ビジネス メール 挨拶。 挨拶メールでビジネスを円滑に!信頼を得るプラスαの工夫とは

【ビジネスメールの書き方・例文】営業訪問後に送るお礼メール

ビジネス メール 挨拶

理由がきちんと説明されていないと、取引先や顧客に不信感を与えてしまいます。 転勤や人事異動、退職など、担当者変更にはいずれかの理由があるはずです。 端的にメールに記載することが大切です。 ただし、「~という理由で退職する運びとなりました」「~という事があったため異動となりました」など、退職・異動の理由までは記載する必要はありません。 担当が変更となる理由のみ説明しましょう。 前任者が顧客に対して挨拶をしないまま担当変更する行為は、相手に非常に失礼です。 退職や人事異動に伴い、様々な引き継ぎ事項が出てきます。 それに手を取られてしまうことも多いでしょう。 しかしどんなに忙しくても、これまでお世話になってきた方への挨拶は忘れてはいけません。 もし前任者が挨拶をしそこねてしまった場合、今後の業務や後任者に支障をきたす可能性があります。 相手方に失礼のないよう、きちんと挨拶するように心がけましょう。 これは企業や顧客に最も伝えなくてはいけない事項です。 担当変更の日時がわからないと、担当変更後も業務上の連絡が前任者に届いてしまう可能性があります。 そうなると対応が遅れたりミスの原因になりかねません。 また後任者が誰であるのかという記載がない場合、誰に連絡をしてよいのかわからず業務が滞る、という事態になるかもしれません。 後任者から挨拶のメールが来たとしても、スムーズに受け入れることができなくなることもあります。 相手側の負担をなるべく減らすためにも、変更日時と後任者の名前は明記するようにしましょう。 ビジネスの場では多くのメールのやり取りが行なわれます。 多い人は1日100件以上のメールに目を通さなくてはいけません。 そういった中で大半の人は、件名によってメールの優先順位を定めています。 もし、「はじめまして」や「〇〇です」などの件名にしてしまうと、メールの内容が伝わらずメールの優先度は低くなってしまうでしょう。 最悪の場合、スパムメールとみなされてしまうかもしれません。 そうならないために、メールの件名には会社名や用件を書き、メールの内容が相手にしっかり伝わるようにしましょう。 前任の担当者の名前や担当変更の理由などをしっかりと記載しましょう。 近日中にご挨拶に参上させますので、そのときはよろしくお願いいたします。 後任者の氏名や担当変更日時などを記載することを忘れないようにしましょう。 業務に支障がないよう万全の状態で引き継ぎをいたします。 今後とも、よろしくお願いいたします。 前任となる担当者がどこの支店へ行くのか、というところまで記載しておくと、万が一問題があったときにも連絡することができるので、相手側の企業も安心するでしょう。 近い内に2名を挨拶に向かわせますので、どうぞよろしくお願いいたします。 自分の名前や担当していた業務内容などを明記し、相手の企業側に伝わるメール内容にしましょう。 株式会社〇〇 〇〇様 いつもお世話になっております。 本日は担当者変更についてお知らせ致します。 この度人事異動に伴い、 〇月〇日より弊社の営業部〇〇(後任者の名前)が貴社の担当をさせて頂くことになりました。 在任中、〇〇様には大変お世話になり、本当に感謝しております。 〇〇(後任者の名前)は入社17年のベテラン社員で、長らく営業業務に携わってまいりました。 今後も変わらぬご指導のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 また、後日改めまして、〇〇(後任者の名前)と共にご挨拶に伺わせて頂く所存ではございますが、取り急ぎメールにてご報告させて頂きました。 上記につきまして、何卒よろしくお願い致します。 前任者の名前や引き継いだ業務を端的に伝えましょう。 先日まで人事部に所属しており、営業経験が乏しいのですが、貴社のお力となれるよう精一杯努力して参ります。 顧客への担当変更メールでは、まず日頃自社の商品を使用してもらっている感謝を述べる必要があります。 冒頭にサービス利用への御礼を述べるようにしましょう。 「株式会社〇〇でございます。 弊社のサービスをご利用くださいまして、ありがとうございます。 このたび、お客様が使用している〇〇サービスの担当者が変更となりました。 担当者変更に伴い、商品やサービスへの意見や質問をどこに尋ねればよいのかわからない…という顧客が出てしまう可能性があります。 そうならないために、前もって後任者の連絡先などを記載しておくことも大切です。 後任者が顧客へビジネスメールを送る際は、「今後自分がどのように業務を行なっていくのか」といった意気込み・展望などを述べることが大切です。 株式会社〇〇 〇〇様 平素より大変お世話になりまして厚く御礼申し上げます。 不慣れな部分も多々あり、ご迷惑をおかけすることもあるかと存じますが、 いち早く貴社のお役に立てるよう努めますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。 後日改めまして、ご挨拶させて頂く所存ではおりますが、 まずは取り急ぎ書面にて挨拶とご連絡をさせて頂きました。 上記につきまして、何卒よろしくお願い申し上げます。 文章の中で、今後挨拶に伺うという旨を伝えましょう。 担当変更が決まった場合、まずメールで連絡をすることが多いとは思いますが、メールのみで終わらせてしまうのは失礼です。 前任者と後任者の2人で挨拶に向かうことが礼儀です。 〇〇様には大変なご愛顧を賜り、ありがとうございました。 近日中にご挨拶に参上させていただきたいと思っております。 担当変更の連絡は、本来ならば書面にて行うものです。 ですのでメールを送る際には、メールでの連絡となったことをお詫びする文を加えたほうが良いでしょう。 「大変お世話になっております。 メールでのご連絡となったことをお詫びいたします。 退職が理由となる場合、退職理由や今後何をするのかなどは記載する必要はありません。 また、自分が在職していた会社の悪評などを書くこともNGです。 相手に不安を与えないような挨拶を心がけましょう。 今まで余りあるご芳情を頂き、ありがとうございました。 部署は変わるが在職する会社は同じ、ということはよくありますよね。 そういった時には、部署は離れるが同じ社内にいるということや、今後もお世話になるといった旨の挨拶文も記載すると良いでしょう。 部署は移動となりますが、同じ社内にて勤務しておりますので、 またお目にかかることがあるかと思います。 今後とも変わらぬご指導のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 取り急ぎ、メールにて失礼いたします。 この時、転勤先の支店名なども記載しておくと丁寧な印象を与えることが出来ます。 また、いつから転勤となるのかといった詳しい日付も記載しておきましょう。 今まで貴社との業務の中で得た経験を活かし、精励して参ります。 担当者が変わることで今までの業務に支障が出るのではないか…と、不安に思う企業や顧客もいるでしょう。 そんな不信感を与えてしまわないよう、安心感のある文章を心がけましょう。 異動となる理由や転勤先などの記載によって、相手の不信感は拭うことができます。 また、「引き継ぎはきちんと行なったので変わらず業務を続けられる」という内容を送ることで、相手も安心して業務を続行できるでしょう。 「このたび、人事異動によって営業部から総務部に異動する運びとなりました。 つきましては、業務の後任を〇〇に引き継ぐこととなりました。 急なお知らせで申し訳ございません。 〇〇には業務上の引き継ぎを徹底して参ります。 今までお世話になってきた方々にきちんと感謝を述べることで、会社の印象も良くなることでしょう。 また、今後も仕事上の関係を続けていくという旨の文章を記載するのも重要です。 「〇〇様、および貴社には大変お世話になりました。 誠にありがとうございました。 〇〇様からご指導頂いたことを活かし、これからも精進して参る所存です。 前任者がメールを送れなかった場合などは、後任者から理由を説明する必要があります。 相手側からすると、担当者が変わるという事は不安要素です。 その不安を解消するため、通常よりも丁寧な自己紹介を心がけましょう。 別の店舗でではありますが、営業経験もございます。 メールだけで挨拶を済ませるのはビジネス上ではマナー違反です。 きちんと直接相手の企業に出向き、挨拶するようにしましょう。 本来であれば直接伺うべきところですが、まずは取り急ぎメールにて失礼いたします。 変更の日時がわからないと、相手側の対応が遅れたり、迷惑をかけてしまう原因にもなります。 突然のご連絡となり、ご迷惑をおかけいたします。 業務の引き継ぎがしっかりと行なわれていることなどを明記し、相手の不信感を解消するようにしましょう。 「貴社と連携させていただいている内容に関しましては、前任者である〇〇から引き継ぎを終えております。 これまで以上に貴社のお役に立てるよう務めて参ります。 異動する連絡をもらったことや今までの御礼を述べるようにしましょう。 「日頃から大変お世話になっております。 この度はお忙しい中異動の連絡を賜り、ありがとうございました。 業務がうまく回っておりましたのは、全て〇〇様(異動する前任者)のおかげです。 メールには、先方の退職を惜しむような言葉やお世話になったエピソードなどを添えた御礼などを記載しましょう。 「退職のご挨拶を頂いたこと、御礼申し上げます。 これから共にお仕事ができなくなるのは残念ですが、身体に気をつけてお過ごしください」 また、こちらに退職メールへの返信例文についての詳しい記事を載せておきます。 詳しく知りたい方は是非こちらの記事を参考にしてください。 懐妊のお祝い文や、相手の体調を気遣うような文章を心がけてください。 「お身体が辛いこの時期にご連絡を賜り、ありがとうございます。 この度はご懐妊、誠におめでとうございます。 寒さが厳しくなって参りますが、お体には十分お気をつけください。 」 担当変更のメールでは、必要事項をしっかり伝えましょう! 担当変更のメールを送る際は、担当変更の理由や変更日時、後任者の名前など、記載するべき事項がたくさんあります。 記載漏れのないよう、今までご紹介してきたポイントを参考にしながらメールを作成してみてください!.

次の

挨拶メールでビジネスを円滑に!信頼を得るプラスαの工夫とは

ビジネス メール 挨拶

社内メールの宛名では、役職付きの上司に対して「様」などの敬称表記は付けないのが基本的マナーです。 部署全体に送る同報メールの場合は、「営業部各位」「営業二課各位」など、社内メールが送られている範囲がわかるように宛名を記入するのがマナーです。 挨拶・書き出し 社内メールの冒頭には「お疲れ様です」と書くのが暗黙のルールのようになっていますが、実は「お疲れ様ですは不要」と考えている人も結構多いです。 相手や状況に関わらず「お疲れ様です」を使用すると、違和感や不快感を覚える人もいるので、使わない方が無難です。 「お疲れ様です」や「いつもお世話になっております」という挨拶がなくても、決して失礼には当たりません。 何十通もメールをチェックしなければならないときに、「お疲れ様です」から始まる社内メールが続くとイライラしてしまう人もいます。 「お疲れ様です。 いつもお世話になっています。 最近寒くなりましたが風邪などひいていませんか。 うちの部では風邪が流行っていて、休む人が多くて大変なんですよ。 「おはようございます。 社内メールに労いの言葉を入れるのは間違いではありませんが、メールを読み、返信する時間を減らしてあげるのも同僚への思いやりです。 締め メールの最後に挨拶がないと、中途半端で無愛想な印象を与えてしまいます。 よいコミュニケーションを図るため、社内メールの最後には簡単な締めの挨拶を入れましょう。 <締めの挨拶 一般的な例> ・どうぞよろしくお願いいたします。 ・今後ともよろしくお願いいたします。 <締めの挨拶 不明点があれば連絡が欲しいとき> ・お手数ですが、ご確認いただき、不明な点がございましたらご連絡いただけますでしょうか。 ・ご不明な点がありましたら、ご連絡ください。 <締めの挨拶 返信不要の場合> ・ご確認いただければ、ご返信は無用です。 ・何か不都合がございましたら、お知らせください。 ・取り急ぎ、ご報告まで。 <締めの挨拶 メールの返事が欲しい場合> ・お手数おかけしますが、ご返答ください。 ・ご返事お待ちしております。 ・早急にご対応いただけますようお願いします。 <締めの挨拶 お詫びや断りを入れる場合> ・お詫び申し上げます。 ・ご期待に沿えず、申し訳ありませんでした。 取り急ぎ、ご報告があります。 大事な打ち合わせでしたので、もう少し早く会社を出れば 遅刻することはなかったと反省しています。 部長には、もしかして先方様からなんらかのご注意があるなどで ご迷惑をおかけする可能性がありますので、取り急ぎ、ご報告申し上げます。 誠に申し訳ございませんでした。 お知らせ.

次の

【ビジネスメールの書き方・例文】営業訪問後に送るお礼メール

ビジネス メール 挨拶

退職メールはいつ送るもの? 退職が決まってから退職日まで、どのタイミングで退職の挨拶メールを送ればいいか、悩ましいところです。 社外向けと社内向けとではその意味合いもタイミングも違いますので、しっかり区別して用意しておきましょう。 退職を公表してもいい時期になり、社内に周知された後には、まず社外の人に退職のメールを送ります。 取引先などは引き継ぎなどのやり取りがありますから、 2~3週間前には伝えたいもの。 退職まであまり日がないタイミングだと、取引先に対して「最後まで仕事を全うしない人」とのレッテルを貼られてしまいます。 ちゃんと引き継ぎの期間を設けることで相手も安心しますし、不安材料や問題などがあれば解決する時間も取れます。 社内宛ての退職メールは、退職を報告するというより「最後の挨拶」に近いものになりますので、 最終出社日に送ることが一般的です。 勤務中ではなく定時が過ぎてから送るのがマナーという会社もありますし、1週間前にメールすることが慣例だという会社もあります。 会社特有の暗黙のルールがある場合があるので、ここは先輩方や今まで受け取った退職挨拶メールを参考にするのがよいでしょう。 社内向け退職メールのポイントと文例 大きな会社の場合、仕事でもプライベートでもあまり接点のない人もいるでしょう。 そういう人には一斉メールでもかまいません。 この場合、送るときは一斉送信の一覧がわからない 「Bcc」に送付先を入れましょう。 件名は「退職の挨拶」とし、件名だけで用件がわかるようにします。 退職理由は「一身上の都合」が基本。 細かく書かないことがビジネスメールでのルールです。 出産や結婚などのおめでたい理由の場合は、書いてもよいでしょう。 また、可能であれば、今後の連絡先を添えておくのも円満退職の秘訣です。 残った社員にとっては、今後の連絡先が全くわからなくなるのは寂しいもの。 私用の連絡先があることで、「会社は辞めるけど、会社の人とは今後もお付き合いしたい」という気持ちがこもります。 仕事上でお世話になった人や関わりの強い人に対しては、必ず個別に送るようにし、文面にもその人とのエピソードや思い出など一文を入れると心がこもります。 送別会をしてもらったり、記念品をもらったりした場合は、ここでお礼を入れるのもいいでしょう。 親しかったとしても、退職の挨拶メールで 会社の愚痴や苦言などを入れるのはご法度です。 メールは相手が削除しない限り、文書として残ります。 「立つ鳥跡を濁さず」を肝に銘じて、クリーンな印象でお別れをいいましょう。 このたび、一身上の都合により8月末で退社することになり、本日が最終出社日となりました。 本来ならば直接ご挨拶をすべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 在職中はたくさんの方々にお世話になり、本当にありがとうございました。 業務を通して多くの方々と関わり、さまざまなことを学ばせていただきました。 壁にぶつかるたびに、皆様からあたたかい叱咤激励のお言葉をかけていただき、本当に感謝しております。 この会社で学んだこと、経験のすべてを、今後も活かしていきたいと思います。 今後の連絡先は下記になりますので、何かありましたらこちらへご連絡をいただけると幸いです。 メール:xxx xxxxx 携帯:xxx-xxx-xxx 最後になりましたが、皆様のさらなるご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。 今まで、本当にありがとうございました。 社外向け退職メールのポイントと文例 前述したとおり、社内へ送る退職メールと社外へ送る退職メールは意味合いが違います。 社外には会社の信用を損ねないこと、不安や不満を残さないことが鉄則です。 その為にも退職するあなた自身の信頼を守ることが大切です。 具体的なポイントは3つ 退職日は明記すること。 退職日が1週間後なのか、1か月後なのかで先方の優先順位も変わってくるので、必ず明記しましょう。 次に、 後任者や引き継ぎについて明記すること。 後任者と一緒に直接挨拶に行くのがベストですが、それができない場合はメールの中で名前を伝えておくことが大切です。 後任や引き継ぎについて何も書かれていない退職メールは相手に不安を与えますし、今までどんなに誠意を持って仕事をしていたとしても、一瞬で信頼関係が崩れてしまうでしょう。 最後に、社内メールと違い、社外宛ての退職メールには 私用連絡先などは書かないことが大切です。 あくまで今までのお付き合いは会社を通しての関係なのでここは一線を引いておきます。 転職先や、退職理由などを書くことも、会社やあなた自身の信用を損ねる原因となりますから気をつけましょう。 ここにあらためてお礼を申し上げます。 本来なら直接お伺いしてご挨拶すべきところですが、メールでのご連絡となりましたことをお詫び申し上げます。 上司向け退職メールのポイントと文例 上司への退職の挨拶メールは、基本的には社内用メールと同じです。 ネガティブな内容は避けて、今までの感謝を伝える文面であれば大丈夫です。 ただ、一斉送信だと気を悪くする人もいるので、面倒でも一人ずつに宛名入りで送るといいでしょう。 一身上の都合により、本日を持ちまして、退職することになりました。 本来ならば直接ご挨拶をすべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 今までの貴重な経験を今後の人生に活かして、励んで参りたいと思います。 末筆ではございますが、改めて皆様の長年のご厚情に深謝すると共に、皆様のご多幸とご健勝をお祈り申し上げます。 退職メールを受け取ったら返信するべき? 退職の挨拶メールを受け取った後の返信はどうすべきか、気を遣いますよね。 あまり難しく考えず、自分が退職する立場だったらもらいたい返信メールを心がけましょう。 返信は必須ではありません。 あまり仕事上で関わりのない人の場合は、スルーしても失礼には当たりません。 退職者は大勢の人に挨拶メールを送っていますから、ビジネスメールとしてはあえて返信しないのもマナーのひとつ。 親しい間柄の場合や、伝えたいことがある場合のみ返信しましょう。 ポイントは、お世話になったことへのお礼と、退職することに対しての残念な気持ち、最後に退職後の活躍や健闘を祈る言葉です。 退職する側もそうですが、ネガティブな言葉は避け、退職者が気持ちよく退社できるような言葉選びに気を付けましょう。 寂しい気持ちでいっぱいです。 一緒に仕事をさせていただいた経験は私にとって大きな財産となりました。 おわりに 退職を伝えるメールも、それに対する返信も、大切なのは今までお世話になったことへの感謝の気持ちです。 円満に退職することは、新しい生活を迎えるための必須条件です。 明るく爽やかに挨拶をして、美しい後ろ姿で次のステップへと向かいましょう。

次の