岩内 バス。 岩内郡岩内町の中古一戸建て・中古一軒家物件一覧

雷電線[ニセコバス]のバス路線図

岩内 バス

岩内町でお話していると、「山には温泉があるけど車がないからいけない」、「息子が札幌から帰ってきたときにだけ車で温泉に連れて行ってもらう」というようなお話を聞くことがあります。 円山エリアはバスの定期運行がないので、行きたくてもいけないという人がいたのです。 実証運行中の乗り合いタクシーは1日4便の運行ですが、1回200円(大人)で乗車できるので、日帰り温泉に行って帰ってくるのは400円で可能です。 マスクを着用するなど感染症予防には十分準備が必要ですが、ぜひこの機会に活用して欲しいですね。 実証運行中の乗合タクシーのルートは? 上の写真は岩内町役場前のバス停に設置してある乗合タクシーの時刻表です。 ルートと停留所名が書かれています。 1日の4便運行ですね。 乗合タクシーのルートについて、詳しくは岩内町のホームページを確認してください。 ルート図のダウンロードもできます。 このルート上ではどこで乗ってもどこで降りても大人(中学生以上)が200円。 小学生以下は無料です。 障害者手帳(身体・知的・精神)をお持ちの方と介護者1名も無料です。 土日も運行しています。 基本的には時刻表が貼ってある停留所を利用するのですが、 フリー降車区間もあります。 乗車できる場所は時刻表の設置されている地点(停留所)だけですが、 降りる位置は 道営野束団地から先の円山エリアに限っては、ルート上であればどこでも自由です。 温泉利用客だけではなくてもうまく活用できるかもしれませんね。 岩内町役場前から実際に乗車してみました。 乗車の際に、運転手さんに200円をお支払いします。 (トレーに入れます) 定員は9名。 仮にそれ以上の人数になった場合は、もう1台呼ぶことになっているそうなので、少し待つことにはなりますが乗れないということはありません。 サツドラさんの目の前に停車するんですね。 6月~10月までの期間はパークゴルフ場にも停まります。 円山エリアの景色は綺麗でした。 円山の温泉エリアを通って、終点の岩内バスターミナルで降りました。 途中で降りていないので、かかった料金は始めに支払った200円のみです。 岩内バスターミナルではバスターミナル前のハイヤー乗り場が乗降場所になります。 停留所には時刻表が貼ってあるので確認してみてください。 まとめ 乗り合いバスの実証運行期間は2020年の6月1日~2021年の3月31日までです。 今まで円山エリアへの移動の不便を感じていた方には、この機会にぜひ活用してもらいたいですね。 関連記事.

次の

岩内郡岩内町の中古一戸建て・中古一軒家物件一覧

岩内 バス

13時• (始)• 13:15 発 15:46 着• 151分• 高速バス [高速いわない号]円山・小樽経由 岩内ターミナル行• 14時• (始)• 14:35 発 17:06 着• 151分• 高速バス [高速いわない号]円山・小樽経由 岩内ターミナル行• 15時• (始)• 15:15 発 17:46 着• 151分• 高速バス [高速いわない号]円山・小樽経由 岩内ターミナル行• (始)• 15:55 発 18:26 着• 151分• 高速バス [高速いわない号]円山・小樽経由 岩内ターミナル行• 16時• (始)• 16:35 発 19:06 着• 151分• 高速バス [高速いわない号]円山・小樽経由 岩内ターミナル行• 17時• (始)• 17:15 発 19:46 着• 151分• 高速バス [高速いわない号]円山・小樽経由 岩内ターミナル行• 18時• (始)• 18:15 発 20:46 着• 151分• 高速バス [高速いわない号]円山・小樽経由 岩内ターミナル行• 19時• (始)• 19:20 発 21:44 着• 144分• 高速バス [高速いわない号]円山・小樽経由 岩内ターミナル行•

次の

北海道中央バス

岩内 バス

Q&A回答 0件• 500,984アクセス• 2016年の夏休み、「はこだて旅するパスポート」や「ぐらんぶる・しりべしフリーきっぷ」を利用して、道南を回ってきました。 旅の目的は、? 道南の廃線跡を巡る。 北海道新幹線に乗る。 神威岬に行く。 道南に面した海の沿岸をバスで走破する。 函館本線砂原支線に乗る。 新日本海フェリーに乗る。 でした。 その19は、黒松内~寿都~岩内バス乗車と岩内線廃線跡巡り・前田・岩内編です。 その1 出発・北海道新幹線初乗車編 その2 瀬棚線廃線跡巡り・今金編 その3 瀬棚線廃線跡巡り・北檜山・瀬棚編 その4 北檜山~江差間バス乗車と江差線廃線跡巡り・江差編 その5 江差~松前バス乗車と松前線廃線跡巡り・松前編 その6 松前城と松前線廃線跡巡り・橋脚・橋台編 その7 松前~木古内バス乗車と木古内編 その8 道南いさりび鉄道乗車編 その9 亀田半島バス乗車と戸井線廃線跡巡り・アーチ橋編 その10 続・亀田半島バス乗車編 その11 函館本線砂原支線乗車編 その12 戸井線廃線跡巡り・汐泊川橋梁編 その13 長万部温泉と函館本線山線乗車編 その14 美国黄金岬編 その15 島武意海岸編 その16 神威岬編 その17 続・神威岬編 その18 神威岬~岩内~黒松内バス乗車編.

次の