転職と副業のかけ算。 【書評】本業ありきの副業は強い。『転職と副業のかけ算』から学ぶポイント

www.styleawards.com: 転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方 (SPA!BOOKS) eBook: moto (戸塚 俊介): Kindleストア

転職と副業のかけ算

240万円から1000万円に! 着実に年収をアップさせられる「軸ずらし」転職の方法とは? から続く 漠然と「良い会社に転職したい」と思っているだけでは、理想の実現は不可能だと気が付かなければならない。 多くの企業が人材不足に悩まされているからといって、どんな人間でも希望の職に就けるわけではない。 より高い給与、よりよい待遇で迎え入れられる人材になるためには、転職活動をするにあたって策を練る必要がある。 また本業の給与所得に副業による収入をプラスすることで、自身の生涯年収を最大化していくことが可能になるのだ。 実際に本業で1000万円、副業で4000万円の年収を稼ぐmoto氏が著した『転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化させる生き方』より、「生涯年収を最大化させ生き方」について紹介する。 本業で成果を出すなかで得た知見を、個人で発信することで副業にする。 僕は、本業での成果に転職と副業を「かけ算」することで生涯年収を最大化してきました。 これまでのキャリアで得てきたことは、本書にすべて綴りました。 最終章となる第5章では、生涯年収を最大化するための「生き方」について、お伝えしたいと思います。 副業年収4000万円でもサラリーマンを辞めない理由 「なぜ、副業の収入が多いのに、サラリーマンを辞めないのですか?」と、よく聞かれます。 僕の副業の情報源は「サラリーマンとしての経験」です。 そのため、サラリーマンを辞めてしまうと、自身の経験や知見をアップデートすることができなくなり、副業でお金を稼ぐことが難しくなります。 人の役に立つ情報は、常に最新かつ本質的なものでなければなりません。 サラリーマンをしながらインプットを得ることは「自分の商品」を仕入れるのと同じ行為なのです。 com また、副業収入の多くを「ブログ」に依存している点も、サラリーマンを辞めない理由の一つです。 ブログやYouTubeといったコンテンツは、すべてグーグルの上に成り立っています。 仮に独立した場合、グーグルの一存でいつどうなるかわからない状態で生活をしなければなりません。 それはサラリーマンでいるよりもはるかにリスクが大きいことを意味します。 「自分の人生」のコンテンツ化は自転車操業 「ブログで会社の給与と同じ額を稼げるようになったら独立しましょう」という発言を目にしますが、年に数千万円を稼ぐ僕でも、ブログだけで独立するという選択はしません。 あまりにもリスクが大きいのです。 また、ブログだけで独立することは、社会との接点や自分へのインプットの機会も大きく減ります。 自分の人生から「引き算」してコンテンツを出していくことは、先細りの可能性が高く、非常に危険です。 一時期話題になった「ブログで独立するために大学を辞めました」という学生は、今どこで何をしているのか。 世の中の流れはとても速く、すぐに消費されてしまうのです。 社畜かどうかを決めるのは自分自身 一時期、「サラリーマンという働き方は搾取されている、社畜にならないほうがいい」という風潮がありました。 しかし、個人的には、サラリーマンという形態が社畜なのではなく、働くうえでの「スタンス」が問題なのだと思っています。 いつまでも会社に依存している人は社畜かもしれませんが、会社に依存せず、副業や社外活動を通じて活躍しているサラリーマンは、社畜ではありません。 逆に、フリーランスになっても、クライアントの言いなりになった仕事をしているようでは、社畜と変わりません。 働く形態を問題視するのではなく、自分がどう働くかを議論の的に据えるべきです。 僕は、会社を利用しながら自分のキャリアを実現し、その過程で得た知見を副業に還流することで生涯年収を最大化する働き方を選んでいます。 だからこれからもサラリーマンという立場を選び続けます。 この文章を読んでくれているあなたがもし、副業で本業と同じ額を稼げるようになったとしても、すぐにサラリーマンを辞めることはおすすめしません。 それよりも、週3日間サラリーマンをやって、週2日は自分で好きな時間を過ごすことで、人との繋がりや社会との接点を持ち続けたほうがいいです。 転職と副業のかけ算で「1万分の1」の人材になる 転職と副業は、サラリーマンであれば誰でも使うことができる「術」です。 しかし、これをかけ合わせてキャリアを組み上げている人は、まだ多くはいません。 僕は自分の市場価値にこだわってキャリアを築いてきました。 そのなかで編み出したのが「転職と副業のかけ算」です。 ホームセンターの人事として出した成果に転職をかけ合わせて年収を上げ、転職を繰り返した経験に副業をかけ算することで収入を増やしてきました。 同時に、様々な業界を渡り歩いたことで、自分の市場価値も高めてきました。 市場価値を高めるうえで大切なのは、キャリアの「かけ算」です。 本書で紹介した「軸ずらし転職」は、まさに市場価値を高める過程で得た転職方法です。 また、副業でも、本業を利用していくつかの分野の知見をため、そこで得た情報をかけ合わせて発信することで、個人のブランドは築き上げられます。 本業と副業、転職のいずれにも必要なのは「かけ算」です。 かけ算は元の値が大きいほうが、かけ合わせたときの積も大きくなります。 なので、本業で十分な経験や成果を上げ、数字を大きくすることが重要です。 元の値が小さいままでは、何をかけ合わせても市場価値は上がりません。 ある分野で圧倒的に突き抜けて「100万人に1人の存在」になることは難しいですが、本業で努力を重ねることで特定の分野で「100人に1人」の存在になることはできると思います。 会社員として働く以上は、企業に求められる「市場価値の高い人材」であり続ける必要がある一方、会社に依存するだけの人材になってはいけません。 本業で得た知見を副業にかけ合わせ、「個人としての稼ぐ力」を高めていってください。 それが、生涯年収を上げる「生き方」に繋がるのです。 生涯年収8億円をサラリーマンで目指す 日本のサラリーマンの生涯年収は平均2. 5億円といわれています。 22歳から働きはじめ、65歳で定年を迎えるまでに稼ぐ金額です。 僕は、生涯年収の目標を8億円に設定しています。 自分が欲しいものを考えていった結果、8億円は必要だという結論に至ったからです。 国内最大手の商社でも生涯年収は約6億円と言われています。 新卒で入社して、最初の10年間の平均年収が約1000万円、次の10年間の平均年収が約1500万円、定年までの平均年収が約1800万円、そして最後に、退職金が約3000万円支給されることで、合計で6億円を超えてくる計算です。 しかし、大手で生き抜くには、覚悟が必要です。 どんな雑用もこなし、自分より能力が低い人と同じ給料でも文句を言わず、上司がどんなに役立たずでも頭を下げ、理不尽な案件も顔色ひとつ変えずに引き受ける。 社外で若くして活躍する友人が羨ましく見えても「出世のため」と割りきって笑顔で流す。 これを40年も続ける必要があるのです。 しかも、彼らは激務であることから、平均寿命が短いという統計も出ています。 お金とトレードオフで寿命を削るのはナンセンスだと、僕は思っています。 生涯年収8億円を稼ぐためのロードマップ では、国内トップの商社に入らずに「生涯年収8億円」を稼ぐにはどうしたらいいか。 単純計算すると、大学を卒業し、定年である65歳までの43年間を年収1000万円で過ごして生涯年収は4億3000万円。 新卒から定年まで、年収2000万円を稼ぎ続けて8億6000万円になります。 もちろん、いきなり22歳で年収2000万円を稼ぎ、それを65歳になるまで継続するというのはほぼ不可能です。 しかし、20代を稼ぐ土台づくりに充てて、30〜50歳の20年間で、年収4000万円を稼ぐことができれば「生涯年収8億円」を達成できます。 これでもまだ非現実的かもしれませんが、32歳の今、僕は実際に年収5000万円を稼ぐことができています。 新卒で入社したホームセンターでの生涯年収は、もうすでに稼ぎきったと思います。 この数字は、本業での成果に転職と副業をかけ算したからこそ、実現した数字です。 当然ですが、サラリーマンの給料だけでは到底実現できませんでした。 僕自身もまだ実感はありませんが、新卒でホームセンターに入る前から決めていた目標を達成するために行動し続けたことが、こうした結果に繋がったのだと思います。 「やるか、やらないか」が分かれ道 僕は常に、「行動を起こさないことこそ、最大の失敗だ」と考えています。 転職も副業も決して特別なことではなく、誰にだって使える手法です。 実際、僕の周りには、転職と副業のかけ算をしてキャリアを築いている人が何人もいます。 ある知り合いは、新卒で無名企業に入社し、3回の軸ずらし転職を経て外資系大手メーカーに入社しました。 副業では自分が好きなガジェットを発信するブログを運営し、今でも月に数百万円を稼いでいます。 彼はブログの内容が本業でも評価され、希望していたネットマーケティングの部署に異動しています。 ほかにも、6回の転職を経て、年収2700万円を得ながら、副業で月数十万円を稼ぐ人や、転職を一度して年収430万円をもらいながら副業では月20万円を稼ぐ人など、転職と副業を活用することで収入を増やしている人は、徐々に増えています。 大切なのは行動することです。 やるか、やらないか。 ただそれだけで生涯年収を変えられます。 僕はこれからも「生涯年収8億円」に向けてできることを、やり続けます。 転職と副業のかけ算 冒頭でも述べましたが、これからの時代はただ真面目に働いて、会社の指示を完璧にこなすだけでは年収もキャリアもアップしません。 会社に依存するのではなく、会社で得られる機会を利用して自分の価値を伸ばし、転職や副業を通じて、社会に対する提供価値を最大化していくことが必要です。 日々の仕事で成果にこだわり、自分の成果に転職と副業をかけ合わせることで、生涯年収を最大化する。 この手法は、令和を生き抜く一つの解だと思います。 地方のホームセンターで年収240万円から始まった僕のキャリアは、転職と副業をかけ算することで、本業年収1000万円、副業年収4000万円を稼ぐまでになりました。 しかし、僕もまだ道半ばです。 決して会社に依存することなく、これからも転職と副業をかけ算しながら、まだ見ぬキャリアを歩んでいきます。 「給料はもらうものではなく、稼ぐもの」 (moto).

次の

moto|プロフィール(本名や経歴)とmoto株式会社について

転職と副業のかけ算

投資と違って、元手は少なく、アイデア次第で何でもビジネスにできる時代です。 著者のmoto氏とは? そんな時代に、TwitterやVoicyで話題となっている人物が著者のmotoさん。 下記は著者プロフィールの抜粋です。 地元の短大を卒業後、ホームセンターに入社。 リクルートや楽天など4度の転職を経て、現在は本業年収1000万円、副業年収4000万を稼ぐサラリーマン。 都内の広告ベンチャーで営業部長を務める傍ら、ブログ「転職アンテナ」などを運営し、2019年には日本最大級のASP「バリューコマース」から年間MVPとして表彰。 年収1000万というだけでも驚きなのに、副業収入が4000万!! 収益は主に転職サービスを紹介するアフィリエイトということですが、こんな大きな金額を稼いでいる人はなかなかいないでしょう。 moto氏は、自分の経験を上手くアウトプットされていて、すごく参考になるブログです。 とくに共感するのは、下記のような考え方です。 僕は「サラリーマンでいること」のメリットを享受しながら、個人でお金を稼ぐという「手堅い立ち位置」を取り、生涯年収を増やす道を選びました。 -本書より引用- SNSでmoto氏が注目を集めた理由として、脱社畜崩壊の流れがあるかなと思います。 深掘りして説明します。 フリーランスVS社畜 脱社畜といえば、2019年の年明け早々に起こった「脱社畜サロン」騒動は記憶に新しいところです。 「脱社畜サロン」は、ブロガーのイケダハヤトさん、正田圭さんを中心として立ち上がったオンラインサロン。 はあちゅうさん、けんすうさん、ZOZOの田端信太郎さん、幻冬舎の箕輪康介さんなど数多くのインフルエンサーも参加。 立ち上げから2カ月ちょっとで、会員3,000人。 月額は3,000円ですから、ものすごい金額の収益です。 イケハヤさん(イケダハヤトさんの愛称)が常々発信されていた下記のようなメッセージがSNS上で巨大なエネルギーとなって、多くのツイッタラーやブロガーを飲み込みます。 サラリーマンやめてネットで独立• パソコンひとつでノマドワーク• 大企業で消耗すると人生設計を失敗する• まだ東京で消耗してるの? サラリーマンという生き方に疑問を持つ潜在層は多くいたでしょうから、刺激となったことは間違いないでしょう。 結局、オンラインサロン運営のモラルやリテラシーについて、内部告発があったのに加え、Youtuber、作家として活躍中のえらてんさんも絡み、3,000人いた会員は200人ほどに縮小。 「脱社畜サロン」は現在、スキルシェアサロンと名を変え、続いているようです。 副業と複業 副業は、隙間時間を活用し、本業以外でも収益を得ること。 そして複業というのは、本業と同等の収益源を複数持つこと。 複業はパラレルワークとも呼ばれます。 ブロガーのバイブルとも言える『ブログ飯』を書いた染谷昌利さんが2018年に出した『副業のトリセツ』は次世代の働き方の指南書としても非常に参考になります。 当ブログにレビュー記事を用意しているので、あわせて読んでみてください。 僕個人の意見を言わせてもらうと、イケハヤさん、染谷さん、motoさんの誰が正解かという話ではなく、要は生き方、働き方が多様化してきたことかなと思います。 いずれもブロガーがSNSを軸に、ブログや本といった媒体を通して、新たな生き方を提唱してくれているわけです。 共感する誰かのやり方を参考にしてもいいと思いますし、それぞれを掛け合わせてもいいでしょう。 しかし、結論として会社員だけで人生を過ごす時代は終わったかなと思います。 自分がやりたいことで稼ぐべきですし、それができる時代になってきたかなと思います。 『転職と副業のかけ算』のおすすめポイント 『転職と副業のかけ算』は、なぜ会社員としてだけで働くことが時代遅れとなってしまったのか? 本書の中から珠玉の言葉を紹介しながら、解説していきます。 真面目に働くだけでは市場価値は上がらない 終身雇用制度が機能していた時代では、ひとつの会社に腰を据えて働き続ける選択肢がありました。 今の60代~80代くらいの年代の人々は、終身雇用の恩恵を多いに受けたはず。 しかし、時代は変わりました。 本書には以下のような一文があります。 「ただ真面目に働くだけ」では、給料が増えないどころか、サラリーマン生命すら危うくなります。 40代半ばで早期退職を迫られる人がいる一方で、新卒でも能力次第で数千万円の年収がもらえる。 そんな時代なのです。 -本書より引用- SONYが高度人材を確保するため、新入社員でも最大で730万円を支払う新しい給与制度をスタートしました。 しかし、これに抵抗感を持つのは中高年社員だということがニュースになっていました。 年功序列の賃金体系を基本としてきた世代にとっては、「自分より給料が高いのは気にくわない」という訳です。 僕も中高年世代なので、気持ちは分かる……。 しかし、国際競争力が壊滅的に弱くなっている日本企業にとっては、優秀な人材の確保が急務。 勤務年数や会社への貢献度という評価基準ではなく、世の中にどれだけ価値を生み出せるか? という「個人の市場価値」に評価軸が変わったということです。 大企業で役職という肩書だけでは、市場価値を上げるのは難しくなるでしょう。 本当の安定に繋がることは、• 自分はいつだって転職できる• どんな環境でも、自分でお金を稼げる• 給料以外に収入がある という状態だと著者のmotoさんは語ります。 「自分という会社を経営する目線をもて」 自分はこの考え方を「自分株式会社」と呼んでいます。 -本書より引用- どんな労働が評価されるのか? という判断軸は、本書ならではの考え方だなと感じます。 市場価値を高める5つの力 市場価値を上げるために、「自分株式会社」という思考を持ち、自分の生産性を高める。 motoさんは、「生産性とは本質を見極めて、効率的に行動する力」だと書いています。 その要素は下記のように5つの力に分解できるのだとか。 論理的な思考ができる力• 構造的に物事を捉える力• 物事を俯瞰したうえで、課題を特定する力• 課題に対して仮説を立て、誰にでもわかりやすく話せる力• 市場価値については、転職サイト「 」の診断が面白いです。 自分の市場価値を「年収」で表してくれる診断。 無料で利用できるので、一度試してみてください。 なかには1年半しか在籍しなかった会社もあるということなので、今の時代、「石の上にも三年」というのは当てはまらないのかなと思います。 大事なのは、期間より実績や仕事内容であることは間違いないでしょう。 では、どのようなタイミングで転職を考えるべきか? 『転職と副業のかけ算』では以下のように書かれています。 転職は常に視野に入れておくべきですが、あえて転職するべきタイミングがあるとすれば「仕事が最高潮のタイミング」です。 -本書より引用- 仕事が最高潮で転職活動を始めるのは、なかなか勇気のいることです。 しかし、 会社に在籍し続ければ、出世をして給料も上がるだろうというのは一昔前の考え方。 脂が乗っているときこそ、転職をして、価値を高めていくことが年収アップの早道であると本書には書かれています。 まとめ:本業や経験をお金に換える 下記は本書にある一文。 僕の経験上、サラリーマンがブログやコンテンツ配信でお金を稼ぐには、「本業で自分が苦労して得た知見」を発信するのが近道です。 -本書より引用- 転職でも副業でも、経験こそが市場価値を生み出します。 その経験を本業と副業の両方に生かすことは、効率的ですし、稼げる可能性は広がるはず。 そうして、本業と副業の両輪で頑張った先には、「複業」という道が開け、より面白い人生にアップデートしていきます。 いきなりmotoさんになれるわけではありません。 しかし、著者自身の経験が、1つひとつ詳しく書かれている本書は、多くの人の参考になるでしょう。 ぜひ手にとって読んでみてください。

次の

生涯年収8億円……サラリーマンだから使える“転職と副業のかけ算”で収入アップする術

転職と副業のかけ算

副業をしたほうがいいかもしれないな コロナの影響であなたも転職や副業を考える機会が増えたのではないでしょうか? より安定した給与をもらったり、リモートでの仕事も魅力的な働き方ですよね…! そんな転職や副業を考えているあなたにオススメしたい本が『』です! 自身の転職体験をもとに副業する、motoさんの考え方やノウハウが詰まった1冊。 転職に関するハウツーはもちろん、本書を読んで感銘を受けるのが 「仕事に対する姿勢」 です。 この部分は転職や副業といったジャンルに関係なく、社会人が見習うべきスタンスだと感じました。 ここでは、そんな『転職と副業のかけ算』を紹介しますね。 \こんな人におすすめの本です/ でも稼げる副業って何だろう…? こんなふうに、本業と副業を別物で考えていたりしませんか? 私も副業をやり始めたときは、本業とはまったく別の「文章を書くこと」でスタートしました。 もちろん、本業とは別ジャンルの副業を始めてもいいですが、motoさんの副業は 「本業ありきの副業」 というスタンスです。 副業は「本業で得た知見を活かして副業で稼ぐ」というやり方で始めるのが良いね。 自分が飲み会で行ったお店を厳選してリストにするとか、新規アポで効果が出た手法を書くなど「会社員をする中で苦労したこと」と「その解決策」をコンテンツにするといい。 自分が取っ行動や経験は誰かの役に立つものよ。 本業も副業も「仕事」である以上「成果」に拘るのが大事。 本業や副業という枠ではなく「複数の本業がある」という姿勢で取り組むとお金に繋がるよ。 本業も副業も「お金」が発生する以上、ビジネスとしてクライアントやユーザーとちゃんと付き合った方がお金以外の資産になるよ。 そこに着目した発信をしているのが、motoさんとその他副業サラリーマンとの違いなのかなと個人的には思いました! 多くの人は、高い年収を得るというと「起業して社長になる」とか、「投資で一発当てる」姿を思い浮かべると思います。 しかし、実際にサラリーマンを辞めて起業したり、高額な投資をするのは難しい。 僕も、そんな一人です。 そこで僕は、「サラリーマンでいること」のメリットを享受しながら、個人でお金を稼ぐという「手堅い立ち位置」を取り、生涯年収を増やす道を選びました。 大手企業は安心! なんて、転職や副業を考えているあなたは思っていないですよね? その通りで、大手だろうが中小だろうが会社に真の意味で「安定」というものはありません。 では「安定」を手に入れる最適な方法はなんでしょう? それは 「どんな環境でも稼げるスキル」 です。 会社は潰れる可能性がありますが、スキルは自分が死なない限り残るものです。 しかも「どんな環境でも稼げるスキル」であれば、特定の場所でしか通用しないスキルよりもより安定して稼げます。 なので、「大手企業で働こう」「稼げる会社を探そう」の前に自分のもっているスキルを磨くことから始めてみるといいかもしれません。 「自分がいつだって転職できる」「どんな環境でも、自分でお金を稼げる」「給料以外に収入がある」という状態を実現していくことが「本当の安定」に繋がります。 一つの会社に依存して働き続けるよりも、複数の会社で経験を積み、自分の市場価値を伸ばしていくことは、一つの自己防衛策なのです。 紙の本派だから、電子書籍はいいかな 読書女子 なんて方に、ぜひとも電子書籍、Kindle本をおすすめしたいんです! Kindle本は、基本的に単行本よりも安かったり、電車や移動時間にスマホでサクッと読めるので非常に便利です。 私も紙の本派だったのですが、ハッキリ言って 今まで損をしていました。 電子書籍のなかでも、Amazonのは、980円で本が読み放題になるので 読書を月1冊以上する なら絶対にお得になります。 また、は 30日間の無料体験期間 があるので、電子書籍での読書を手軽に始められます。 興味のある方は、以下の記事で詳しく紹介をしているので参考までにどうぞ! \ Kindle unlimitedは30日間無料読み放題 /.

次の