ゴルフ スイング 体重 移動。 ゴルフに体重移動は不要!正しいスイングはこれが必要!

注目!スイングが上手くなる体重移動のコツ【バックスイング編】

ゴルフ スイング 体重 移動

ゴルフで重要なトップからの切り返しです! 体重移動のやり方ってなれないと難しいですよね。 体重を移しすぎても体が左右にズレてしまう のでいけません。 まずは、正しいトップからの切り返しのやり方を書いてきます。 スポンサードリンク 正しい切り返しのやり方 切り返しの始動は左足から! これが基本です。 バックスイングで右足に乗せた体重を、切り返しで左足に乗せ換えます。 切り返しは、ただそれだけ。 本当にそれだけなのです。 左足をグッと踏み込んで下さい 気をつけるべき点は、体重を左足に乗せた時に、体が左に傾いてしまうこと。 切り返しでは、ただ左足に体重を乗せるだけなので、適当にやりがちですが、慎重に行う必要があります。 上手く切り返すコツ 慣れないうちは、体がブレないように切り返すために、 左ヒザをアドレスに戻すだけでもOK! です。 慣れてないと、思い切り踏み込んだ時に体の軸がブレてしまうので、バックスイングで少し折れた左ヒザをアドレスの状態に戻すだけでも大丈夫です。 曲げたヒザをアドレスの位置に戻すだけで体重は左足に乗ります ゴルフスイングは、中心軸から体を左右にズラさないように振る必要があります。 なので野球のスイングのように振ってはいけません。 何度も言いますが、はじめは、 ヒザを戻すだけ でOKです。 これでしっかり左に体重が移りますので。 それと、もう一つ重要なポイントがあります。 スポンサードリンク 切り返しで大事なのは上半身から打ちにいかないこと! それは、切り返しからの始動は曲げた左ヒザをアドレスの状態に戻した時に、 手元はまだトップの位置でキープする こと。 手と腕だけでボールを打ちに行かない! ダウンで下半身が左に回転すると、自動的に上半身も回りはじめます。 勝手に回り始めるというのがミソですね。 とにかく切り返しでは、腕は動かさないように意識してください。 下半身で始動すると、我慢しきれなくなって勝手に上半身がクルン!と回ります。 この感覚をつかめばショットが安定してきます ゴルフを始めて訪れる最初の壁です。 まずはこの切り返しの感覚がつかめるまで徹底的に練習してください。 スライスがなくなり、芯でボールを捉えられるようになるので、ゴルフが楽しくなってきますよ。 スポンサードリンク.

次の

スイングでの体重移動の5つのポイント

ゴルフ スイング 体重 移動

スイングで力を生むには体重移動が欠かせませんが、体重移動というと「上半身の重心をどちらかの足に乗せる」と思う人がいます。 ただこれではスイングの軸が左右にブレてしまい、いいスイングができません。 基本は右足の内側から左足の内側へ 足の内側(土踏まず周辺)を踏み込もうとすると必然的に股関節にグッと体重が乗り、軸がブレないばかりでなく、いいスイングに必要な腰の回転がスムーズに行えるようになります。 これを右足の外側から左足の外側に体重を移動しようとすると、軸がブレるだけでなく、腰の回転もうまく使えません。 またこの図をみればわかりますが、足の外側に体重をかけようとすると体重をかけた脚のヒザが外に流れてしまうため、逆に力を失うことになります。 力強いスイングをするには、まず下半身をしっかりと安定させたうえで、足の内側から内側への体重移動を身につける必要があります。 両足の外側で何かを踏んでいけば自然と身につく 足の外側が持ち上がることによって自然と足の内側に体重が乗るようになるため、意識せずとも正しい体重移動ができるようになります。 またそれ専用の練習器具なども販売されているので、そういったものを購入するのもいいかもしれません。 こうして内側に体重がくるだけでスイングはグッと安定し、身体全体の回転をうまく使えるようになります。 逆に足の内側への意識が働きすぎて、手打ちになってしまってもよくないので、体重移動に伴ってしっかりと腰を回転させることを意識しましょう。 関東・甲信越• 茨城県• 栃木県• 群馬県• 埼玉県• 千葉県• 東京都• 神奈川県• 静岡県• 山梨県• 長野県• 新潟県 北海道・東北• 北海道• 青森県• 岩手県• 宮城県• 秋田県• 山形県• 福島県 北陸• 富山県• 石川県• 福井県 中部• 岐阜県• 愛知県• 三重県 近畿• 滋賀県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 奈良県• 和歌山県 中国• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県 四国• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県 九州・沖縄• 福岡県• 佐賀県• 長崎県• 熊本県• 大分県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄県.

次の

バックスイングと体重移動を徹底改善(ライザップゴルフ体験記④)

ゴルフ スイング 体重 移動

ではどうすればアイアンのぶ厚くて正しいインパクトを覚えられるのでしょうか? ポイント1 イメージは7時の位置のボールを打つ いわゆる ハンドファーストなインパクト とは時計の文字盤でいう「7時」にあるボールを打つイメージ。 この形だと右手で押さえつけるようにヘッドを鋭角にいれられる。 練習場の人工芝の上だと、6時の位置のインパクトでもマットの効果でヘッドが滑りナイスショットになってしまいます。 もう一つ重要なのは、写真の 7時の位置にあるボールを打てる軌道とフェースの向きで下ろしてくる ことです。 6時の位置にあるボールにだけ合わせて下ろすのはNGです。 右手の平は下を向いいてクラブを押さえつけながら降りてくるイメージです。 ボールの位置をかえるだけではダメです。 正しい体重移動は左ー右 左に体重移動しながらクラブを上から押しこんでいく。 インパクト直前までは左にある体重をインパクトでは右に戻すことで「ビハインド・ザ・ボール」(頭がボールより後ろにある形)を実現できる。 2枚目の画像までは左に体重を移動させながら右手が上になって押し込む形になっている。 3枚目の画像では体重が左から右に入れ替わりながら頭が後方に下がって4枚目の画像に向けて手元が振り出されている。 狭いスタンスの中でも体重移動を感じることで、ハンドファーストの入射角とクラブヘッドを効率よく加速させることができる。 マキロイのスウィングの下半身の動きを重点的に注目してほしい。 バックスィングで右サイドに体重が乗った後、切り返しで左に思い切って移動しています。 その後、一瞬左サイドをブロックしてクラブと頭が引っ張り合うような形になっています。 左サイドに体重を乗せたままだとこの形にはなりません。 スタンスの中でしっかりと体重移動をしている証明になります。 ありがとうございました、永井プロ。 次回もよろしくお願いします。 次回はフェース面をコントロールする右手の使い方をもっと詳しくお届けします。 月刊ゴルフダイジェスト8月号から一部抜粋 9月号絶賛発売中! 元祖ぶっ飛びドライバーを探せ! D1グランプリ.

次の