愛 なん だ 2019。 胸キュンなシーン写真解禁!映画『愛がなんだ』成田凌が岸井ゆきのに“あごトン”!?

(88)分人論で読み解く映画「愛がなんだ」と深川麻衣の良さ

愛 なん だ 2019

C 2019「愛がなんだ」製作委員会 愛がなんだ 会社の後輩に勧められて、一人で観てきました。 ケラケラ笑いながらずっと観てたんすけど、見終わった瞬間はあ〜金麦飲みてぇって感じで。 それが、時間が経てば経つほど、金麦と共にじわじわ染みてきてることに気づく。 翌日にキングオブモンスターズ を観たのに、全然上書きされませんでした。 なんか登場人物の心境とか、行動原理とかいろいろ考えてしまって、今もまだ残ってるんですよね。 トップ画像は、よりもよりも印象に残ってて、この映画で一番愛おしいラスト近くの「葉子の振り返り」。 マジでここで惚れた。 ということで、以下ネタバレにも触れてるんで、観てない方はお任せします。 単なる恋愛あるある映画っていうよりかは、形にもなっていない恋愛、破片恋愛映画。 テルちゃんとマモちゃんの関係って形に残るものにはしない。 多分マモちゃんがさせない。 あーいう関係って、二人でいるときに写真撮らないんですよね。。。 (しみじみ)。。。 でも、そんな恋話って、そこらじゅうに落ちてて。 実はあるあるなのかも。 話題になるのもわかる。 恋愛って好きって言って付き合ってって単純なものの方が少ないのかも。 描き方がキラキラすぎず等身大で。 治ったと思って忘れかけてた古傷に、時間をかけて染みこんでくる。 そんな映画でしたね。 いろいろと「愛がなんだ」の記事とかインタビュー漁ったりしてる中で、たまむすびでのさんの映画評が秀逸でした。 これ聞いて、はっとしました。 これは敬愛する作家・さんの「私とは何か『個人』から『分人』へ」で提唱されてる分人論が当てはまるなと。 この本の内容をざっくり言うと「人間ってのは『個人』じゃなくて、他者とのコミュニケーションごとに作られる『分人』の集まりなんす」って考え方を説いてます。 人間は不変な一個人ではなく、家族の前で、職場で、学校で、友達の前で、で、あの場所で、恋人の前でっていうそれぞれ違う「分人」を使い分けていて、その構成比率によって「あなた」って言うものができているんやでと。 ま、詳細は本読んでください。 読みやすいし、めちゃくちゃおもろいんで、まじで必読。 この概念の中で平野さんが説明されてる愛とは「相手の存在が自分自身を愛せさせて、自分の存在が相手自身を愛せさせていること」みたいなことが書いてあって、つまりは「その人といる時の自分が好きかどうか」っていうシンプルな考えなんすよ。 これって、最近した山ちゃんとにもつながっていて、氏経由でがまんまこのこと言っててたらしいんですよ。 このツイートの「友人」はでした。 いい話だなー。 — こと 38 HyadainMaeyamad を敬愛しているオードリー若林が山ちゃんに話して、その山ちゃんがに話したんかなぁと予想。 ま、関係ない話題はおいといて、この分人論を使って愛がなんだを読み解くと、 狂人とも見えるテルちゃんは「マモちゃんが好きな自分が好き」なんだろうなぁってことです。 マモちゃんという「好き」になれる対象を見つけて「あ、わたしってこんな自分になれるんだ」って発見して、嬉しかった。 マモちゃんに呼ばれてすぐに家に向かっちゃう自分、会社休んであげちゃう自分、朝まで飲みに付き合ってあげちゃう自分をみつけちゃったんですよ。 マモちゃんから突き放されてもその自分を忘れられないから、その「分人」を消したくないから、どんな形であってもマモちゃんとの繋がりは消したくないんだと。 ほんと 「愛がなんだ」ですよ。 C 2019「愛がなんだ」製作委員会 でも、そうじゃないのはナカハラ。 BBQをきっかけに、葉子の都合のいい相手だけではなく、見返りとしての「愛」を感じたくなった。 いい意味でも悪い意味でも、いつも変わらない葉子。 葉子にも自分の存在を感じたかった。 本業のカメラで撮るってことは、葉子に自分の価値を認めて欲しかったんですよね。 C 2019「愛がなんだ」製作委員会 ナカハラはテルちゃんを似たような存在だと思っていた。 葉子の前から姿を消す前にテルちゃんに会った。 でもテルちゃんのマモちゃんに対しての思いは、見返りとか愛とかそんなもんじゃないじゃない「愛がなんだ」レベルにいて、ナカハラとは違った。 いびつだけど幸せそうなテルコをみて「幸せってなんなんすかねぇ~」って。 100点のセリフっすよ。 ナカハラが去り際に唾吐いたのも吐き出し先のない思いなんですよね。 そのあとの「うるせぇバァカ」のテルコのセリフが100点でしたね。 C 2019「愛がなんだ」製作委員会 そのあとの、ナカハラの救いとなるこのシーンは、この映画で一番好き。 葉子登場シーンの「よっ」は、この映画一番の「よっ」やし、その後の「仲原青で検索したら」はもう泣ける。 葉子もナカハラとの分人を求めていたんだと思う。 マジで、この時の葉子は惚れる。 C 2019「愛がなんだ」製作委員会 葉子ってかの話になりますけど、朝ドラの「」も観てました。 ただ、全く認識してなかったし、いいなとも全く思ったことなかったのに、この映画の後、初めて「」の名前を検索した。 やはり、はまり役ってあるんすねぇ。 また、葉子を観にこの映画を観に行きたいもん。 C 2019「愛がなんだ」製作委員会 肝心な、はね。 かっこいいっすからね。 町山さんのこの映画評でおもしろかったのがもう一つあって、小説ではマモちゃんは、かっこよくもなくどうしようもない描写だったらしく。 マモちゃんがに見えてるのはテルコだけ説ってのは、マジで笑った。 確かに、テルコが居るときにしか現れないから、そうなんかもなぁ。 監督はマモちゃんをダメ男に描くために、から自然に出てくるモテ仕草を抑えまくったけど、アドリブの「指での追いケチャップ」は止められなかったってのが笑ったなぁ。 C 2019「愛がなんだ」製作委員会 はね、相変わらずいいっすよね。 この人いつも恋愛にちゃちゃいれてくる存在。 本当にちょうどいい雰囲気と存在感もってるんすよね。 ポスターのおんぶといい、の起用といい「」オマージュもあるんでしょうなぁ。 C 2019「愛がなんだ」製作委員会 長くなったけど、良き映画でした。 点数:93点 kentaroll.

次の

映画『愛がなんだ』に愛とは恋とは、って思考を飛躍させられた【レビュー】

愛 なん だ 2019

10連休となった今年のゴールデンウィーク。 『名探偵コナン 紺青の拳』や『アベンジャーズ/エンドゲーム』、『名探偵ピカチュウ』といった大作映画がランキング上位を賑わせる中、連日満席・立ち見続き、しかも観客の大多数が10代後半~30代の女性、もしくはカップルで埋め尽くされる事態となったのが、主演・岸井ゆきの、監督・今泉力哉による。 4月19日の公開から3週間ほどたつが、上映館は広がる一方で、リピーターも現れ始めている。 『愛がなんだ』がそこまで世の女子たちを夢中にさせるのは、なぜだろうか? 主演に岸井さん、共演に成田凌、深川麻衣、若葉竜也、江口のりこなど多彩な俳優を迎え、直木賞作家・角田光代の原作小説を新世代の恋愛映画の旗手と呼ばれる今泉監督が映画化した本作。 昨年の第31回東京国際映画祭・コンペティション部門に、日本映画として『半世界』とともに出品されたことも話題となった。 28歳のOL・テルコ(岸井さん)は一目ぼれしたマモル(成田さん)に超絶なまでの片思いをしており、ひとたび電話がくればニヤニヤを隠しながら彼のもとに駆けつけ、朝まで飲みに付き合い、そのまま体を重ねる。 自分のすべてをマモルに捧げるあまり、親友・葉子(深川さん)からは冷たい目で見られ、仕事も失う。 その葉子は年下男子のナカハラ(若葉さん)を振り回す日々。 さらにマモルは、個性的な年上の女性・すみれ(江口さん)に実らぬ思いを募らせている。 そもそも、このビジュアルにかかるキャッチコピー自体が「全部が好き。 でもなんでだろう、私は彼の恋人ではない。 」という心がザワつくもの。 『愛がなんだ』といいながら、「結局、愛ってなんなんだろうね?」と誰かと語り合いたくなる恋愛劇に魅了される人が増殖中なのだ。 「テルちゃんの気持ち 凄く分かる」「身に覚えのあるシーンばかりでグサグサ」といった、テルコをはじめ登場人物たちに自らの経験を重ね合わせる女性たちの声や、劇中のテルコさながら「金麦買って飲みながら歩いて帰ってる。 家に着きたくない」「とてつもなく彼に会いたくなりました」と余韻にひたる声、「愛がなんだみて 余計になんだってなった」「愛が正しいか間違っているか、すごく考えさせられる映画」といった声など、実にさまざまな感想が連なっている。 そして今泉監督もこうした感想ツイートをこまめにリツイートし、ファンたちに本作に込めた思いを投げかけ、拡散を続けている。 映画『愛がなんだ』を気に入ってくれた方には、山下敦弘『どんてん生活』犬童一心『ジョゼと虎と魚たち』井口奈己『人のセックスを笑うな』トッドヘインズ『キャロル』ヴィンセントギャロ『バッファロー'66』ソフィアコッポラ『SOMEWHERE』黒沢清『CURE』今泉力哉『サッドティー』見てほしいです。 曖昧な関係の人と見に行って、帰りに軽く飲んで、終電気にしてたのに映画の感想に夢中で逃してどちらかの家に帰って、軽く飲み直して、セックスして、別れよっか、やっぱやめとこ、またね、までがセット。 「愛がなんだ」&「サッドティー」地獄セット。 愛がなんだ、1人で観たからそのあととりあえず色んな人に観たら教えて~~と連絡した。 皆自分なりに命かけてまっすぐで、テルコちゃんがさみしさを消化しようとして笑ってるのを見て、こちらが悲しくなった。 40分歩いて「愛がなんだ」 観てきました これを観たあとに 友達と恋バナをしたら 量産的な女子トークではなくて、 それぞれの本質みたいなものを擦りながら、深く危ういトークを繰り広げられる気がする。 そんな女友達がほしい。 あれ?なんかズレたぞ。 — 柳ゆり菜 Yngyrn0419 こうした「観た後に語りたい!」という声の高まりを受け、監督や岸井さん、成田さん、主題歌を手がける「Homecomings」らを迎えたさまざまなトークイベントが実施される中、ついに5月10日には 「あえて映画館で映画上映なしで愛を考える90分:『愛がなんだ』をひたすら語る夜」がテアトル新宿にて開催。 映画館なのに映画を上映しない、前代未聞のトークだけのイベントが行われた。 共感もある一方、「決してこうなりたいと思わない登場人物だらけだが、なぜこの群像劇がここまで魅力的か不思議、そして最高!」「最初はマモルのだらしなさ、テルコの恋愛依存に辟易しながら観ていたが、不思議と最後は嫌な感じがしなかった」といった声が挙がる本作。 そんなキャラクターたちを見事に体現した俳優陣とキャスティングの妙も注目の的だ。 とりわけ今回は、「まんぷく」で姉妹役を演じたばかりの深川さんとの共演で興味を引かれた人も多いだろう(撮影は本作のほうが先)。 「岸井ゆきのさん、可愛かった」「平成のアデル(『アデルの恋の物語』)とも言える怖さを岸井ゆきのの可愛さが浄化」「こんな形の愛もあるのかと切なくなった。 尽くしまくるテルちゃんかわいかった」「見た事あるもん…あんな顔、こんな顔、と思えるくらいに岸井ゆきのと成田凌が上手い」など、マモルへの執着が危ういほどのテルコがどこか愛しく、切なく見えるのは、岸井さんが醸し出す親しみやすさや日常性があればこそ。 昨日は朝から「愛がなんだ」を。 (テアトル新宿、超満員!)あー、こういうの20代あるーっていう互いに一方通行な恋愛狂想曲なんだけど、どこかユーモラスで意地悪じゃなくて品が良い。 狂ってることを自覚している岸井ゆきのちゃん演じるテルコはむしろ頼もしいし、ゆきの史上最高に可愛く撮れている! — ひうらさとる@ホタルBABY連載中 marikosatoru また、都合よくテルコに接しながら、卑怯なほどの色気で観客をも魅了する成田さんは、「サイテー男の無自覚の酷さを観客の皆さんと共有したい」と事前に語っていたが、その期待を裏切らない彼史上最高のハマリっぷり。 放っておけないだらしなさやダメさ加減、罪深い優しさと自惚れ、すべてに説得力を持たせており、「成田凌が好青年の役なのかなと思ってちょっと不安だったが、実際にはいつものクズな役だったので安心した」とも言われるほど。 もちろん、「元乃木坂46の深川麻衣さんがめっちゃ素晴らしすぎた アイドルの時と印象が変わっていて驚いた」「江口のり子さんのスパイスが効いてる」「ゆきのちゃんも光ってたが都合のいい男のナカハラっち役若葉さんがとても良かった」「若葉竜也さん、光ってました」と、それぞれの演技を推すコメントも多く、本作を機に彼らもいっそう人気を集めるはずだ。 「片思いと言っても切ない系の話ではなく一歩間違えればストーカー。 ラストまでぶれない彼女の振る舞いが愛そのものなのだろうか」「こういう恋愛は不毛だ! のひとことで片付けてはいけない」「ただの片想いでは済まされないお話。 全てが生々しくてちょっとこわかった。 少し共感してしまう自分も怖い…」「恋愛っちゅーもんは惚れた方が負けなんすよ笑笑」「愛と執着は紙一重な気がする」と、それぞれの恋愛観をめぐらせて答えを探そうとする声からも、それは伺える。 傍目から見れば、誰ひとりして幸せな恋愛をしているようには見えない彼ら。 しかし、「そんなの、愛って言うな!」と断言できるほど、愛とは何なのかをしたり顔で語れる人などいるのだろうか? こうした宿題を与えてくれるからこそ、金麦買って歩いて帰りたくなってしまうのだ。 『愛がなんだ』はテアトル新宿ほか全国にて公開中。 《text:Reiko Uehara》.

次の

(88)分人論で読み解く映画「愛がなんだ」と深川麻衣の良さ

愛 なん だ 2019

注目のレビュー:愛がなんだ• 2020-03-19 by 今年になってから流石に見かけなくなりましたが、「片隅」と同じでテアトルでずーっとやっていた気がします。 テルコを演じている岸井ゆきの、彼女の空気感が実に良いですね。 足元は不安定なのにぶれる事なく前に進む姿も、何だか微笑ましいです。 また彼女を取り巻く人達も魅力的な人物ばかり。 みんなキャラがすっごい立ってました。 私は中でもナカハラが好きでした。 出番は数なめですが、とても印象的でしたね...... 1人がこのレビューに共感したと評価しています。 2020-01-03 by 直木賞受賞作家の角田光代の同名小説を原作とした男女ドラマ。 人は一人だと寂しいがゆえにパートナーを求める。 たとえそれがダメ人間であっても。 その相手が異性だと恋になるのか? 「私の抱えているマモちゃんへの執着の正体とは一体何なんだろう これはもはや恋ではない きっと愛でもない」 人間の本質を突いた作品で見応えがありました。 1人がこのレビューに共感したと評価しています。

次の