コロナ ウイルス 大阪 ライブ ハウス。 「観客いないと」ライブハウス苦悩 解除後も遠い元の姿 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

「高リスク3条件」そろうライブハウス…混雑・近くで発声・密閉空間 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

コロナ ウイルス 大阪 ライブ ハウス

3月4日(水)、すでに複数の新型コロナウイルス感染者を出している「大阪京橋ライブハウスArc」から、新たに6人の女性の感染者が出たことが判明しました。 関与が疑われるコンサートが行われたのは2月15日(土)、16日(日)の2日間ですが、出演者が誰だったのか気になっている人も多いと思います。 新たに感染が発覚したのは、神戸市内の40代女性、京都市内の50代女性2名、大阪府内の40代女性、東京都が発表した世田谷区の保育施設勤務の40代女性と40代女性会社員の合計6名。 急激な増え方を見せており、これまでの「大阪京橋ライブハウスArc」での新型コロナウイルス感染者数が何人にのぼるのかも気がかりとなってきました。 2月15日、16日に、「大阪京橋ライブハウスArc」に参加された方は、症状の有無にかかわらず、ライブ関係者、お客さん含め、全員を検査の対象と致します。 ライブの密閉性、感染者が複数発生等、特殊事情を考慮して判断しました。 同ライブに参加された方はお近くの保健所の相談センターまでご連絡下さい。 — 吉村洋文(大阪府知事) hiroyoshimura 「今後も増え続けるのではないか」との声も挙がっており、拡散情報にも注目すべきですね。 そこで今回は、 【コロナ】大阪京橋ライブハウスArcの出演者は誰?場所や感染者数は?というテーマで詳しくご紹介します! コンテンツ• 大阪京橋ライブハウスArcの出演者は誰? 新型コロナウイルス感染者が続出している、2月15日~16日の「大阪京橋ライブハウスArc」でのコンサート。 出演者が誰だったのか気になる方も多いと思いますが、15日、16日でイベント名が異なるため、それぞれ個別に説明していきますね。 また日付により感染者数が何人出ているのかも異なりますので、もし客として参加したという方はコロナウイルス拡散抑制のため、後述する連絡先までご一報くださいね! では、まず2月15日に開催された「大阪京橋ライブハウスArc」でのコンサートの出演者から紹介します。 2月15日開催「カツオコレクション Vol. 55」の出演者 2月15日(土)「大阪京橋ライブハウスArc」で開催されたコンサート名は「カツオコレクション Vol. 55」です。 参加客の中で、 各地に新型コロナウイルス感染者が複数出てきていますので、心当たりのある方はご注意くださ い。 画像出典:大阪京橋ライブハウスArc公式サイト 上記画像からもわかるように、出演者は以下の4組となっています。 取り急ぎご報告させて頂きます。 皆さんも元気でありますように。 祈ることしか出来ない非力さを恨みながら、今日も元気に自宅待機に励んでます。 — モリナオフミ@フラチナリズム naofumimori Sponsored Link 大阪京橋ライブハウスArcの場所はどこ? 2月29日(土)に高知県1例目となる新型コロナウイルス感染症患者を出したとされる「大阪京橋ライブハウスArc」。 それ以降、毎日のように患者が続出しているということで、場所をもう1度確認しておきましょう!• 「大阪京橋ライブハウスArc」の帰りに参加者が立ち寄る場所も多いため、付近にお住まいの方も含め注意が必要ですね! Sponsored Link 大阪京橋ライブハウスArcでの感染者数は何人? まずは3月4日(水)22時現在でわかっている情報を確認してみましょう! 2月15日、16日開催の「大阪京橋ライブハウスArc」のコンサートで新型コロナウイルス感染者の数は合計11名と増えています。 小規模な感染者の集団(クラスター)が発生したとみられる「大阪京橋ライブハウスArc」(大阪市都島区)に関連し、4日も東京や京都で新たな感染者が判明した。 会場にいて感染が判明したのはこの日3人で、計11人になった。 新たに確認されたのは、京都市の50代女性で、2月15、16日のライブに参加。 18日に体調を崩し、肺炎の症状がある。 一緒にライブに行った別の50代女性も3月3日に感染が判明していた。 東京都が発表した感染者のうち、世田谷区内の保育施設に勤務する30代女性と、40代女性会社員も2月15、16日にライブを訪れていた。 30代女性は、25日に発症し、28日まで勤務していた。 ライブハウスを巡っては参加・関係者とつながりのある家族らの感染も相次いでいる。 高知県ではこの日、10歳未満の男子小学生と40代女性、60代夫婦の計4人の感染が判明したと発表。 いずれもライブを訪れて感染が判明した看護師と、その友人の同僚や家族ら関係者だった。 「ライブを訪れて感染が判明した看護師と、その友人や同僚の家族ら関係者」と記載されており、合計すると少なくとも15名に影響が出ているようです。 報道各社によると、3月3日~4日に感染者数が6名も増えたことになりますし、ライブに訪れた看護婦の関係者なども相次いて感染が判明しており、今後の対応が急務となりそうです。 厚生労働省が「クラスター対策班」を現地に派遣して調べているようですが、むしろ参加者からの自己申告が必要かと思われます。 全員の検査なども実施する予定ですので、もし「大阪京橋ライブハウスArc」のコンサートに参加して検査を受けていない方は、お住まいの地域の保健所にご連絡下さいね。 また、大阪府が設置している以下の連絡先でも問題ありませんので、是非ご協力をよろしくお願いします。 2月15日~16日の「大阪京橋ライブハウスArc」のコンサート参加者の新型コロナ感染者数が増えてきている• 出演者はZILCONIA、GRAND COLOR STONE、KING、フラチナリズムがメインだった• 参加メンバーがTwitterやブログで注意喚起を促している• 近くにJR京橋駅やホテル、コンビニなどが多い地域• コンサート参加者からの感染者数は3月3日に3人、4日に3人増えたことが判明し、現時点で11名とされている• 高知ではライブ会場に訪れた看護師の家族や友人などの関係者4名も別途感染している• 今後も増え続ける可能性が高いため、会場に行かれた方は特に注意が必要• 大阪府は今後参加者全員に対し、検査を実施する方針 2月中旬のイベントでしたが、新型コロナウイルスの潜伏期間が影響し、3月になって増えそうな勢いです。 「大阪京橋ライブハウスArc」のコンサートの出演者も心配な様子ですね! 今後、さらに感染者を増やさないための対策も急務ですが、なかなか政府としても難しいようですね。 もし当日に参加された方は必ず地元の保健所などにご連絡くださいね! 正式発表では現在11名の感染者が出ていますが、家族や友人を含めるともっと増えてきているのが現状です。 3月4日(水)14時30分現在、ライブ参加者の90名以上が連絡先不明となっていますので、くれぐれもご協力をお願いします。

次の

大阪のライブハウスで新型コロナが感染拡大した本当の原因

コロナ ウイルス 大阪 ライブ ハウス

大阪府文化芸術活動(無観客ライブ配信)支援事業について 新型コロナウイルス感染症対策のため、営業を休止している府内の劇場、演芸場やライブハウス等の民間施設が、文化の発信拠点としての社会的な役割を継続できるよう、無観客ライブの配信事業の立ち上げ支援を新たに行います。 また、この支援を通じて、音楽アーティストや漫才・落語・浪曲などの演芸家等が出演する場を創出するとともに、府民に自宅に居ながらにして文化芸術を楽しんでいただく機会を提供します。 新着情報(令和2年6月3日更新) ・ 大阪府文化芸術活動(無観客ライブ配信)支援事業プロモーションライブについて掲載しました。 をご覧ください。 (令和2年6月3日) ・ 無観客ライブ配信の公演スケジュールについては、をご覧ください。 (令和2年6月2日) ・ 「新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」を追加しました。 (令和2年5月27日) ・ 「よくあるご質問(FAQ)」を更新しました。 (令和2年5月22日) ・ 「募集要項」、「様式」、「様式記入例」、「チェックシート」について、お問合せなどを受けて更新しました。 「無観客ライブ」配信へのサポート 「無観客ライブ」配信へのサポートに関する情報については、をご確認ください。 新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン (令和2年5月27日更新) 「音楽コンサートにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン(無観客公演関係)」については、をご確認ください。 その他 補助金の概要については、をご確認ください。 更新前の募集要項については、以下をご覧ください。 ・ ・ このページの作成所属.

次の

大阪・ライブハウス感染15人に 別のライブハウス利用者も 不特定多数と接触か

コロナ ウイルス 大阪 ライブ ハウス

【関連記事】• 「都島区のライブハウスが出発点で、北区のライブハウスに広がったと今の段階では思う」。 吉村洋文知事は4日夜の記者会見で、真剣な面持ちで話した。 府は4日、府内で9人が新たに感染したと発表した。 このうち3人は感染確認が相次いでいる大阪市都島区のライブハウス「Arc」の訪問者。 府が危機感を一段と強めるのは、都島区とは別のライブハウスのイベント参加者で感染者が見つかったためだ。 都島区のライブハウスでは、2月15~16日に複数のバンドが出演したコンサートの参加者のうち、3月4日に大阪府や東京都、京都府、熊本県で新たに感染者が確認。 これまでに感染者は計15人に膨れ上がっている。 4日に感染者が判明したのは、大阪市北区のライブハウス「Soap opera classics Umeda」。 同日、北区のライブハウスの2月19日午後6時開演、同23日の午後1時開演と午後7時開演のいずれかのイベントに参加した計4人の観客や関係者が感染していることが分かった。 さらに4人のうち、4日に感染が判明した大阪府内の30代男性が都島区と北区の両ライブハウスを訪れていたことも発覚。 この男性は2月16日に都島区、19日と23日に北区のライブハウスに関係者として滞在していた。 男性は16日時点では症状がなかったが、19日の北区のライブハウスのイベント後の20日、鼻水が出るようになった。 府は、この男性が16日の都島区のコンサートで感染が判明している人と接触し、北区のライブハウスに広がった可能性があるとの見方を示している。 ライブハウス訪問者の家族や知人、職場へも影響が及んでいる。 大阪国税局は4日、新たに感染が確認された府内在住の60代女性は堺税務署の職員で、北区のライブハウスを訪れていたと発表した。 女性は堺地方合同庁舎で勤務しており、同庁舎には大阪地検堺支部や大阪法務局堺支局などが入っている。 内部事務従事のため確定申告に関する業務には携わっていないという。 夫が下京税務署(京都市)勤務だったため、消毒作業のため両税務署の総合窓口業務を一時中断することとした。 大阪府は両ライブハウスの訪問者の特定に力を入れるが、連絡先の把握などは難航している。 都島区のライブハウスを訪れた少なくとも90人以上の連絡先が不明のまま。 北区のライブハウスの3回のイベントは計170~180人の参加者がいたというが、連絡先把握に至っていない。 府は国立感染症研究所などの専門家でつくる「クラスター対策班」と連携してライブ参加者や接触者情報を収集するとともに、感染経路の解明を進める。

次の