娘 の 友達 感想。 【ネタバレあり】娘の友達のレビューと感想

漫画「娘の友達」2巻ネタバレ!女子高生の色気に心奪われる大注目の続刊登場!

娘 の 友達 感想

漫画「 娘の友達」は萩原あさ美先生が描く背徳サスペンス劇。 主人公は会社で係長、家では一人娘の父親。 良い上司、良い父親を演じる為に必死な市川晃介。 そんな彼が自身の癒やしスポットになる喫茶店でヒロインかつ娘の友達でもある如月古都と出会う。 古都は社会、自宅で疲弊する晃介に癒やしを与え、晃介も『道徳に反している』と感じながらも彼女の癒やしに包まれていく。 決して抱いてはいけない感情の狭間で揺れ動く晃介。 今後の展開がどうなっていくのか楽しみでしょうがない期待の漫画が登場。 ちなみにヒロインである古都。 清純な女子高生に見えるが妙に色っぽさを醸し出しているのが大きな魅力。 清楚な女子高生に漫画のような事をされれば中年おじさんは間違いなく落ちる(笑) 背徳サスペンスと謳われるように二人の関係にハラハラ・ドキドキした感情がこみ上げてくる作品です! 目次• 漫画「娘の友達」ネタバレ まずは主人公の背景。 晃介は会社で係長。 私生活では妻が他界しており、娘である美也と二人で暮らしている。 しかし、母の死にショックを受けた美也は引きこもりへ。 会社では良い上司を演じようともがき、自宅では良い父親を演じようともがく。 自己を殺し理想を追い求める男の内面は苦しんでおり、今にも重圧に潰れそうな状態。 そんな彼が唯一、癒やしを感じられる場所が街中の裏通りに面した穴場の喫茶店。 寂れた物静かな店内でコーヒーを一杯飲む事がストレスの発散にもなっている。 いつものよう社会で疲弊した晃介は喫茶店へ。 おじいさんが一人で経営する店あったが注文を取りにきたのは若いスタッフであった。 これが美也の友達であり、ヒロインである如月古都(きさらぎこと)である。 喫茶店店員は娘の友達だった…!? 若い女性スタッフが入った事に驚く晃介。 その後、寂れた喫茶店にウェーイ系の若者が来店。 癒やしの空間は騒ぎ立てられ、若者は古都をナンパしていたり…。 接客にまだ慣れていない古都は上手く捌く事ができず、しどろもどろ状態。 そんな彼女を見兼ねた晃介はわざと注文する素振りを見せる。 実際、注文する気もなかったので、取り敢えず灰皿を交換してもらう事へ。 古都は一連の流れで晃介が困惑している自分を助ける為に注文を取ってくれたと理解。 耳元で感謝を述べて、今度何かお礼をさせて欲しいと提案。 そこは大人の配慮で有耶無耶な状態で帰路へついていく晃介。 翌日は美也が通う高校の保護者面談に出席する晃介。 担当教師から引きこもりになっている娘の将来を何も考えていないとお説教される事態へ。 娘との関係性、会社からの緊急連絡…社会の重圧に疲れ切った晃介は虚無状態で学校の階段へ座っていた。 すると偶然にも出会ったのが古都であった。 落ちていた晃介の名刺を見るなり、古都は『みーちゃんのお父さんですか?』晃介にとっては意外な言葉であった。 話してみると古都は美也の友達であり、小学生の時は晃介が美也と古都を映画館にも連れていっていたのだ。 ここで初めて晃介は古都が高校生であり、娘の友達である事を知ります。 そして古都は喫茶店で助けてもらったお礼の続きとして晃介と連絡先の交換をしていきます。 娘の同級生に胸がドキドキ…!? その後、古都とは喫茶店のバイト終わりに遭遇。 雨が降りしきる中、傘を持っていなかったので相合い傘状態で送っていくことへ。 そんな状態で会社の部下と出会ってしまう晃介。 苦し紛れの言い訳を考えていると古都が娘のフリをして波風立たずに切り抜ける事に成功。 上司として部下と会話して、自分の事もフォローしようとした晃介に対して『よく頑張りましたね』と頭をなでる古都。 晃介は娘の同級生に抱いてはいけない感情が芽生え始めて傘を古都に渡して一人で帰路へ。 翌日から会社では人間関係にストレス…自宅では上手くいかない娘との関係にストレス。 精神的に限界が来ていた晃介は古都へ美也の相談を持ちかけてみる事へ。 後日、ファミレスにて美也の事を古都に相談する晃介。 意外な言葉をかけられる 『疲れませんか?』と…。 古都は晃介に対して良い上司、父親を演じる事をやめて自分の前でだけは本来の晃介で接して欲しいと提案。 そして行ってみたい場所があるから連れて行って欲しいと言われた晃介は古都と一緒にカラオケ店へ足を運ぶ。 このカラオケ店は少し有名で店員のヤル気がなくカメラも設置されていない男女がよく使う穴場のカラオケ店。 意味はおわかりいただけただろうか。 狭い個室で娘の同級生と二人きり。 しかもやたらボディタッチしてくる古都。 欲望に飲まれそうになった晃介は一旦トイレで気持ちを鎮めていく。 室内へ戻るも古都から漂う石鹸の香りに悶々とする晃介。 切り出したのは古都からであった。 社会や家で疲弊している晃介に『私にだけは甘えてほしい』と囁く古都。 そのまま晃介を抱きしめて癒やしを誘う古都。 この後は特に何事もなく帰宅。 晃介は娘である美也との接し方を改めて本音を語るようになっていく。 逃避行と初キス 翌日、晃介の勤める会社へ古都が訪れる。 目的は借りた傘を返す事。 親切ついでに古都を途中まで送っていく晃介。 他愛もない会話の中から古都が『晃介さんが今一番やりたいことはなんですか?』と質問。 係長、父親としてでなく晃介としてやりたい事。 考えていると社会や自宅での苦しみが込み上げてくる晃介。 『ここから逃げ出したい…』 『おいで』 頭を抱え込み弱音を吐いた晃介に対して天使のように「おいで」と誘う古都。 晃介は会社をさぼり、古都は母親からの連絡を無視して新幹線で当てのない逃避行を始めて行く。 両者共に一度スマホの電源を落として車両内でゲームを始める。 背徳を感じながらも古都の細かい動作に悶々としていく晃介。 娘の同級生に欲情が湧き上がった事に大して情けなさと罪悪感に包まれた晃介は引き返す事を提案。 懺悔する晃介に対して古都は突然、晃介にキス。 困惑、これ以上踏み込んでいけないといった感情、揶揄われているのではないかといった疑心。 様々な感情が込み上げてきた晃介は初めて古都に怒りを見せる。 そんな中、古都は晃介のスーツの袖を掴み… 『わたし、キス初めてだったんです』… 場面は変わり、終電まであと30分。 二人はネカフェで寄り添っていました。 現況に対して未だ困惑の表情を見せる晃介。 再び自らキスを迫っていく古都。 一方、晃介の自宅では変化の兆しを見せていた娘・美也が部屋から出てきており、帰りの遅い晃介を心配。 美也は電話をかけますが、古都とキスしている晃介はそれに気づかず…。 1巻はここで幕引き。 漫画「娘の友達」感想 晃介の心理描写は描かれるのですが、古都の心理はまったく描かれないため、彼女が何故、晃介に執着するのか未だ不明。 もし彼女がカマトトだったら悪女のようにも見えてしまいます。 背徳サスペンスと謳われるだけあり、道徳に反したハラハラ感の味わえる作品。 何より真意のわからない古都が神秘的に見えてきます(笑) 社会に押しつぶされそうなサラリーマンと娘の友達は今後、どのような展開になっていくのか…本当に楽しみな作品。 作中、モノローグで語られますが、数日後、何やら二人は事件に巻き込まれる模様。

次の

『娘の友達(1)&(2)』感想 ジリジリと忍び寄る優しさは、ヒリヒリとした恐怖に変わる。

娘 の 友達 感想

by 無料分しか読んでないのですが、モヤモヤする作品。 男性の真面目さが首絞めてる感じがしますが、親としての自分の姿や悩みに共感する部分もあり。 子供が大切だけどどうするのが正しいのかわからない苦悩と完璧主義からくる悲観的な考え。 余裕があればちがうのかな。 そんなところに現れた女の子に惹かれるのもとてもわかります。 が、女の子がどうしてもあざとい感じが拭えない。 ストーリー的に女の子がアクション起こさないと進まないとは思うけどそこを女の子にすべてリードさせるからあざといキャラになっちゃうのかな。 だから読み進める気にならない。 ピュアならピュアに通ずる部分がないとぶってるだけのあざとい女子高生になっちゃう。 男性が流されるキャラだけになると結局責任転嫁する男になってしまい面白くなく後味の悪い終わりになっちゃいそう。 しかしどう進めていくのか興味はあります。 by ただただ気持ち悪い... ネタバレありのレビューです。 お父さんにも娘の友達にも色々あるのはわかったけど、それにしたってOKな理由じゃない。 いつも頬を赤らめて目を潤ませてモノ欲しげな表情をしてる気持ち悪い小娘も、その小娘相手に年のわりに余裕なく動揺させられてるオヤジも気持ち悪過ぎる。 救われる結果かもと思って読み進めてたら「娘<娘の友達」な感じも伝わってくるし。 何だかんだ理由や言い訳しながらダラダラ会って、ホテルまで行っちゃって 体調悪そうならタクシー代渡して帰せ 、挙げ句娘と同じ年の それも娘の友達に好きだとか... ナイわー〣〣 「今日は服を着なさい」って... 次があるって思ってるからのセリフだよね。 きしょ💧.

次の

娘の友達|最新31話ネタバレ!家出した美也を必死に追いかけた朝…

娘 の 友達 感想

前話のあらすじはこちら 飛び出していく娘 美也(みや)のためにも一緒に群馬の実家に引っ越して暮らさないか?という晃介(こうすけ)の提案に対して、美也は勝手に決めつけないでと怒りをあらわにします。 そして荷物をバッグに詰めると「・・・しばらく帰らないから」と言い残して家を飛び出してしまうのでした。 あっけにとられた晃介は言葉を失いただ呆然とすることしかできませんでした。 しばらく時間が立ちようやく我を取り戻した晃介は慌てて美也を連れ戻すべく飛び出しますが、マンションの外にはもう美也の姿はありません。 焦った晃介は人目も気にせず、美也の名前を呼び走り回って探すのですが、全く見つけることができないのでした。 一旦自宅に帰った晃介は美也に電話をかけますが繋がりません。 思わず「・・・くそ!」と吐き捨てながら、晃介はスマホのGPS機能をつかうことを閃きます。 焦りながらもスマホを操作してようやく美也が渋谷駅に居ることを知ることができたのでした。 唯一の頼れる存在 晃介が一喜一憂していたころ、美也は渋谷駅で1人誰かを待っていました。 そこに高校の同級生の三崎(みさき)が「よっ」と言いながら現れます。 合流した美也は「ごめんね 私三崎くんしか頼れる人がいなくて…」と三崎に謝罪するのでした。 そんな美也に三崎は「とりあえずぱーっと遊ぼうぜ?」と気を使わせないよう提案します。 そして美也のスマホを貸りると「今は嫌なこと忘れちまえよ」と言って、父親のことも忘れるようにスマホの電源を切るのでした。 そんな三崎に戸惑いながらも黙って従う美也でしたが、電源が切れたことで困ったのはGPSを頼りに電車で渋谷駅に向かっていた晃介です。 電車内で位置情報が取得できないと表示されたスマホを片手に何故消えたのか慌てふためいていました。 電話をかけてももちろん電源が切れているので繋がりません。 晃介、渋谷に降り立つ。 渋谷駅で電車を降りた晃介は行き交う大量の人々の中でキョロキョロと美也を探しますが全く見つけられません。 晃介は自宅周辺同様、渋谷でも走り回って美也を探すのでしたが。 見つけたと思って美也の肩を後ろから掴むも、他人の空似で謝罪。 その後も全力で駆けずり回るも、渋谷は広すぎてどこから当たればいいのかもわかりません。 それから晃介はGPS情報が送られていないか確認したり、牛丼屋の店員に美也の写真を見せて聞き込みを行ったりしますが美也の姿は影も形も見当たりません。 ついには漫画喫茶の中を店員の静止も無視して探し回ったりします。 しかし最後のこれが仇になって、漫画喫茶の店員に警察を呼ばれ抵抗むなしく連行されてしまうのでした。 徹夜越しの朝に 晃介は結局朝が来るまで渋谷を探し続けていたのでした。 疲れ切って無精髭も伸びた晃介は呆然とゴミ捨て場に捨てられたゴミ袋に群がるカラスを見ていました。 GPS情報がまた送られてきているのではないかともう一度確認する晃介でしたが、その時スマホに着信が入ります。 驚きつつもすぐに「美也…!? 」っと電話を取る晃介でしたが、電話をかけてきたのは会社の営業科の塩崎でした。 「商品企画課の市川課長の携帯でよろしいでしょうか?」と確認しつつ塩崎は今日朝から準備をする予定の家具フェアに晃介がまだ顔を出さないために電話したのだと告げるのでした。 更に展示用のプレートも晃介にお願いしていたのだが大丈夫かと続けます。 すっかり忘れていた晃介は思い出すやいなや無言で脱力しその場にへたり込んでしまいました。 そしてなんの言い訳をすることもできず、申し訳ございません、申し訳ございませんと電話口の塩崎に謝罪を繰り返すのでした。

次の