イギリス 構成 国。 「イギリス」「UK」「GB」何が違う?

イギリスの国花|テューダーローズやスコットランドのアザミなど

イギリス 構成 国

サッカーなどスポーツの国際試合でイングランド代表が活躍する姿を見ることができますが、イングランドとイギリスが具体的にどう違うかちょっとわからない方は多いのではないでしょうか?実は「イギリス」という呼び方をしているのは日本だけなのです。 今回はイングランドとイギリスの違いについて解説します。 イングランド=イギリスではない!その違いとは わたしたちがイギリスと呼ぶ国の正式国名はthe United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland、日本語でグレートブリテン及び北アイルランド連合王国といいます。 略称はUK、United KingdomもしくはGreat Britainです。 イギリス(UK)は連合国家もしくは連合王国です。 4つの国から構成され、それぞれの国が首都や国旗、独自の文化を持っています。 よく混同されるイングランドもイギリス UK を構成する国の1つです。 では、なぜ日本はイギリスと呼んでいるのでしょうか?その答えは1600年代までさかのぼります。 当時、通訳や主な通商の相手だったポルトガル人のポルトガル語「inglez イングレス 」やオランダ語「Engelsch」からエゲレスという言葉になり、それが後々変化したといわれています。 イギリスは4つの国が集まってできた連合国家!それぞれの特徴は イギリス(UK)を構成するのはイングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国です。 1707年にスコットランドとイングランド王国が合併し、グレートブリテン連合王国が成立しました。 この時点でウェールズもイングランドに含まれています。 1801年にグレートブリテン及びアイルランド連合王国が成立し、アイルランドが連合に参加します。 1922年に北アイルランドを残してアイルランドが独立したことで、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国へ改称しました。 イギリス(UK)の国旗は、イングランド、スコットランド、北アイルランドの有力諸侯の旗の要素をあわせたものでユニオンジャックと呼ばれています。 その時点で、ウェールズはイングランドに併合されているため、含まれていません。 サッカーやラグビーの国際試合では、4か国がそれぞれ別の国としてエントリーしています。 そのため、イングランドもイギリスの国旗ではなく、独自の聖ジョージ旗をもとにしたユニフォームを着用しています。 イングランド 首都をロンドン、国旗は白地に赤い十字架の聖ジョージ旗としています。 また、ロンドンはイギリス(UK)の首都でもあります。 スコットランド スコットランドの首都はエディンバラです。 青地に白の斜め十字帯が特徴の聖アンドリュー旗を国旗としています。 また、ゴルフ発祥の地としてセント・アンドリューズが有名です。 ゴルフの聖地ともされています。 イングランドとの争いが長く、1707年の合同法でイングランド王国と併合しました。 バグパイプや民族衣装キルト(スカート)で有名なのもこの国です。 ウェールズ イングランドに服従していたため、ユニオン・ジャックにウェールズの旗は含まれていませんが、独自の国旗を持っています。 白と緑の背景に赤いドラゴンが描かれています。 首都はカーディフであり、美しい田園風景が広がっています。 ヨーロッパのどの国よりも城が多い地域であり、600以上あるとされています。 とくに有名なのは世界遺産にも登録されたコンウェイ城です。 また、ウェールズ人はケルト人にルーツがあるとされています。 ウェールズ語はケルト語の派生であり、今もウェールズの人々はこの言語を大切にしています。 北アイルランド アイルランドの白地に赤い斜め十字帯である聖パトリック旗を国旗とし、首都はベルファストです。 船舶の修理をおこなう世界最大のドライドッグがあり、タイタニック号が建造された場所です。 アイルランド島の北の一部であり、アイルランドの統一や独立に関し争いが絶えなかった国でもあります。 1997年にはIRA(アイルランド共和軍)が、北アイルランドの独立を目的として武装活動をおこないました。 イングランドの首都もロンドン!?イングランドの基本情報 イギリス(UK)を構成する国の1つ、イングランドはゲルマン民族のアングル・サクソン人が中心の国です。 また、イングランドとイギリス(UK)の首都は同じロンドンです。 4つの国を統治しているのが英国議会であり、場所はロンドンにある国会議事堂です。 しかし、他の3か国にも議会が存在し、教育や医療などの分野で条項や法律をそれぞれの国ごとに制定しています。 イングランドの首都はロンドン ロンドンはロンドン市とは別に、グレーターロンドンと呼ばれるエリアが存在します。 このグレーターロンドンもまたロンドンであり、ウェストミンスターといわれる行政区画には首相官邸、王立裁判所など重要な政府機関が集結しています。 その他の主な都市 イングランドには世界に誇る学園都市が存在します。 オックスフォード大学で有名なオックスフォードや、ケンブリッジ大学で知られるケンブリッジなどです。 街のいたるところにカレッジと呼ばれる学寮が点在し、それらのカレッジ群を総称してオックスフォードもしくはケンブリッジ大学と呼ばれます。 イギリスの英語はそれぞれの地域で違いがある!? イギリス(UK)で使用される英語は階級や人種ごともしくは、地域独自の言語が英語に影響を及ぼしていることがあります。 英語、スコットランド・アクセント、ウェールズ・アクセント、北アイルランド・アクセントにざっくり区別されます。 そこからさらに細分化していきます。 英語に関してはイングランドがイギリス英語として最もイメージしやすいのではないでしょうか。 しかし、実際にイングランド人(English)は英語を使用しますが、首都ロンドンだけでも複数の英語が存在します。 コックニーは労働者階級が話す英語であり、そのために低く見られることもあります。 また、テムズ川河口域で使用された河口域英語も確認できます。 一般にイギリス英語とされるのは上流、中流階級の英語といわれる容認発音(RP)の英語です。 スコットランドには英語に近い言語、スコットランド語が存在し今でも利用するスコットランド人が多くいます。 英語とはスペルが異なる部分もあり、英語話者には理解が難しいとされています。 英語も話していますが、「Scottish English」と呼ばれ、アクセントや単語は大きく異なります。 ウェールズでは英語とウェールズ語が公用語として使用されています。 英語にも日本語にもない独自の発音があるウェールズ語の影響を受けているため、日本人などにとってウェールズ英語は聞き取りにくいとされます。 北アイルランドではアイルランド語も使用されています。 そのため、アルスターと呼ばれるアクセントがこの地方の英語にはあります。 アイルランドに近いイングランドのリバプールは移民などでアイルランド出身者が多いため、なまりに影響を受けていて、別名「Scouse」と呼ばれています。 まとめ あなたが相手をイギリス人と呼ぶときは、British ブリティッシュ)を使用しましょう。 イギリスを構成するそれぞれの国の人たちは、自分の国や独自の言語、文化に誇りを持ち続けているため、UKのどの出身かわからないときはBritishが最も無難な呼び方とされています。 イギリスを訪れることがあれば、ぜひさまざまな国の影響を受けた英語に触れてみてください。 英語への興味を持つことは、習得にもつながるかもしれません。 イングランドとイギリスの違いから、これらの国々について関心を持つことにつながれば幸いです。

次の

イギリスってどんな国?【街とエリア】4つの国とは

イギリス 構成 国

スコットランドの中にある島 2017年5月) イギリスを表す言葉はたくさんあり、英語ではよく「UK」「GB」「England」と表現されます。 しかし、多くの人がそれぞれの呼び方の違いをよく理解していません。 この記事ではその違いについて簡単に説明したいと思います。 また、「British Islands」「British Isles」「Home Nations」の名称についても一緒に説明していきます。 この名称の由来を知りたい方は、からご覧ください。 UKはいくつかの国で構成された主権国です。 だいたい国は、州 例:アメリカ や都道府県 例:日本 で構成されているため、イギリスに関しては例外であり少し複雑なのです。 下の図で国を色別してみました。 赤:イングランド、青:スコットランド、黄:ウェールズ、緑:北アイルランド 実は北アイルランドは国ではなく州です。 多くのアメリカ人は、この2つが同じであると考えているようですが、UKは4つの国すべてのことを言います。 赤色の部分が「GB」です 北アイルランドはGreat Britain島には位置しておらず、アイルランドの島にあります。 なぜ「Great」と呼ぶのか? これはフランス北部にブルターニュと呼ばれる地域があり、中世ではスペルが大きく異なり、人々は「Britain」という単語を「Brittany」と混同していました。 イギリスの島の方が大きいので、「Great 大きい 」という意味でイギリスでは知られるようになりました。 ですから「グレートブリテン」は純粋に地理的な意味を持ってできた言葉なのです。 では「アイルランド」とは? アイルランドの島は現在2つの国で構成されています。 元々は「Ireland」と呼ばれており、1つの国でした。 しかしアイルランドの南部(大きな部分)は1922年頃イギリスから独立しました。 アイルランドの北部は、この時からイギリスの一部として在留していたのです。 」と書かれています。 人々がアイルランド共和国について話す時は、通常「Ireland」と呼んでいます。 赤色の部分は「British Islands」です 北アイルランドは単独の島ではなく「British Islands」の一部なので少し混乱してしまう人もいます。 これは「British Islands」という名称は法律用語であり、地理的用語ではないからです。 「The British Islands」はイギリスの人々にはあまりよく使われていない名称であり、そのイギリス人でさえも詳しい意味を知りません。 The British Isles これは「ブリテン諸島」の地理的用語であり、主な2つの島はグレートブリテン島とアイルランド島です。 近年では、「The British Isles」という名称を変更するよう提案している人が出てきています。 なぜならこの用語はイギリス寄りの言い方であり、アイルランド全土がイギリスの一部であることを意味しているからです。 新しい名称には、「The British and Irish Isles」または「The Anglo-Celtic Isles」が挙げられていますが、これらの名称は公式には受け入れられていません。 赤色の部分は「British Isles」です 「The British Isles」には6000以上の島が存在します。 がその島々のリストです。 残りの8%は何千もの小さな島によって成り立っています。 Home Nations これはスポーツでよく使われる表現であり、公式な表現としては使われません。 時々アイルランド共和国も含まれることがありますが、北アイルランドとアイルランド共和国がアイルランドラグビー協会のように、1つの国として見なされているからです。 この記事で紹介したそれぞれの名称について、下の図で分かりやすく示しています。 Image Credit: Uk map home nations by UKPhoenix79 Image:British Isles United Kingdom. gnu. html or CC BY-SA 3. 0 ], via Wikimedia Commons.

次の

イギリスは4つの国でできている?!日本ではイギリスと呼ばれるけど正式名は世界で最も長い名前の国?!

イギリス 構成 国

Contents• イギリスってどんな国?イングランド・スコットランド・ウェールズと、北アイルランドの連合王国 イギリスとイングランドってどう違うのか。 スコットランド、ウェールズって何を指しているのか。 アイルランドと北アイルランドってどう違うのか。 イギリスの地理について疑問を抱えている方は多いと思います。 ラグビー、サッカーでよく聞くイングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドを知ることで、スポーツを何倍も楽しめます。 では、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドとアイルランドについて説明していきます。 イギリスの正式名称(国名) イギリスの正式名称は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国です。 イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの「カントリー」=「国」からなる連合王国です。 連合王国全体を指す「イギリス」の語源は、ポルトガル語でイングランドを指す「 Inglez 」(イングレス)です。 ネコさんの指摘はごもっともと言えます イギリスの地理 イギリスは、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置し、グレートブリテン島、アイルランド島北東部、その他多くの島々からなります。 イギリス (ウィキペディア Wikipedia : フリー百科事典より引用) グレートブリテン島にあるはイングランド、スコットランド、ウェールズ グレートブリテン島にあるイギリスの構成国 「 グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」という国名の中で「グレートブリテン」を指すのが、グレートブリテン島にある、イングランド、スコットランド、ウェールズの3つの国(カントリー)です。 イングランド イングランド (ウィキペディア Wikipedia : フリー百科事典より引用) イングランドの主要都市とおおよその人口は、 ロンドン 7,170,000 人 バーミンガム 970,000 人 リヴァプール 470,000 人 リーズ 440,000 人 シェフィールド 440,000 人 ブリストル 420,000 人 マンチェスター 390,000 人 違います。 北アイルランドとアイルランドは、同じ アイルランド島にあるけど、北アイルランドはイギリス。 アイルランドは独立した国家です 図1の濃緑が北アイルランド 図2の濃緑がアイルランド (ウィキペディア Wikipedia : フリー百科事典より引用) アイルランドと北アイルランドの歴史的背景を簡単に整理 1801年 イギリスによるアイルランドの 実質的な併合 1921 年 アイルランド独立戦争が終わる 1922年 12月6日アイルランド自由国が成立(イギリスの自治領)。 ただし北部アルスター地方の6州は北アイルランドとしてイギリスに留まる 1931年 ウェストミンスター憲章が成立、アイルランド自由国はイギリスと対等な主権国家(英連邦王国)となる 1937年 アイルランド憲法を施行、国号をアイルランドと改める 1949年 英連邦を離脱、完全な共和制に移行する 1998年 ベルファスト合意。 直後の国民投票により北アイルランド6州の領有権を放棄する 複雑な歴史背景あっても、一緒にラグビーするんだね イギリスにおけるスポーツの代表国ってどうなっているのか? 4つの国(カントリー)が代表国となるスポーツ サッカー、ラグビー、クリケットは、国際競技団体 として4つの国(カントリー)であるイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド(ラグビーはアイルランドと合同)それぞれの加盟を認めています。 イギリスが代表国となるスポーツ オリンピックでは単一国家としての出場が大原則であるため、イギリスが代表国となります。 サッカーは、ロンドンオリンピックで、 4 つの協会が一体となったイギリス代表として初出場しました。 また、野球においてはイギリス代表として、欧州野球選手権や WBC などにチームを送り出しています。 最後に イギリスの歴史は、世界の歴史として深く刻まれており、複雑でかつ多様な歴史だと言えます。 知れば知るほど面白い国です。 もっと詳しくイギリスを知りたい方は、次の図書を参考にしてはいかがでしょうか?.

次の