ツイート 全 消し。 Twitterのツイートを全削除する方法!パソコンからサクッと簡単にできちゃう!

Twitterツイ消し|全ツイートを一括削除する方法

ツイート 全 消し

Twitter(ツイッター)公式アプリで過去のツイートを全削除できる? Twitter(ツイッター)の公式アプリでは過去のツイートを遡って1つずつ削除できますが、一括で削除することはできません。 過去のツイートを一括で削除するには、便利ツールを使用する必要があります。 ツールを使用することにより、一括もしくは選択したツイートを削除できます。 過去のツイートを全削除できるツール こちらでは、過去のツイートを全削除するのに特化したTwitter(ツイッター)の便利ツールを3つご紹介します。 それぞれの使い方などを理解して、アカウントに合ったツールを選びましょう。 黒歴史クリーナー 「黒歴史クリーナー」は、タイムラインから新着のツイート3200件を取得して一括で全削除できるツールです。 削除オプションから削除するツイートを指定して削除もできます。 具体的には、リプライやいいねをもらったツイートなどを保護してそれ以外のツイートをすべて削除することや、日付を指定した期間のツイートのみを削除できます。 簡単に登録でき、10分程度でツイートの削除が完了します。 Tweet Deleter 「Tweet Deleter」は海外のツールですが、日本語に対応しており、これまでのツイートやリツイートをTweet Deleterのダッシュボード上で見やすく一覧表示してくれます。 ダッシュボードの上部にある「全てのツイートを選択」をチェックして、「ツイートを削除」ボタンをクリックすると簡単に全てのツイートを削除できます。 ツイートを指定して削除する場合は、ダッシュボード左側に表示されている上の画像のチェックボックスにチェックすることで、指定して削除できます。 自分がつぶやいたツイートやリツイートやリプライなど、画像や動画などのメディアを含んだツイートなどの指定が可能です。 また、日付を指定しての削除も可能です。 有料会員限定で、ツイートを自動的に削除してツイート数を保持してくれる「自動削除機能」などを利用できます。 常にツイート数を一定に保っていたい方などは利用してみてはいかがでしょうか。 ツイートの一括削除ツール! 「ツイートの一括削除ツール!」は、シンプルなデザインでTwitter(ツイッター)アカウントを認証するだけでツイートを一括削除でき、大量のツイートでも短時間で全削除がでるツールです。 指定した条件に合うツイートの件数を表示してくれるので、確認してからツイートを削除できます。 短時間に何度もツイートを削除するとTwitterの運営がツールをスパム対象と見なす可能性もあるため、短時間で何度も一括削除するのは辞めましょう。 ツイートを全削除する場合の注意点 ここでは、ツイートを全削除する場合に気を付けておきたい注意点についてご説明します。 ツールを使用してツイートを全削除するのはとても効率的ですが、注意点がいくつかあります。 注意点を理解して正しくツールを使用しましょう。 一度削除すると復元できない ツールを使用して一括で全削除したツイートは、復元することができません。 ツールや機能を使用して、削除してしまったツイートを確認することはできますが、削除前のように復元して表示はできません。 ツイートを一括で全削除する場合は、復元できないことを理解してから削除するようにしましょう。 ツイートが残ってしまう場合がある ツールや機能を使用して一括でツイートを全削除をしても、ツイートが残ってしまう場合があります。 ケース別でご説明します。 更新されない場合 自分がツイートを削除した場合でも、フォロワーなどがTwitter(ツイッター)のタイムラインを更新していない場合、削除したはずのツイートが相手のタイムラインに表示される可能性があります。• キャッシュ キャッシュとは、一度見たページや画像・動画などを一時的に保存しておくデータのことをいいます。 削除したはずのツイートでも、PCのブラウザからキャッシュを表示させることで最大20件のツイートを表示されます。• RSS RSSとは、Webサイトやブログなどの更新や新着情報を自動で取得してくれる技術です。 フォロワーなどがあなたのアカウントのRSSを取得して、RSSリーダーに追加している場合は、ツイートを削除しても相手のRSSリーダーに残ってしまいます。 削除後はアプリ連携を削除する ツールは効率的にツイートを一括で全削除ができてとても便利ですが、ツールを経由してTwitter(ツイッター)のアカウント情報が外部に漏れ出してしまう可能性もゼロではありません。 可能性は低いですが、ツールはTwitterへのアクセスを許可してアカウント情報を共有しているため、ツールがハッキングされてしまった場合などにアカウントを乗っ取られてしまう可能性があります。 ツールを使用したらアプリとの連携を解除するようにしましょう。 選択削除も可能 ツイートを選択して削除する場合も、一括で削除する方法と同じく公式Twitter(ツイッター)からは削除できないため、ツールを使用する必要があります。 先にご紹介した一括で全削除ができるツールは、ツイートを選択して削除する選択削除も可能ですが、選択削除に特化しているツールについて詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。 削除できない場合の対応 ツイートを一括で全て削除したはずなのに削除できない場合は、下記の方法を試してみましょう。 キャッシュを削除する• Togetter(トゥギャッター)から削除する キャッシュが残ってしまっている場合は、削除したはずのツイートも表示されてしまいます。 キャッシュを削除してデータからツイートを削除しましょう。 便利ツールのTogetterを使用している場合は、公式Twitter(ツイッター)とTogetterの両方からツイートを削除する必要があります。 ツイートが削除できない場合の対処法について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。 ツイートはツールを使って全削除しましょう ツイートを全て一括で削除する方法についてご紹介しました。 ツイートを整理して1からTwitter(ツイッター)を運用したい場合、ツールを使用することによって一括でツイートをスムーズに削除できます。 ツールを使用して全削除することの注意点を理解して、効率的にツイートを削除しましょう。 また、ツイートを削除できない場合などの対処法についても理解しておき、もしもの場合に対処できるようにしておきましょう。

次の

【Twitter】複数のツイートを一括削除(全消し)する方法まとめ

ツイート 全 消し

投稿したツイートのデータをダウンロードするには、画面左側に表示されているメニュー一覧の中から「もっと見る」をクリックしてください。 表示されたメニューの中から「設定とプライバシー」をクリックしてください。 次の画面で、左側のエリアで「アカウント」をクリックし、その後で右側のエリアで「Twitterデータ」をクリックしてください。 Twitter データに関する画面が表示されます。 「データのアーカイブをダウンロード」のブロックにある「Twitter」の右に表示されている「アーカイブをダウンロード」をクリックしてください。 「データのアーカイブをダウンロード」と表示されていたところが「アーカイブを取得中」という表示に変わります。 準備ができたら登録されているメールアドレス宛にメールが届きます データにもよりますがしばらく時間がかかります。 なお「データの準備ができました。 もう一度リクエストするには30日間お待ちください。 」と表示されているように、ツイートのデータを再度ダウンロードするのは 30 日間隔を空ける必要があるようです。 -- -- ダウンロードの準備ができると Twitter に登録されているメールアドレス宛てに次のようなメールが届きます。 メールの本文中に表示されている「ダウンロードする」をクリックして下さい。 次のような画面が表示されます。 「データをダウンロード」をクリックして下さい。 ファイルが自動的にダウンロードされます。 任意の場所に保存してください。 ダウンロードしたファイルはZIP形式で圧縮されていますので解凍して下さい。 圧縮ファイルの中身は次のようになっています。 以前は個々のデータは HTML 形式のファイルに格納されており、ダウンロードしたデータに含まれている「index. html」をブラウザで開くことで比較的簡単に投稿したツイートについて見ることができたのですが、 2020 年 3 月現在では個々のデータは JSON 形式のファイルに分かれて格納されているようです。 これまでに投稿したツイートは tweet. js ファイルに格納されています。 tweet. js をテキストエディタで開くと、投稿したツイートが新しいものから順番に格納されています。 実際のツイートを確認したい場合、 格納されているデータには個々のツイートを表す URL は含まれていないので "id" の値を取得してください。 取得した値を次の idの値 のところに割り当てて URL を作成してください。 このようにこれまでに投稿したツイートについては tweet. js ファイルを参照することで確認することができます。 またフォローしているユーザーの一覧については following. js ファイル、 フォローされているユーザーの一覧については follower. js ファイルを参照してください。 他にも「いいね」を付けたツイートの一覧やブロックしているユーザーの一覧などそれぞれ別々の JSON 形式のファイルに格納されています。 同じようにテキストエディタなどでファイルを開くことで内容を確認することができます。 -- -- 自分が今までに投稿したツイートをまとめてダウンロードする方法について解説しました。

次の

Twitte全ツイート履歴のダウンロードとデータの見方・検索方法は

ツイート 全 消し

Twitter(ツイッター)公式アプリで過去のツイートを全削除できる? Twitter(ツイッター)の公式アプリでは過去のツイートを遡って1つずつ削除できますが、一括で削除することはできません。 過去のツイートを一括で削除するには、便利ツールを使用する必要があります。 ツールを使用することにより、一括もしくは選択したツイートを削除できます。 過去のツイートを全削除できるツール こちらでは、過去のツイートを全削除するのに特化したTwitter(ツイッター)の便利ツールを3つご紹介します。 それぞれの使い方などを理解して、アカウントに合ったツールを選びましょう。 黒歴史クリーナー 「黒歴史クリーナー」は、タイムラインから新着のツイート3200件を取得して一括で全削除できるツールです。 削除オプションから削除するツイートを指定して削除もできます。 具体的には、リプライやいいねをもらったツイートなどを保護してそれ以外のツイートをすべて削除することや、日付を指定した期間のツイートのみを削除できます。 簡単に登録でき、10分程度でツイートの削除が完了します。 Tweet Deleter 「Tweet Deleter」は海外のツールですが、日本語に対応しており、これまでのツイートやリツイートをTweet Deleterのダッシュボード上で見やすく一覧表示してくれます。 ダッシュボードの上部にある「全てのツイートを選択」をチェックして、「ツイートを削除」ボタンをクリックすると簡単に全てのツイートを削除できます。 ツイートを指定して削除する場合は、ダッシュボード左側に表示されている上の画像のチェックボックスにチェックすることで、指定して削除できます。 自分がつぶやいたツイートやリツイートやリプライなど、画像や動画などのメディアを含んだツイートなどの指定が可能です。 また、日付を指定しての削除も可能です。 有料会員限定で、ツイートを自動的に削除してツイート数を保持してくれる「自動削除機能」などを利用できます。 常にツイート数を一定に保っていたい方などは利用してみてはいかがでしょうか。 ツイートの一括削除ツール! 「ツイートの一括削除ツール!」は、シンプルなデザインでTwitter(ツイッター)アカウントを認証するだけでツイートを一括削除でき、大量のツイートでも短時間で全削除がでるツールです。 指定した条件に合うツイートの件数を表示してくれるので、確認してからツイートを削除できます。 短時間に何度もツイートを削除するとTwitterの運営がツールをスパム対象と見なす可能性もあるため、短時間で何度も一括削除するのは辞めましょう。 ツイートを全削除する場合の注意点 ここでは、ツイートを全削除する場合に気を付けておきたい注意点についてご説明します。 ツールを使用してツイートを全削除するのはとても効率的ですが、注意点がいくつかあります。 注意点を理解して正しくツールを使用しましょう。 一度削除すると復元できない ツールを使用して一括で全削除したツイートは、復元することができません。 ツールや機能を使用して、削除してしまったツイートを確認することはできますが、削除前のように復元して表示はできません。 ツイートを一括で全削除する場合は、復元できないことを理解してから削除するようにしましょう。 ツイートが残ってしまう場合がある ツールや機能を使用して一括でツイートを全削除をしても、ツイートが残ってしまう場合があります。 ケース別でご説明します。 更新されない場合 自分がツイートを削除した場合でも、フォロワーなどがTwitter(ツイッター)のタイムラインを更新していない場合、削除したはずのツイートが相手のタイムラインに表示される可能性があります。• キャッシュ キャッシュとは、一度見たページや画像・動画などを一時的に保存しておくデータのことをいいます。 削除したはずのツイートでも、PCのブラウザからキャッシュを表示させることで最大20件のツイートを表示されます。• RSS RSSとは、Webサイトやブログなどの更新や新着情報を自動で取得してくれる技術です。 フォロワーなどがあなたのアカウントのRSSを取得して、RSSリーダーに追加している場合は、ツイートを削除しても相手のRSSリーダーに残ってしまいます。 削除後はアプリ連携を削除する ツールは効率的にツイートを一括で全削除ができてとても便利ですが、ツールを経由してTwitter(ツイッター)のアカウント情報が外部に漏れ出してしまう可能性もゼロではありません。 可能性は低いですが、ツールはTwitterへのアクセスを許可してアカウント情報を共有しているため、ツールがハッキングされてしまった場合などにアカウントを乗っ取られてしまう可能性があります。 ツールを使用したらアプリとの連携を解除するようにしましょう。 選択削除も可能 ツイートを選択して削除する場合も、一括で削除する方法と同じく公式Twitter(ツイッター)からは削除できないため、ツールを使用する必要があります。 先にご紹介した一括で全削除ができるツールは、ツイートを選択して削除する選択削除も可能ですが、選択削除に特化しているツールについて詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。 削除できない場合の対応 ツイートを一括で全て削除したはずなのに削除できない場合は、下記の方法を試してみましょう。 キャッシュを削除する• Togetter(トゥギャッター)から削除する キャッシュが残ってしまっている場合は、削除したはずのツイートも表示されてしまいます。 キャッシュを削除してデータからツイートを削除しましょう。 便利ツールのTogetterを使用している場合は、公式Twitter(ツイッター)とTogetterの両方からツイートを削除する必要があります。 ツイートが削除できない場合の対処法について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。 ツイートはツールを使って全削除しましょう ツイートを全て一括で削除する方法についてご紹介しました。 ツイートを整理して1からTwitter(ツイッター)を運用したい場合、ツールを使用することによって一括でツイートをスムーズに削除できます。 ツールを使用して全削除することの注意点を理解して、効率的にツイートを削除しましょう。 また、ツイートを削除できない場合などの対処法についても理解しておき、もしもの場合に対処できるようにしておきましょう。

次の