セスキ水 作り方。 セスキ水でラクラクお掃除!重曹とクエン酸との違いは?作り方も徹底解説

重曹がセスキソーダに変身!手作りセスキソーダの作り方【ナチュラルクリーナー】

セスキ水 作り方

スプレーボトル 対象・用途• シンク、お風呂場、鏡の水垢• トイレのアンモニア臭の消臭• トイレの尿石• まな板の除菌• 排水口のぬめりには、重曹とクエン酸水が効果的 特徴・注意点• 二度拭き不要• 素材を傷つける恐れがあるため、天然の大理石やアルミの掃除には使わない 使ってみた感想 キッチンのシンクを掃除してみた。 作ったクエン酸水をシンクや水栓にシュッシュと吹きかけると、こすらず水垢汚れが面白いようにつるりーんと取れた。 頑固な汚れにはブラシでこすり、それでも取れないものはキッチンペーパーを敷いてその上からクエン酸水を吹きかけラップでパックする。 水垢が綺麗になってさっぱり。 水… 500ml• セスキ炭酸ソーダ… 小さじ1• スプレーボトル 対象・用途• キッチンの油汚れ(電子レンジ、レンジフード、コンロ、換気扇、お皿の予洗い) 手垢汚れ(壁、お風呂、窓) トイレのタンパク質汚れ 布製品の除菌 特徴・注意点• 重曹と同じくアルカリ性だが、重曹より水に溶けやすい• 重層は水の量を少なくしクレンザーの要領で酷い汚れに使う、日常的な軽い清掃なら水に溶かしたセスキ炭酸ソーダを使うと良い• アルカリ性のため手荒れに注意、必要に応じて手袋をする• 洗濯物にも使用可能• 消臭効果あり• フローリング、白木には(ワックスが剥がれるため)使用できない• 畳には使用できない• 2度拭きする必要はないとされているが、弱アルカリ性のため、小さなお子さんがいる方や肌の弱い方は水で2度拭きする方が安心 使ってみた感想 作ったセスキ水を油汚れのついた壁や調味料台にシュッシュと吹きかける。 溶けていく油汚れをキッチンペーパーで拭き取ると、力を入れずに綺麗になった。 頑固な汚れはスプレーを吹きかけてしばらく放置してからマイクロファイバークロスで拭き取ると油ハネの汚れがピカピカに。 ガスコンロやコンロ周りのステンレスが新品のような輝きを取り戻した。 電解水よりもずっと単価が安いので惜しみなく使うことができる点も良い。

次の

セスキ・クエン酸・重曹の使い分け*早見表で違いがわかる!|ココロオドル

セスキ水 作り方

1水にセスキ炭酸ソーダを入れてかき混ぜて溶かす。 手で触れるとぬるっとするくらいを目安に• 2溶かしたセスキ水をスプレー容器に注ぎ入れる 【使い方】 ・汚れに直接スプレーする 水がかかってもよい場所ではセスキ水を直接スプレーします。 こすって汚れを落としたあとは洗い流すかぬれぞうきんで拭き取ります。 ・セスキばたきでホコリを吸着 ホコリを立てずにホコリを吸着できるセスキばたき。 ぞうきんをセスキ水で湿らせ棒の先端につける。 家具の裏や、飾り棚の隙間をなでるように使います。 ・リモコンの汚れ落とし 手あかにもセスキは大活躍。 固くしぼったぞうきんにセスキ水を軽くスプレーしてふきます。 ボタンの周囲など細かい部分は綿棒を使いましょう。 ・ぬれぞうきんにセスキ水をスプレー ふだんは水拭きをしている軽い汚れに。 ぞうきんの水分で薄まるぶん、素材に対して優しくなります。 拭いたあとスプレーしていない面で水拭きをして仕上げます。

次の

セスキ炭酸ソーダ水の作り方と使い方

セスキ水 作り方

セスキ炭酸ソーダとは アルカリ剤として幅広く知られるようになった重曹。 その重曹よりも使いやすいのがセスキ炭酸ソーダ。 重曹と炭酸ソーダの中間のような物質で、しっかり洗えるのに手荒れがしにくく、重曹よりも水に溶けやすいといった特徴があります。 サラサラした結晶状で扱いやすく、常温で長期間保存しても変質しません。 洗濯、台所や部屋の掃除、ペットの汚れはもちろん、布ナプキンの洗浄にも使われています。 環境にもやさしく安価で手に入りやすいのも嬉しいですね。 セスキ炭酸ソーダの汚れ落とし 向いているもの ・台所の油汚れ ・血液の汚れ ・手垢汚れ ・皮脂の汚れ 向いていないもの ・激しい泥汚れ ・ガンコな油汚れ ・衣類のシミ セスキ炭酸ソーダの使い方• セスキ炭酸ソーダ水の作り方 準備するもの ・セスキ炭酸ソーダ 小さじ1(5g) ・ペットボトル 500ml用 ・スプレーボトル ・水 500ml まず「セスキ炭酸ソーダ」を用意します。 5ccのスプーンを用意します。 (こちらの商品にはスプーンが入っています) ペットボトルに500mlの水を入れて「セスキ炭酸ソーダ」5ml(5cc)を加え、 ふたをして良くふって溶かします。 スプレーボトルに入れます。 長くても半年位で使い切るようにします。 セスキ炭酸ソーダを使ってじゅうたんの汚れを落とす じゅうたんの汚れている部分にスプレーして5分くらいそのままにします。

次の