スカーレット スーパー ノヴァ ドラゴン。 【スーパーノヴァって】《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》【超新星って意味らしいよ】 / 岡山西口店の店舗ブログ

遊戯王カード考察:≪スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン≫スカーレッドノヴァの正統進化!星野貴紀さんがオリジナルの召喚口上も!

スカーレット スーパー ノヴァ ドラゴン

2 :フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。 3 :1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、または相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 このカード及び相手フィールドのカードを全て除外する。 4 :このカードの 3 の効果で除外された場合、次の自分エンドフェイズに発動する。 除外されているこのカードを特殊召喚する。 パスワード:99585850• 収録 収録 略号連番 発売日 レアリティ LGB1-JP021 2019年12月21日 Secret、 Ultra スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴンのカード評価・考察 1 の効果は、シンクロ素材の関係上攻撃力は5500まで上がる上、 2 の効果破壊耐性により場持ちがいいと思います。 3 の効果はこのカードも除外する必要があるものの、モンスター効果や攻撃に反応して相手側全てのカードを除外出来る、優秀な効果だと思います。 3 の効果で除外しても自己帰還効果を持っているものの、次の自分のエンドフェイズと遅めな点には、注意が必要だと思います。 シンクロ素材が重いですが「レッド・デーモン」デッキなら、「クリムゾン・リゾーネター」とレベル4を並べ「レッド・ライジング・ドラゴン」を出し、その効果で! 「クリムゾン・リゾーネター」を蘇生し、「クリムゾン・リゾーネター」の効果で「リゾーネター」チューナーを2体リクルートすれば出せるため、問題はないと思います。 元々の攻撃力も闇属性・ドラゴン族・シンクロの中では最も高いため、切り札の一つと言えると思います。 王を迎えるは三賢人。 紅き星は滅びず、ただ愚者を滅するのみ!荒ぶる魂よ天地開闢の時を刻め!シンクロ召喚!スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン!という召喚口上がジャックの声優である星野さんによって付けられた。 それはそうとしてダブルチューニングならぬトリプルチューニングが必要な為、非常に重い。 初期の評価が低いのはその辺が関係しているのだが、わずか1ヶ月でクリムゾン・リゾネーターとレベル4非チューナーだけでこのカードまで繋がるようになってしまった。 レッド・ライジング・ドラゴンでクリムゾンを釣り上げて、クリムゾンの効果でリゾネーター2体を特殊召喚することが可能。 コール・リゾネーターという便利なサーチも存在している為、手札に揃えるのは容易。 シンクロ召喚した時点で5500打点というライトニングも真っ青の打点を備えている上に、モンスター効果の発動に応じて逃げることが可能。 その際に相手フィールドのカードを全て除外するというとんでもないオマケが付与される。 ただし戻って来るのが次の自分エンドフェイズな上に、効果破壊耐性はあるものの魔法・罠に耐性が皆無なのがキツイところ。 ダブルを超越したトリプルチューニングで誕生する超新星。 墓地のチューナーの数に応じて攻撃力を上げる効果、効果で破壊されない耐性、相手の効果・攻撃時に自身と相手のカードをすべて除外し次の自分エンド時に帰還する効果を持っている。 まずはチューナー3体とSモンスターでレベル12を作るという召喚条件がかなり無理筋。 ジャックデッキではレッド・デーモンズにレベル4分の3体のチューナーか、アビスにレベル1チューナー3体で出すことになるが、流石にチューナー3体を並べるのはかなり骨が折れる。 既知の通り実は裏道があり、ジャンク・スピーダーを使うことでレベル7分のシンクロンとレベル5のスピーダーで召喚でき、遊星のほうがうまく使えるという悲しい事実がある。 場に出せば最低5500は期待できる高火力と、耐性とついでで場を蹂躙していく自己除外効果で高い生存力と制圧力を両立する。 魔法罠のバウンス・除外にこそ弱いがモンスターで突破するのは困難。 出れば素晴らしい活躍を期待できるが、スピーダールート以外でまともに出せるかがかなり怪しい。 超重量級と言える。 スカノヴァの進化系、初の ? チューナー3体指定のシンクロである。 スカノヴァの破壊耐性と打点アップはそのまま引き継ぎつつ相手モンスターの攻撃か効果に反応して相手のフィールド全除外という豪快なことをやってのける、素材指定上最低5500打点でありそれでいて破壊耐性を持っているこのカードを攻撃もモンスター効果の発動も介さずに突破するのは至難の業なので制圧力は高い、地味に蘇生制限と同名単1制限はないので2体目を出せればさらに制圧力は増す。 ただ、破壊を介さない魔法罠には一切の無力である点と素材指定が重い点が難点、素材指定に関しては必ずしもレモン関係は必要ないので既にあげられているジャンクスピーダーでクリアできるがあちらの効果の性質上ほぼこのカード単体で棒立ちになってしまうので魔法罠に無力なのは少し頼りない、なので自然な流れで出してほかのモンスターと並べたいがそれにしては素材が重い。 豪快かつ優秀な効果でロマンはあるが最大限に生かしたいなら専用構築が必要なカードという印象は受ける、ただその専用構築をする値打ちはあると思う。 超新星として帰ってきたスカノヴァ。 チューナー3体に加えSモンスターも要求されると非常に重い。 各所でも書かれている通り、ジャンクスピーダーを主力とするシンクロンが一番無理なく楽に出せるデッキか。 スカノヴァ同様の強化効果と耐性。 更に効果に反応して相手カードを全体除外を行える。 ただ自身も一定期間除外する必要があり、戻ってくるまでも遅く攻めに転じづらめ。 適当な発動は許されないでしょう。 破壊耐性のお陰である程度は様子見しやすい。 後続の展開も考えたいですが、この重さなのでその余裕があるかどうかも・・・。 使うなら特化構築が望ましいかと。 ダブルチューンに特化したジャックデッキでキツいのは残念ですが、チューナーの展開が得意なデッキなら新たな切り札として充分活躍が見込めるかと。 流星TGなんてなかった。 追記:新規のクリムゾンリゾネの登場により、展開ルートが大きく広がってジャックデッキでの運用も楽になった。 点追加しておきます。

次の

スカーレッドスーパーノヴァドラゴン【20thシークレット】{LGB1

スカーレット スーパー ノヴァ ドラゴン

王者と、今ここに交わる!荒ぶる魂よ、の叫びを上げよ! ! 出でよ…スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン!! スカーレッド・ノヴァ・ドラゴンとは、のである。 ではの一人であるの「」が のによってした際に誕生した。 2 :このは相手の効果では破壊されない。 3 :相手の攻撃宣言時にその攻撃1体を対として発動できる。 のこのを除外し、その攻撃を効にする。 4 :このの 3 の効果でこのが除外されたのフェに発動する。 その効果で除外されているこのを特殊召喚する。 攻撃名 の切り札「」が、「ー・」のを取り込みした。 2体のを使う「ニング」によって召喚される。 この手のはになった際に残念になるものが多いが、このー・は そんじょそこらのとはわけが違う。 まず攻撃効果。 召喚に2体のを必要とする為、の攻撃が実質00。 が肥えていれば容易にそれ以上になる。 その上、攻撃をえられても除外でられる。 更にあらゆる効果で破壊されない耐性を持ち、除外とンス以外では生き残るといったとんでもないの持ち。 版の除外効果はであり、相手の効果の対にされてもられるといった とんでもない効果であった。 これは恐らく、作中でを吸収するに対する効果である。 しの効果だと、以上に除去しにくい(というより理)というになるため、発動は攻撃宣言時のみと、している。 これまで「ソス」といわれてきたもようやく日のを見ることが出来たと言えよう。 そして、その終盤(第話)にて荒ぶる魂「」に覚めたが ー・を吸収し誕生したのがスカーレッド・ノヴァ・ドラゴンである。 これによってにを収めた後はに代わるの新たなとなる。 その後、WRGP準決勝(戦)において(戦では初の)召喚となる。 に代わる新たなで、ガンの操る皇を破り、ガンとの因縁に決着をつけた。 もっとも、その後すぐに復活したによって攻撃増加の効果を効化され相討ちとなり倒されるのだが。 続く決勝戦 戦 においては、の持つこと・を続けざまに倒し2人抜きを達成する。 もっれについては、ホーである へ託すための策略であるため、厳密には2人はわざとしたのだが。 その後、が召喚してきたに敗れ、スカーレッド・ノヴァ・ドラゴンはに吸収されてしまう。 そればかりか、の効果によりの場に召喚されるのみならずのとなってやの前に立ち塞がる事に。 そして、がのを破壊すると、がへと・を果たし、新たに召喚されたによって諸共吸収されたり復活したりと忙しく動き回りながらも、最終的に達のを導くとなった。 続くクルでの(&& )でも登場。 を倒し、のフィニッシャーとなる。 (召喚するには)というがなためかその後に待っているの最終での五集結においてはー・は登場せず、のみの登場であった。 そして、の最後を飾るのでも召喚された。 関連項目•

次の

【スーパーノヴァって】《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》【超新星って意味らしいよ】 / 岡山西口店の店舗ブログ

スカーレット スーパー ノヴァ ドラゴン

日本酒• 有名銘柄から• 人気蔵元から• 都道府県から• 有名銘柄から• 人気蔵元から• 都道府県から• シャンパン• ブランデー• スパークリング• ワイン• 箱(ギフト用)•

次の