室井 摩耶子。 室井摩耶子

室井摩耶子の結婚や家族が気になります!肺がんと自宅もリサーチしました!

室井 摩耶子

室井摩耶子のピアニスト経歴 室井摩耶子さんは、 1921 年 4 月 18 日生まれで、 2020 年 5 月現在の年齢は、 99 歳となっています。 つまり、人生 100 年時代とはいえ、 2021 年で 100 歳になる年齢ながら、現役でピアニストとして活動しているという、信じられないような経歴の持ち主だったのでした。 出身地は非公表ですが、東京都ではないかと見られています。 そんな室井摩耶子さんは、まだ 6 歳だったころからピアノを勉強し始めて、小学生のころから高折宮次さんのもとで特訓に励んでいきました。 その後、才能を発揮していき、音楽学校をなんと首席で卒業して、学業に力を注いでいくことになります。 やがて室井摩耶子さんは、太平洋戦争中の 1945 年、ピアニストとしてデビューをはたしました。 それは、日本交響楽団の演奏会におけるソリストというもの。 太平洋戦争中にデビューして、 75 年も現役とは、すごすぎるとしかいいようがありませんね。 さて、室井摩耶子さんは、太平洋戦争が終わると、ピアニストとして、単独での講演をスタートさせることになります。 すばらしいことに、サティの作品などを日本で初演するという功績を残しました。 さらに、室井摩耶子さんの活躍は、これだけで終わることはありませんでした。 オーストリアのウィーンの、モーツァルト生誕 200 年記念祭において、日本代表として派遣されたほか、ドイツ政府給費留学生に選ばれたことによって、ドイツの音楽大学に留学してもいたのです。 以後、室井摩耶子さんは、ピアニストとして世界的に活躍していくようになって、とうとうドイツにおいて、『世界 150 人のピアニスト』という書籍に名前が載るレベルにまでなりました。 もちろん、海外だけではなく、国内における活動も顕著で、これまでに、東京フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団といった楽団の演奏会に出演しています。 これまでに発表した CD は、レコード芸術特選・準特選、音楽現代推薦盤に選ばれることにもなりました。 一方で、ピアニストとしてのみならず、室井摩耶子さんは、おどろくべきことに、女優としても活躍しており、映画『ここに泉あり』において、ピアニスト役として出演するといった活動も展開していました。 こうした一連の功績が認められて、室井摩耶子さんは、これまでに、文化庁長官表彰、新日鉄音楽賞特別賞などを受賞しています。 室井摩耶子の若い頃の美人な顔画像 100 歳を目前にした今でもなお、じゅうぶん若く、美人だった、室井摩耶子さん。 そこで、まだ若かった頃はどうだったのか、顔画像を調べてみましたが、こちらもそうとうなものでした。 まだ 40 代前半くらいと見られる画像ですが、とても上品で、楚々とした美貌だったのですね。 いかにも世界で通用するピアニストといったオーラが漂ってきます。 しかし、これがなんと 1960 年代のことだったといいますから、おどろきです。 それにしましても、本人もまさか、この後、 2. 5 倍くらいの期間、現役のピアニストとして活躍し続けることになろうとは、到底、想像できなかったのではないでしょうか。 室井摩耶子がプロポーズ相手と結婚しなかった理由 このような室井摩耶子さんですから、旦那も気になりますが、実は、独身でした。 死別したわけではなく、結婚したことがなかったのですね。 結婚願望がゼロだったわけではなかったものの、あえてしなかったとのこと。 ドイツでプロポーズまでされつつ、断ったといいますから、不思議ですよね。 これはどういうことなのかと思ったら、単純にピアニストとしての活動を優先させたとのこと。 なかなかできることではありませんし、あらためてプロとしての魂を感じさせられます。 室井摩耶子さんは、もちろん、ピアニストとして超一流です。 しかし、プライベートのほうも、注目すべき人物だったのですね。 100 歳目前でもまだまだ若いだけに、今後の活躍も見守っていきましょう。

次の

室井摩耶子が『徹子の部屋』に出演!肉を食べて長寿ってホント?

室井 摩耶子

スポンサーリンク こんにちは。 kiroです。 現在の最高齢ピアニストの室井摩耶子さん。 牡羊座となっています。 ピアノを始めたのは6歳からだそうです。 ご両親からピアノを買ってもらったのがきっかけのひとつだそうで、 ごく自然にピアニストへ導かれたと語っていました。 1941年20歳に東京音楽学校(現・東京芸術大学)を 首席で卒業したんですって! もう既に優等生! このころは 太平洋戦争の真っ最中! 学徒動員で軍需工場で工作機械の旋盤をやっていたんですって。 戦争体験者のピアニストって室井さんしかいないんじゃないでしょうか(^^;) 終戦直前に日本交響楽協会(現・NHK交響楽団)の女性初ソリストとしてデビューし 本格的にピアニスト室井摩耶子として活動し始めます。 日本だけでなく世界中で活躍していて、 ドイツでは『世界150人のピアニスト』として紹介されたそうですよ。 円熟した演奏が評判で95歳となる現在もピアノリサイタルを精力的に開催しているんですって。 というブログも 85歳から始められていて、 コメントをくれた人にも返信するほどデジタル女子でもありました! スポンサーリンク 最近はその健康の秘訣を取り上げるテレビ番組が増えたそうで、 話題となっているようですね。 blogspot. 若い頃は結婚して子供を産んで家庭を築きたかったと思った時期もあったそうですが、 ピアノの道を選んだんですって。 ドイツではプロポーズを受けたこともあったそうですから、 モテなかったということではないですよね! 自宅の世田谷成城には80年以上住んでいるそうで、 89歳で新築したんですって! よくローン組めたなぁとわたしは思ったのですが、なんと 一括払いです! それまでは関東大震災を経験されているので平屋だったのですが、 新築は2階建てです。 階段が危ないと エレベーターを設置したそうですが、 いつも 待ちきれなくて階段で上がっていくそうですw めちゃくちゃ面白い方ですね! 食事 食事も和食だと力が出ないから肉をそれもビフテキを食べるんだそうです。 夕食はほぼ毎日80~100グラムの牛ヒレ肉のステーキ 和食だと1時間しか集中できないけど、 肉を食べると3時間もつのだとか。 95歳ともなると、体力の土台がないとなにもできなくなっちゃいますものね。 超人ですね!素晴らしい。 そういえば、瀬戸内寂聴さん 尼僧 もお肉を食べていらっしゃいましたよね。 ご長寿の方でお元気な方ってお肉をお食べになるのかな? 昼寝 朝は6~7時くらいには起きられて、午後1時から3時間くらいは昼寝するのを習慣づけているそうです。 そうすると頭もスッキリして、ピアノの練習に没頭できるとのこと。 過去には肺がんを克服! そんなお元気な室井摩耶子さんですが、 70代の時肺がんを患ったそうです。 70歳という年齢からでしょうか、 なったらしょうがないという開き直りがあったそうで、 治療に専念した結果、克服できたんですって! 室井さんの気力もすごいですが、 もちろん治した先生もすごいですよね! 当時中野病院というところにいらっしゃった 荒井他嘉司(あらいたかし)先生 という外科医に執刀してもらったそうです。 自宅もご近所で知り合いだったそうですよ。 こういうご縁も室井摩耶子さんの才能が引き寄せたもの だったのでしょうね! 若い頃はどんなだった? 室井摩耶子さんの若い頃が気になります! ドイツでプロポーズされたという経験のある室井さん。 html 1962年頃だそうですから41歳くらいですね。 上品さは変りませんが、 今より棘というか、力強さを感じますね。 作曲家がどう考えて曲を作ったのかを 自分の中で追求しながら演奏される室井摩耶子さん。 そのお姿を一度は観ておかなきゃ行けない気がします。 最後までおつきあいありがとうございます。 リアルタイム 人気記事• こんにちは。 kiroです。 牛窪真太郎さんってご存知ですか? 2017年の放送になりますが、以前マ... 1,345件のビュー 投稿者:• 2時間ドラマによく登場する山村紅葉さん。 母親は推理小説家の山村美紗さんで、山村美紗原作のドラマには必ず... 595件のビュー 投稿者:• 綾野剛さんといえば、さまざまなドラマや映画に出演する日本を代表する俳優です。 しかし下積み時代も長く、苦労されて... 222件のビュー 投稿者:• 「女性アナウンサー30歳定年説」というのがありますが、それを覆しているアナウンサーがいます。 それがテレ... 149件のビュー 投稿者:• こんにちは。 kiroです。 kiroは女酒場放浪記で静かに酒を嗜む姿が大好きなのですが、 公式プロフィ... 147件のビュー 投稿者:• こんにちは。 キローコです。 6月21日の「徹子の部屋」は、 直木賞作家の小池真理子さんが出演されま... 141件のビュー 投稿者:• こんにちは、Kiroです。 徹子の部屋に女優の高田敏江さんが登場です。 2019年8月14日出演で... 135件のビュー 投稿者:• 昨年の年末、「パワハラ」や「自然災害の脅威」などニッポンが危ないをテーマにした「緊急!池上彰と考えるニュース総... 128件のビュー 投稿者:• こんにちは。 kiroです。 武東由美さんって誰かな?と思ったんですが、 モト冬樹さんの奥様だったんです... 122件のビュー 投稿者:• いないいないばぁ 歴代のおねえさん 初代 かなちゃん(田原加奈子、1996-98年度) 2代 りなちゃん(... 105件のビュー 投稿者:.

次の

高齢者でもピアノは弾ける!現役ピアニスト・室井摩耶子さんからパワーを頂いて・・・

室井 摩耶子

「令和」の時代が幕を開けようとしている。 何歳になっても元気でいたい、大病にはかかりたくない。 そのためには、何をどうすべきなのか。 彼女たちは、驚異的なバイタリティで、いまも表舞台に立ち続けている存在だ。 たとえばベートーヴェンでも、同じ曲なのに、若いころと年齢を重ねた今とでは、音がまったく違って聞こえる。 衰えを全く感じさせない、洗練された旋律が響き渡る。 「年齢のことなんて考えない。 100歳を目前に控えても、音楽に対する気力も集中力も落ちることはないという。 「食事にしても、生活にしても、私は自由主義。 夕食はほぼ毎日80~100グラムの牛ヒレ肉のステーキを食べます。 きっかけは、室井さんが34歳のとき。 クラシック音楽の本場であるドイツへ渡ったことだ。 「仲間たちはみんな、夜中の3時、4時まで、フルーツ入りの酒をガブガブ飲んで、バクバクと食べまくっていたんです。 それなのに、次の日の朝早くから、みっちり楽器練習を始めているの。 そのほうが、明らかに体力と集中力が増すからだ。 だから私も寝てしまおうと。 いまはほぼ毎日、朝は6~7時くらいには起きますが、午後1時から3時間くらいは昼寝するのを習慣づけていますよ。 そうすると頭もスッキリして、ピアノの練習に没頭できますから」 平成の時代に入り、80歳を超えてから、室井さんは日々、感じたことや音楽活動をブログで発信している。 それに対して応援のコメントが寄せられることで、人とのつながりを感じる、とうれしそうに話す。 「高齢者は、孤独を感じている人が多いのかもしれません。 私も天涯孤独ではありますが、仕事やブログを通して、人とコミュニケーションを取る機会があるので、さみしくはないんです。 そんな人とのつながりも、私を元気にしてくれますね」 食・生活リズム・人とのつながり……そしてピアノがあれば、令和の時代も室井さんは輝き続ける。

次の