シルヴァ リオ ヴェンデッタ。 能力・術技/シルヴァリオ ヴェンデッタ

能力・術技/シルヴァリオ ヴェンデッタ

シルヴァ リオ ヴェンデッタ

それはやがて訪れる近未来。 化石燃料の枯渇が叫ばれ始めた時代、各国が数少ない資源を奪い合う中で 日本は未知の素粒子『星辰体アストラル』の発見に成功する。 一躍エネルギー問題解決へと踏み出すがしかし、日本の一国台頭を認めない 各国は新技術の奪い合いへと乗り出した。 第五次世界大戦の勃発である。 開かれる戦火。 世界全土を巻き込んで激しさを増す争いの中、人類最大の大戦はやがて予想外の顛末へと突入した。 電子回路の死と共に文明の維持は不可能へと陥り、 地球に深い爪痕を残した勝者なき戦争は静かにその幕を閉じるのだった。 旧・西ヨーロッパ地方に位置する軍事帝国アドラー、その首都は史上稀に見 る未曾有の災禍に襲われていた 燃え盛る街並み。 噴出する血と悲鳴。 底なしの絶望が渦巻く地獄のような光景に、それを生み出した二体の異形は静かに男へ問いかけた。 怪物は語る。 おまえの運命を試してやると。 英雄は挑む。 我が宿命を見くびるなと。 星辰体の恩恵を受け、激突しあう両者の死闘は筆舌に尽くしがたく。 ゆえに伝説へと高じ、涙と悲劇を土台にしながら英雄譚を作り上げた。 それがあまりに凄まじく、雄雄しく熱く、胸を焦がすものだから…… ゼファー・コールレインは思うのだ。 そして、だからこそ逃げ出した。 遮二無二構わず、一心不乱に。 続けて願った。 勝利を目指して傷つくことなく、当たり前に生きて死のうと。 たった一人、救い出した少女に誓い、彼はすべてに背を向けたのだ。 ゆえに、これは英雄の物語ではない。 これは敗者の物語。 一度逃げ出した男が自分の星を取り戻すべく、足掻き抗う物語である。 それを導くは死に包まれた少女の囁き。 冥界の底で死想恋歌は吟遊詩人へと愛を告げる。 0c以降 補足 本商品を利用するためには、「DMM GAME PLAYER」が必要です。 dmm. もちろん女の子キャラは魅力的です。 ですが、シナリオの中には恋愛模様よりも目を引くものがたくさんありました。 例えばルシード、彼は一見エロゲによくいるちょっといかがわしい事を言うおちゃらけたキャラに見えますが、とりあえずミリィチトセルートをやったあと「悲しき錬金術師」というエクストラストーリーが出ると思うのでそれをやって、ヴェンデッタルートをやっていただくと、多分、その頃には好きになってると思います。 好きな女性キャラはイヴ・アガペーです。 最初、どうしてこの人は大人の色気をたっぷり全身で醸し出しつつこんなにも色気がありながらも無邪気な声なのだ?と感じながらプレイしていました。 彼女の設定が出た瞬間すべて納得しました。 総統閣下はあまりにも凄すぎて彼を描くのがめちゃくちゃ大変そうだったのが伝わってきました。 でも格好いいキャラです。 正義の味方ではなく悪の敵です。 他にもいろいろキャラについて言いたいことがあるのですが、ネタバレになるのでやめておきます。 とても面白かったのでトリニティもやろうと思います。 レビューを表示する.

次の

金賞・燃え系作品賞|萌えゲーアワード 2015年度 受賞作品一覧

シルヴァ リオ ヴェンデッタ

この度「燃え系作品」の部門において、シルヴァリオヴェンデッタを受賞していただき、誠に光栄に思っております。 弊社lightが燃えゲーに特化し始めてから早数年、その間に積み重ねてきたシナリオ面での工夫、バトル演出に適したグラフィック、場面を盛り上げる音楽の方向性などなど……それら2015年に至るまで蓄積して来たあらゆるノウハウを出来る限り詰め込んだ集大成が、本作ヴェンデッタと言っても過言ではありません。 「燃えゲー」としての熱さを追求しつつ、さりとて「萌えゲー」だからこそできるキャラの魅力を軽視しない。 そのバランスを見極めて世に送り出されたこの作品が多くのユーザーから評価されたという事実は、我々にとっても非常に感慨深いものであり、次回作にして続編の「シルヴァリオトニリティ」を製作する上で何よりの励みになったと感じています。 美少女ゲーム業界において「燃えゲーといえばlight」と評されるよう、これからもユーザーの皆様が夢中になれるような作品を作り続けていきたいと思いますので、今後とも応援よろしくお願い致します。 (シナリオライター 高濱亮) 美少女ゲームとは雑居ビルのようなもので、18禁という縛りの中で、様々なジャンルのゲームが登場するのが魅力である。 この「燃え系作品賞」は、そんな美少女ゲームの多様性、幅広さを表す省の一つといえるだろう。 萌えゲーアワード2015で燃え系作品賞を受賞したのはlightの『シルヴァリオ ヴェンデッタ』。 この賞は昨年から設けられたものだが、lightは『相州戦神館學園 八命陣』に続いて、2年連続の受賞となった。 アニメ化が予定されている『Dies irae』シリーズなど、ストーリー性の熱いバトルものに定評のある昨今のlightだが、『シルヴァリオ ヴェンデッタ』は昨年発売された完全新作。 舞台設定、キャラクター造形、ドラマ構築などに定評のある同ブランドが、これまで培ってきたノウハウを結集して新たに紡いだ本作は、新たな看板シリーズになるポテンシャルを秘めている。 単純に「バトルもの=燃え」ではなく、そうした全体的な可能性まで考慮に入れて、審査委員会ではほぼ満場一致で、2016年の燃え系作品賞を受賞した。 (電脳妄想開発室 今).

次の

主人公補正全開のラスボスに焦がれる美少女ゲーム『シルヴァリオ ヴェンデッタ』とは|薔薇宮ソーナ|note

シルヴァ リオ ヴェンデッタ

この度「燃え系作品」の部門において、シルヴァリオヴェンデッタを受賞していただき、誠に光栄に思っております。 弊社lightが燃えゲーに特化し始めてから早数年、その間に積み重ねてきたシナリオ面での工夫、バトル演出に適したグラフィック、場面を盛り上げる音楽の方向性などなど……それら2015年に至るまで蓄積して来たあらゆるノウハウを出来る限り詰め込んだ集大成が、本作ヴェンデッタと言っても過言ではありません。 「燃えゲー」としての熱さを追求しつつ、さりとて「萌えゲー」だからこそできるキャラの魅力を軽視しない。 そのバランスを見極めて世に送り出されたこの作品が多くのユーザーから評価されたという事実は、我々にとっても非常に感慨深いものであり、次回作にして続編の「シルヴァリオトニリティ」を製作する上で何よりの励みになったと感じています。 美少女ゲーム業界において「燃えゲーといえばlight」と評されるよう、これからもユーザーの皆様が夢中になれるような作品を作り続けていきたいと思いますので、今後とも応援よろしくお願い致します。 (シナリオライター 高濱亮) 美少女ゲームとは雑居ビルのようなもので、18禁という縛りの中で、様々なジャンルのゲームが登場するのが魅力である。 この「燃え系作品賞」は、そんな美少女ゲームの多様性、幅広さを表す省の一つといえるだろう。 萌えゲーアワード2015で燃え系作品賞を受賞したのはlightの『シルヴァリオ ヴェンデッタ』。 この賞は昨年から設けられたものだが、lightは『相州戦神館學園 八命陣』に続いて、2年連続の受賞となった。 アニメ化が予定されている『Dies irae』シリーズなど、ストーリー性の熱いバトルものに定評のある昨今のlightだが、『シルヴァリオ ヴェンデッタ』は昨年発売された完全新作。 舞台設定、キャラクター造形、ドラマ構築などに定評のある同ブランドが、これまで培ってきたノウハウを結集して新たに紡いだ本作は、新たな看板シリーズになるポテンシャルを秘めている。 単純に「バトルもの=燃え」ではなく、そうした全体的な可能性まで考慮に入れて、審査委員会ではほぼ満場一致で、2016年の燃え系作品賞を受賞した。 (電脳妄想開発室 今).

次の