ドコモ ケータイ補償サービス 問い合わせ。 【ドコモ】機種変更はケータイ補償サービスのリフレッシュ品を使おう!

ドコモのiPhoneのバッテリー交換/修理方法!ケータイ補償サービスを詳しく解説!

ドコモ ケータイ補償サービス 問い合わせ

ドコモのケータイ補償サービス ドコモのケータイ補償サービスとは、ドコモが現在販売しているAndroidスマホやiPhone・iPadに問題があったときに、その費用を補償をするサービスのことです。 スマホを新しく購入する時にだけ契約できるサービスで、料金は月額330円~500円で、機種によって異なります。 長く契約すればするほど支払総額は大きくなりますが、全損や水没といった状態になっても、各プランに定められた負担金で同じ機種のリフレッシュ品と交換できます。 ケータイ補償サービスは、AndroidとiPhone・iPadではサービス形態が異なります。 サービス名や補償内容、月額料金なども違うので注意が必要です。 交換電話を受け取れる!水漏れや紛失などあらゆるリスクを補償• 修理代金のサポートにより上限が設定される• データ復旧サービスをお得な料金で受けられる Androidのサービスでは上記3つすべてが対象ですが、iPhone・iPadは最初の特典「交換電話を受け取れる」以外はサービス対象外です。 1年に2回までという制限がついていますが、契約をしている限り何回でも交換電話が受け取れるのはありがたいですよね。 交換電話が届くまでには1週間程度かかるため、申し込みから1~2日後に一時的に使える代替機が届けられます。 スマホがなくて不便な期間はあまりなく、スムーズに新しい電話に交換が可能です。 交換電話を受け取るには別途負担金が5,000~8,000円(iPhone・iPadの場合7,500~11,000円)が必要です。 サポート対象内の故障なら無料、対象外でも上限3,000円で修理が可能です。 スマホが壊れて使えなくなるほどの故障は、交換電話で対応できるため、どんなトラブルに見舞われても最大8,000円で対応してもらえることになります。 修理代金のサポート対象外になるのは以下の場合です。 このサービスは、iPhone・iPadでは適用されませんのでご注意ください。 水濡れ• 全損(内部基板の変形・破損)• 改造(ソフトウェアの改造も含む)• 月額料金380円の契約者は2,000円、それ以外の契約者は1,000円です。 なお、このサービスもiPhone・iPadでは適用されません。 ドコモのケータイ補償サービスにかかる月額利用料金 Androidの場合は月額料金330~500円 Androidの場合、各機種の月額料金は以下の通りです。 2017年11月以降発売のdocomo with対象機種(iPhone・iPadを除く)、spモードケータイ 330円 2014年冬モデル以降のスマートフォン、タブレット 1,500円 それ以外の機種 380円 なお、docomo with対象機種の場合は、ケータイ補償サービスの月額利用料金が割引されます。 iPhoneの場合は月額料金500~750円 iPhone・iPadの月額料金は以下の通りです。 ケータイ補償サービスに比べて若干高めの設定です。 iPhone 5c 500円 iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 5s 600円 iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus 750円 ドコモのケータイ補償サービスは本当に必要か もしこの補償をつけてなかった場合、スマホやiPhoneが故障してしまったらどうなるのでしょう?新品を購入する場合、例えばiPhoneX5を一括で購入するとなると147,096円がかかります。 1回交換するだけでも十分元が取れる計算です。 一方、端末代金が安くなっている旧タイプの場合は事情が異なります。 現状購入できるiPhoneで一番端末代金の安いiPhone6Sの端末代金は42,768円で、お得度が薄いので、加入するかどうかは迷うところかもしれません。 それでも機種変更などで新たに契約するかどうかを検討するなら、入っておいたほうが安心です。 機種購入時以外のタイミングで契約することができないので、加入を迷っているなら、必要なサービスとして加入をおすすめします。 修理に対応していない分、割安です。 dカードゴールドにはケータイ補償がついている ドコモのケータイ補償サービスに似たサービスに、 dカードゴールドの「ケータイ補償」があります。 ケータイのトラブルに関しては、このケータイ補償を活用する手もあります。 ここからはdカードゴールドのケータイ補償について、概要と利用上の注意点を説明します。 dカードゴールドのケータイ補償の概要 dカードゴールドのケータイ補償とは、 dカードゴールドを使って購入したドコモの端末が故意でないトラブルで使用不能になった場合、3年以内なら同一機種購入代金のうち10万円までを補てんしてくれるサービスです。 ちなみにdカードの場合は、補てん金額は1万円、期限が1年以内となっています。 端末を一括購入しない場合は、頭金が補てん対象です。 また、事務手数料も補てん対象になります。 このサービスは1年に1回まで使えるので、最高3回まで適用が可能です。 ちなみにドコモ補償サービスとの違いは、複数機種でも3年以内なら補償の対象になることです。 ドコモ補償サービスの場合は、1機種1契約に結び付く点が異なります。 dカードゴールドのケータイ補償を利用するうえでの注意点 dカードゴールドのケータイ補償を利用する際の注意点をまとめると以下の通りです。 dカードゴールドを使って端末代金を支払った機種しか適用されない• ドコモの正規ショップで買った端末でないと適用されない• 同一機種の在庫がない場合、別機種になる• 手続きはドコモショップか正規代理店、またはAppleストアのみ 特に「同一機種の在庫がない場合には別機種になる」という点は、気になる人が多いのではないでしょうか。 自分で機種を選べないことになっているので、自分が使う機種にこだわりがある方にとってはデメリットです。 手続きは実店舗ですすめる必要があるため、事前に端末の在庫があるかどうかは確認しておきたいところです。 dカードゴールドのケータイ補償とケータイ補償サービスはどちらがお得? スマホを2年ごとに新しい機種に変えていきたいと考えている人の場合は、月額料金も端末交換時の負担金もないdカードゴールドのケータイ補償の方がお得です。 逆に、端末をできるだけ長く使い続けていきたい人の場合は、3年以上経過しても負担金の上限料金で交換ができるドコモのケータイ補償サービスのほうがお得です。 そのため、これまでご自身が機種変更してきたサイクルを考慮した上で、ケータイ補償サービスに加入するかどうかを判断するのが良いと思います。 なお現在dカードゴールドを持っていない方は、年会費を払ってまでカードを作る必要はないと思います。 代わりにケータイ補償サービスに必ず加入することをおすすめします。 dカードならdポイントも貯まる ドコモのスマホとdカードを持っているなら、携帯の利用代金をdカードで支払うようにすると、dポイントが貯められます。 ケータイ補償はdカードで購入したときにしか適用されませんが、ドコモのスマホを持っているならdカードをうまく利用してdポイントを貯めましょう。 まとめ 今回はドコモのケータイ補償サービスについて解説しました。 ケータイ補償サービスは、機種購入直後には入っておくべきサービスのひとつです。 dカードゴールドのケータイ補償対象となる場合でも、 dカードゴールドの方には3年という期限がついているため、それ以上端末を使い続けるつもりなら、やはり加入しておきましょう。 ドコモのスマホを使っていてdポイントを貯めている人なら、ドコモ光に加入することでさらにポイント貯まります。 家族の契約状況や自宅のインターネット回線を見直して、通信の契約をすべてドコモにまとめれば、さらにお得になります。 ドコモの機種変更をするタイミングで、ドコモ光についても加入の検討をしてみてはいかがでしょうか。

次の

ドコモのケータイ補償サービスは必要?月額料金・注意点・補償内容を比較した結論

ドコモ ケータイ補償サービス 問い合わせ

ドコモのケータイ補償サービス ドコモのケータイ補償サービスとは、ドコモが現在販売しているAndroidスマホやiPhone・iPadに問題があったときに、その費用を補償をするサービスのことです。 スマホを新しく購入する時にだけ契約できるサービスで、料金は月額330円~500円で、機種によって異なります。 長く契約すればするほど支払総額は大きくなりますが、全損や水没といった状態になっても、各プランに定められた負担金で同じ機種のリフレッシュ品と交換できます。 ケータイ補償サービスは、AndroidとiPhone・iPadではサービス形態が異なります。 サービス名や補償内容、月額料金なども違うので注意が必要です。 交換電話を受け取れる!水漏れや紛失などあらゆるリスクを補償• 修理代金のサポートにより上限が設定される• データ復旧サービスをお得な料金で受けられる Androidのサービスでは上記3つすべてが対象ですが、iPhone・iPadは最初の特典「交換電話を受け取れる」以外はサービス対象外です。 1年に2回までという制限がついていますが、契約をしている限り何回でも交換電話が受け取れるのはありがたいですよね。 交換電話が届くまでには1週間程度かかるため、申し込みから1~2日後に一時的に使える代替機が届けられます。 スマホがなくて不便な期間はあまりなく、スムーズに新しい電話に交換が可能です。 交換電話を受け取るには別途負担金が5,000~8,000円(iPhone・iPadの場合7,500~11,000円)が必要です。 サポート対象内の故障なら無料、対象外でも上限3,000円で修理が可能です。 スマホが壊れて使えなくなるほどの故障は、交換電話で対応できるため、どんなトラブルに見舞われても最大8,000円で対応してもらえることになります。 修理代金のサポート対象外になるのは以下の場合です。 このサービスは、iPhone・iPadでは適用されませんのでご注意ください。 水濡れ• 全損(内部基板の変形・破損)• 改造(ソフトウェアの改造も含む)• 月額料金380円の契約者は2,000円、それ以外の契約者は1,000円です。 なお、このサービスもiPhone・iPadでは適用されません。 ドコモのケータイ補償サービスにかかる月額利用料金 Androidの場合は月額料金330~500円 Androidの場合、各機種の月額料金は以下の通りです。 2017年11月以降発売のdocomo with対象機種(iPhone・iPadを除く)、spモードケータイ 330円 2014年冬モデル以降のスマートフォン、タブレット 1,500円 それ以外の機種 380円 なお、docomo with対象機種の場合は、ケータイ補償サービスの月額利用料金が割引されます。 iPhoneの場合は月額料金500~750円 iPhone・iPadの月額料金は以下の通りです。 ケータイ補償サービスに比べて若干高めの設定です。 iPhone 5c 500円 iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 5s 600円 iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus 750円 ドコモのケータイ補償サービスは本当に必要か もしこの補償をつけてなかった場合、スマホやiPhoneが故障してしまったらどうなるのでしょう?新品を購入する場合、例えばiPhoneX5を一括で購入するとなると147,096円がかかります。 1回交換するだけでも十分元が取れる計算です。 一方、端末代金が安くなっている旧タイプの場合は事情が異なります。 現状購入できるiPhoneで一番端末代金の安いiPhone6Sの端末代金は42,768円で、お得度が薄いので、加入するかどうかは迷うところかもしれません。 それでも機種変更などで新たに契約するかどうかを検討するなら、入っておいたほうが安心です。 機種購入時以外のタイミングで契約することができないので、加入を迷っているなら、必要なサービスとして加入をおすすめします。 修理に対応していない分、割安です。 dカードゴールドにはケータイ補償がついている ドコモのケータイ補償サービスに似たサービスに、 dカードゴールドの「ケータイ補償」があります。 ケータイのトラブルに関しては、このケータイ補償を活用する手もあります。 ここからはdカードゴールドのケータイ補償について、概要と利用上の注意点を説明します。 dカードゴールドのケータイ補償の概要 dカードゴールドのケータイ補償とは、 dカードゴールドを使って購入したドコモの端末が故意でないトラブルで使用不能になった場合、3年以内なら同一機種購入代金のうち10万円までを補てんしてくれるサービスです。 ちなみにdカードの場合は、補てん金額は1万円、期限が1年以内となっています。 端末を一括購入しない場合は、頭金が補てん対象です。 また、事務手数料も補てん対象になります。 このサービスは1年に1回まで使えるので、最高3回まで適用が可能です。 ちなみにドコモ補償サービスとの違いは、複数機種でも3年以内なら補償の対象になることです。 ドコモ補償サービスの場合は、1機種1契約に結び付く点が異なります。 dカードゴールドのケータイ補償を利用するうえでの注意点 dカードゴールドのケータイ補償を利用する際の注意点をまとめると以下の通りです。 dカードゴールドを使って端末代金を支払った機種しか適用されない• ドコモの正規ショップで買った端末でないと適用されない• 同一機種の在庫がない場合、別機種になる• 手続きはドコモショップか正規代理店、またはAppleストアのみ 特に「同一機種の在庫がない場合には別機種になる」という点は、気になる人が多いのではないでしょうか。 自分で機種を選べないことになっているので、自分が使う機種にこだわりがある方にとってはデメリットです。 手続きは実店舗ですすめる必要があるため、事前に端末の在庫があるかどうかは確認しておきたいところです。 dカードゴールドのケータイ補償とケータイ補償サービスはどちらがお得? スマホを2年ごとに新しい機種に変えていきたいと考えている人の場合は、月額料金も端末交換時の負担金もないdカードゴールドのケータイ補償の方がお得です。 逆に、端末をできるだけ長く使い続けていきたい人の場合は、3年以上経過しても負担金の上限料金で交換ができるドコモのケータイ補償サービスのほうがお得です。 そのため、これまでご自身が機種変更してきたサイクルを考慮した上で、ケータイ補償サービスに加入するかどうかを判断するのが良いと思います。 なお現在dカードゴールドを持っていない方は、年会費を払ってまでカードを作る必要はないと思います。 代わりにケータイ補償サービスに必ず加入することをおすすめします。 dカードならdポイントも貯まる ドコモのスマホとdカードを持っているなら、携帯の利用代金をdカードで支払うようにすると、dポイントが貯められます。 ケータイ補償はdカードで購入したときにしか適用されませんが、ドコモのスマホを持っているならdカードをうまく利用してdポイントを貯めましょう。 まとめ 今回はドコモのケータイ補償サービスについて解説しました。 ケータイ補償サービスは、機種購入直後には入っておくべきサービスのひとつです。 dカードゴールドのケータイ補償対象となる場合でも、 dカードゴールドの方には3年という期限がついているため、それ以上端末を使い続けるつもりなら、やはり加入しておきましょう。 ドコモのスマホを使っていてdポイントを貯めている人なら、ドコモ光に加入することでさらにポイント貯まります。 家族の契約状況や自宅のインターネット回線を見直して、通信の契約をすべてドコモにまとめれば、さらにお得になります。 ドコモの機種変更をするタイミングで、ドコモ光についても加入の検討をしてみてはいかがでしょうか。

次の

【iPhone】ドコモのケータイ補償サービスとは?必要なの?

ドコモ ケータイ補償サービス 問い合わせ

「ドコモの補償サービスって必要なの?」 docomoで携帯電話を買うと補償サービスをおススメされます。 ドコモのスマホ、タブレットは 月額500円かかるので、いまから新規契約、機種変更をする人は毎月500円となります。 上に書いた月500円というのはAndroidの話で、 アイフォンの場合は500〜1000円かかります。 当然ながらそれ以外に基本使用料、データパック代、通話料などがかかるので、ケータイ料金に保証料金が上乗せされることになります。 iPhone5・6・SEのような旧モデルも月額500円。 アイフォン6S・6Sプラス、7・7プラス、8・8プラス、XRは月額750円。 最新モデルのiPhoneX・XS・XS MAXは月1000円になります。 アンドロイド携帯は故障がなくっても1年で6000円、2年で12000円かかります。 アイフォンXだと1年で12000円、2年で2万4000円かかります。 ちなみに ケータイ補償サービスは1年間で2回まで利用できるので、申し込んでおけば安心感はあります(年2回も壊れることは少ないので) 修理までの間にスマートフォンが使えないと困るので、交換電話機を申し込みから2日以内に届けてくれます。 ドコモショップに来店すれば、当日その場で交換電話機を渡してもらえるので、スマホが使えないと困るという方はドコモショップに行きましょう〜 ちなみに 「交換電話機お届けサービス」は有料となっており、アンドロイド携帯は7500円。 アイフォン6S以降のモデルは1万1000円かかります(iPhone5S・6・SEなどの旧型モデルは7500円でOK) 故障したときのdocomoの対応 ドコモのスマートフォンを使ってて、電源が入らなくなったため、ドコモショップにもっていきました。 私「あの〜、スマホの電源が入らなくなったんですけど」 店員「ちょっと調べるので、しばらくお待ちください」 私「わかりました」 店員「内部の基盤が破損してました。 修理なされますか?」 私「お願いします(ケータイ補償サービスに入ってるから無料。 新品に取り変えてもらえるからメシウマ状態w)」 店員「わかりました、ケータイ補償サービスに入ってますが、保証対象外なので3000円かかります」 私「えっ!? 補償サービスに入ってるのにお金がかかるんですか?」 店員「はい。 動作不良なら無料ですが、破損してますので3000円かかります」 私「マジか…」 このような感じでケータイ補償サービスに入ってるにも関わらず、 追加料金を請求されたのでテンションがめちゃくちゃ下がりました。 「ドコモ商売上手すぎるだろ、クソが…」って言いたくなる気持ちも分かります。 ただ購入してすぐに故障したら、バカ高い修理代を取られるのでオワタってなります(汗) なのでお風呂でスマホを使ったり、トイレで水没なんてもってのほかです。 リスクを最小限に抑えるため、水の回りには近付けない。 落としたりしないように細心の注意をする必要があります。 無事に2年間使うことができれば、アンドロイド携帯なら1万2000円、アイフォンなら2万4000円。 プラス修理代の追加料金を支払わずにすみます。 なので過去をふりかってみて、 故障させる前に機種変をすることが多い方は、ケータイ補償サービスに入らなくても良いでしょう。 逆に機種変更の前に壊したり、水没・紛失・盗難が多い人は、月額料金を払ってでもdocomo保証サービスに入るべきです。 長年使ってる人は途中解約すべき 自動車の任意保険の場合は、事故をしたときのリスクを考えると、加入しないって選択肢はありませんよね? でもドコモ補償サービスの場合は、購入してすぐに壊したとしても10万円くらいの出費でしょう。 2年使えば端末代も払い終わってますので、 修理して同じ機種を使うより、新機種に買い替える人が多いです。 なので機種変してから2年以上経過してるのに、docomoケータイ補償サービスをつけるのは損になります。 途中で解約するべし わたしの場合、機種変をしてから1年を超えてくると、「このケータイ、買い替えてからどのくらい経ったっけ? 次の機種変はいつ頃しようかな〜」と思うようになります。 例えば機種変から1年半の時点でスマホを落下させて故障した場合、ショックはショックなんですが「もう少しで買い替えだったし、まあいいか〜」とあきらめがつきます。 しかし機種変更をしてソッコー壊したらどうでしょうか? 昔に比べるとスマートフォンは高くなってるので、 機種変更をして1年以内に故障すると精神的なダメージが大きいです。 特に半年以内に水没・全損・紛失・盗難した場合、かなりの出費になるので金銭的なダメージも大きくなります。 関連ページ アイフォンとAndroid携帯のどっちが良いか違いを比較してみた。 初めてスマートフォンを購入する人。 iPhoneとアンドロイドのどちらを買おうか迷ってる人のために、どちらを選べば良いのかわかりやすく解説してます。 iPhoneXRがフリーズして困ってる方へ対処方法と再起動のやり方を教えます! スマートフォンの動画をテレビで見るには?繋ぐ方法をマスターしよう! 6インチ以上の大画面スマートフォンの機種比較、おすすめはどれ? 携帯電話やiPhoneの使いすぎでスマホ中毒になる前にアプリで防止しないとヤバい! 小学生の子供がスマートフォンや携帯電話を使うことによる悪影響とデメリットと危険性 スマホの画面がひび割れたらどうするか対処方法を解説。 うっかり落としてしまったときの応急処置もわかります。 携帯電話の修理にはお金も時間もかかりますので、自分で修理したい人は要チェックや! スマートフォンのゴリラガラスは傷はつきにくいが、割れやすいので液晶保護フィルムは必要と言われますがホントでしょうか?衝撃に弱いから意味がない。 お金のムダという説もありますが真相は? スマートフォン、携帯電話を初めて買う中高年の初心者でもわかる選び方を伝授 auSTARとは長期利用者向けのサービスです。 割引やメリットやデメリット冷遇はあるのか調べました。 スマートフォンの寿命は2〜3年ってホント?買い替えるべきか年数を延ばすべきか?携帯電話の調子が悪くなった原因別に対処方法を解説してます。 スマホが故障。 動作が重くなった。 電池の持ちが悪くなった人は必見ですよ。 スマホのイヤホンジャックが故障したとき自分で修理したい人のために直し方を徹底解説。 ケータイショップに持っていくと修理費用がかかりますが、自分で直せれば無料なので、いますぐチェックして症状を改善しましょう。 スマホバッテリー交換費用と時間をドコモ・ソフトバンク・auのスマートフォン別に解説。 携帯電話の電池の減りが早くなって充電しても1日持たない。 機種変更するかバッテリー交換をするかで迷ってる人向け。 スマホの電池の減りが早い原因を解説。 急にバッテリーが劣化したのか?なぜダメになったのか知りたい人向け。 電池の持ちを長くさせたい人にもオススメです。 スマートフォン、携帯電話の充電ができないのは接触不良が原因?修理は避けたい! 携帯電話やスマートフォンの処分方法をdocomoとソフトバンクとau別に解説 スマートフォン、携帯電話が故障した時の修理料金はドコモ、ソフトバンク、auより業者が安い スマホ依存症になった原因と私の治し方と克服方法 アンドロイド携帯のキャッシュを一括削除してスマートフォンの動作を軽くする方法 スマートフォン、携帯電話料金未払いの時効ってあるの?滞納したらヤバいかな? ドコモのネットワーク利用制限の三角を解除してまるにする方法を解説 マウスコンピューターってどうよ?ぶっちゃけ口コミ評判で悪評が多いから購入するか迷う Windows10の評判と良いところ悪いところの評価をまとめてみた 中国メーカーのハイセンス Hisense テレビの評判とHJ43N3000の辛口レビュー。 価格が安いのはメリットだけど、中国メーカーの液晶テレビって故障したり壊れないか心配という方向けの記事です。

次の