海 の 天気。 沖縄美ら海水族館の天気

沖縄美ら海水族館の天気予報と服装|天気の時間

海 の 天気

降水 30% 7月18日 土 の情報 紫外線レベル「普通」比較的弱いが、油断は禁物。 服装指数「ノースリーブがお勧め」 インフルエンザ警戒「やや注意」外出後には手洗い・うがいも忘れずに。 7月19日 日 の情報 紫外線レベル「まあまあ強い」要注意!長時間の外出には日焼け対策を。 服装指数「ノースリーブがお勧め」 インフルエンザ警戒「やや注意」外出後には手洗い・うがいも忘れずに。 0 mm 南南西 3. 0 mm 南南西 3. 0 mm 南南西 3. 5 mm 南南西 2. 5 mm 南 2. 0 mm 南 3. 0 mm 南 4. 0 mm 南 4. 0 mm 南 4. 5 mm 南南西 5. 0 mm 南南西 5. 0 mm 南南西 5. 0 mm 南南西 5. 5 mm 南南西 5. 0 mm 南南西 5. 0 mm 南南西 5. 0 mm 南南西 5. 0 mm 南南西 5. 0 mm 南南西 5. 0 mm 南南西 5. 0 mm 南南西 5. 0 mm 南南西 5. 0 mm 南南西 5. 0 mm 南南西 5.

次の

沖縄美ら海水族館の天気予報と服装|天気の時間

海 の 天気

秋期のヤマデは天候が急激に悪化して、遭難の危険がある。 (西風になっても春の雨は二日後でなけれは晴れない。 冬はすぐ晴れる。 (最初の吹出しは強いがすぐ弱くなる。 陸上で2マイルぐらい、讃岐富士までは達しない。 <庵治地方>(雲が消えて良い天気になる。 <詫間地方> (海陸風は、一日二回休む。 これが朝凪、夕凪で特に瀬戸の夕凪は有名。 朝凪の時刻には海面からの水蒸気が朝もやとなってたなびくのである。 <詫間地方> (十時頃には晴れる。 (土用の頃の東風は海風で天気が良い。 但し東讃地区。 (遠くの山がはっきり見えるときは空気中の水蒸気量が少なく空気が透明であり,又風が強いかである。 一般に勢力の強い高気圧に覆われているときに多い。 (半夏(夏至から十一日目に当る日)の日が晴れると後は晴天が続く。 (暦で壬子<みずのえね)の日から癸亥(みずのとい)の日までの十二日間、その中の丑、辰、午、戌を除きそのあまりの八日をいい、一年に六回あるが、その間、降雨が多い。 (低気圧がくる前の曇り空のとき、遠景がはっきりと良く見えることがある。 対流が起きないのでほこりがたたないからであろう。 また放射冷却が弱く霧が発生しにくいためもある。 <詫間地方>(北西の方からくる夕立ちである。 入浜塩田当時夏の採かん最盛期に、片や採かん隣りは浜起こしと哀歓を分けるのが夕立ちであった。 沖の赤いのは風となる。 <王越地方>(汚水に溶けているガスが気圧が下がり悪天になると空気中に発散するためというがさだかでない。 (暈の中に星が見えると晴れ。 (春南、夏東、秋北、冬西に雲があれば雨。 <詫間地方> (瀬戸内上空の穏やかな晴天時に太平洋から四国山脈に吹きつける風によって山項で雲が乱れ飛ぶ状態を言い、ヤマジ風の前兆。 <詫間地方> <川之江市の背後の山に雲がかかれば雨になる。 <詫間地方> (庄内半島の紫雲出山に雲がかかれば風雨になる。 <観音寺地方> (梅雨に東から雲がかかったら雨にはならない。 <庵治地方> (土用の時期に、こういう現象が起きると東の風が強くなる。 また台風の時期であれば台風が近づく前兆。 南風のかわせの西風こわい。 <庵治地方> (田植え頃の西風は、必ず雨が降る。 (田西風は田植え頃に吹く西風。 (田植え頃の西風、秋取り入れ頃の北風、春の南風は雨、東風は四季をとわず雨が降る。 <詫間地方> (春一番のことを言っている。 南西の風から西に変わった時が最も強い。 伊予三島地方の局地風で背後の四国山脈から吹きおろす強風で燧灘が大荒れになるので恐れられている。 伊予三島が仁尾から、ほば南々西にあたるのでこの方向からの強い風の代名詞としても使用されている。 <詫間地方> (低気圧の通過速度は平均毎時40キロであるが、冬期は比較的早く60〜70キロ位である。 そのため雨もサッと降りサッと止み、あっと思う間に西高東低の冬型気圧配置となり季節風が吹く。 <詫間地方> (満ち潮時に南風が吹けば風が強くなる。 <詫間地方> (引き潮時に南風が吹けば雨になる。 <詫間地方> <春、午後四時頃、南西の風が吹けば雨になる。 <詫間地方> <強風が吹いていたが、日没頃西北西の風に変われば風が吹かなくなる。 <詫間地方> (二月八月は風が吹く前兆がなくて、にわかに強い風が吹く。 <詫間地方> (強い風が吹いていたのに雨が降ってきたら風が治まる。 <詫間地方> (梅雨期以外では低気圧が西に接近するために東風が吹き雨を呼ぶが梅雨期の東風は雨になりにくい。 <詫間地方> (上空は東風,地上は西の暖かい風で桜の開花を急がす。 (二月は突発的な季節風が最も強く、八月には台風がある。 だから船旅は、この季節にはさけた方がよい。 <観音寺地方> (寒に東の風が吹けば南西の風が強くなる。 又風雨となる。 <観音寺地方> (真北の風は嘘であって西風が強くなる。 <観音寺地方> (瀬戸内海上空は雲で塞がっているが太平洋から吹き上げる風で四国山脈の稜線と雲の間に窓があく状態でヤマジ風(南の風)の前兆。 <津田地方>(急に反対から吹く強烈な風は怖い。 <庵治地方>(土用頃にコチ<東風)が吹くと台風が近い。 (夏八月初旬頃までは北の風が吹き出せば三日位は続く。 <引田地方>(秋<台風の頃)のヤマゼ<南東の風)は牛の角が落ちるくらい強烈に吹く。 <引田地方>(台風のときヤマゼ<南風)が西に変わったら強烈に吹く。 <引田地方>(九〜十月頃昼間、浜西の風、<陸の方から吹く強い風)は夜になれば北の風に変わる。 <引田地方)(この頃北の風が吹けば翌日はマゼ<南東の風)になる。 <引田地方>(大角<小豆島>からの風が変わってマゼ(南東の風)になれば強く吹く。 <僅かの雨の意かも知れないが、そうともばかりは言えない。 (十二月頃北西の季節風が最低八日間吹く。 <国分寺地方>(小寒、大寒の間は、風が吹くことがなく良い天気が続く。 <国分寺地方>(北風は寒く、北西の風は冷たく、南風は吹いても暖かい。 <詫間地方>(梅雨の時期は、西風が吹くと雨本番である。 <詫間地方>(梅雨の時期の宵の一時が晴れても束の間である。 <豊浜地方>(卯の刻(午前六時)の雨はすぐ止むから傘は持たなくてもよい。 (半夏(夏至から十一日目に当る日)の日が雨なれば梅雨が長い。 (朝焼けは移動性高気圧が遠ざかっているときにできる。 その後低気圧が通るので雨になる。 (水戸は水田の水位を調節するところで、夜にも雨が降るのを予想している。 〇広島虹その日の洪水。 (月の昇り、日の下り頃の雨は日照りのしるし。 <庵治地方>(以後大雨が降る。 <庵治地方> 戌亥の方向(西北西)が光ると大風が吹く。 <庵治地方> 台風の時期にこのような現象がおきることがある。 <音の速さは暖かい空気の方が冷たい空気より速い。 晴れた日の空気の温度は地上に近いほど暖かく、上に昇るほど冷たくなっており、音を出すと音はまっすぐ飛ばないで冷たい温度の方へ曲がって逃げる。 曇りの日のように地上付近と上空の温度差が少ないときは上空に逃げず遠くまで届きやすい。 (空気が湿っていると描の毛がのび顔の筋肉に刺激を与えるので顔を洗うといわれる。 <坂手地方>(朝トンビが舞うときは、低気圧が近づいたときで雨が近い。 傘を持たないで遠くの方へ行かないようにするがよい。 <坂出地方>(気圧が下がるため水中の酸素が欠乏するので魚が水面に浮くのであろう。 <志度地方>(潮が引いた後、砂浜に盛り上がったような形が多くできると雨になる。 (春や秋は天気が変わりやすいが、低気圧が近づいてくると空に雲が広がり大地から暖められた熱が空中に逃げ去るのを弱める。 放熱を弱めることにより暖かさを感じる。 <詫間地方>(上空が北東の風で南に雲が飛ぶと地上風は南西の風となり燧灘が荒れるが時には地上風が吹かずだまされ漁師は馬鹿休みさせられる。 <詫間地方> (月に速い雲を見たら強い風が吹くから出漁しない。 <詫間地方> (海陸風の吹く状態で朝方に東風が吹き夕方に西風が吹けば、夏には雨が降らずに池が干上るほどの晴天続きとなる。 <観音寺地方> (春の風は予想より遅くなる。 <詫間地方> (この十月は旧暦のことで、この時期は安心して漁のできる日が多い。 (西風になっても春の雨は二日後でなければ晴れない。 冬はすぐ晴れる。 <志度地方>(東の風が吹いて海が荒れると海底の潮も動き漁がない。 <観音寺地方>(梅雨に北西沖が晴れていると雨が近い。 (兵庫県赤穂の方が雨でも小豆島は心配しなくても晴れである。 <引田地方>(五月十日に少しの雨が降っても、その年の夏は干ばつが襲うという意味。 (秋の収穫期に夕焼けになると明日も良い日和となるので野良仕事ができる。 夏の夕焼けは雨が降るので雨具を用意せよ。 (春の季節に夕焼けになると近いうちに雨、秋の季節に夕焼けになると明日は好天で仕事ができる。 <志度地方>(乱れた雲間<二、三個所)から光がもれると天気がくずれる前兆。 <詫間地方>(仁尾は地形的に夕立が降りにくい。 これは阿讃<讃岐)山脈から張り出す夕立雲は比地(豊中町)あたりまでで距離的に近いので雷鳴は高いが夕立は仁尾には降らない。 <詫間地方>(雷は入道雲の発生を表し、梅雨明けの近いことをいう。 <坂手地方>(秋の満潮のとき、春の干潮のとき降り出した雨はなかなか止まない。 <坂手地方>(秋は三割満ち、春は干潮時に雨が降る。 <観音寺地方>(旧暦二、八月の天気の急変を戒めたもの。 (北風が強いとき興居島の沖合は海化ているが、三津浜は凪いでいるから、女房は主人に出漁を迫り男は泣かされる。 南風が強いときは三津浜が海化て女房は主人に出漁してもらえないから泣くが、沖合は静かである。 おくれマジ天気 七月に吹(南風 は雨になる。 (午前、牛後10時頃忙しくなり風が強くなる。 (春先は気象が急変する。 <夏は大雨、秋は天気が良い。 <下波・三浦) 注 風が強いが一日でなぐ。 <下波・北灘> お願い 天気に関することわざについての情報提供は、下記問い合わせフォームからお願いします。 新しい情報であれば、この観天望気への追加を検討させていただきます。 お問い合わせにつきましても、上記問い合わせフォームよりお願いします。

次の

海天 ~海の天気~|漁業者も必見!操業計画に役立つサイト

海 の 天気

MYブックマーク 2件まで登録可能です• 健康・生活• レジャー• お楽しみ• メール通知• アプリ• auスマートパス• その他のアプリ• docomoメニュー• 天なびとは• 活用ガイド• MYページ• 会員登録 ログイン• 既に会員の方• 初めて会員登録される方• その他•

次の