バンドリssオリ主。 俺ガイル×BanG Dream!

俺ガイル×BanG Dream!

バンドリssオリ主

評価:A 原作:BanG Dream! 、やはり俺の青春ラブコメは間違っている ジャンル:クロスオーバー 主人公:比企谷八幡 投稿サイト:pixiv 天才と言われたほどの腕前 総武高校に通う比企谷八幡は、奇妙な女と出会った。 彼女は、やたらとハイテンションで周囲を巻き込むほどパワフルだ。 名前は、戸山香澄。 彼女の全力で取り組んでいる姿勢に衝撃を受けた八幡は、かつてのバンドメンバーとの面影をかさねつつ、しぶしぶと彼女に付き合うことになる。 しだいに集まるバンドメンバーに、総武高校の面々を思い出す八幡。 』二次小説作品です。 かつてバンドグループの一員だった比企谷八幡は、バンドを抜けました。 八幡は、刺激のない毎日を送っていたのです。 しかし、彼はガールズバンドに魅了し、バンドの音楽に憧れる少女に出会いました。 戸山香澄は、ランダムスターを抱え、その横で戸惑っている市ヶ谷有咲。 徐々にバンドを形成していく中で、彼女の台風のような周囲を巻き込むパワーは、八幡も翻弄します。 ただのクロスオーバーではなく、総武高校のメンバーがバンドをしていたりと、物語に深い役割を担っています。 八幡は、再びバンドに戻るのでしょうか? その他の物語は、から.

次の

ss 異世界最強、オリ主、ハーレム、おすすめ二次創作小説まとめ

バンドリssオリ主

バンドリ! ガールズバンドウルトラパーティー! ハーメルン バンドリ! ガールズバンドウルトラパーティー! 作者: ガールズバンド時代。 それはキラキラを求める少女達は歌に合わせてそれぞれの思いを届ける。 そこに、暗雲が立ち込めるが如く現れた怪獣や宇宙人。 それに立ち向かうは、この星に集いし6の光。 初めての方ははじめまして。 既知の方はこんにちは。 この前までラブライブ! サンシャイン!を基にしたオリトラマン活躍の作品を描いていましたが急にバンドリ! を基にした作品を描きたくなりました。 それにともない、サンシャインの方は削除いたします。 理由としてましては、1つの作品にしか集中できないという致命的な欠点を私が持っているからです。 心機一転、描いていきますのでこんな駄作駄文でよろしければ、ゆっくりお付き合い願います。

次の

バンドリss オリ主、恋愛などおすすめ二次小説をご紹介!

バンドリssオリ主

吸血鬼として血を欲していたリサを助けたのはいいものの貧血を起こしリサの家に泊まることになったおれはまだ動けず仕舞いの状態だった。 いま俺はリビングのソファーでリサと手を繋ぎ座っている。 なぜか恋人繋ぎで、、 俺が動けないと言うのもあれば、リサが離れたくないと言ったため手を繋ぎ側にいてあげると言う意味もある。 リサ「ねぇ、真琴。 体は大丈夫?」 「頭がまだボーっとはしているけど大丈夫そうだ」 リサ「ごめんね、アタシ、加減がわからなくて血を貰いすぎちゃって」 「仕方ないことさ。 人間でも吸血鬼でも理性がなくなれば加減もわからなくなるものだからな」 リサ「でも、アタシがちゃんとしてれば、、」 「リサ、俺は謝罪よりも聞きたい言葉があるけど、」 リサ「そう、だね。 どういたしまして」 リサは嬉しいそうな笑顔を浮かべる。 やっぱり彼女は暗い顔よりも明るい笑顔の方が似合うし可愛い。 それはいいんだが、、 さっきから右腕にリサが抱きついている訳だ。 柔らかい身体や、女性のほのかに甘い香りが鼻腔をくすぐっているため心臓に悪い。 というか腕が幸せな気分。 「あ、あのリサさん?」 リサ「ん、なーに?」 「腕に抱きつくのは、その、なんというか」 リサ「落ち着くんだけどな〜。 あっ、腕がダメなら真琴に抱きつけばいいのかな〜?」 悪戯っ子のような笑みを浮かべている。 あんまり女性とのスキンシップに耐性がないのをわかっていてやっているのだろう。 「そういう問題じゃなくて!」 リサ「じゃあ、抱きしめてってお願いしたら抱きしめてくれるの?」 「そりゃ、俺だって男だからあんまり断りたくないど(断る理由がないけどね)、、ってそうじゃなくて!」 リサ「アハハ、真琴はノリがいいねー」 「全く誰のせいなんだろうね〜」 こんな談笑を話せるなら彼女はもう大丈夫だろう。 俺は本当に安心した。 すると、、 緊張がほぐれたからか俺の腹の虫がなった。 「あっっ、、、、」 リサ「アハハハハ」 「笑いすぎだっての」 リサ「アハハごめんごめん。 アタシの作ったのでよければ夕ご飯食べる?」 「まじ?!、食べる食べる」 リサ「オッケー。 煮物は残りが沢山あるから、足りない分は作るね。 ちょっと待っててね」 「おう、待ってるわ。 楽しみだなー」 人のご飯を食べるのは久しぶりだ。 外食は金がかかるしいちいち出かけるのもめんどいということで自炊をしている。 リサは女子力は高いため絶対にご飯は美味しいと確信できとても楽しみである。 リサ「ごめんねー急だったから簡単なものしかできなかったけど」 夕食は鮭の塩焼き、筑前煮、卵焼き、味噌汁、おひたしに白米 急ごしらえと言っていたがそれを感じさせないほど美味しいそうだった。 「「いただきます」」 冷めないうちに卵焼きから頂く。 出汁の効いた卵焼きは程よい焼き加減 煮物も彼女が好物であるというだけのことがあり、煮汁がしっかりと染み込んだ大根や人参はとても美味だった。 気がつけば容器が空になるほどに食べ進めていた。 お腹も膨れ大満足の夕食だった。 「ご馳走さまでした」 リサ「お粗末様でした。 片付けしている時にふと思ったのだが、これ夫婦みたいだなと冗談で言ったら顔を真っ赤にして怒られました。 その後風呂に入りお話をした。 「リサ、元気になったみたいだな」 リサ「おかげさまでね。 真琴は体調大丈夫?」 「まぁな」 リサ「無理、しないでね」 「こっちのセリフだって、リサこそ無理すんな。 リサはもっと人を頼りにするべきだ」 リサ「うん、わかった」 「さて、夜も遅いし、そろそろ寝る、、か」 ここで気がついた。 リサは自分のベットで寝ればいい。 俺はどこで寝ればいいのだろう 「俺、ここのソファで寝るわ」 リサ「ダメだよ真琴、ちゃんとしたところで寝ないと」 「そうは言ってもどこで寝れば、、ちょっとリサ?!」 リサがいきなり俺にいきなり抱きついてきた。 リサ「真琴に側にいて欲しい。 一緒に寝よ?」 「、、、イヤイヤイヤ何言ってるんだよ。 無理無理(理性が)」 リサ「真琴はアタシと一緒に寝るの、イヤ?」 「いやではないけど、でも俺ら年頃の男女だし、あんまりよくないのでは」 リサ「だめ?」 リサの抱きついたまま上目づかい、瞳を潤ませて本当に泣いているかの表情をしてきた。 「わかった、俺の負けだ。 リサが苦しんでいた過去を聞いたうえであの表情をされたら放っておけなくなってしまった。 (あんな悲しそうな表情されたら、放っておけるわけないよな) 寝れるかわからない夜になりそうだ。 [newpage] リサと寝ることになった俺はいまベットに横になっている。 リサのベットは少し大きめのものだが、1人用のもののため、2人でつかうと少し小さく感じる。 そのため、俺はリサと向き合う形で横になっている。 ベットで横になり、正面にはリサがいるためさっきから心臓がうるさいぐらいドキドキしている。 リサ「ねぇ、真琴」 「ん、どうした?」 リサ「アタシが吸血鬼だと知った時、どう思った?」 「正直すごくびっくりした。 まさか知り合いが吸血鬼だったなんてな」 リサ「そう、だよね」 「でも、辛そうな表情を見たとき、助けたくなった。 人が苦しんでる姿を見ていたら、俺も苦しくなった」 リサ「あの時のアタシ、どうだった?」 「すごく怖かった。 でも助けてあげたいとも思った。 人でも吸血鬼でも関係ない。 俺はリサを助けたいから、血をあげたんだ」 リサ「、、、、、」 「大丈夫、困ってたら相談してくれていい。 頼ってくれていい」 リサ「でも、アタシ、人を怖がらせて、その時に近寄らないでって、言われて、」 リサは今にも泣きそうな表情だった。 俺はリサを優しく抱きしめて、頭を撫でながらゆっくりと言った。 「大丈夫、大丈夫。 俺はリサを見捨てない。 俺はリサがいなくなることや、自分一人で苦しむことはして欲しくないからな」 「甘えたいときは甘えていい、泣きたいときは泣いてもいい。 俺はリサの側にいるよ」 リサ「うん、うん、ありがとう。 これからたくさん甘えるし、頼っちゃうよ?」 「いつでもどうぞ」 リサ「ふふ、ありがと、じゃあもう少しこのままでもいい?」 「いいよ、寝るまでこうしててあげるから、ゆっくりおやすみ」 リサ「うん、おやすみ」 リサが寝るまで俺はリサを抱きしめ頭を撫でていた。 すぐに可愛らしい寝息をたてリサは眠りについた。 彼女は自分のことを犠牲にし、周りのことを考える優しい吸血鬼。 そんな彼女を俺は支えよう。 そう決心し、そっと言葉にした。 「ずっと側にいて支えるからな、リサ」 [newpage] 結局翌日の朝まで寝れなかったのは言うまでもなく、朝一番リサの怒られる俺でした。 吸血鬼として血を欲していたリサを助けたのはいいものの貧血を起こしリサの家に泊まることになったおれはまだ動けず仕舞いの状態だった。 いま俺はリビングのソファーでリサと手を繋ぎ座っている。 なぜか恋人繋ぎで、、 俺が動けないと言うのもあれば、リサが離れたくないと言ったため手を繋ぎ側にいてあげると言う意味もある。 リサ「ねぇ、真琴。 体は大丈夫?」 「頭がまだボーっとはしているけど大丈夫そうだ」 リサ「ごめんね、アタシ、加減がわからなくて血を貰いすぎちゃって」 「仕方ないことさ。 人間でも吸血鬼でも理性がなくなれば加減もわからなくなるものだからな」 リサ「でも、アタシがちゃんとしてれば、、」 「リサ、俺は謝罪よりも聞きたい言葉があるけど、」 リサ「そう、だね。 どういたしまして」 リサは嬉しいそうな笑顔を浮かべる。 やっぱり彼女は暗い顔よりも明るい笑顔の方が似合うし可愛い。 それはいいんだが、、 さっきから右腕にリサが抱きついている訳だ。 柔らかい身体や、女性のほのかに甘い香りが鼻腔をくすぐっているため心臓に悪い。 というか腕が幸せな気分。 「あ、あのリサさん?」 リサ「ん、なーに?」 「腕に抱きつくのは、その、なんというか」 リサ「落ち着くんだけどな〜。 あっ、腕がダメなら真琴に抱きつけばいいのかな〜?」 悪戯っ子のような笑みを浮かべている。 あんまり女性とのスキンシップに耐性がないのをわかっていてやっているのだろう。 「そういう問題じゃなくて!」 リサ「じゃあ、抱きしめてってお願いしたら抱きしめてくれるの?」 「そりゃ、俺だって男だからあんまり断りたくないど(断る理由がないけどね)、、ってそうじゃなくて!」 リサ「アハハ、真琴はノリがいいねー」 「全く誰のせいなんだろうね〜」 こんな談笑を話せるなら彼女はもう大丈夫だろう。 俺は本当に安心した。 すると、、 緊張がほぐれたからか俺の腹の虫がなった。 「あっっ、、、、」 リサ「アハハハハ」 「笑いすぎだっての」 リサ「アハハごめんごめん。 アタシの作ったのでよければ夕ご飯食べる?」 「まじ?!、食べる食べる」 リサ「オッケー。 煮物は残りが沢山あるから、足りない分は作るね。 ちょっと待っててね」 「おう、待ってるわ。 楽しみだなー」 人のご飯を食べるのは久しぶりだ。 外食は金がかかるしいちいち出かけるのもめんどいということで自炊をしている。 リサは女子力は高いため絶対にご飯は美味しいと確信できとても楽しみである。 リサ「ごめんねー急だったから簡単なものしかできなかったけど」 夕食は鮭の塩焼き、筑前煮、卵焼き、味噌汁、おひたしに白米 急ごしらえと言っていたがそれを感じさせないほど美味しいそうだった。 「「いただきます」」 冷めないうちに卵焼きから頂く。 出汁の効いた卵焼きは程よい焼き加減 煮物も彼女が好物であるというだけのことがあり、煮汁がしっかりと染み込んだ大根や人参はとても美味だった。 気がつけば容器が空になるほどに食べ進めていた。 お腹も膨れ大満足の夕食だった。 「ご馳走さまでした」 リサ「お粗末様でした。 片付けしている時にふと思ったのだが、これ夫婦みたいだなと冗談で言ったら顔を真っ赤にして怒られました。 その後風呂に入りお話をした。 「リサ、元気になったみたいだな」 リサ「おかげさまでね。 真琴は体調大丈夫?」 「まぁな」 リサ「無理、しないでね」 「こっちのセリフだって、リサこそ無理すんな。 リサはもっと人を頼りにするべきだ」 リサ「うん、わかった」 「さて、夜も遅いし、そろそろ寝る、、か」 ここで気がついた。 リサは自分のベットで寝ればいい。 俺はどこで寝ればいいのだろう 「俺、ここのソファで寝るわ」 リサ「ダメだよ真琴、ちゃんとしたところで寝ないと」 「そうは言ってもどこで寝れば、、ちょっとリサ?!」 リサがいきなり俺にいきなり抱きついてきた。 リサ「真琴に側にいて欲しい。 一緒に寝よ?」 「、、、イヤイヤイヤ何言ってるんだよ。 無理無理(理性が)」 リサ「真琴はアタシと一緒に寝るの、イヤ?」 「いやではないけど、でも俺ら年頃の男女だし、あんまりよくないのでは」 リサ「だめ?」 リサの抱きついたまま上目づかい、瞳を潤ませて本当に泣いているかの表情をしてきた。 「わかった、俺の負けだ。 リサが苦しんでいた過去を聞いたうえであの表情をされたら放っておけなくなってしまった。 (あんな悲しそうな表情されたら、放っておけるわけないよな) 寝れるかわからない夜になりそうだ。 [newpage] リサと寝ることになった俺はいまベットに横になっている。 リサのベットは少し大きめのものだが、1人用のもののため、2人でつかうと少し小さく感じる。 そのため、俺はリサと向き合う形で横になっている。 ベットで横になり、正面にはリサがいるためさっきから心臓がうるさいぐらいドキドキしている。 リサ「ねぇ、真琴」 「ん、どうした?」 リサ「アタシが吸血鬼だと知った時、どう思った?」 「正直すごくびっくりした。 まさか知り合いが吸血鬼だったなんてな」 リサ「そう、だよね」 「でも、辛そうな表情を見たとき、助けたくなった。 人が苦しんでる姿を見ていたら、俺も苦しくなった」 リサ「あの時のアタシ、どうだった?」 「すごく怖かった。 でも助けてあげたいとも思った。 人でも吸血鬼でも関係ない。 俺はリサを助けたいから、血をあげたんだ」 リサ「、、、、、」 「大丈夫、困ってたら相談してくれていい。 頼ってくれていい」 リサ「でも、アタシ、人を怖がらせて、その時に近寄らないでって、言われて、」 リサは今にも泣きそうな表情だった。 俺はリサを優しく抱きしめて、頭を撫でながらゆっくりと言った。 「大丈夫、大丈夫。 俺はリサを見捨てない。 俺はリサがいなくなることや、自分一人で苦しむことはして欲しくないからな」 「甘えたいときは甘えていい、泣きたいときは泣いてもいい。 俺はリサの側にいるよ」 リサ「うん、うん、ありがとう。 これからたくさん甘えるし、頼っちゃうよ?」 「いつでもどうぞ」 リサ「ふふ、ありがと、じゃあもう少しこのままでもいい?」 「いいよ、寝るまでこうしててあげるから、ゆっくりおやすみ」 リサ「うん、おやすみ」 リサが寝るまで俺はリサを抱きしめ頭を撫でていた。 すぐに可愛らしい寝息をたてリサは眠りについた。 彼女は自分のことを犠牲にし、周りのことを考える優しい吸血鬼。 そんな彼女を俺は支えよう。 そう決心し、そっと言葉にした。 「ずっと側にいて支えるからな、リサ」 [newpage] 結局翌日の朝まで寝れなかったのは言うまでもなく、朝一番リサの怒られる俺でした。

次の