立春 立夏 立秋 立冬。 二十四節気

立春・春分・立夏・夏至・立秋・秋分・立冬・冬至・何個知っていますか?これらを二十四節気と言います。二十四節気を知ってみましょう!

立春 立夏 立秋 立冬

こんにちは 今日は (にじゅうしせっき)について紹介させて頂きます。 「って何?」と聞かれたら、何とこたえますか? は(にじゅうしせっき)と読みます。 「今日はのです」と見聞きしたり、「とは名ばかりでまだまだ寒い日が続きます」と手紙に書いたり、(にじゅうしせっき)は暮らしの中に度々登場します。 また、寒中見舞い、節分、、などはに基づく風習です。 寒中見舞い、節分、、などは知っていても、(にじゅうしせっき)という言葉を知っている人は少ないです。 という言葉は知っていても、何のことかと問われたら意外とわからないもの。 を知って、季節感のある暮らしを楽しみましょう。 (にじゅうしせっき)とは? は農作業の目安にもなりました。 は以下の24の節気の事をいいます。 【】 りっしゅん:2月4日頃 【雨水】 うすい:2月19日頃 【】 けいちつ:3月6日頃 【】 しゅんぶん:3月21日頃 【】 せいめい:4月5日頃 【】 こくう:4月20日頃 【】 りっか:5月6日頃 【小満】 しょうまん:5月21日頃 【】 ぼうしゅ:6月6日頃 【】げし:6月21日頃 【】 しょうしょ:7月7日頃 【】 たいしょ:7月23日頃 【】 りっしゅう:8月7日頃 【】 しょしょ:8月23日頃 【白露】 はくろ:9月8日頃 【】 しゅうぶん:9月23日頃 【】 かんろ:10月8日頃 【】 そうこう:10月23日頃 【】 りっとう:11月7日頃 【】 しょうせつ:11月22日頃 【大雪】 たいせつ:12月7日頃 【】 とうじ:12月22日頃 【】 しょうかん:1月5日頃 【】 だいかん:1月20日頃 とは、1年(を出てから再びに達するまでの太陽の上の位置)を24等分し、約15日ごとの節気に分けたものです。 それぞれの節気は「」「雨水」「」など天候や生き物の様子で表され、季節の目安とされてきました。 もともと古代中国から伝わった季節区分法で、旧暦において毎月の日付と実際の季節に生じるずれを補うために用いられ、農作業、年中行事、季節の挨拶などに役立てられてきました。 の成り立ち なぜ旧暦で生まれたがに通用するの? どうして 旧暦で生まれたがに通用するのでしょう? 暦の特性を知ると、謎が解けます。 月の満ち欠けをもとにした暦を「」といいますが、月は約29日かけて地球を周るため、季節に変化をもたらす太陽の動きとの間にずれが生じます。 そのため、「」は年ごとに月日と季節の誤差が生まれ、季節を知る目安になりませんでした。 そこで、古代中国で考えられたのが、月日は月の運行をもとに、季節は太陽の運行をもとに定めた「」です。 その主な特徴がで、太陽が移動する天球上の道筋()を二十四等分し、各節気の間隔を約15日と定め、月の運行とは関係なく、季節の推移を知ることができるようにしました。 日本ではの頃より採用され、日本の季節に合うよう改定が重ねられました。 現在私たちが使っているのは、太陽の運行をもとにした「」です 明治6年に「」に改暦され現在に至るのでこちらを『』と呼び、改暦以前に使われていた「」であるを『旧暦』と呼んでいます。 季節を知る目安は太陽の動きであり、は太陽の動きをもとにしているため、でも旧暦でも節気が来る日に変わりはありません。 だから、は現在でも季節感をあらわす言葉として暮らしに根付いているのです。 ただ、時としては実際の季節感とずれを感じることもあります。 たとえば、や(この2つの節気を寒中といい、寒中見舞いを出す期間です)は実感できても、のあとのに「暦の上では春です」と言われても、なかなかピンとこないでしょう。 これは、が古代中国の文化の中心だった流域(中国地方。 日本の東北北部と同緯度)で作られたことと、気温の変化は光の変化より2週間ほど遅れるためです。 (にじゅうしせっき)を一つひとつ紹介します は季節を知るー 各節気の期間は約15日ですが、毎年同じ日付とは限らないため、その年のカレンダーなどで確認してください。 たとえば、カレンダーに「2月4日・」「2月19日・雨水」と記載してあったら、2月4日から2月18日までがです。 【】 りっしゅん:2月4日頃 寒さは厳しいけれど、陽ざしが春めいてくる頃。 この日から暦の上では春となる。 の最初の節気。 の前日がいわゆる「節分」。 【雨水】 うすい:2月19日頃 雪から雨へと変わり、降り積もった雪もとけだす頃。 【】 けいちつ:3月6日頃 大地も暖まり、冬ごもりから目覚めた虫が、穴をひらいて顔を出す頃。 「啓」はひらく、「蟄」は土の中にとじこもっていた虫(蛙や蛇)という意味。 【】 しゅんぶん:3月21日頃 昼夜の長さがほぼ同じになる日。 この日を境に陽が延びていく。 春の彼岸の中日で、祝日。 【】 せいめい:4月5日頃 花が咲き、鳥は歌い、空は青く澄み、爽やかな風が吹き、すべてのものが春の息吹を謳歌する頃。 は「清浄明潔」の略で、万物がけがれなく清らかで生き生きしているという意味。 【】 こくう:4月20日頃 やわらかな春雨に農作物が潤う頃。 【】 りっか:5月6日頃 新緑に彩られさわやかな晴天が続く頃。 この日から暦の上では夏となる。 【小満】 しょうまん:5月21日頃 すべてのものが次第に成長し、天地に満ちはじめる頃。 農家では田植えの準備を始める頃。 【】 ぼうしゅ:6月6日頃 の種をまく頃。 イネ科植物の穂先にある毛のような部分を「芒」といい、田植えの目安とされていた。 【】げし:6月21日頃 太陽高度が最も高く、1年で最も昼が長い日。 暦の上では夏の折り返し地点にあたり、を過ぎると暑さが増して本格的な夏がやってくる。 【】 しょうしょ:7月7日頃 だんだん暑さが増していく頃。 梅雨明けも近くなり、湿っぽさの中にも夏の熱気が感じられるようになる。 【】 たいしょ:7月23日頃 暑さが最も厳しくなる頃。 とを合わせたおよそ1ヶ月を「暑中」といい、暑中見舞いを出す期間。 前の18日間が夏の「土用」。 【】 りっしゅう:8月7日頃 厳しい残暑が続くが、これから少しずつ涼しくなり、秋の気配が漂いだす頃。 この日から暦の上では秋となる。 【】 しょしょ:8月23日頃 暑さも峠を越え、朝晩の涼しさに初秋の息遣いを感じる頃。 【白露】 はくろ:9月8日頃 草花に朝露がつき、秋の趣が深まる頃。 【】 しゅうぶん:9月23日頃 昼夜の長さがほぼ同じになる日。 この日を境に陽が短くなり、秋の夜長に向かう。 秋の彼岸の中日で、祝日。 【】 かんろ:10月8日頃 草木に冷たい露が降りる頃。 秋も本番を迎え、収穫もたけなわとなる。 【】 そうこう:10月23日頃 早朝に霜が降りはじめる頃。 秋も深まり、山々は紅葉に染まる。 【】 りっとう:11月7日頃 木枯らしが吹き、冬の訪れを感じる頃。 この日から暦の上では冬となる。 【】 しょうせつ:11月22日頃 日を追うごとに寒さも増し、野山に初雪が舞い始める頃。 【大雪】 たいせつ:12月7日頃 山の峰々に雪がかぶり、平地にも雪が降る頃。 本格的な冬の到来。 【】 とうじ:12月22日頃 太陽高度が最も低く、1年で最も昼が短い日。 を願い、かぼちゃ、柚子湯などの風習がある。 【】 しょうかん:1月5日頃 池や川の氷も厚みを増し、寒さが厳しくなる頃。 この日を「寒の入り」、節分(の前日)までを「寒の内」という。 【】 だいかん:1月20日頃 冷え込みもはげしく、寒さが最も厳しい頃。 とをあわせたおよそ1ヶ月を「寒中」といい、寒中見舞いを出す期間。 の最後の節気。

次の

立春・春分・立夏・夏至・立秋・秋分・立冬・冬至・何個知っていますか?これらを二十四節気と言います。二十四節気を知ってみましょう!

立春 立夏 立秋 立冬

立春と言うと、 2020年2月4日の一日を意味する場合もあります。 しかし、そもそもの立春とは という暦の上での春の始まりの約15日の期間を表す言葉です。 や冬至もこの二十四節気の一つ まだまだ寒いのになぜカレンダーの上では立春という春の始まりになるのかなど、今回はご紹介します。 また、立 春は古くからとても重要視された日で、 節分との関係や由来、 占いで重要視されてきた立春等あまり知られない点もご紹介します。 立春はいつからいつまでかの決め方 そもそも私たちの生活の中で、ほとんど利用されない立春とはどのように決まっているのかをご紹介します。 立春の日は太陽の位置で決まる 立春の日や、その他の二十四節気は太陽の位置によって毎年決められます。 2018年、2019年の立春も2月4日、その前も長いこと2月4日が続いていますが、他の日になることもあるのです。 そのため、立春は暦の本でも2月4日ごろと表記されます。 実際、1984年は2月5日でしたし、2021年や2025年には2月3日になるとされています。 次の二十四節気の雨水もまた太陽の位置によって決まります。 約15日で次の節気に変わります。 2020年の立春と節分・旧正月 立春の近くで行われる行事の 節分や旧正月。 これらは次のように日が決まります。 節分:立春の前日 立春という季節の分かれ目 暦の上での冬の最終日 を指します。 本来の節分の意味は春夏秋冬各季節の分かれ目を指し、立春・・・の4日を指します。 2020年の節分は2月3日となります。 旧正月:立春とは関係なく決められる 旧正月は、立春の節気で行われていることが多いですが、立春の日とは全く関係ありません。 決定の方法は、旧暦、つまり月の動きによって決まります。 ここからは立春についてさらに詳しくご紹介をしていきます。 今でもカレンダーに表記される立春がどのように私たちの暮らしに影響を与えるのかを見ていきましょう。 立春の意味 立春は暦の本では次のように定義されます。 立春 節分の翌日を言う。 東風解氷蟄虫初振云々とあり立春のころ東北 艮:うしとら の方向より吹く風を条風と称しこの暖風が氷を解かし地中の虫も動き始める 立春は暦の上で春と言われますが、実際は一年で最も寒い時期に当たります。 そのため春らしくはありませんが、この時期眼には見えないところで、どんどんと春に向けて自然が準備をしていると言います。 分かりやすい変化であれば、梅が開花し甘い香りを醸す時期です。 立春と春分 立春に似た、という祝日にもなっているものもありますが、どちらも二十四節気というものに属します。 は二十四節気の中では春のど真ん中に当たり、春らしい時期です。 春分の日についてはこちらで詳しくご紹介しています。 二十四節気の立春と七十二候 二十四節気という一年を24の節気に分けるのは、古来利用されてきた暦 太陰暦 では実際の季節と暦がずれてきてしまい、農耕に支障をきたすためです。 そのため太陽の動きを見て実際の季節を判定する二十四節気が生まれました。 立春が重要な日とされるのは、暦の中のや二百十日と言った雑節が立春から数えて何日で、その日はどんな日なのかを定義していることから見られます。 また二十四節気をさらに3つに分け、5日ごとの候というものに分け一年を72の候に分けたものをと言います。 春らしくなる自然の姿で表現される候は寒さの中の春の足音を感じさせてくれます。 以下が立春の七十二候です。 東風解凍 はるかぜこおりをとく 冬の乾いた寒い風から暖かい春の風に移り、氷を解かす時期を意味 春の風と言うと、春一番がありますが、春一番は立春の後に初の南寄りの強風を言います。 黄鴬睍睆 うぐいすなく 春を感じさせる鶯が声を出し始める時期です。 魚上氷 うおこおりをいずる 暖かい風により溶けだした川や湖の水面を魚が飛び跳ねる時期です。 二十四節気や七十二候についてはこちらで詳しくご紹介して 立春の日は占い等で重要な日 ちなみに、占いの世界では一年の始まりを立春とするものもあります。 これは旧暦 太陽太陰暦 を利用して運気を占っている東洋系の占いに見られるものです。 占い師や占いの種類によって、一年の最初は変わるものなのですが、立春から2020年新たな運勢のスタートと考えるものもあるのです。 ちなみに、西洋の占いでは春分の日を新たな一年と考えますので、2020年の運勢はどうなのかと考える人は、それらも参考にしてみてはいかがでしょうか 立春にお財布を購入すると縁起が良い 立春から始まる暦上の春ですが、風水の考えではお財布を買うのに良いとする季節に、春、秋が良いといわれます。 春に購入する財布は「春財布」と言い、 中身が 張る財布につながることから縁起が良いといわれます。 また、古い伝統の残る家なんかでは、一年の最初の元旦に新しいものを身に着ける風習や、物の新調をする風習があると思います。 立春は古来の一年の始まりと考え、立春の日にお財布を購入するのは縁起が良いとも言われます。 また、立春の日に限らず、立春の間やそれ以降の春の時期に春財布年て購入するのもよいかもしれません。 財布の購入に縁起の良いとされる日には、いくつかありますが、以下の日を参考にしてみてください。 立春と節分 立春と節分はとても関係の深い行事です。 節分は立春の日の前日 節分は、立春の前日に行われる行事で、平安時代に行われた追儺 ついな ・鬼やらいなどと言われる行事がルーツと言われます。 この行事では、悪気邪鬼を追い払うために豆打という豆をまいて鬼を追い払うという行事が行われていて、それが現在の豆撒きになったとされます。 ちなみに豆である理由は、魔滅 まめつ と豆打がつながるとされるからです。 また、恵方巻 えほうまき という巻き寿司を食べる習慣ができましたが、この文化は新しいものです。 恵方とは歳徳神 としとくじん と呼ばれるの神様がいらっしゃる、縁起の良い方角を意味します。 また、恵方巻はに由来して、七つの具を入れて福をいただくという意味を持っています。 節分は立春だけでなく、二十四節気の中で、季節の変わり目に当たる、、の前も意味していたとご紹介しました。 この中で、立春という新しい年を意味する日の前日が特に重要視をされるようになりました。 立春前にもある土用の日 ちなみに、立春を含む、立夏、立秋、立冬の前の日までの18日は「土用」と言い、陰陽五行説の土性が支配し、土の気が盛んで様々な行っては良くないということがあります。 土用というと、夏にくる「土用の丑の日」 立秋の前の土用の期間に来る丑の日 が最も有名ですが、各季節の変わり目に土曜はあります。 ちなみに、土用の丑の日は一年で最も厳しい暑さの続く日であるといわれ、性をつけるウナギを食べる習慣が生まれたと言われます。 立春と旧正月 立春と旧正月の関係については上記でご紹介しましたが、立春が太陽の動きをもって決められ、旧正月は月の動きをもって決められます。 立春は新暦となった日本では、ほぼ2月4日前後にきますが、旧正月は旧暦をもって決められるため1月後半から2月後半までずれます。 立春の日と旧正月の日の前後関係によって、それぞれ名前があります。 年内立春 旧正月よりも立春を先に迎えること• 新年立春 旧正月の後に立春を迎えること• 朔旦立春 旧正月と春立春が被ること。 とても縁起が良いといわれます。 ちなみに2020年は旧正月が1月25日ですので、新年立春となります。 立春にまつわることについて 上記で見たもの以外で、立春にまつわるものごとをご紹介しましょう。 立春大吉について 立春に寺院に行くと山門に貼っていることがあるのお札は、禅宗の曹洞宗が由来とする、厄除招福のための風習です。 寺内や山門、曹洞宗の檀家さんの家などに貼られることがあります。 寺院にて立春の日に読経祈祷し、「」とかかれ三宝印をお札を貼っておくことで鬼などの厄災が入ってくるのを防ぎ、幸せを招くとされます。。 ちなみに、立春大吉のお札と共に曹洞宗の寺院では「鎮防火燭 ちんぼうかしょく 」というお札を二十四節気のの日に貼るという習慣があります。 立春大吉についてはさらにこちらでその由来や、お札について詳しく解説しています。 私の家は曹洞宗のお寺さんの檀家ですが、このお札については見たことがなかったので最近ではあまり見られないのかもしれません。 ちなみに、出雲大社相模分祀という神奈川の神社では立春大吉のお札を授与しているそうです。 立春の候など挨拶表現 立春の候や、立春のみぎりなど、手紙やメールの冒頭の時候の挨拶に使う表現をご紹介します。 立春の候• 残雪の候• 余寒の候• 向春の候• 梅鶯の候 と言った言葉が冒頭文で、結びの文には、• 余寒厳しい時期ですので、お体ご自愛下さい。 と言った寒さ厳しく、体調にお気をつけくださいという言葉を伝える文章が良く見られます。 立春の時期の旬の食べ物や立春にまつわる食べ物 立春の時期はまだまだ寒い時期ですので、冬の味覚が旬を迎えています。 海の幸であれば、アンコウやふぐなどが最も脂ののったおいしい時期です。 立春朝絞り また、立春に特別なものとして、最近注目をあつめる日本酒の中で、杜氏泣かせとも言われる、手間をかけた日本酒「立春朝絞り」というものがあります。 立春の日に最高の出来になるように、調整に調整を重ね、立春の朝に搾り上げたできたての日本酒は、フルーティで香りがより強い仕上がりになるといわれます。 立春大吉豆腐 立春の日、節分に豆腐を食べると縁起が良いという風習もあります。 豆腐は「白く、邪気を追い払う霊力を宿す」と考えられ、それを食すことで身を清めることができると考えられて来たのです。 その豆腐を節分に食べると、厄を払うことができると考え、 立春に食べると、清めた体に幸せを呼ぶことができる。 と考えるそうです。 ぜひ恵方巻やお豆と一緒に、豆腐も食べてみてはいかがでしょうか。 立春はという、2月 3月のところも のの日に行う稲荷神社のお祭や、と言った行事があります。 お正月が明けてしばらくたった時期で、寒さが厳しい時期ですが、こういった行事などにも行ってみてはいかがでしょうか。

次の

立春

立春 立夏 立秋 立冬

季節感がズレる理由 ズレる理由は単純明快です。 それは二十四節気が生まれた場所と時代です。 この二十四節気は中国の戦国時代に生まれました。 西暦にすると紀元前5世紀から紀元前200年あたりです。 1800年近く前に中国で生まれた事になります。 そして 生まれた場所は中国の中原でした。 三国志好きには洛陽や許昌がある辺りと言えば伝わるでしょうか。 現在の中国河南省から陝西省の東部あたりです。 中原を制する者は天下を制すると言われるほど、豊かなエリアです。 つまり、二十四節気は1800年前の中国の中原地域の気候をもとに作らた。 そのため、現代日本で体感することができる季節感とマッチしていないという訳です。 二十四節気を利用するときは、この季節感がズレすぎないように注意が必要です。

次の