真相が明らかになっていく「別に」事件。 次は、誰との確執を無くしていくのでしょうか。 関連記事: 関連記事: 関連記事: 最後までお読みいただきありがとうございます。 この記事が良ければ、下のSNSボタンでシェアをよろしくお願いします。 スポンサードリンク.

次の

沢尻エリカ「別に」発言で司会者が激白!!結婚式のドレスにも着目!!

沢尻 えりか 別に

次々と出てくる告白は、トップ女優の薬物依存を裏付けるようで衝撃的である。 沢尻容疑者は11月16日、自宅に合成麻薬「MDMA」を所持していたとして、麻薬取締法違反容疑で警視庁組織犯罪対策部第5課に逮捕された。 すでに、自宅で発見されたMDMAについて自分のものであることを認めているという。 さらに、「これまでに有名人が薬物事件で逮捕されるたびに、私も危ないんじゃないかと注意してました」「私のところには、警察は来ないだろうと思っていた」などと胸の内を吐露している。 素直に話せば話すほど、女優としてのイメージは悪くなり、量刑にも影響するはずだが、そんなことが頭にある様子ではない。 一方で、宿泊したホテルの部屋から発見された注射器を「自分のではない」と否定しているのが田代まさし容疑者だ。 田代容疑者は覚せい剤を所持していたとして、11月6日に逮捕されている。 もちろん、本当に田代容疑者の持ち物ではないのかもしれないが、夜遅くにチェックアウトした後、部屋から2本の注射器が見つかったという状況を考えると、その可能性は低いといわざるを得ない。 計算なしの素直な供述 「まぁ、正直にいろいろと供述しているな。 俺なんかとは大違いだ」。 覚せい剤使用で複数の逮捕歴があるA氏は、苦笑しながら語る。 裁判で心証を悪くするし、判決にも響くからだ。 その点、初犯の彼女は素直だなぁ、という印象だ。 なんにも計算してないんだからな。 二度も三度もパクられると、どうにか言い逃れようとなるし、俺もそうだった。 いけるところまでは『知らぬ存ぜぬ』を突き通そうとなるんだ。 頭の中では『もうやめよう』と思っていても、快楽が刷り込まれているから手を出してしまい、何度も逮捕されるのが薬物常習者。 その点、沢尻は中毒にまではいってない気がするわ」(A氏) 沢尻容疑者といえば、2007年に「別に騒動」で大バッシングを受け、09年には前所属事務所との専属契約が解消、10年春まで芸能活動を休止している。 当時は気分が落ち込み、時間も持て余していたことは想像にかたくない。 「10年以上前から違法薬物を使用していた」という供述とも、重なる時期だ。 このあたりから歯車が狂い始めたのだろうか。 「若い頃、俺はまずハッパ(大麻)を使った。 ハッピーな気分になったが、だからといって『ハッパがほしい』とはならない。 ちょっとした気分転換のようなものだった。 コカインもそうだが、あのあたりの薬物は使う人間の精神状態がカギになる。 ストレスが少ないヤツは常習にはなりにくい。 なぜなら、ほかに楽しいことを知っているからね。 その点、おそらく彼女は女優として背伸びをしており、我慢の限界を超えた日々を送っていたのだろう。

次の