アズレン 11-4。 アズレン

┬ш╜╜░ь╛╧

アズレン 11-4

jpの方針によって、これまで過度に肌を露出しているキャラの画像を非表示にしたり、、ページの非掲載などを行ってきましたが、本作が17才以上対象のゲームであること、ゲームの公式画像を一部載せられないことによる編集者様からの不満、また何がNGで何がNGでないかの線引きが難しいことによる編集の不活発化、多くの編集者様からによる運営方針変更のご要望、これらをwikiru. jp運営にすべて伝え、再考していただいたところ、これらのページ、画像を再度掲載することが可能とする旨の連絡をいただきました。 スマホユーザーの方へ 画面右上に表示されている「 メニュー」の文字をタップすると、wikiの各ページに飛ぶことができます。 ページの新規作成、各ページ内容の追加・修正をした際はいただければ、更新情報をトップページに掲載させていただきます。 (任意) トップページに掲載することで更新箇所が注目されやすくなります。 ページが作成されました。 軽巡「」ページが作成されました。 巡戦「」ページが作成されました。 戦艦「」ページが作成されました。 重巡「」ページが作成されました。 重巡「」ページが作成されました。 衣装画像「サンフィッシュスペル!」が追加されました。 に、第三期の特別計画艦についての投票項目を追加しました。 ページが作成されました。 ユーザの皆様のご協力により情報更新・編集を行っております。 どなたでも自由にページの作成、編集を行っていただいて構いません。 wikiの情報が誤っている場合は、情報の修正をしていただくか、もしくは該当ページのコメントフォームにてご指摘いただけますと管理人が修正いたします。 項目荒らし、ページ削除などの荒らし行為は、編集規制をさせていただきますのでご了承ください。 当wikiはリンクフリーです。

次の

「アズレン」×ヤマハ発動機のコラボでオリジナルデザインのオートバイが誕生。東京モーターショー2019での展示も決定

アズレン 11-4

11-3、11-4は動画あり。 メンテナンスでのその他の更新内容は下記の記事を参照して下さい。 指揮官レベル75以上で解放 ストーリー海域の11章の解放には、 10章のクリア、指揮官レベル75以上が必要になります。 11章のレアドロップ早見表 11章で初登場のドロップキャラ 11-2でドロップ 11-3でドロップ 11-4でドロップ 以上が11章で新たに実装されるキャラクターです。 11章攻略のポイント 大型主力は絶対に避けよう 高耐久、高火力ユニークユニット 11章の大型主力艦隊は絶対に避けましょう。 ユニークユニットが4回に分けて出現し、そのなかにはHP10000超えの重巡艦「アタゴ」「ナチ」「タカオ」、HP20000の戦艦「ハルナ」「ナガト」「ムツ」「コンゴウ」が出現します。 これらの敵は、いずれもレベルが100を超えているため高火力で、味方の耐久を大きく削ってきます。 悪夢の後半戦 11章の大型主力では、開幕に重巡艦「アタゴ」、15秒後に戦艦「ムツ」と重巡艦「ナチ」が出現します。 さらに15秒後に、戦艦「ハルナ」と「ナガト」が同時に出現します。 この2体を倒しても戦闘は終わらず、最後に戦艦「コンゴウ」、駆逐艦「ハマカゼ」、重巡艦「タカオ」が追い打ちをかけてきます。 ムツとナチは体力がとても高いですが、ここで火力を集中しすぎると、次に出現する戦艦2体に対応できず、味方の主力艦に大きなダメージが入ってしまいます。 なお、ここで全力を尽くしても、次に出現するコンゴウに対応できなくなってしまうので火力の配分には十分に注意しましょう。 敵戦艦は最優先で倒そう 砲撃前に倒そう 11章の主力艦隊では、敵に戦艦のユニークユニットが出現します。 敵戦艦は、一定時間後にこちらの主力艦に向けた砲撃を行ってきます。 この攻撃は、敵レベルが高いことからダメージが高く、おまけの炎上でも大きなダメージを受けてしまうので、非常に危険です。 敵の砲撃前に倒すことが理想ですので、戦艦の出現前には魚雷や主砲の発射準備をしておきましょう。 航空攻撃で弾を消そう 敵戦艦は、砲撃前に倒すことが理想ですが、HPが非常に高く、倒しきれないこともあるでしょう。 その場合には空母の航空攻撃で敵の砲撃を全て消すことがおすすめです。 偵察艦隊は魚雷が多い 11章の偵察艦隊は、戦艦が出現しない分駆逐艦や軽巡艦が多く出現します。 中装甲以上の装甲のキャラは魚雷のダメージも高くなってしまうので、注意しましょう。 クリアできないときは… レベル上限を解放しよう 11章の敵は、全てレベル100を超えています。 アズールレーンでは、レベルが離れているほど回避やダメージに補正がかかり、レベルが高いほうが有利となります。 認識覚醒(レベル上限解放)を行うことによって敵のレベルに追いつく、もしくは逆転ができ、こちらが有利となるので認識覚醒はなるべく利用しましょう。 掲示板• 最新情報• イベント攻略• 開催中 現在開催中のイベントはありません 常設• 最新キャラクター• 最強ランキング• 初心者ガイド リセマラランキング• 初心者向けお役立ち情報• ピックアップ• 不具合・メンテ• キャラ(艦船) キャラ一覧• おすすめキャラ• スキル• ドロップ• ボイス関連• 装備品 おすすめ• 装備品別• ドロップ• その他システム• 海域攻略(出撃) ストーリー• レアドロップ海域• 毎日(曜日クエスト)• 艦隊編成• その他システム• 母港 寮舎• その他システム• 素材・資源(アイテム)•

次の

【アズールレーン】潜水艦の装備の入手方法について解説!【アズレン】|すずめログ

アズレン 11-4

あれから4日くらい経ちましたが・・・ 今では、 11-4周回に切り替えています。 「いきなり飛んだな・・・」 と思われるかもしれません。 自分でも、正直、そう思っています 笑 コロンビア堀りも兼ねて、11-4の調整をしていたら、案外、余裕で回れたんです。 やってみないと、わからないもんですねー。 今は、 オート 放置で安定S勝利できる編成で、11-4周回しています。 フルオートだと、他の作業と並行しやすいんで、ホント楽です。 ちなみにこの記事も、裏で11-4回しながら書いてます せっかくなので今回は、11-4オート周回の編成と装備を、まるっと公開しようと思います。 「これくらいの戦力なら、オートS周回が安定する」 という、ひとつの 目安として、ご覧いただけると幸いです。 もくじ• 11-4 編成と装備 道中用とボス用、2つに分けて艦隊を編成しています。 道中用の編成と装備 上でも書いたとおり、現在、ネプチューン建造のために、経験値を集めています。 なので、前衛はすべてロイヤル巡洋艦で固めています。 ネプチューン建造後は、駆逐艦入れたいです。 敵艦見ゆ対策として。 後衛は、耐久力&自爆ボート処理に優れたティルピッツを採用しています。 スキルの磁気魚雷で、かなり落としてくれます。 祥鳳は、回復&ザコ処理がメインです。 明石とペアにすることで、かなりの回復量になります。 装備の詳細は、動画のラストで紹介しています。 言うて、そこまでのこだわりはありません。 応急修理を多めに積んで、強い装備を積むくらいかなぁ。 あと、オートなので、なるべく磁気魚雷を選択しています。 足りてないので、5連装金魚雷でごまかしてますが・・・ ボス用の編成と装備 東煌勢が、とにかく固い! じつは、11章が実装されたあたりから、急ピッチでスキル上げを進めていました。 現在、逸仙がスキルMAX、寧海・平海がスキルLv9くらいです。 動画をご覧いただけると分かりますが、「miss」のオンパレードです。 耐久ゲージ半分いくか、いかないかくらいの被弾量で、川内を倒します。 これなら、目を離していても安心です! 装備の詳細は、同じく、動画のラストで掲載しています。 前衛艦隊は、応急修理多めにして、ビーバーズエムブレムを装備しています。 魚雷は、なるべく磁気魚雷で。 主力艦隊の戦艦は、とにかく命中重視の装備にしています。 耐久には余裕が出るので、主力艦隊の場合は、応急修理や消火器は、いらないと思います。 11-4 戦闘の様子と立ち回り 戦闘の様子を、動画にしています。 ラストで装備も紹介しているので、気になる方はご覧ください。 大型主力、大型空母との連戦は、なるべく避けてます。 一応耐えられますが、それなりのダメージを受けるので。 なお、偵察艦隊と戦うと、耐久値が回復します。 なので、偵察艦隊が出現したら、「回復スポット」とみなして、あえて残しています。 大型主力と戦った後など、耐久値を回復したいときに、戦いに行くといいです。 「敵艦見ゆ」を引いたせいで、弾薬ゼロ状態で1戦する必要があるときは、当然、大型主力・大型空母との戦闘は避けています。 耐久に余裕があるときは、弾薬ゼロ状態でも勝てますが・・・ そうでないときは、さすがに厳しいので。 もし、弾薬ゼロ状態で、敵の大型艦と戦わざるを得なくなったら・・・ ダメもとでチャレンジして、負けそうだったら、素直にボス用艦隊で倒しに行くといいかも。 さいごに 以上、11-4オート周回編成の紹介でした。 装備など、改善の余地はたくさんあると思いますが、とりあえず完全放置でオート周回できるレベルとなっています。 とにかく、東煌勢が固い!回避率30%UPはハンパない! 育成に時間は掛かりますが、その分、かなりのリターンが期待できます。 ネプチューンの経験値200万が溜まるまでは、11-4周回を続けていこうと思っています。 それまでに、コロンビアはドロップしてくれるのでしょうか・・・ ここまで読んでくださり、ありがとうございました!.

次の