初盆 の 祭壇 の 飾り 方 画像。 初盆の飾り付けって?各宗派の飾り方や祀り方をご紹介!

初盆用祭壇・提灯は、松屋のレンタル」で。|盆提灯|人形の松屋 正月飾り、ひな人形、五月人形、鯉のぼり、盆提灯

初盆 の 祭壇 の 飾り 方 画像

スポンサーリンク お盆になると、祭壇を作ってご先祖様をお迎えする光景を見たことがあるかと思います。 初盆でも祭壇を作ってご先祖様をお迎えするのですが、初盆はその年に亡くなった方が初めて迎える盆なので、特に念入りに準備してあげる必要があります。 故人をしっかりお迎えしてあげられるように、初盆の祭壇の作り方や飾り方についてまとめてみました。 初盆の飾りはいつからするの?• 初盆の祭壇飾りで準備するもの• 初盆の祭壇の飾り方は? 初盆の飾りはいつからするの? 初盆だから、通常のお盆の期間とは違うのでは? と思ってしまいますが、期間は通常のお盆とかわりません。 初盆の飾りも通常のお盆と同じく、盆月の13日~16日に飾ります。 【盆月とは】 お盆を行う月のこと。 一般的には新暦である8月ですが、一部地域では旧暦である7月にお盆を行っています。 スポンサーリンク 初盆の祭壇飾りで準備するもの 初盆は通常のお盆より、大事な行事なので準備するものも沢山あります。 地域や宗派、遺族の考えによって祭壇に飾るものがかわりますが、ここでは一般的な飾りつけに必要なものをまとめました。 祭壇 紙や木製、ステンレスなど様々な素材の祭壇があります。 価格は5,000~20,000円で仏具展で購入可能。 葬儀で使った紙の祭壇があれば、それを使用するのも可。 白布 祭壇の上に敷くので祭壇に合う長さ・大きさのものを選びます。 仏具 花立、線香立、火立、仏飯器、湯のみなど、普段仏壇で使用しているもの。 初盆は特別な行事でもあるので、新たに陶器製の仏飯器、湯のみなどを準備していただいても構いません。 お供え物 故人の好物や季節の野菜・果物。 お供え物をのせる器は、普段使っているもので構いません。 精霊馬 しょうりょううま なすやきゅうりで作った牛や馬のこと。 提灯 あの世から帰ってくるご先祖様が迷わず自宅に帰ってくるための目印。 初盆は無地の白提灯を飾ります。 小さなテーブル 火立や線香立などを置くため。 経机 経本などを置くため。 初盆の祭壇の飾り方は? 飾り方も宗派や地域で様々な飾り方があるので、一般的な3段の祭壇での飾り方を紹介します。 【祭壇】 ・最上段・・・位牌や遺影 ・2段目・・・仏飯、湯飲み、水など 小包のお菓子など軽いお供え物 ・3段目・・・お花や果物、お菓子など重いお供え物 【祭壇以外】 ・祭壇の手前・・・小さなテーブルを置いて、火立や線香立などを置く。 経机を置いて、経本などを置く。 ・祭壇横・・・お供え物を置くスペースを空けておく。 お花が沢山ある場合は、大きめの花瓶を準備してお花を飾る。 あくまで一般的な飾り方なので、各ご家庭でいろいろとアレンジしていただいて構いません。 一般的な飾り方より工夫して飾ったほうが、故人も喜ばれると思います。 まとめ 初盆は毎年の行事ではないので、よく分からない部分も多いかと思います。 しかし、初盆とは故人があの世から初めて帰ってくるときなので、しっかり故人をお迎えしてあげよう、という気持ちが一番大切です。 故人を思う気持ちを忘れずに、しっかり飾りつけをしてお迎えしてあげましょう。

次の

初盆のときの浄土真宗の飾り付けとは?大谷派など宗派別に解説します|終活ねっとのお坊さん

初盆 の 祭壇 の 飾り 方 画像

Sponsored Link 初盆真言宗の準備することは? 初盆前に まず、準備の前に新盆の時期についてですが、 故人が初めて迎える盆初盆、新盆は旧暦の7月12日をお盆の入りとし、お盆明けの16日までの4日間、お盆の行事が行われます。 ちなみに 七七忌(49日)を終えていない場合は翌年を新盆とするので、注意して供養の法要を行う日程を決めて、お寺やご親戚に1か月前には連絡出来るようにしておきましょう。 その後、12日までに新しいロウソクやお線香など、必要なものは、この日までに購入しておきます。 行事に必要な準備 初盆には法要の他に行事があります主な行事に必要なものをチェックしてみましょう。 12日 精霊棚(しょうりょうだな)を作ります。 笹の支柱に真菰(まこも)の綱を張り本来のしきたりとしては作りますが最近では四本足の小机で代用する家庭も多いです。 その上に 真菰(まこも)で編んだ御座(スーパーや仏具店にお盆のセットとしても販売されてます)もしくは白い布を敷きお供えを並べていきます。 提灯は初盆、新盆用では白提灯とそれ以降に使う絵柄の入った提灯がありますので注意しましょう。 14日故人の好物や精進料理などを仏前にお供えします。 15日 水の子(きゅうりとなすをさいの目に切ったもの)きゅうりとなすで足を割りばしなどで作り馬や牛を作って供えます。 16日夕方に送り火として玄関に松の割り木オガラなどで焚き個人を送ります。 また、お盆が終わった白提灯は、送り火で燃やしたり、菩提寺に供養をお願いしたりします。 ホームセンターや花屋さん、スーパーどでも割り木やおがらは購入可能です。 本来は本来は焙烙(ほうろく)と呼ばれる素焼きの平皿におがらをのせて燃やしますが耐熱性のあるお皿などで代用する事も最近では増えてきました。 訪問者への準備 家族や、親戚が集まるとなるとその日のお食事の準備などもあります。 会食をするのであれば、お店の予約や、仕出し屋さんに頼んでお家で会食するなどの準備が必要です。 その他訪問された方への引き出物やお香典返しの準備などだいたい相場として 2千円~3千円くらいの相場で品物を百貨店やギフト屋さん葬儀社などで頼まれるとよいです。 また、僧侶にお渡しするお布施や御膳料、お車台なども忘れずに準備しておきましょう。 初盆真言宗のお供えの品は? まず、故人が生前に好んだものはもちろんお箸やお茶を準備し、素麺や季節の果物、野菜の煮物や素麺等の精進料理を、すぐに食べられる状態でお供えするのが真言宗のお供えです。 その他、 水の子(みずのこ)と閼伽水(あかみず)というお盆ならではのお供えもあります。 水の子(みずのこ)はきゅうりとなすをさいの目に切り、洗った米を用意お椀に蓮の葉を敷きその上にこの具材をもりつけます。 また、ご先祖様の乗り物としてよく知られるキュウリの馬とナスの牛も用意します。 割りばしなどで足を4本作り飾ります。 こんな感じで少し反りあがったものだと馬や牛にみえますね^^ Sponsored Link 初盆真言宗のお供えの飾り方は? 精霊棚には前面や四隅に青竹を立て、飾り縄を結び、その飾り縄にほうずきを吊す飾り方もあります。 がこれは近年マンション住まいなどの方も増えてきたので竹笹で代用する方も多いですが、されない方も増えてきていますね^^; 仏壇から お位牌、うち慣らし、ロウソク立て、香炉、花立てを出してきて、仏壇は閉め、並べていきます。 仏壇側から正面に左側に仏花、真正面にお位牌、その右に灯明を並べて仏花を並べお位牌の前にお供えを置いていきます。 また、きゅうりの馬となすの牛は仏花の前と灯明の前両脇に置くので全部で 2体ずつ供える事になります。 その間に香炉をおき、仏花側の馬と牛の前に閼伽水(あかみず)をおき、灯明側の馬と牛の前には水の子をお供えします。 カテゴリー• 127• 146• 188• 104• 118• 132• 178• 2 お問い合わせ.

次の

新盆などに役立つ……盆棚・精霊棚の作り方・飾り方・意味を解説 [初盆・お盆の過ごし方] All About

初盆 の 祭壇 の 飾り 方 画像

白提灯は、亡くなった人の霊が迷わず戻って来ることができるよう、目印のために飾ります。 盆提灯には2種類あり、初盆の時は「白提灯」を飾り、それ以降の年には華やかな「盆灯籠」を飾ります。 こうした提灯は家で準備してもいいですし、亡くなった人の子供や孫たちから贈られる場合もあります。 初盆以降の盆飾りに必要な物 先にご紹介した通り、 初盆だけに使うものは、「祭壇」と「白提灯」でしたね。 それに併せて、 「回転式提灯」や「精霊棚」なども準備しておくと、毎年お盆に出して使うことができます。 こうした道具を、どこで揃えたらいいかわからないという人や、マンションなどで祭壇を置く場所がない場合は、並べるだけで手軽に盆棚ができるセットが便利です。 rakuten. 多くの宗派や地域で、仏壇とは別に画像のように盆棚をつくります。 初盆と毎年のお盆飾りに、そんなに違いがあるわけではありません。 初盆のために「祭壇」や「白提灯」を準備する必要がありますが、祭壇やその他の道具はその後も使えます。 盆棚の一番上の中央に亡くなった方の遺影と位牌を置くのが一般的です。 お盆の期間、霊が盆棚に戻って来ると考えられているからです。 お盆の初日の13日朝に、白い布を垂らした盆棚に、そうめんや水、果物や故人の好物などをお供えしたり、精霊馬をお供えしたりします。 精霊馬とは、ご先祖の霊が牛に荷物をひかせ、馬に乗って行き来するという言い伝えによるもので、茄子やきゅうりなどの野菜に割り箸などを刺し、足に見立てた物を作ります。 ほうろく・麻がら 初盆の翌年からは、華やかな盆提灯を盆棚の左右に各一つ飾ります。 和紙張りの提灯には菊や芙蓉といったお盆にちなんだ花々が描かれており、骨組みに蒔絵が施された立派な物もあります。 回転式で灯りがゆらめく幻想的な飾りつけでご先祖さまをお迎えしましょう。 真菰 まこも のゴザ お釈迦様が真菰 まこも で編んだゴザに病人を寝かせて治癒されたという言い伝えから、盆棚の下に敷くようになりました。 現代では、大きなサイズのゴザを用意するのも大変なので、小さなサイズの真菰を敷き、その上にお供え物を載せます。 お盆の時期は盆棚と同様に盆提灯を準備して飾りますが、 初盆の年だけ使う白提灯を特別に飾ります。 初盆の風習やしきたりは地域や宗派、お寺によってさまざまです。 初盆を迎える家では、わからないことがあると思いますが、どんな形にしても、亡くなった人が初めて家に戻って来る日と考えられています。 ですから、こうして迎えることで生きている人の悲しみが癒され、また無事に過ごさせてもらっている感謝の気持ちを伝える期間でもあります。 また、家族や親戚など故人とつながりが深かった人々とともに思い出の時間を共有し、故人を偲ぶことも大切ですね。 初盆の盆提灯は? 出典:www. mosyu. html 上のタイトルでも取り上げましたが、 初盆の盆提灯は初盆だけに使う特別なもので、翌年以降のお盆では使いません。 大切な人を初めて迎えた盆提灯なので、こちらも 心を込めて供養しましょう。 初盆のお返しは? 初盆に参列してくださった方やお香典、お供えなどをいただいた方には、お返しをしなければいけません。 初盆の法要を営まなくても、お供えを持って来る人もいます。 あらかじめお返しの品物を準備していればその場でお返しをし、準備していない場合は、後日お返しの品を贈りましょう。 初盆のお返しの「のし紙」は、「志」、関西は「粗供養」が多く、地域によっては「初盆供養」「初盆会」とするところもあります。

次の