厚生年金 国民年金 統合。 国民・厚生年金の積立金、国が統合検討 支給額減に備え:朝日新聞デジタル

国民・厚生年金の積立金、国が統合検討 支給額減に備え:朝日新聞デジタル

厚生年金 国民年金 統合

2020年5月29日 7:00 そこで厚労省は、コロナ収束後の次の年金改正で国民年金と厚生年金の積立金の統合を検討している。 「年金積立金の統合は、サラリーマンが積み立ててきた厚生年金の保険料で、パートや自営業者の年金を支えようというものです。 当然、サラリーマンの年金は減ることになる。 しかし、コロナでは国民年金の加入者だけでなく、厚生年金加入者も大きなダメージを受けているから、統合問題が表面化したら大きな批判を呼ぶでしょう」(北村氏) 国民は、日本の年金制度の危機がどのくらい深刻なのかの実情を全く知らされていない。 巨額の債務はコロナ危機でさらに膨れ上がり、破綻が近づきつつある。 今回の年金制度改正では到底近い将来の年金破綻を防ぐことはできない。 年金積立金が底をつけば年金制度は現役世代が1年間に支払う保険料をそのまま高齢者の年金給付に回す完全賦課方式に移行し、厚生年金も国民年金も大幅に減額されることになる。 そうならないためにはどんな改革が必要なのか、いまが国民に年金の真実を詳らかにして国民的議論をする最後のチャンスかもしれない。 【プロフィール】北村庄吾(きたむら・しょうご)/1961年生まれ、熊本県出身。 中央大学卒業。 社会保険労務士、行政書士、ファイナンシャルプランナー。 ブレイン社会保険労務士法人 代表社員。

次の

「基礎年金30%カット」の衝撃…国民年金と厚生年金の財政統合も解決策の一つか

厚生年金 国民年金 統合

厚生労働省は厚生年金と国民年金の積立金の統合を検討している(写真:マハロ/PIXTA) 厚生労働省が厚生年金と国民年金の積立金の統合を検討していることが報じられている。 今は別々に管理されている積立金を統合することで、将来大きく下がる見込みである国民年金の給付水準の底上げを図るのが、狙いの1つである。 積立金の統合はいったい何を意味するだろうか。 簡単にいえば、厚生年金が国民年金を救済する案である。 厚生年金の加入者は正規社員が多く、年金を多く給付できて財政的に恵まれており、非正規雇用者が多く加入する国民年金の給付が今後大きく減るのを防ぐため、助けてあげてほしいというわけだ。 厚生年金の加入者が国民年金の加入者を「救済」 わが国の公的年金制度は「2階建て」と言われ、全員加入している基礎年金(1階部分)と、正規雇用の民間企業従業員や公務員が加入している厚生年金(所得比例の2階部分)から成る。 自営業者や非正規雇用者は厚生年金には加入せず、基礎年金部分(国民年金)だけだ。 したがって、国民年金に加入している人は厚生年金の保険料を払うこともない。 厚生年金の積立金は、厚生年金加入者が払った保険料を原資としている。 つまり、冒頭の案は、厚生年金保険料によって積み立てられた厚生年金の積立金の一部を、厚生年金保険料を払っていない国民年金加入者の給付に充てるということになる。 だから、厚生年金が国民年金を「救済」する案なのである。 しかし、厚生年金加入者からすれば、老後に備えて自ら払った保険料を積み立てていたのに、関係のない国民年金加入者の給付に流用されては、自分の保険料で保険料を払っていない人をなぜ助けなければならないのかと思うだろう。 それでは保険としての制度の信頼性が失われてしまう。

次の

年金受給額の平均は?厚生年金と国民年金は月々いくらもらえる? [年金] All About

厚生年金 国民年金 統合

国民年金と厚生年金が統合? 統合すると貰える年金が減少する! 年金,積立金統合案,老後,国民年金,厚生年金,高齢者,老後破産,老後破綻,老齢基礎年金,企業年金,老齢厚生年金,生活,貯蓄,貯金,退職金,裏ワザ,衝撃,脅威,お金,受給額,まとめ,2020年,最新,簡単,分かりやすく,意外と知らない,誤解,勘違い,注意点,雇用,少子高齢化,葬祭費,高年齢再就職給付金,高年齢雇用継続基本給付金,高額介護サービス費,住宅特定改修特別税額控除,介護保険,医療費控除,高額療養費制度,wollの情報です。 今は65歳から支給されますが、私が65歳になったときにはもう年金は無いでしょう、、、 なので、自分年金を作る必要があると思い、アメリカ株への投資を進めています。 アメリカ株で購入している主なものは、HDVやVYMが中心です。 ただ、日本の年金も諦めたわけではありません、、、いつもヤフオク情報で年金を調べています。 」送料198円。 」「確定拠出年金DeCo超入門! 個人年金は、401(k)、403(b)などが代表的であり、いずれも課税繰延べ(拠出金額は所得から控除され、 運用益とともに実際に口座から引き出されるまで課税されない)や運用益非課税などの税制上の優遇措置がある反面、原則一定年齢(59歳半)になるまで引き出せません、、、最悪ですよね、、、 口座間の資金の移動に制限がある、年間拠出額の上限があるなどの制約もあるが、年間拠出額の上限が比較的高く(2017年の401(k)の50歳以上の年間拠出限度額は高いみたいです。 その分節税になることもあり、社会保障だけでは退職後の生活費を賄えない中間層の重要な老後資金である。 年金について学びましょう~ 年金の基礎知識 改訂3版/服部営造 著者 日本の年金政策 井口直樹年金アドバイザーが答える年金相談260/原令子【著】年金アドバイザーが答える年金相談197/原令子 著者 年金アドバイザーが答える 年金相談301 11訂版節税・年金・相続を考える人のディフェンシブ不動産投資【中古書籍】トヨタ自動車株で自分年金を作ろう! 2020. 25 【会社員向け】なぜ失敗多い?企業型確定拠 […][…]• 2020. 19 1. 3 永续年金的贴现 财务分析与估值, […][…]• 2020. 14 65歳シニア、年金の平均収入額、支出金額 […][…]• 2020. 19 国民年金の金額を増やす任意加入ってどんな […][…]• 2020. 03 年金は75歳から受取可能 法案閣議決定 […][…]• 2020. 28 4つの年金改正!どのような人が得するの? […][…]• 2020. 27 森井じゅん「年金…どうなる!? 」 国民年 […][…]• 2020. 11 老後 厚生年金の長期加入者特例 加入期間 […][…]• 2020. 16 老後 国民年金の未納を続けると 恐ろしい […][…]• 2020. 15 勞保年金延後一歲! 勞工恐少領18. 6萬 […][…] コメント (7件)•

次の