運び 屋 映画 実話。 映画『運び屋』クリント・イーストウッド監督・主演、最年長の麻薬“運び屋”となった老人の実話

運び屋 : 作品情報

運び 屋 映画 実話

戦力外通告、不倫、ギャンブル、借金、 四十男が再起をかけたのは競輪だった——。 戦力外通告を受けた元プロ野球選手。 パチンコや酒に溺れ、妻子と離れてゲス不倫——。 崖っぷちの主人公が、再起をかけて挑むのは「競輪」! 過去の栄光が通じない世界に飛び込む主人公の前に立ちはだかるのは、過酷なトレーニングと20歳以上も離れた若者たちの冷ややかな視線。 ただ頑張り方が分からない——。 根性なしの主人公が不器用にもがく姿に、きっと最後は応援したくなるはずだ。 競輪発祥の地である福岡県の小倉を舞台にした本作のメガホンをとったのは、福岡発ドラマ「めんたいぴりり」の演出力が評価され、東京五輪招致映像のクリエイティブディレクションを務めるなど注目のクリエイター、江口カン。 今回が満を持して商業映画デビューとなる。 主演は競輪選手を目指したこともある安部賢一。 「この役に選ばれなければ俳優を引退する」と背水の陣で主役を勝ち取った。 ライバル役には、映画『デメキン』やドラマ「You May Dream」など出演作が相次ぐ福山翔大。 そのほか、モロ師岡や博多華丸ら多彩なキャストが脇を固める。 STORY 濱島浩司、39歳。 8年前はプロ野球選手として活躍していたが、戦力外通告を受けて以降、生活は荒れる一方。 それが原因で妻や息子と離れた濱島は、故郷の北九州で、親友の居酒屋を手伝うことに。 相変わらずパチンコや酒に溺れ、挙げ句に親友の妻と浮気するなど自堕落な生活が続く中、濱島はなじみのラーメン屋で、競輪選手になることを勧められる。 「40歳以上でも入学できる」と聞き、競輪学校に入学した濱島を待っていたのは、教官からの猛烈なしごきと、20歳以上も歳の離れた若者たちからのいじめだった。 持ち前の負けん気で過酷なトレーニングに何とか食らいつき、いじめにも屈しない濱島。 だが一方で自堕落な生活からは抜け出せず、成績は一向に振るわない。 崖っぷちな状況をみずから招いていた彼は、ある日同郷の同級生、久松孝明の存在を知る。 GUEST COLUMN 映画『ガチ星』を観ていると、 主役の濱島浩司と監督の江口カンがダブって見えて、仕方がなかった。 『ガチ星』は、プロ野球を、人生を、ドロップアウトしてしまったひとりの男がどん底でのたうち回り、かすかな光明を見つけ出すまでを描いた、ひどく暑苦しい人間ドラマである。 江口カンはあんなダメ男でも、センスのない男でもない、はずである。 しかし、最後は江口カンの生き様を見届けた気分になってしまっていた。 なぜだろう。 僕は、もしかしたら、濱島と江口カンをダブらせていたのではなく、 記憶の中にある江口カンの生み出したものと『ガチ星』を無意識のうちに脳裏で重なり合わせ、 観ていたのかもしれない。 「草刈だ!」の飛び散る汗、「おしい!広島県」の虚実の危うさ、 「スニッカーズ」の気持ちのいい裏切り、「LOVE DISTANCE」の必死さと涙、 「ベースボール・スパーリング」の戦う男の爽快さ、「ダメ田十勇士」の男たちの悲哀、 「めんたいぴりり」の市井の人の情。 『ガチ星』には、江口カンが世に生み出した、 人々の心を動かしたものがすべて詰まっている。 だから、濱島が江口カンに見えてきた。 きっとそうに違いない。 もしかしたら、江口カンは本当はあんなダメ男なのかもしれないという一抹の不安を抱えつつ、 そういう結論に行き着いた。 そのすべてを確かめに、もう一度、濱島浩司、 そして、江口カンに会いに、劇場に足を運びたいと思う。 監督_江口カン 福岡生まれ。 九州芸術工科大学 画像設計学科卒業。 ドラマやCM、短編映画などエンターテインメント性の高い作品の演出を数多く手がける。 Boards Magazine(カナダ)主催「Directors to Watch 2009」14人のうち1人に選出。 同年、ドラマ「めんたいぴりり」の監督を務め、日本民間放送連盟賞優秀賞、ATP賞ドラマ部門奨励賞、ギャラクシー賞奨励賞受賞。 前作に続き2年連続で日本民間放送連盟賞 優秀賞を受賞。 同年11月、ゲーム「龍が如く」の完全オリジナルストーリードラマ「龍が如く 魂の詩。 」の監督を務める。 本作は、ゲオチャンネルにて配信。 2017年1月レンタル開始。 12日間でレンタル回数10万回を突破した。 映画『めんたいぴりり』が2019年1月公開予定。 そもそもこの『ガチ星』はドラマのためではなくて、純粋に映画として作りたいと思って生まれた企画でした。 テレビ局の企画会議とかではなくて、自分自身のパーソナリティに紐づいた特別な作品なんです。 もともとは自転車が好きで、自転車が出て来る映画をいつか撮りたいと思っていました。 そんな時に、テレビで競輪学校のドキュメンタリー番組を見ていたら、地元の球団を戦力外になった野球選手が競輪で一から再起を果たそうとしていて。 彼は20代後半で、周りは若い子たちばかり。 その画が単純に面白いと思ったし、競輪はアスリートにとって再起の場所の一つなんだと興味を持ったんです。 また、競輪は地元福岡が発祥の地だと知っていたので、地元の映画を撮ることができる。 そんなところから企画が生まれたのですが、なかなかクリアできない問題が続いて。 諦めかけていた時にJKAの方が「せっかくだからドラマでやりませんか?」と仰ってくださったんです。 オンエアは福岡だけでしたが、映画関係者を含めたくさんの人たちから反響をいただき、純粋に作品への思い入れが強くなり。 企画を考えてから7 年。 やっぱり映画として本作を世に出したいと思い、今回新たなシーンの追加や音も劇場用に入れ直して再編集しました。 濱島役が安部賢一さんに決まるまでに時間がかかったと聞きました。 金沢君が、俳優自身も崖っぷちな人がいいということで「40代で鳴かず飛ばずの役者」を集めるオーディションをしました。 そこに安部ちゃんが来たんです。 彼には昔、野球選手を目指していたけど肩を壊して諦めた過去がありました。 その後、大分の競輪選手会長だったお父様の影響から、競輪選手を目指すも競輪学校に合格できなくて。 それで上京して役者をやるものの鳴かず飛ばず。 主人公の濱島にとても近い人なんですよね。 僕もできるだけ彼に決めたいという気持ちで面接しましたが、こちらの求める演技ができず、落としたんですよ。 それでも本人は諦めきれないと言ってくるので、競輪学校のロケハンで写真の被写体として走ってもらいながら、合間で芝居の特訓をしました。 そうして迎えた最終面接でもやっぱりダメで。 「安部ちゃん、もう次はないよ」と言ったら、泣き出しちゃったんですよ。 その時点で濱島役はまだ決まっていなかったので、安部ちゃんを東京のオーディションに呼びました。 そしたら、前回の面接から1週間しか経っていなかったのに、とても良くなっていて。 本当に崖っぷちだったんでしょうね。 彼はここまで変わったんだから、この先も変われるかもしれない。 「安部ちゃんとなら心中してもいい」という覚悟で抜擢しました。 俳優達が現役の競輪選手達と競りながらレースを走るシーンは鬼気迫るものがありました。 俳優たちには、一ヶ月くらい競輪学校で合宿をしてもらいました。 久松役の福山(翔大)君は、先生から「役者がダメになったらプロになればいい」と言われるほど身体能力が高かった。 彼もオーディションだったんですけど、顔立ちが端正で、切れ味があり、最初から光るものがありました。 一方の安部ちゃんは中年のだらしなさを出すために10キロ太ってもらいましたね。 ただ彼はトレーニングするとすぐに痩せてしまうので、RIZAPの方に太る食事メニューを考えてもらって。 「痩せさせる」ではなく「太らせる」のは、RIZAP史上初めてだったんじゃないかな(笑)。 クレジットにあるJKA、日本競輪選手会福岡支部の協力も大きかったかと思います。 ロケ地となるレース会場や競輪学校、自転車などの全面的な貸出のほか、競輪学校の生徒や選手の人たちからたくさんの協力をいただきました。 レースシーンの撮影も、特に安全装置のようなものはないわけですから、危険といえば危険。 そんな中、事故なく撮影ができたのは、周りの選手たちの気遣いがあったからこそ。 競輪独特の試合運びは僕たちも調べた上で撮影を組み立てていきましたが、現場の選手たちがホワイトボードを使いながら「ここはこうしたほうが試合運びとしては面白い」とみずから解説してくれて。 その結果、リアルな試合シーンが生まれたと感じています。 安部さんのキャラクターを踏まえた上で脚本に加えたこと、演出したことはありましたか? 安部ちゃんは、撮影の準備中にスタッフとおしゃべりするような陽気な人。 だから休み時間に笑うことも禁止して、「心の中でずっとイライラしていて欲しい」と指示しました。 クラインクイン前まではイライラしている顔つきの練習をLINE でやり取りしていましたね。 そうしていくうちに、だんだんとあの濱島の顔になっていくんです。 主人公なのにとにかく人をムカつかせる。 でもどこか憎めないし、最後には愛されてしまう……。 そんな主人公像を中年で表現できたのが良かったと思いますね。 「こんな濱島の人生ですら捨てたもんじゃないよ」と言えるかどうか。 それが『ガチ星』を通して伝えたかったことでした。 取材・文:大久保渉 【東京】映画『馬の骨』コラボ企画: マダオ(まるでダメなオッさん)対決! 『ガチ星』濱島VS『馬の骨』熊田クロストーク開催 『馬の骨』監督・脚本・出演の桐生コウジさんをゲストにお迎えし、『ガチ星』濱島(安部賢一)とどっちがダメ男か討論する《クロストーク》を開催します。 同日、テアトル新宿での『馬の骨』20:50の回の上映終了後には、今度は安部さんがテアトル新宿に向かい、《クロストーク》を行います。 チケット販売方法 販売方法、販売状況など詳しくは劇場ページをご参照ください。 チケット販売方法 販売方法、販売状況など詳しくは劇場ページをご参照ください。 チケット販売方法 販売方法、販売状況など詳しくは劇場ページをご参照ください。 14:40の回はマスコミ取材が入ります。 写り込む場合がございますので予めご了承ください。 チケット販売方法 販売方法、販売状況など詳しくは劇場ページをご参照ください。 さらに今回は、北九州ドームへ移動し小倉競輪開催中に競輪を間近で体感頂くツアーも企画いただきました!! 「ガチ星」の舞台は競輪発祥の地「小倉」。 当日はトークライブに加え、福岡のイベントでも大変好評だった、映画をイメージした限定メニュー「ガチ星ラーメン」をご提供頂きます。 撮影の裏話とともに、こちらのラーメンも一緒にお楽しみください。 なお、同商品は25日(金)のイベント開始時間より5月31日(木)までの期間限定です(数量限定)。 日程: 5月25日 (金) 場所: 一風堂 浜松町スタンド 東京都港区浜松町1-27-6 マストライフ大門・浜松町1F 【日時】 江口カン監督、安部賢一さん、林田麻理さん 【ゲスト】 1,500円 (ガチ星ラーメン+1ドリンク付) 【席 数】 35席 (ご予約優先) 参加ご希望の方は、メール本文に下記の必要事項をご記入の上Eメールでお申込みください。 席のご予約を受け付けいたします。

次の

映画『運び屋』評価は?ネタバレ感想考察あらすじ/実話?クリントイーストウッドの家族映画

運び 屋 映画 実話

その一方で、仕事を優先し家庭を顧みないため、家族との間には亀裂が生じ、特に娘との関係は、修復困難なものになっていた。 時が流れ、花が売れなくなったことで園芸場は破綻。 自宅も差し押さえられたアールは、経済的な困窮に陥る。 ある日、孫娘に招待されたパーティーで、アールは一人の男から、荷物を運ぶドライバーの仕事を紹介される。 仕事を引き受けるために、指定された場所へ向かったアールを迎え入れたのは、数人のメキシコ人だった。 荷物の中身を決して見ないことを約束し、トラックに積んだ荷物を指定の場所まで運ぶため、アールは出発する。 しかし実は、 荷物の中身は大量のコカインで、依頼主はメキシコの麻薬組織だった。 同じ頃、アメリカ麻薬取締局 DAE のベイツ捜査官は、麻薬組織と運び屋を一斉摘発するための作戦を進めていた。 運び屋 ツイッターの反応 映画『運び屋』 確かに失うものがない老人は最強だ。 イーストウッドには生きてる限り良作を作り続けてほしい。 いくらお金があっても失われた過去、時間は買えない。 今生きている時間を大切にしよう、と思える。 そして何より、イーストウッド、カッチョえぇ。 2019年ベスト10、入る可能性大。 そのため、どうしてもわからなかったのは、 なぜ荷物がコカインだと知った後も、運び屋を続けたのか?という点です。 罪の意識を感じる様子もなく、カーステレオに合わせて歌いながら陽気にハイウェイを走るアールは、一体どんな心境なのか? 心情や背景がまったく語られないことに、モヤモヤした気分が続きました。 アールについて、ようやく自分なりに解釈ができたのは、映画の終盤です。 孫娘から「元妻のメアリーが危篤」という連絡を受けたアールは、運び屋の仕事を途中で放り出し、メアリーの元へと駆けつけます。 当然麻薬組織は激怒し、裏切り者のアールを血眼で追いかけ、殺そうとします。 この行動を見て、一つわかったことがありました。 それは、 アールが最初からまったく死を恐れていなかったということです。 仕事をなくし、家族にも拒絶され、失うものがないアールは、逮捕されることも、麻薬組織に消されることも怖くなかった。 アールにとって運び屋を続けることは、自ら破滅の道を進む、ゆるやかな自殺も同然だったのではないか。 個人的に、アールが運び屋を続けた理由をそんなふうに解釈しました。 初めて仕事より家族を優先したことで、アールは家族に赦され、受け入れられます。 しかしその直後、麻薬取締局によって逮捕され、家族との関係を取り戻す機会は、永遠に失われました。 疲れ切ったよぼよぼの老人が捜査員に取り押さえられる姿を見ていたら、 哀しくて、滑稽で、涙があふれてきました。 もし、最初から家族を大切にしていたら。 もし、運び屋などやらなかったら。 アールが人生の中で失い続けた時間。 その価値の大きさを思うと、涙が流れ続けました。 映画に重ねると、刑務所に入ってから死ぬまでの間、アールは穏やかな心で過ごせたのか?あるいは、強い後悔に苛まれ続けたのか?と考えてしまいますが、真実はわかりません。 「運び屋」は、題材から想像するようなクライム・ムービーではなく、 ある男の後悔と、取り戻せない時間について描いた人生の物語でした。 後悔しないためには、今をどう生きるべきか?改めて、自分自身の人生を見つめ直したくなる映画です。 運び屋 を観た人にオススメの作品 「ラ・ラ・ランド」 一見、本作とはまったく関係なさそうな映画ですが、 「人生における選択」や、「取り戻せない時間」を思いながら観ると、きっと共通点が見つかるはずです。 当ブログの管理人です。 アメリカに住み始めたことをきっかけにNetflixを使い始めて、いつの間にかNetflixに限らず、動画配信サービス VOD にハマってしまいました。 今ではテレビを持たず、U-NEXT・Netflix・dTV・Hulu・Amazonプライム・Paravi・FOD・DAZN・dアニメストア・TSUTAYA TVの 10つのVODに登録していて、合計で月額約10,000円です。 自分でもバカだなあと思いますが、それぞれのVODにそれぞれの良さがありますし、これだけ登録していると本当に「好きな時に好きな場所で好きな作品」を観ることができます。 「好きな時に好きな場所で好きな作品」、魅力的なフレーズですね。 個人の意思が尊重される現代にはぴったりのサービスだと思います。 1つでもVODに登録しておくと暇つぶしの幅が一気に広がります。 まだVODに1つも登録していない方は、どれか1つ登録してみてはいかがでしょうか。 ぜひ、あなたに合ったVOD探し、お手伝いさせてください。

次の

映画「運び屋」感想

運び 屋 映画 実話

映画「フラワーショウ」とフー太郎の森基金 映画「フラワーショー」~新妻代表の盟友、アイルランドの庭師クリスティーと世界的ガーデンデザイナーとなった同じくアイルランド女性メアリー・レイノルズの物語がついに日本で映画公開決定! 皆様、ご無沙汰いたしております。 7代目駐在員の藤村です。 私がラリベラ駐在中に現地でロケを行なっていた映画「フラワーショー(原題Dare To Be Wild)」がついにこの7月2日(土)から全国でロードショーの運びとなりました。 この時の模様については既に私の駐在員ブログでもレポートさせて頂きましたが(2013年6月分)、実は6月3日に一足早く試写会に参加して来ましたので、実際の映画の内容も含め改めて皆様にご紹介させて頂きます。 またこの6月発行の会報にも同様の記事を掲載させて頂きましたが、本ホームページではもう少し詳しい内容についても触れたいと存じます。 ラリベラの中央公園を作った二人のアイルランドの若者の物語 さて、フー太郎の森基金を長らくご支援下さっている皆様はご存知かと思いますが、フー太郎の森基金では現地事務所設立の草創期のプロジェクトとして中央ラリベラ公園建設に取り組んでいます。 この事業に多大な貢献をしてくれたのが、アイルランド人の庭師クリスティーと公園のデザインをしてくれた当時の彼のガールフレンド、メアリーです。 この2人の実話をベースに映画化されたのが本作品です。 大まかなストーリーは以下の通りですが、若干ネタバレにもなりますので皆様ご注意下さい。 アイルランドの田舎娘メアリーの挑戦と成功 まずアイルランドの田舎娘のメアリー・レイノルズがガーデンデザイナーになることを夢見てアイルランドの首都ダブリンに上京。 ガーデン・デザインのアシスタントの仕事を得るものの雇い主に数多くのデザイン案をしたためたスケッチブックを盗まれ、あげくの果てにはクビにされてしまいます。 そこで自分の才能を証明し、かつ「ガーデン・デザインはもっと自然や命との一体感を追求すべき」との信念を広くアピールしたいと考えたメアリーは何と無謀にもガーデニング界のオリンピックと言われる英国王立園芸協会(総裁:エリザベス女王)主催のチェルシー・フラワー・ショーのガーデン・デザイン・コンテストにエントリーすることを決意します。 このイベントはロンドン・チェルシーで毎年開催され、100年以上の歴史を誇る世界で最も権威のあるガーデニング&フラワーショー。 世界の園芸トレンドを左右するとも言われていて、毎年15~20万人以上の観客が訪れます。 そんな一大イベントへのチャレンジを決意したメアリーは、まず競争率250倍の図面によるデザイン審査を見事突破。 加えて出場に必要な建設費用25万ポンド(現在の為替レートで4千万円弱)を、メアリーの訴えをラジオで聞いていた見ず知らずの篤志家に出して貰えることになるというまさに「引き寄せの法則」を地で行くような展開に。 そしてさらなるアクシデント、いやがらせにも見舞われながらも、コンテストでのガーデン建設を見事成し遂げ、最終的に金賞獲得の栄誉に輝くというもの。 ラリベラの光景が散りばめられてます ラリベラでのシーンは全体の約3割といったところですが、設定はアフリカで植林事業に取り組む日本人女性Kaoriの支援でエチオピアでの植林事業に取り組むクリスティーのもとをメアリーが訪ねて来るというもの。 当初クリスティーは「ガーデン・デザインでは地球の緑は守れない」とメアリーの取り組みに冷ややかな態度を示します。 それでも結局は協力することになるわけですが、そこに至る道筋(恋の行方?)については、映画でお楽しみ頂ければと思います。 おそらくスタディーツアーなどでラリベラを訪れたことがある方でしたら、映画のシーンの中に見知っている場所が何度も登場することでしょう。 特にフー太郎の苗畑(シマノ農園)は農機具の倉庫を改装してクリスティーのラリベラでの住まいとしたので、最も登場シーンの多い場所となっています。 また、メアリーが作業を手伝ってくれる人間も資金も何も無いという八方塞がりの状況にありながら、雲が流れるラリベラの空に向かって「いかなる困難にも果敢に挑もうという覚悟を固めるシーン」が盛り込まれていて、映画全体にとって大変強いアクセントを与えるパートとなっていました。 ケルト文化(メリー)vs縄文文化(新妻香織)?! さて、メアリーのガーデン・デザインが大変高く評価された一つの理由は自然とのつながりを大切にする彼女の心であり、かつそれをデザインで表現することができた点にありました。 彼女のコンテスト作品のお題は「ケルトの聖域」というものでしたが、あえて華やかな花を使わず、5百種類の野草とサンザシの木だけという大胆なアプローチでガーデニング界に新風を巻き起こしました。 アイルランドには昔からケルト文化に裏打ちされた自然崇拝的要素が多分にあったわけですが、その点が同じく縄文時代以来の自然崇拝的メンタリティーを持つ我々日本人に通じるところがあると思いました。 おそらく彼女の庭は「侘びさび」を理解する日本人の琴線に触れることでしょう。 新妻代表は映画の中にはさすがに登場しませんでしたが、その役回りは非常に重たいもので「砂漠の緑化に尽力する日本人=新妻香織」vs「ガーデン・デザインで人々の自然への憧憬を搔き立てる役目のメアリー」という対比関係が描かれています。 作品はアイルランドのケルト文化と日本の縄文文化がエチオピアを舞台に縦糸と横糸のように絡み合う作品とも感じられました。 ぜひ映画館にお運びください 映画の上映館は残念ながらフー太郎の森基金の御膝元の東北地方では、現在のところ予定がされておりませんが、もし札幌、東京、関西、名古屋、福岡方面に足を御運びになられる機会がございましたら是非ともご鑑賞下さる様、お願い致します(余談ながら、映画のエンディングのテロップに新妻代表の名前はもちろん、私やフー太郎の現地スタッフ、アマンホテルオーナーのチャル君の名前などが出ておりますので、探してみてくださいね)。 また映画公開後半年くらいをめどにDVD化の予定もあるようですので、そちらも是非注視して頂ければ幸いです。 文責:7代目駐在員 藤村 健司 映画上映のご案内 北海道 シアターキノ 7月23日(土).

次の