コロナ 給付 金 住民 税 非課税 世帯。 【コロナ対策】現金給付、全国一律の基準発表 総務省が市町村に通知 │ 毎日まとめるビジネスニュース速報

【コロナ対策】現金給付、全国一律の基準発表 総務省が市町村に通知 │ 毎日まとめるビジネスニュース速報

コロナ 給付 金 住民 税 非課税 世帯

今回のコロナショックで政府は現金30万円を住民税非課税世帯に給付します。 ただ、住民税非課税がどういったものなのかということを理解している人は少ないでしょう。 そこで今回は住民税非課税世帯を自分で計算できるようにしたいと思います。 まず、住民税には所得割と均等割の2つがあります。 これは2つとも払っていますが、均等割の方を払っていなければ所得割は払っていない事になるので、今回は均等割の計算をしていきたいと思います。 まず、均等割とは所得金額が35万円以下の世帯のことをいいます。 この所得金額とは収入金額から給与所得控除を引いたものになります。 (給与取得者) 収入金額とはいわゆる何か引かれる前の金額のことです。 サラリーマンはこの収入から給与所得控除を引かれて所得金額が決まります。 この給与所得控除は年収によって変わってきますが、最低でも65万円です。 つまり、収入金額-65万円が所得金額になるということです。 結論から言うと、収入金額は100万円以下の世帯は住民税非課税世帯となります。 100万円-65万円=35万円になりますよね。 つまり、所得金額が35万円以下も住民税非課税世帯になります。 収入金額が100万円以下、所得金額が35万円以下の世帯の方はコロナの給付金を貰える可能性が高いので、是非お近くの市区町村窓口に相談してみてください。 また、申請には源泉徴収票や給与明細が必要となります。 いずれかを添付して、郵送かオンラインなどで申請を行ってください。 投稿ナビゲーション.

次の

現金30万円給付案!対象世帯の収入条件は住民税非課税?│HIBIKI FP OFFICE

コロナ 給付 金 住民 税 非課税 世帯

新型コロナウィルスの影響を受けた家庭への救済策として検討された現金給付ですが非常に愚策で終わりそうです。 現在の報道では1世帯あたり30万円 対象となるのは住民税非課税世帯もしくは所得が一定程度まで半減した世帯とするようです。 支給の対象は 住民税非課税世帯。 加えて、 一定の所得制限を定め、収入が5割程度下がるなど急減した世帯についても対象とする方向だ。 出所:4月3日 産経新聞 一定程度とは住民税非課税世帯となるレベルとのことで年の所得150万円程度までという報道もでています。 つまり、2つのパターンの方が受給できるということになります。 一つは住民税非課税世帯 もう一つが収入が急減した世帯(住民税非課税世帯レベルまで) 収入が一定程度で半減した世帯はわかりますが、住民税非課税世帯が対象なのは非常に愚策なんですよ。 今回はこの件について見ていきます。 住民税非課税世帯について詳しくはこちらを御覧ください。 住民税非課税制度の対象となるとびっくりするくらい優遇されてメリットが大きいんですよ。 こんなときにも選挙対策では嫌になりますね・・・ スピードが大事なのに所得の半減の判断 所得が一定程度で半減した世帯はダメージを受けていますので対象とするのは良いと思います。 しかし、所得が半減した世帯を選別をどうするのでしょう? おそらく、市役所等に申請に行きそこで何らかの証明をだして判断すると思われます。 自己申請とのことですからかなり混雑も予想されます。 つまり、スピードが必要なこの状況でかなり時間が掛かるのです。 そもそも成立を月内にもってことですから実際に支給されるのはいつになることやら・・・ さらに混雑すればそこで感染が広がりかねないでしょう。 また、そもそも所得が一定程度まで半減した(150万円程度まで)世帯ってどういう世帯が想定されているのかよくわかりません。 150万円程度はおそらく新型コロナウィルスで所得が減って住民税非課税世帯と同様になった水準を想定されているでしょうが・・・ サラリーマンなどでリストラされても失業保険がありますし、自営業者などでもここまで下がっているとしたら死活問題でそんなに待っていられないでしょう。 こんな時期はスピードがなにより必要ですから下記記事に書いたように、全世帯に給付して課税対象とすれば年末調整や確定申告で税金で調整できますのでそれで済む話だと思うのですが・・・ >> 配当金をたくさんもらっていても住民税非課税世帯 月曜から夜ふかしで有名になったの影響が大きいのか最近、配当や株主優待生活している方がふえているという話があります。 桐谷さんは最近講演活動やテレビ出演なんかをしていますので住民税非課税世帯とはならないでしょう。 しかし、配当や株主優待で生活している場合には他に収入がなく下記の条件を満たすならば住民税非課税世帯となります。 特定口座で源泉徴収ありなら・・・ たとえば配当金で年間1,000万円をもらって配当金生活をしている方がいたとします。 他に収入はなく特定口座で源泉徴収ありにしている場合は、住民税非課税世帯の対象となります。 所得税、住民税を支払ってはいますが、住民税非課税世帯の判定には入らないのです。 >> たとえ別件で少しだけ所得があるなど確定申告をしていてもを利用すれば対象にしないことが可能です。 もちろん配当金生活の方だけではなくデイトレーダーなんかも同様ですね。 つまり、実は多く稼いでいる方にも今回の現金給付は行ってしまうの可能性があるのです。 ただし、今回の新型コロナウィルスで株が暴落していますので配当金生活している方やデイトレーダーの人たちの方が経済的な損失は多いとは思いますが・・・ まとめ 今回は「【年金生活】現金給付の条件を住民税非課税世帯とするのが非常に愚策な理由【配当生活】」と題して今回の現金給付に関しては愚策だな・・・というのを見てきました。 せっかくお金を使うならば意味のあるものにしてほしいところです・・・ なお、個人事業主、フリーランス、中小企業向けの現金給付はこちらの記事を御覧ください。

次の

現金給付の対象になる住民税非課税世帯とは?年収の目安はいくら?

コロナ 給付 金 住民 税 非課税 世帯

ビジネス・経済 2020. 14 saltinc 現金給付の対象になる住民税非課税世帯とは?年収の目安はいくら? コロナウイルス拡大に伴う緊急経済対策の一環として発表された、1世帯あたり30万円の現金給付案。 支給が決定以降、支給対象範囲に注目が集まっていましたが、2020年4月6日の緊急経済対策でその具体案が明確になりました。 今回の具体案でポイントになったのが「住民税非課税世帯」。 住民税非課税世帯とは、どれくらいの収入までが対象になるのでしょうか? そこで、現金給付の条件や住民税非課税世帯になるケースについて分かりやすく解説していきます。 こちらの内容については以下をご覧ください。 【所得割・均等割ともに非課税になる条件】• 生活保護を受けている人• 障がい者、未成年者、寡婦または寡夫で前年の合計所得が125万円以下(給与収入のみの場合204万4000円未満)であった人• ただし、合計所得金額の上限金額はお住まいの市区町村によって異なるので、自治体のHP等から上限をチェックするようにしてください。 世帯人員別の目安年収早見表 所得〜〜円、と言われてもピンと来ない方も多いと思いますので、住民税非課税の条件に沿って、世帯人員別に目安の年収と月収をまとめます。 【住民税非課税世帯の年収・月収目安】 世帯人数 上限所得額 年収目安 月収目安 単身世帯 35万円 100万円 8. 3万円 2人世帯 91万円 156万円 13万円 3人世帯 126万円 205万円 17万円 4人世帯 161万円 255万円 21万円 5人世帯 196万円 305万円 25. 4万円 また、収入が半減し、住民税非課税世帯水準の2倍以下になる場合も給付対象になります。 世帯水準の2倍にあたる月収は以下の通りです。 世帯人数 非課税世帯水準の2倍の月収目安 単身世帯 16. 6万円 2人世帯 26万円 3人世帯 34万円 4人世帯 42万円 5人世帯 50. 8万円 対象に該当するか調べる際には、上記の表を参考にしてみてください。 なお、こちらの表は東京23区の非課税水準をもとに作成しています。 繰り返しとなりますが、詳細はお住まいの自治体に確認してください。 申請は市区町村の窓口に自己申告。 該当する方は忘れずに 現金給付は、市区町村窓口への自己申告制となり、収入減少を証明する書類を提出すれば原則支給を認めるという内容になっています。 住民税非課税世帯を対象とした支給案には賛否の声が上がっていますが、該当する方は申請を忘れないようにしましょう。 また、給付を受けられないが日々の生活費に困っているという方は、休業等で収入が減少した場合に最大20万円が無利子で借りられる 「緊急小口資金」、失業した場合に最大60万円を借りられる 「総合支援資金」といった貸付制度の利用も視野にいれてみてはいかがでしょうか。 その他、や税金や電気・ガス・水道料金などの支払い猶予措置も適用されつつありますのでチェックしてみてください。

次の