マスク 供給。 マスク、月30億枚超の供給不足か…世界的なマスク不足、もう安く買うのは困難な情勢

マスク不足解消は5~6月頃か「青天井の需要」に追いつかない政府の苦悩とマスクチームの挽回策

マスク 供給

新型コロナウィルス の影響でマスクが品切れになっていますが、いったいいつになったらマスク不足は解消するのか?マスクはいつから出回るのか?気になるところです。 日本ではマスクの生産量と輸入合わせてで年間で約55億枚ほど流通していますが全く足りていないためどこに行っても不足しています。 マスクは通常中国からの輸入が多いのですが、その中国がコロナウィルス の影響でマスク不足になり一時は逆に世界各国からマスクを輸入する事態になっていました。 そのため中国からのマスクの輸入が滞り日本のマスク不足は深刻化してしまい店頭から消えてしまいました。 マスクが増産されて実際にマスクがいつから安定するのか?マスク流通はいつから促進されて店頭に並ぶのかは3月中旬以降になる模様です。 マスク国内生産を3倍に増産してマスク不足解消へ 政府は国内の主要マスクメーカーにマスクの増産を指示しメーカーも増産を開始しましたがまだ一向に増える気配はありません。 加えて新規マスク生産をメーカー各社に要請して電気メーカーのシャープまで参入するようになりました。 政府がなぜシャープに打診したのかと言えば工場にクリーンルームがあり早く衛星的にマスクを製造することが可能なためシャープに要請していました。 それを受けてシャープもマスク製造に参入するようですね。 シャープマスクがいつから販売されるのかは3月中旬以降には1日15万枚程度の生産を開始するとのことなので3月中には市場に出て来そうです。 その後は1日あたり50万枚規模まで生産が可能になると言うことです。 このように既存のマスクメーカーに加え新規マスクを生産するメーカーも増えて通常の3倍増でマスクの供給が出来るようになるとのことですが実際に店頭に並ぶまでにはもう少し時間がかかりそうです。 マスクがいつから出回るのか不安になっている方も多いと思いますがマスクメーカーも全力で製造しているようです。 しかし最初に国や医療施設などから納入されるため店頭に並ぶまではもう少し時間がかかるようです。 このように製造されて絶対に必要なところから多く納入されることが予想されるためマスクがいつから安定供給されるのかは医療機関などにマスクが行き渡った後から徐々に安定するのではないでしょうか? またAmazonでマスクを購入したけど在庫があるのに全く届かないという方はなぜなのかを下記のリンクに詳しく記載していますのでどうぞ。 マスクの中国からの輸入は2月中旬から輸入再開 マスクの生産大国である中国からのマスクも2月中旬頃から再開された模様で1,000枚レベルで輸入されるようになっているようです。 経済産業省のホームページによれば3月1日以降は週に4,000枚から輸入されて3月9日の週にはさらに増えて10万枚レベルの輸入になる模様です。 さらに3月中には100万枚の輸入を目指し最終的に400万枚まで拡大するともことです。 これは2月28日時点に経済産業省がホームページで発表している数字です。 またマスク以外にも消毒液なども不足しているため詳しく案内がされています。 もっと詳しく状況を知りたい方はに経済産業省のホームページのリンクを貼っていますのでどうぞ。 マスクが増産されたり輸入が増えたりしても最初は医療機関などから優先的に納品されるため一般のドラッグストアなどの店頭に並ぶまではもう少し時間がかかるのではないでしょうか? 会社で起こるコロハラって何?が気になる人は下記のリンクからどうぞ マスクが売ってる場所はあるの? 2月の23日頃まではたまにドラッグストアでマスクを見かけていましたが2月末にはほとんど見かけなくなりました。 コンビニでもマスクを探してもほとんど見かけなくなりました。 ネットでも在庫なしと記載されている状態です。 たまにあってもぼったくり状態です。 ただ政府がこうした動きも自粛するよう要請しているため、売れなくなった業者がどこかで販売する可能性はあります。 しかしほとんどは現在の状況ではいつ入荷するのかわからないため、どこにマスクが売っているかはわかりません。 たまに入荷しても数量限定で大量購入は出来ません。 心理的に品薄になれば余計に欲しくなってしまいますが仕方ありません。 マスクが品薄になりトイレットペーパーやティッシュが品薄になるとのデマが流れ、一斉に人々が購入してしまいトイレットペーパーやティッシュまでも不足しています。 こちらはマスクとは関係ないため一時的に店頭から消えてしまいましたがすぐに解消されそうです。 誰かがSNSでデマ情報を発信したため全国的にこのような状況になったのですが世間はコロナウィルス に敏感になっている時にこのような噂があっという間に広がってしまうスピードは物凄いものです。 トイレットペーパーがないデマ情報が発生後にトイレットペーパーは在庫十分と言われてますが依然として買い占めが続く理由が気になる人は下記のリンクからどうぞ。

次の

中国驚愕「実力を侮ってはならない」日本がマスク供給を月産6億枚超に

マスク 供給

「gettyimages」より いつになったらマスクが買えるのか? マスクが相変わらず、手に入らない。 マスクが普通に買えたのは今年1月までのこと。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ドラッグストアやスーパー、コンビニエンスストアの店頭からマスクが消え、補充も十分にされず、買えなくなった。 テレビでは、感染症の専門家を名乗る人たちが登場し、「マスクでは感染の予防効果は低い」として、「外出時には携帯用のアルコール消毒薬を持ち歩く」よう勧めていた。 すると今度は店頭からアルコール消毒薬がたちまち消え、買えなくなった。 2月上旬以降、3月末現在に至るまで、マスクとアルコール消毒薬の品薄状態はまったく解消されていない。 この事態に対し、政府は2月中旬、「毎週1億枚以上供給できる見通しができている」(菅義偉官房長官。 2月12日)としていた。 専門家がたとえマスクでは感染を防げないと言おうとも、政府はなんとしてもマスクの供給を正常な状態に戻そうと考えていたのだ。 翌2月13日に発表された政府の緊急対応策では、マスク増産のための設備投資支援に5億円を確保。 しかし、マスクの品薄状態は解消されず、「増産態勢を確立し、今週から入ってくるという報告を受けていた」(菅官房長官。 2月20日)と釈明。 2月22日の時事通信は、菅官房長官が経済産業省の担当者を呼び、「話が違うじゃないか。 同日の時事通信は、政府関係者の談として、1月の最終週には週1億枚超を供給できるようになったものの、需要がそれをはるかに上回る週9億枚にまで急増。 需要にまったく追いついていない現状を伝えていた。 2月末の時点で国内のマスクメーカーは、通常の3倍のペースで増産していたという。 しかし、新型コロナウイルス禍が起きる前、国内で流通していたマスクのおよそ7割までが、中国で製造されていたものだった。 この機会に確認してみたところ、筆者の家で買い置きしてあった使い捨てマスク(1箱50枚入り)にしても、やはり中国産。 購入価格は600円前後だったと記憶している。 つまり、中国で新型コロナウイルスの感染が拡大し、中国国内でのマスク需要が急増したのと同時に、マスクの生産も止まってしまい、日本に供給されなくなったことが、マスク品薄騒動の端緒であり、原因だった。 経産省によれば、2月下旬には中国からの輸入も再開されたというのだが、ならばなぜ、ドラッグストアやスーパーの店頭からマスクが消えたままなのか。

次の

マスク品薄、解消いつ? 政府「1億枚供給宣言」でも買えず(2020年2月18日)|BIGLOBEニュース

マスク 供給

新型ウイルス肺炎が世界に拡大 日本国内でも警戒(写真:アフロ) マスクがない! 新型コロナウイルス(以下、コロナ)の感染が広がるとともに、ドラッグストア、コンビニエンスストア、スーパー、どこに行っても マスクが品切れで手に入らなくなった。 これに対して、日本政府は法律に基づきマスクの買い占めやインターネットでの転売を禁止することなどを盛り込んだ総合対策を取りまとめている。 この非常事態に、シャープは、液晶ディスプレイを生産している三重工場のクリーンルームで1日50万枚(月産1500万枚)のマスクを製造すると発表し、筆者を驚かせた(人々の役に立つのだからよいことだと思うけれど)。 しかし、なぜ、これほどマスクが足りないのだろうか? 転売目的で買いだめしている不届き者がいたのは事実だと思うが、それにしても、この足りなさは尋常ではない。 そこで本稿では、まず、通常レベルのマスクの供給量、マスクの国産と輸入の割合に関する定量データを示す。 次に、日本人が異常なほど大量にマスクを消費している実態を明らかにする。 その背景には、「だてマスク」もしくは「顔のパンツ」としてマスクを使用している人が多数いることを指摘する。 その上で、コロナ対策のためには、本来の目的以外でのマスク着用を禁止するべきだとする結論を述べる。 マスク供給量 図1に、一般社団法人・日本衛生材料工業連合会が公開している2009年~2018年までの、家庭用、医療用、産業用マスク枚数の推移を示す。 2009年に新型インフルエンザが流行して、一時的に年間44. 6億枚とマスクの需要が急増した。 しかし、2010年に6. 7億枚、2011年に8. 4億枚に大きく減少した。 恐らく、通常なら10億枚弱もあれば、マスクは十分足りるということなのだろう。 ところが、2012年以降にマスクの供給量が飛躍的に増大していき、2015年以降は2009年の水準を超え、2018年には55. 4億枚に達する。 このような膨大な枚数のマスクをどのように供給しているかというと、図2に示すように、2012年以降は約80%を輸入に頼っている。 最近の報道では、輸入元は中国であるという。 さらに、日本では自治体や企業が、非常時に備えてマスクを備蓄している(図3)。 その備蓄量は、2013年と2014年は14億枚以上と多かったが、2016~2018年は8~9億枚程度となっている。 以下では、家庭用マスクに焦点を当てて、分析を行うことにする。

次の