ファイヤーストレイジ。 無料大容量ファイル転送・オンラインストレージ GigaFile(ギガファイル)便

大容量のファイルを送信するには? (firestrage ファイヤーストレージ)

ファイヤーストレイジ

パスワードを指定しない状態でも使用はできますが、セキュリティの観点からも必ず使用することをオススメします。 今回はサンプルのため『aaaaa』としてますが、 こんなことは絶対にやめましょう! 保存期間とパスワードを入力したら、 アップロードのボタンを クリックします。 ウィンドウが開くので送りたいフォルダを選びます、 今回は最初につくった『圧縮用』を選択しています。 データをアップロードする赤いバーが左から右へと伸びていき、 完了すると ダウンロードURLが表示されます。 通常は長いURLですが、 ダウンロード短縮URLを開くをクリックすれば 短縮されたURLも表示されます。 指定したパスワードは共通になります。 長いURLとパスワード、もしくは短いURLとパスワードを記載して 送りたい相手へメールを送ります。 本文は自由に入力して構いません。 firestorage(ファイヤーストレージ)の使用手順:画像&動画データをもらう(受信)側 メールを送った相手にはこのように届きます、開く場合は 記載されている URLをクリックします。 ブラウザが立ちあがり、 中央に ダウンロードページを開くという青いボタンがあるので クリックします。 相手から指定された パスワードを入力します、 今回の場合は『aaaaa』と入力する形になります。 ダウンロードが可能になったと表示されるので、 オレンジの ダウンロードボタンをクリックします。 ダウンロードが完了しますので、PC上で開きます。 以上でfirestorageの使い方は完了です。 firestorage(ファイヤーストレージ)を使用する上での注意点 アップロードしたデータの期限 すぐ開く相手であれば気にしなくてもいい部分ですが、 そうでない場合は余裕を持って設定しましょう。 送るデータにつけるパスワード 忘れないように気をつけましょう、 また簡単すぎないように注意しましょう。 もし忘れた場合受信者はダウンロードできないので、 またパスワードの設定からやり直してください。 firestorage(ファイヤーストレージ)のURL ごくまれにですがパソコンやOSの環境次第では 短縮URLだと開かない場合もあります、 何度も送ったことのある相手なら特に気にする必要もないですが、 そうでない相手の場合は長いままのURLで送った方が安全かもしれません。 さいごに、 さらに大きな動画などを送る必要があれば、似たような 要領で使える『 』も あるので、データの大きさで使い分けるといいでしょう。

次の

容量無制限の無料オンラインストレージ firestorage firestorageの違法ファイルアップロードの取り組み

ファイヤーストレイジ

firestorageってなに? メールでファイルを添付して送る時がよくあるかと思いますが、データサイズが大きいと相手に送れない場合があります。 そんなときに便利なのがfirestorage ファイアーストレージ です。 使い方 使い方はとても簡単です。 まずは、にアクセスします。 次に保存期間を選択します。 できるだけ、短い期間を設定するようにしましょう。 最後にアップロードボタンをクリックして、アップロードするファイルを選択してください。 ZIPファイルをアップロードすることも可能なので、複数ファイルがある場合は、ZIPファイルにしてからアップロードするといいでしょう。 ファイルのアップロードが完了すると、ダウンロードができるURLが表示されます。 このページを開くと、先ほどアップロードしたファイルをダウンロードすることができます。 短縮URLもあるので、メールに貼り付けて相手に送ってみましょう。 送られてきた相手はダウンロードリンクを開くことで、ファイルをダウンロードすることができます。 まとめ このようなストレージサービスは、データサイズの大きい重たいファイルを送るのにとても便利です。 複数の画像ファイルをZIPに圧縮して送るときなども便利なので、是非ご活用下さいませ。 カテゴリー• 736• 114• 544• 1,667• 118• 524• 458• 549• 176• 198•

次の

デザイン・動画編集(修正)やサイト制作に欠かせない指示ツール【アカポン】

ファイヤーストレイジ

画像を圧縮しておく ファイヤーストレージでは様々なアップロード方法がありますが、沢山の画像(例えば、数十枚~)をアップロードする場合、画像を圧縮して行うことで大幅に時間を短縮できます。 画像の圧縮方法の流れ 今回は、参考例としてWindows7の場合の画像圧縮方法をご紹介します。 (Windows10でも同様の流れで可能です) 圧縮はそれほど難しい作業ではありません。 ご了承ください。 【1】アップロードしたい(相手に送りたい画像)写真を用意します。 【2】画像をまとめる為のフォルダを作成します。 フォルダの作成場所は、どこでも構いません。 以下では、わかりやすくするためデスクトップに作成しています。 【3】作成したフォルダの中に、画像を格納します。 【5】圧縮ファイルが作成されます。 【6】「ファイルをアップロード」にチェックをいれます。 にアクセスし、「ファイルをアップロード」にチェックをいれます。 【7】保存期間を設定します。 (必要であればパスワードも設定) 【8】「ファイルを選択してアップロード」を押して圧縮ファイルをアップロードします。 「ファイルを選択してアップロード」をクリック、または「ファイルをドロップ」で圧縮ファイルをアップロードします。 【9】作成した圧縮ファイルがアップロードされます。 【10】アップロード完了後、ダウンロードURLが発行されます。 アップロードが完了すると、ダウンロードURLが発行されるので、このURLをメール等で相手側に伝えればOKです。 動画での説明はこちら.

次の