いきなり ステーキ 倒産。 いきなりステーキがいきなり倒産しそうという、なんともステーキな状況がいきなりやってきた!

いきなりステーキが倒産寸前ですが、何故ですか?

いきなり ステーキ 倒産

1g単位でステーキを注文でき、「立ち食い」というスタイルで気軽にステーキを楽しめるとして、2013年12月の銀座1号店オープン以来急速に店舗を拡大し、、2016年には100店舗、2019年には400店舗を突破しています。 また、最近は海外にも出店しています。 いきなりステーキは、「株式会社ペッパーフードサービス」が運営しています。 同社は、その前身となる「有限会社くに」を1985年に事業を開始して以来、長きに渡ってステーキを専門に扱っています。 1994年に「ペッパーランチ」を開業し、事業拡大に合わせて1995年に今の会社となりました。 ペッパーランチは今も営業していますし、それ以外にもいくつかステーキを中心・専門としたレストラン事業を運営していますが、今は会社の売上の8割以上を「いきなりステーキ」が占めています。 「いきなりステーキ」=「株式会社ペッパーフードサービス」と考えても大きな問題はないでしょう。 まさに「大量閉店」の状態です。 2020年1月以降で489 店舗の内44店舗を閉店することを発表し、業績も悪化しています。 6億円から-7. 3億円と27. 9億円も減額しています。 合わせて2019年12月期第3四半期会計期間に減損損失 1,685 百万円を特別損失として計上することも発表しています。 純資産が37億円前後なのに対し、純利益が-7億円なので、近いうちに倒産してしまうのではとの噂まで広がっているのです。 いきなりステーキの業績悪化は、少し前から噂されており、社長が直々に来店数の減少を呟くなど前兆はありました。 それが今回の発表を受けて広く世間に周知されたことになります。 この業績の悪化を受けて、いきなりステーキファン達はが店舗に殺到していますが、それには同社の「肉マネー」が関係しています。 肉マネーとは、同社が発行しているプリペイドカードです。 いきなりステーキで付与される「肉マイレージ」というポイントが溜められ、ランクアップに応じて特典が得られるだけでなく、チャージの段階でもボーナスが付与されるなど、多くのメリットがあります。 そのため、いきなりステーキファンの多くが愛用し、肉マネーをチャージしていたのですが、今回の大量閉店騒動も相まって、肉マネーの消費が進んでいます。 近所の店舗が閉店し、今後同社が倒産するようなことがあれば、チャージしていたポイント(肉マネー)がムダになってしまうためです。 ですが、残念なことにそれによりさらなる業績の悪化を招いているとも考えられます。 ポイント(肉マネー)の消費によって店舗に人が殺到すれば、現金による収入は得られないため、会社としてはさらに資産を減らす結果となってしまいます。 今後の株価と倒産の危機は? この業績の悪化を受けて、いきなりステーキを運営している株式会社ペッパーフードサービスの株価は大きく下がっています。 また、その後も株価の下落は進み、12月27日時点で1,290円まで株価は下がっています。 ですが、もう少し長い目で見るとペッパーフードサービスの株価にはさらに興味深いものがあります。 その後、緩やかに株価は下がり続けています。 今回の閉店騒動の遥かに手前から、いきなりステーキの業績は悪化していたのでしょうか。 ですが、株価をよく見てみるとさらに面白いことがわかります。 これらと比較するだけでも「いきなりステーキ(株式会社ペッパーフードサービス)」の株価が非常に割高であることがわかります。 業績悪化に加え、そもそも株価が不自然に割高なのです。 個人的な私見を述べれば、今後も「いきなりステーキ(株式会社ペッパーフードサービス)」の株価はまだまだ下がることが予想されます。 倒産の噂もあり、実際に私の周りでも空売りを検討する投資家が出始めています。 身近な存在であるいきなりステーキの閉店はインパクトが大きく、肉マネーの使い切りなどにも頭がいきがちですが、投資・資産運用をするのであれば、ニュースから、株価や財務諸表にまで目を向けられるようになると良いかもしれません。

次の

いきなりステーキがいきなり倒産しそうという、なんともステーキな状況がいきなりやってきた!

いきなり ステーキ 倒産

なので、売り上げが右肩下がりになるのは当たり前と言えば当たり前。 そして、それに追い打ちをかけているのが社長の愚行だ。 社長の愚行をさらけだしている張り紙というのは・・・ こんな張り紙を書けば、売り上げが下がっているのが一般・消費者に知られてしまう。 これでは経営に悪影響を自ら招き入れているようなものだ。 いきなりステーキの一瀬社長は「馬鹿?」なのだろうか? 年間出店計画も下方修正を余儀なくされる 年間出店計画も210店舗から115店舗まで下方修正されているようだ。 しかし、このまま売上の減少が続けば下方修正どころではない。 行き着くところまで行きついて倒産などということもありうる。 2015年すい星のごとく、いきなり現れたいきなりステーキ。 今度はいきなり倒産などということもありうるのだ。 いきなりステーキのいきなり倒産を回避する方法は? 今回の店先の張り紙騒動を引き起こした張本人、一瀬社長。 この愚行を止めさせるだけの意見を言える側近がいなかったのか? それとも、一瀬社長がワンマンすぎて手が出せない状態なのか? この辺については内部事情が分からないので何とも言えないが、 いずれにしてもマスターマインド的な取り巻きが必要ではないか。 中枢部がしっかりと機能していないのでは、全国488店舗ある店舗を まとめ上げていくのは到底無理があるのではと思っていしまう。 ましてや、下方修正をしたとしても出店は今後続けているようだから。 ということで、社長を中心にもっと活躍ができるブレインが必要ということだ。 いきなりステーキを救う最善の方法があるのか? 張り紙をして、自社をピンチにすることではなく・・・ 一般消費者の「意見」を収集することが良いのではなかろうか? 社長が明言している 「厚切りステーキの食文化を発明」などと 自画自賛している前に消費者の 「いきなりステーキに対する意見」を より多く収集することが生き残れることにつながるのではと思う。 意見を分析しつつ、いきなり業績を伸ばそうと思わず、 徐々に伸ばしていく戦略が最善な方法ではなかろうか。

次の

いきなりステーキが客足減少で倒産危機?まずい評判など理由を解説!

いきなり ステーキ 倒産

「三代目鳥メロ」を運営するワタミは、年内に約65店舗を閉鎖する方針だ(撮影:今井康一) 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛を受け、外食業界は大打撃を受けた。 緊急事態宣言は5月25日に全都道府県で解除されたものの、客足の戻りは緩やかなままだ。 逆風が吹きつける中、外食業界では過去に例がないほどの閉店ラッシュが起きている。 国内に487店舗 5月末時点 を展開する居酒屋チェーンのワタミは、「三代目鳥メロ」や「ミライザカ」を中心に2020年内に約65店舗を閉店する方針だ。 一時休業の影響により、ワタミの国内外食事業における既存店売上高は、4月は前年同月比で92. 5%減、5月も同92. 8%減と10分の1以下に落ち込んだ。 ファミレスや天丼チェーンも閉店に 同社の渡邉美樹会長兼CEOは6月11日に行われた新業態説明会の際、「コロナ後はワタミの居酒屋業態の売り上げは減少する見通しだが、5月にオープンした焼き肉の新業態やテイクアウト、デリバリー、宅食事業が成長して補う」と話した。 同様にコロナ影響を受けているファミリーレストランなど761店舗 3月末時点 を運営するロイヤルホールディングスは、天丼チェーンの「天丼てんや」など不採算の約70店舗を2021年12月までに閉店する。 九州を地盤とするファミリーレストランチェーンのジョイフルも、直営店の3割にあたる約200店を7月以降に閉店していく。 店舗営業時間の見直しに着手するチェーンも多い。 「ガスト」や「バーミヤン」を擁するすかいらーくホールディングスは、今後も深夜時間帯の需要が減少するとみて、グループ全店の退店時刻を原則23時半とし、従来より2時間ほど早めた。 その数は、グループ店舗数3269店 5月末時点 のうち、約2600店にのぼる。 幸楽苑ホールディングスも、ロードサイドに構える「幸楽苑」の直営店の多くは24時に営業を終えていたが、7月以降は原則21時に営業が終了する。 郊外店はもともと、深夜の売り上げが大きくなかったうえに、新型コロナを受けて客足が一層厳しくなったためだ。 新型コロナで36社が経営破綻 これまで外食企業はチェーン展開で店舗数を増やし、規模の拡大を目指すことが多かった。 だが、東京商工リサーチ情報部の後藤賢治課長は「地元の常連客が通うような、街に根付く飲食店には客が入っている一方で、それほどのこだわりもなく消費者がフラっと入店していたような大手チェーン店は客足が厳しくなっている。 大手の外食企業が強い、という印象が変わってきている」と、外食業界を取り巻く環境の変化を指摘する。 店舗の閉店にとどまらず、経営破綻する企業も現れている。 東京商工リサーチによると、新型コロナを原因に経営破綻した企業は6月10日時点で235社。 このうち飲食業は36社にのぼる。 7~8月は、さらに飲食業の倒産が増えそうだ。 「新型コロナの影響で裁判所が業務を縮小していたので、5月中は破産申し立て業務が滞っていた。 足元では裁判所の業務が通常時に戻りつつあり、倒産件数は今後増えていくだろう」と後藤課長はみる。 これまでの倒産は中小企業がほとんどだったが、今後は大手でも存続の危機を迎える可能性がある。 中でも、「いきなり!ステーキ」を展開するペッパーフードサービスについては資金ショートの危険性が懸念されている。 いきなり!ステーキは厚切りの大きなステーキが安い価格で食べられることが人気となり、2017年ごろに立ち食いステーキブームを巻き起こした。 しかし、度重なる値上げに加え、自社競合を考慮しない急速な出店拡大があだとなり、次第に消費者が離れていった。 既存店売上高は2018年4月以降、25カ月連続で前年同月割れが続いている。 ペッパーフードサービスの2019年12月期の売上高は前期比6. 純資産はわずか5. 9億円、自己資本比率はわずか2%にまで低下した。 その後、3月になって、資金繰りに懸念が生じていることなどを理由に、同期の有価証券報告書には「継続企業の前提に関する事項」の注記がついた。 追加閉店の可能性も 2020年12月期に入っても客数の減少は続いている。 既存店売上高は2月が前年同月比で38. 5月も50. 6%減だった。 5月に入ると、新型コロナの影響で直営店全店を休業。 緊急事態宣言の解除を受けて5月15日から営業を順次再開しているものの、国内429店舗のうち108店舗がいまだに休業中だ 6月9日時点。 17店舗の閉店がすでに決定しており、同社のIR担当者は「現在休業中の店舗もこのまま閉店することもありうる」と追加閉店の可能性を否定しない。 既存店の極度の不振は、運営会社の資金繰りを直撃している。 2018年12月期末に67億円あった現預金は、2019年12月期末に24億円まで減少。 月商の半分以下しかない水準に落ち込んだ。 さらに「足元では現預金が10億円未満にまで減少していてもおかしくない」 東京商工リサーチの後藤課長 という。 苦しい資金繰りを打開しようと資金調達も進めてきたが、状況は芳しくない。 2019年12月27日にSMBC日興証券を割当先とする新株予約権発行を発表し、約69億円の資金調達を目指した。 しかし、株価は12月27日の終値1294円から下落を続け、3月6日の終値は644円と、新株予約権の下限行使価額である666円を下回り続けている。 6月12日時点で調達できたのは17億円にとどまる。 6月1日には、ペッパー社に11. 6%出資する第2位株主で、主要な仕入れ先である食肉卸・エスフーズの村上真之助社長個人から有担保で20億円を借り入れた。 ところが、この借入金の返済期限は7月末。 営業を一部再開した6月分の原材料費の支払いが7月20日に控えていることもあり、後藤課長は「7月20日から同月末が資金面の山場」と指摘する。 同じく6月1日には、前期部門黒字のペッパーランチ事業を新設子会社に分社化した。 外食業界では「この子会社を売って資金を得るつもりではないか」など憶測も飛びかう。 企業存続の瀬戸際に ペッパーフードサービスは、当初5月15日に予定していた2020年12月期の第1四半期 2020年1~3月期 の決算発表を延期したまま、いまだに決算発表の予定日すら示していない。 先行き不透明感が漂う中、企業存続の瀬戸際を迎えているといっても過言ではないだろう。 ほかの外食大手では、エー・ピーカンパニーも低迷している。 居酒屋チェーンの「塚田農場」を中心に3月末時点で国内183店舗を展開する同社は、コロナ前からの不振もたたり、2020年3月期の売上高は230億円 前期比6. 1%減 、営業利益4500万円 前期2. 9億円の赤字 と低水準だった。 3月末時点の現預金は18億円と月商に満たず、自己資本比率も同14. ほぼ全店を休業した4月2日から2カ月を経て、6月1日から営業を再開したが、回復には時間がかかると見られる。 比較的に安定経営を保っていた大手チェーンですら、先行きが怪しくなってきた外食業界。 もともと企業の規模がそれほど大きくなく、効率性の低さを指摘する向きもあった業界だけに、この先は倒産が増えるだけでなく、これから企業の統廃合が加速するかもしれない。

次の