仁義 なき 戦い キャスト。 新仁義なき戦い

【仁義なき戦い】ネタバレ結末!あらすじ・登場人物まで徹底解説

仁義 なき 戦い キャスト

【相関図あり】仁義なき戦い代理戦争を解説【最強の群像劇】 この映画は仁義なき戦いの3作目。 前作は舞台が広島市のお話でしたが、 再び舞台を呉市に戻してストーリーが展開します。 第1作は呉の山守組が立ち上がった時の話、 2作目は広島市の村岡組の抗争の話。 そして3作目は再び呉、山守組の話になるので、 実質、第1作の続編がこの作品になります。 では始めに代理戦争のあらすじを紹介します。 あらすじ 昭和35年、広島のヤクザの中に、ある噂が流れていた。 広島最大の暴力団、村岡組の組長が体調不良の為、 引退するかもしれないと。 ヤクザ達の関心事は、誰がその後を継ぐのかという事。 様々な思惑が渦巻いていた。 呉市の山守組を脱退した広能昌三(菅原文太)は、 呉市に小さな組を構えていた。 呉の長老大久保健一を唯一の拠り所としていた広能は、 将来の為に盃外交を始める。 広能は、村岡組の幹部松永(成田三樹夫)、 武田(小林旭)、江田(山城新伍)と共に、 広島市の実力者、打本昇の舎弟盃を受けた。 打本もこれらを舎弟に付ける事により、 広島の新興世代のトップに立った。 村岡組長の跡目を狙っていた打本は更に、 神戸に本拠を置く、日本最大のヤクザ組織、 明石組と縁を持ちたがっていた。 広能は明石組の幹部、岩井信一と兄弟分だった為、 打本は広能に明石組との仲介を依頼した。 広能も広島での自分の立場を更に固める為、 打本を連れて神戸を訪れ、 明石組舎弟頭、相原重雄(遠藤太津朗)との兄弟盃を取り持った。 広能の元親分、山守義雄(金子信雄)は、 村岡組長が引退した後、後目争いを有利に進める為に、 長老大久保健一に働きかけ、 強引に、村岡組に顔が利く、広能を山守組に復帰させる。 そんな時、いよいよ村岡組長が引退する事となった。 村岡組長が跡目に指名したのは山守義雄だった。 山守組と村岡組は合併し、 山守組は広島最大の暴力団となった。 自分が村岡組の跡目につけると思っていた打本は、 これを不服として山守組と対立する。 神戸の明石組は、系列組織の打越組が広島で不利になる事を嫌い、 明石組組長、明石辰夫が打本に舎弟の盃を与えると、 明石組中国支部、打越会の看板を上げさせ、 山守組と対立の構えを見せた。 一方山守組は空席だった若頭に武田明(小林旭)を就任させ、 組の引き締めを図った。 出典:goo. 広島は神和会、明石組、両組にとって外せない、 重要な拠点。 戦いは神和会と明石組の代理戦争となった。 映画の登場人物は実在する この映画は実際にあった話を元に作られている。 原作は飯干晃一の同名小説、 「仁義なき戦い 美能幸三の手記より」 抗争の渦中にいた人物、美能幸三氏が獄中で書いた手記を元に、 飯干晃一が書籍にした物です。 美能幸三氏は、 菅原文太が演じた広能昌三のモデルとなる人物です。 菅原文太 演じるモデルとなった 美能幸三 左 — Luciano joeluckyluciano 美能氏は逮捕時、マスコミから抗争事件の首謀者として、 叩かれた事に対する反論として獄中で手記を書いた。 その手記が飯干晃一の手に渡り、 その手記を元に仁義なき戦いが執筆された。 モデルとなった人物や団体 呉 山守組 山村組(後の共政会) 山守義雄 山村辰雄 広能昌三 美能幸三 槙原政吉 樋上稔 長老 大久保健一 海生逸一 広島 村岡組 岡組 村岡常夫 岡敏夫 松永弘 網野光三郎 武田明 服部武 江田省一 原田昭三 打本組 打越組 打本昇 打越信雄 早川英男 山口英弘 若松三郎 力道山 神戸 明石組 山口組 明石辰夫 田岡一雄 相原重雄 安原政雄 宮地輝男 地道幸雄 岩井信一 山本健一 神和会 本多会 神代巳之吉 本多仁介 伊丹義市 平田勝一 代理戦争解説 1作目、2作目が戦後間もない頃の、 随分昔の話という印象だったが、 この3作目から現在の話になったという印象があります。 一般人の私でも知っている山口組をモデルにした明石組が登場し、 ヤクザ達が盃外交を行います。 登場するキャラクターに、 それぞれ物語があり群像劇となっています。 この映画の注目キャラクター また、登場人物が実に多彩です。 第1作では広能の兄貴分、若杉(モデルは悪魔のキューピー大西政寛)を演じた、 梅宮辰夫が明石組の幹部岩井役で再登場します。 んで次が梅宮辰夫演じる明石組幹部、岩井組組長の岩井信一ですわ — U10101 U10101 この役で梅宮辰夫は眉毛を剃って岩井を熱演します。 実はモデルとなる山本健一さんも眉毛が無い。 岩井は神戸の広域組織の切り込み隊長と呼ばれる実力者、 呉の極道である広能とは五分の兄弟分の関係にあります。 岩井は神戸の人ですが、 広島の極道戦争に深く関わっていく重要な人物。 そしてもう1人の重要人物が、 当時の日活大スターだった小林旭演じる武田明です。 その後、東映に移籍し、仁義なき戦いに出演した。 小林が演じた武田明のモデルは、2代目共政会会長服部武。 後の5作目、完結編で山守の跡を継いで2代目を継承する人です。 広能のライバルとして、 立ち塞がる重要人物の1人。 この映画の脚本を担当した笠原和夫は、 服部武氏に当時の事を取材したそうです。 そんな義理も有ってか、服部氏をモデルにした武田は、 かなりカッコいいキャラクターになっています。 そして最後はこの人です。 こんな男になりたい! 【打本昇と言う人】 ノーリスク主義。 他力本願。 責任転嫁。 小心者。 優柔不断。 根性ナシ。 八方美人。 腰抜け。 たまんない!I LOVE 打本 打本憧れがナイト上映を実現! 愛だよ、愛。 打本昇は広島では山守義雄に次ぐ実力者ですが、 とにかく器が小さい。 セコイ。 小者感満載なおじさん。 何故この人が極道社会で実力者になれるのかが全くの謎です。 ヤクザ社会のルールを無視し、 とにかく自分を高く売る事を考える。 そんな人物を加藤武がコミカルに演じています。 金子信雄が演じる山守義雄も素晴らしいキャラクターですが、 打本はそれに負けないキャラだと思います。 名セリフが多い 仁義なき戦いと言えば、 見たら一度は真似したくなる名セリフです。 代理戦争にも、たくさんの名セリフが登場します。 カッコいいセリフは勿論ですが、 面白いセリフもあります。 とてもここでは全て紹介する事はできません。 ほんの一部ですが代理戦争の名セリフを紹介します。 「それで遺恨試合になろうが?後でミス広島抱かせちゃるけん、 早よ行ってやってこい!」 「ワシに一言の断りも無しにや・・ そんな大事な話をお前・・・ 兄弟分のワシに内緒にしとくやなんて三千世界のどこにある?」 出典:goo. お父ちゃんはお前の好きな金の玉2つ持っとる」 出典:goo. お支払い情報の登録は必要ですが、無料期間中の解約も可能なので、 実質無料で見れます。 おすすめ記事.

次の

登場人物

仁義 なき 戦い キャスト

解説 [ ] 本作の時代背景は(昭和38年)~(昭和39年)である。 このときの暴力集団間の抗争に加えて、を続ける市民社会・マスメディアの暴力集団に対する非難の目、それに呼応した警察による暴力団壊滅運動などの非暴力団側との対立が一つの軸となっている。 またやくざの歴史におけるがどのように終焉したかを記録している。 さまざまな立場の人間が絡んでいるが、物語は他の作品と同じく終始暴力団員が中心である。 当初はシリーズ第二作『』の()が再登場する予定だったが、千葉が『』の撮影に入っていたために実現しなかった。 笠原は『仁義なき戦い 広島死闘篇』の頃から本作の構想を持っており、本作を最終作と定めてラストに向かって膨大なエピソードがパノラミックに並列されていく。 警察の頂上作戦でともに逮捕された広能と武田が、粉雪の吹き込むの廊下で震えながら、もはや自分たちの時代でないことを実感する名シーンは「暴力による戦後史」の締めくくりとして見事である。 『』が併映で 、3億300万円のを記録、(昭和49年)の邦画配給収入ランキングの第10位となった。 あらすじ [ ] 1963年(昭和38年)、東京オリンピックを翌年に控え高度経済成長の真っ只中にある市民社会は、秩序の破壊者である暴力団に非難の目を向け始めていた。 しかし広能昌三の山守組破門に端を発した広能組・打本会の連合と山守組との抗争は、神戸を拠点に覇を争う二大広域暴力団・明石組と神和会の代理戦争の様相を呈し、激化の一途を辿っていた。 広能と打本は広島の義西会・岡島友次に応援を要請。 穏健派の岡島は慎重姿勢を崩さないが、明石組・岩井信一の説得もありこれを承諾する。 そんな中広能組組員・河西清が山守組系列槇原組組員に襲撃され死亡、さらに打本会組員も数名が惨殺される。 また打本会組員が一般市民を誤って射殺する事件が発生。 市民社会・マスコミによる暴力団への糾弾は激化し、警察も各暴力団を徹底監視する方向性を打ち出した。 広能は警察のマークをかいくぐり河西の報復にはやる一方、打本は腰を上げようとしない。 業を煮やした岩井は河西の本葬を行う名目で、広島に応援組員1000名以上を送り込み、山守組への反撃を画策した。 その動きを察知した山守組組長・山守義雄と若頭・武田明は打本を脅迫し、岩井の目的を知る。 山守は警察へこれを密告し、遂に広能は別件容疑で逮捕。 岩井ら明石組とその応援部隊は広島を引き上げざるを得なくなった。 残された広能組組員は各地で暴発するが次々と逮捕され、もはや広能・打本連合の劣勢は回避できない状況となった。 この劣勢に義西会・岡島は広島の川田組を大金で買収し、山守組への対決姿勢を鮮明にする。 しかし岡島の動きを察知した山守により岡島は射殺され、残された義西会組員らはその報復として山守組の各事務所をダイナマイトで爆破する事件を引き起こす。 また打本会組員らも一向に腰を上げない親分に業を煮やし、各地で市街戦を展開し、市民社会を恐怖の底に陥れる。 世論の暴力団に対する抵抗は頂点に達し、事態を重く見た警察もついに組長クラスの一斉検挙、いわゆる「頂上作戦」に踏み切り、山守、打本らが逮捕される。 山守の逮捕を知った明石組・岩井は広島へ乗り込み、義西会残党をまとめて陣営の立て直しを画策し、一方の武田は広島各地の大小暴力団を糾合し、明石組との対決姿勢を鮮明にする。 武田は神戸へ組員を派遣し、明石組組長・明石辰男邸をダイナマイトで爆破。 これに端を発し、各地で岩井組・義西会連合と武田組との間で激しい銃撃戦が展開される。 義西会若頭・藤田正一は川田組組長・川田英光に応援を要請するが、野球賭博によるシノギにしか興味を示さない川田は答えをはぐらかす。 それどころか、義西会の勢力にカスリを取られる事を嫌う川田は、川田組組員・野崎弘に藤田殺害を迫る。 藤田と懇意にあった野崎は葛藤しつつも藤田を殺害し、この同志討ちは岩井に暗い影を落とした。 岩井は拘置所の広能を訪れ、明石組と神和会が兵庫県警の仲介で手打ちとなった事、藤田の死により義西会が自然消滅の状態にある事を伝える。 打本も打本会の解散を表明し、もはや岩井になす術はなかった。 広島から手を引かざるを得なくなった事を詫びる岩井を広能は労う。 1964年(昭和39年)1月、広能に7年4カ月の判決が下る。 裁判所の廊下で、広能は同じく長い懲役刑を受けた武田と再会する。 武田から、山守に対する判決が1年半にしかならない事を知らされた広能は虚しい徒労感に襲われ、武田と共に自分達世代の時代が終わった事を痛感する。 かくして広島抗争は、死者17名、負傷者26名、逮捕者約1500名を産みだし、何ら実りのない幕引きを迎えたのだった。 キャスト [ ] 打本会明石組側 [ ] 村岡の跡目を巡って山守に敗れた打本は、山守組を破門となった広能と手を組み、神戸を拠点とする日本最大の暴力団組織明石組と盃を交わして傘下に加わり、広島での覇権奪回を図る。 モデルとなった実在の人物は、解説文の最後に で付した。 広能組(モデル・美能組)• 広能昌三 - :広能組組長。 山守組を破門。 シリーズの主人公。 水上登 - :広能組若衆。 竹本繁 - :広能組若衆。 河西清 - :広能組若衆。 広能組長の壊れた道具と自分の道具を交換したが為、刺客に対応できず殺される。 亀井貢• 岩見益夫 - :広能組若衆。 弓野修 - :広能組若衆。 関谷徹 - :広能組若衆。 上田組 [ ] 上田組(モデル・小原組)• 上田利男 - :上田組組長。 大久保の親戚 (小原光男 打本会 [ ] 打本会(モデル・打越会)• 打本昇 - :打本会組長。 明石組系打本会として山守組と抗争。 打越信夫• 森田勉 - :打本会組頭。 福田泰樹 - :打本会若衆。 渾名はヤッチン。 鼻を削がれた後に惨殺される。 藤田逸喜• 谷口亮 - :打本会若衆。 谷村祐八• 本多志郎 - :打本会若衆。 柳井秀一 - :打本会若衆。 三上達矢 - :打本会若衆。 三橋巌夫• 菊枝 - :打本の情婦。 明石組 [ ] 明石組(モデル・山口組)• 明石辰男 - :明石組組長。 宮地輝男 - :明石組若衆頭。 相原重雄 - :明石組舎弟頭。 岩井信一 - :明石組若衆(幹部)。 岩井組組長。 明石組の切込隊長。 広能と親しい。 和田作次 - :明石組若衆。 岩井の舎弟。 義西会 [ ] 義西会(モデル・西友会)• 岡島友次 - :義西会会長。 西の岡。 中立を守っていたが抗争に巻き込まれていく。 小学校の同窓会旅行時に恩師の目の前で射殺される。 岡友秋• 藤田正一 - :義西会若衆頭。 広能とは刑務所時代からの交友。 病を患っているが岡島の仇を思い死力を尽くす。 藤井幸一と沖広照義• 光川アイ子 - :ホステス。 岡島の情婦。 拳骨ラッパ - :岡島の学校時代の担任教師。 川田組 [ ] 川田組(モデル・河合組)• 川田英光 - :川田組組長。 打本の舎弟。 河合勝治• 野崎弘 - :川田組若衆。 ひ弱なプー屋。 原爆スラムに住む。 後の常任相談役、野村博• 野崎の母 -• 野崎の弟 -• 野崎の妹 - 、 山守組神和会側 [ ] 村岡組を譲り受けた山守組は広島最大の暴力団となったが、打本会や、打本会を傘下におさめた明石組の侵攻から広島を守るため、明石組と拮抗する神戸の暴力団組織神和会と提携する。 山守組(モデル・山村組)• 山守義雄 - :山守組組長。 山村辰雄• 山守利香 - :山守義雄の妻。 山村邦香• 武田明 - :山守組若衆頭。 武田組組長。 服部武• 江田省一 - :山守組若衆(幹部)。 江田組組長。 原田昭三• 槙原政吉 - :山守組若衆(幹部)。 槇原組組長。 樋上実• 吉井信介 - :山守のガード役。 後の副会長、吉岡信彦• 山崎恒彦 - :山守組若衆。 丸山勝 - :武田組若衆。 金田守 - :江田組若衆。 古賀貞松 - :武田組若衆• 織田英士 - :武田組若衆• 友田孝 - :武田組若衆• 山本邦明 - :江田組若衆• 江田欣三 - :江田組幹部・省一の弟• 吉倉周三 - :槇原組の呉の小組長。 的場保 - :槇原組若衆• 上原亮一 - :槇原組若衆• 森久宏 - :槇原組若衆• 武田組組員 - 早川組 [ ] 早川組(モデル・山口 英 組)• 早川英男 - :早川組組長。 元打本組。 杉本博 - :早川組若衆。 四代目会長、• 松井隆治 - :早川組若衆。 杉本の兄貴分。 三重子 - :松井の情婦。 福田の元情婦。 楠田時夫 - :早川組若衆 大友組 [ ]• 神代巳之吉 - :大友組幹部 養西会 [ ]• 沖山昭平 - :養西会若衆 神和会 [ ] 神和会(モデル・)• 神代巳之吉 - :明石組と拮抗する神戸暴力団、神和会会長。 本多仁介• 伊丹義市 - :神和会副会長。 二代目会長。 平田勝市 その他 [ ]• 大久保憲一 - :呉の長老。 千鶴子 - :女子高校生• 弁護士 -• ホステス -• 安川昌雄 - :食堂店主(抗争の犠牲者)• 前島幸作 - :自動車修理業(抗争の犠牲者)• 捜査主任 -• 県警本部課長 -• 記者 -• 記者 -• 新聞社編集長 -• 人夫(野球賭博) - 、• 古川 - :タクシー運転手• 応援のヤクザ -• 女 - 、• ジープの警官 -• 岡島の友人 -• 刑事 - 、• 署員 -• ナレーター: 以下ノンクレジット• 警官A他 - :「仁義なき戦い」シリーズ全作参加のため、セリフなしのエキストラ出演を志願。 記者 -、• 打本組組員 -• 記者・武田組組員 -• 記者・警官 -• 、、 スタッフ [ ]• 企画:• 原作:• 脚本:• 監督:• 撮影:• 音楽:• 録音:溝口正義• 照明:中山治雄• 美術:井川徳直• 編集:宮本信太郎• 助監督:土橋亨• スチル:中山健司• 進行:伊藤彰将 逸話 [ ]• 早川組若衆・杉本博(演者:)が、兄貴分の女を寝取った打本会の福田泰樹(演者:)の鼻を削ぎ落とすシーンは実話である。 主演の『』では、本作が劇中で流されている。 は本作では役がなく、勝手にエキストラとして出演した。 このためノンクレジットである。 本作に出演したの話では、ラッシュを観ると、喫茶店でコーヒーを飲んでいる学生、警官隊の一人、ヤクザの一人というぐあいに注意してみるとあちこちに顔を出していたと話している。 しかし完成した劇場版でどの程度出ているかは不明なところがあり、劇中ラスト近くで、小倉扮する野崎弘が扮する藤田正一を射殺し、警官隊が野崎の自宅に踏み込むシーンの外にずらっと並ぶ警官隊の中にいると小倉は話しているが 、踏み込むシーンはあるものの、外に警官隊が並ぶシーンがなく確認が難しい。 ビデオ [ ] 「」を参照。 脚注 [ ]• 監督・脚本・主演による公開の映画『』でも本作と全く同じ時代背景が取り扱われており、それまで消極的だった警察による暴力団対策の変遷が警察側の視点から描かれている。 『千葉流 サムライへの道』、2010年、48 - 49頁。 『映画を夢見て』 、1991年、177 - 185頁。 『別冊 90年代狂い咲きVシネマ地獄』、2014年10月、204-205頁。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語) この項目は、に関連した です。

次の

登場人物

仁義 なき 戦い キャスト

広島抗争とは 「広島抗争」とは1950年頃~1970年頃にかけて行われた広島での暴力団同士の抗争のことです。 主に三つの時期に分けられます。 ・第一次広島抗争(1946年~1963年) ・第二次広島抗争(1963年~1964年) ・第三次広島抗争(1964年~1970年) 第一次~第三次抗争は地続きであるため、明確な区切りはありません。 山口組と本多会の代理戦争が第二次抗争、それ以前を第一次、共政会の内部紛争を第三次抗争と見る向きが多いようです。 (これらの抗争については下記で解説) 第一次広島抗争(1946年~1963年) 第一次広島抗争の動因は、テキ屋系組織・村上組と博徒系組織・岡組による広島駅周辺の闇市の利権をめぐる対立でした。 敗戦直後、駅前の焼き跡などで闇取引が行われていた場所であり、食料・たばこ・衣類などありとあらゆるものが売られていた。 極度の物質不足によって人々が配給だけで生活するのは厳しく闇市は重宝された。 終戦直後から闇市を支配していた村上組に対し、岡組は新興ながら駅周辺の警備を国鉄当局から請け負うなど順調に勢力を伸ばしていました。 村上組が岡組に殴り込んだことをきっかけに抗争は激化し、両組織とも多数の死傷者を生じましたが、村上組の壊滅で抗争は幕を閉じました。 村上組との抗争に勝利した岡組が広島市最大の勢力として確固たる地位を築いていく一方で、呉市では山村組が急速に勢力を伸ばし、博徒系組織・土岡組を圧倒していました。 ちなみに、山村組々長・山村辰雄氏は岡組々長・岡敏夫氏の兄貴分にあたります。 また、その背後では岡氏の舎弟である打越組々長・打越信夫氏が岡組の継承者としての地位を確立するべく界隈の有力者たちと兄弟盃を交わしていきますが、さらなる実力者との盃縁組を望んだ打越氏は山口組との結縁に向けて動き出しました。 実際の人物とビジュアル等は異なります。 そして打越氏は山口組幹部らの仲介で山口組舎弟・安原政雄氏と兄弟盃を交わします。 しかし打越氏の思惑とは裏腹に、岡組の跡目に就任したのは山村氏でした。 打越氏からすると「継承者になるためにがんばっていたのに、岡組の代表になったのは山村氏であったこと」は予想外のでした。 そんな折に山村組と打越組の下部組織同士の間で抗争が勃発し、事態の拡大を恐れた打越氏は自らの指を詰めて山村氏に詫びを入れます。 打越氏は強い味方がいなくなって誰とも戦うこともできなくなり、広島で孤立した状態になってしまいました。 身動きの取れなくなった打越氏は窮状を脱するため三代目山口組々長・田岡一雄氏の舎弟分となり、山口組の傘下にくだりました。 一方、山村組は山口組と拮抗していた本多会と手を結び、「山口組中国支部・打越会」と名を改めた打越組に対抗を図りました。 以降、広島抗争は山口組と本多会の代理戦争の様相を呈していきます。 第二次広島抗争(1963年~1964年) 山村組が同組の幹部でありながら山口組寄りの立場にあった美能幸三氏を破門に処するなど、両組織の対立が次第に深まっていきました。 そんな最中、美能組幹部・亀井貢氏が山村組に射殺される事件が起こりました。 美能組の幹部・亀井氏を射殺したのは山村組の人間です。 美能氏は打越氏と同様に山口組側についていたので、この襲撃によって打越会と山村組(岡組)の抗争が激化し、血腥い(ちなまぐさい)展開をたどっていきます。 打越会の劣勢に業を煮やした山口組がさまざまな策略を練るも山村組の勢いは衰えず、ついには山口組本部への襲撃を許してしまいます。 山口組はすぐさま本多会の事務所に銃弾を撃ちこみ、山口組と本多会の抗争が危ぶまれましたが、両組織トップの兄弟分であった神戸港湾の実力者・向井繁人氏らの仲介によって手打ちとなり、事態は収束に向かいました。 第三次広島抗争(1964年~1970年) 山口組と本多会の手打ちをきっかけに抗争が自然消滅的に収束すると、山村は地元広島の組織に呼びかけて、政治結社「共政会」を発足します。 共政会の初代会長に山村辰雄氏、副会長には第一次広島抗争で岡組に破れた村上組々長・村上正明氏が就任しました。 昭和42年には共政会と打越会の手打ち(和解が成立)によって打越会は解散し、広島のヤクザ社会は共政会の天下となります。 山村氏が引退し、山村組若頭・服部武氏が共政会の二代目を襲名すると、服部体制に反発した初代幹事長・山口英弘氏は引退を表明し「十一会」を旗揚げします。 服部氏はさまざまな火種を抱えながらも二代目会長の任を貫徹し、理事長(組長の次に地位が高い)の山田久氏(理事長服部氏直系の舎弟)に会長の座を明け渡しましたが、襲名式の六日前、山田氏は十一会に襲撃されて重傷を負います。 山田氏が十一会に襲撃された理由は、服部氏が二代目会長に就任した際に直系の若衆である山田氏を理事長に任命したこと。 さらに三代目の会長を襲名させるなど、旧岡・山村組系の人間が発言権を強めていくことに対する反発心と危機感が原因であると推測されます。 襲撃を受けた山田氏は医師の立ち会いのもとで襲名式を強行し、三代目会長に就任しますが、十一会との対立は昭和45年(1970年)まで続きました。

次の