アルゴ ナウ ティカ。 アルゴナウティカ (講談社文芸文庫)

【FGO】コルデーが戦闘中に持っている本がアルゴナウティカだと話題に

アルゴ ナウ ティカ

概要 [ ] 「」の。 略歴 大西洋異聞帯においてと契約した異聞帯サーヴァントとして初登場。 カルデアの前に強敵として立ち塞がるオリュンポスの神々の一員。 人物 兄カストロと妹ポルクスの二人組のサーヴァント。 二者で一個の英霊。 本来は古き神霊であったが、後にオリュンポスのゼウスの神話体系に組み込まれた。 それに伴い、後世の伝説では純粋な人間のカストロと半神半人のポルクスの兄妹とされた。 実際にその伝承の影響を受けて神核スキルのランクが低下している。 サーヴァントとしては、ギリシャ神話の双子座の英雄ではなく、本来の双子神の神霊としての側面が強い。 カストロは元々神であった自身を後付けの伝承で人へと零落させた人間たちへ強い怒りを抱いている。 そのため常に尊大で不機嫌そうにしており人間であるマスターへの対応も辛辣。 一方のポルクスは穏やかな常識人。 彼女が気難しい兄をたしなめるストッパー役を果たしているため、マスターとの関係はさほど問題になることはない。 能力 同一の存在でありながら二つの肉体に異なるクラスの性質を宿す特殊なサーヴァント。 ある種のダブルクラスとも言える。 カストロは神から人へと零落させられた屈辱を怨念に変えたアヴェンジャー、ポルクスは傷付くことなき肉体と凄絶な剣技を以て戦うセイバーとしての性質を持つ。 主武装としてはカストロは円盤、ポルクスは剣を用いている。 元は「現存する神」であったが、キリシュタリアとの戦いに敗れて命を失い神霊サーヴァントとなっている。 その際、キリシュタリアと契約したことで「汎人類史における自分たち」の伝説を知ったカストロは自らを貶めた人間への深い憎悪を抱くに至った。 汎人類史とは異なり、ポルクスもまたカストロ同様に兄を貶めた人間を敵視し、兄の在り方を全面的に肯定している。 結果、兄妹共に人間を激しく嫌悪しており、人間に対しては徹底して傲慢にして残虐非道。 ステータス [ ] クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 備考? 絶大なまでの信頼が生み出す連携技は宝具の域にまで昇華されている。 真名解放時には、二人は古代の神としての神格をほぼ完全に取り戻し、一時的に神核が最高ランクのものとなる。 神霊規模の魔力を行使した上での攻撃は、物理的・魔術的なあらゆる障害と防御とを無視して対象を粉砕する。 『Grand Order』では「自身に無敵貫通状態を付与 &敵単体に超強力な防御力無視攻撃[Lv1. ~]&Quick攻撃耐性をダウン &Arts攻撃耐性をダウン 」という効果のArts宝具。 真名:ディオスクロイ [ ] ギリシャ神話に登場する双子の英雄。 ディオスクロイは「ゼウスの子」を意味する。 元来は古き双神であったというが、『イリアス』、『アルゴナウティカ』など後世の伝説においては神ではなく、人の英雄であったとされた。 多くの伝説を持ちそれぞれに語られる背景は異なるが、よく知られている伝説においては、人間の父テュンダレオスと母レーダーの子で神の血を引かないカストロと、母は同じだが父親がゼウスで半神のポルクスとされる。 イアソン率いるアルゴノーツの一員でもあり、後に航海者の守護神としても信仰を集めた。 アルゴノーツの冒険などを経た後、純粋な人間で神の不死性を持たないカストロは争いの中で死んでしまう。 嘆くポルクスの願いに応えたゼウスは二人を共に天へ上げ、ディオスクロイは天の双子座になったのだという。 登場作品と役柄 [ ] Fateシリーズ [ ] Lostbelt No. 5前編「神代巨神海洋 アトランティス」にて異聞帯サーヴァントとして初登場。 後編の「星間都市山脈 オリュンポス」配信に合わせて恒常実装。 忠実に仕えるが、真の理解者からは程遠く、キリシュタリアもまたディオスクロイに信頼を置いてはいなかった。 大西洋異聞帯では神霊を騙る愚か者と見下しており犬猿の仲。 双子姉妹の片割れ、ヘレネーを攫った張本人。 今のところ言及はなし。 生前 [ ] 、、、、、カイニス アルゴノーツ。 共に冒険したかつての仲間。 そのうちイアソン、ヘラクレス、アスクレピオスはケイローンの門下生だった頃の兄弟弟子でもある。 カストロが馬術を学んだ師。 ヘレネー、クリュタイムネーストラー ディオスクロイの妹たちにあたる双子の姉妹。 クリュタイムネーストラーはカストロと同じく人間、ヘレネーはポルクスと同じく半神半人と言われている。 後にヘレネーはパリスに攫われてトロイア戦争に、クリュタイムネーストラーもまた夫のアガメムノン王を巡る諍いに巻き込まれることになる。 アミュコス ベブリュクス人の王で、アルゴナウタイの前に立ち塞がったボクシング王。 ボクシング王を名乗るだけの力量だったが、ポルクスとの試合に敗北して死亡した。 ……何だ人間ではないか。 つまらん! 死ね!」 ポルクス「死ななくて結構です。 我らディオスクロイ、お力になりましょう」 召喚時。 カストロはのっけから塩対応である。 そしてポルクスのフォローが光る。 カストロ「人理、人類史……成程、消え果てたか。 はは、ざまあないな! 人の世など滅ぶがままにさせておけ」 ポルクス「いけません。 滅ぼさせませんよ」 カストロ「む、むう……」 絆レベル1。 まだそれほど仲良くなっていないから当然かもしれないが、人理修復には協力的なサーヴァントが多い中、ここまで人理を罵倒しているサーヴァントも珍しい。 カストロ「妹よ、我らはかの船で冒険した事もあったな」 ポルクス「ええ、兄様。 あったわ。 ヘラクレスは、実に良き戦士でありました」 カストロ「全くだ。 ……いや待て、妹よ。 お前まさか、俺の知らぬ間にヘラクレスと……!」 ポルクス「違います。 殺しますよ兄様」 アルゴー号メンバーがいる場合。 彼らにとってもアルゴー号の思い出は大切なようである。 そしてカストロのシスコンっぷりが酷い。 普段はフォローするポルクスも怒っている。 メモ [ ]• 戦闘時はポルクスが前に立ち、カストロが背後を守っているが、被ダメージの瞬間だけ立ち位置が入れ替わり、カストロが攻撃を受け止める動きになっている。 攻撃モーションでポルクスは剣を使って攻撃するが、のマイルーム会話では、彼女はボクシングも得意としている様子。 実際、アルゴナウタイの冒険ではベブリュクス人の王のアミュコスをボクシングの試合で打ち倒している。 原典ではポルクスは男性で弟。 FGOシナリオ内でも登場前には「兄弟」と記述されている箇所があったが、本格登場に伴い「兄妹」へと変更されたりもしている。 話題まとめ [ ]• ディオスクロイの担当声優の二人は実際の姉弟である。 つまり姉の内田真礼氏が妹のポルクスを担当し、弟の内田雄馬氏が兄のカストロを担当するというややこしい状態。 しかもこの二人、リアルでもブラコン(シスコン)姉弟として有名である。 ローマ神話での呼び方はジェミニ。 「とがジェミニの疑似サーヴァントとして実装されるのでは?」と予想する者もいた。 実装されたら、になりそうだが。 霊基再臨による見た目の変化が非常に少ない。 ほとんど間違い探しのレベルである。 ただでさえ一騎で2人分の戦闘モーションを作らなければいけないため、開発の負担を軽減するために差異を抑えたのでは、という説も。 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

大航海時代データベース

アルゴ ナウ ティカ

アルゴー船建造を手伝うアテーナー。 のローマのテラコッタの飾り板 第1巻 [ ] 王が提示した条件を満たすため、正統な王位継承者は、コルキスの金羊毛皮を得るため、を準備した。 イアーソーンは全ギリシア中に航海の参加者を募集した。 約50人の英雄たちが航海を共にせんと集結した。 イアーソーンの許に集まった乗員の顔ぶれは、まず、とその従者である少年 、すなわちとの双子の兄弟 )、詩人、、の子との兄弟、の父、の父、の父、そしてアルゴー船の建造者であるなどであった。 一行の目的はのコルキスまで旅し、金羊毛皮を手に入れることである。 イアーソーンが指揮者を誰に選ぶかの合議を提案すると、ヘーラクレースが彼を推薦し、イアーソーンはそれを受諾してアルゴーの船長となる。 と後に呼ばれるようになる一行は、の東海岸から出帆した。 最初の寄港地はで、同島では、女王に率いられた女性たちが、彼女らを侮辱した夫を皆殺しにした処であった。 ヒュプシピュレーはヘーラクレースを除く男たちに、島の人口を取り戻すため、女性たちと交わり、子供を作って欲しいと頼む。 イアーソーンを相手に選んだヒュプシピュレーに、もし男の子を授かったら、その子を両親の元に送るよう言う。 アルゴー船は再び出帆し、を経て、の国に到着。 王は友好的だったが、アルゴナウタイは誤解から、夜闇のなかで、それと知らずドリオニア人と戦うことになり、キュージコスも殺す。 王妃は王の死を嘆き自死した。 イアーソーンは神々をなだめるために生贄を捧げる。 アルゴナウタイの次の目的地はで、そこでヘーラクレースの連れのヒュラースがたちに攫われる。 ヘーラクレースは心乱れて、その地に留まった。 アルゴー船はヘーラクレースとここで分かれるが、が海から現れ、一行は正しい決定をしたと励ます。 第2巻 [ ] 話は、ベブリュクス人 )との出会いから始まる。 そこで王()からの挑戦を受ける。 ポリュデウケースがそれに応じ、王を殺す。 では、ゼーテースとカライスが、予知能力を悪用した罰で苦しんでいた先王から、たちを追い払う。 ピーネウスはお礼に、岩を通過する秘訣を一行に教える。 この秘訣との助けで一行は無事シュムプレーガデス岩を通り抜け、さらに多くの不思議な国々を旅する。 女王率いるの国、人前で性交するモッシュノイコイ人の国(, の中流の谷の都市)。 を祀る島では、一行はアレースの鳥たちに襲われる。 が鎖に繋がれた場所の近くを通り過ぎ、コルキス船の遭難者を救助する。 助けた中にの子がいて、金羊毛を盗むための共犯者にすることに。 コルキスに到着。 イアーソーンは残忍な王に近づく良策がないか考える。 第3巻 [ ] とアテーナーから始まる。 二人の女神はイアーソーンの冒険を助けることに決め、アイエーテースの娘がイアーソーンに恋するよう、に頼む。 イアーソーンはプリクソスを同伴してアイエーテースのところに行く。 アイエーテースはプリクソスのあまりに早い帰国を疑う。 プリクソスは船が難破したこととアルゴナウタイに救助されたことを王に話す。 アイエーテースはその話に陰謀を見てとって、イアーソーンに、もし力と勇気を証明する試練に受かったなら金羊毛を得ることができるだろうと話す。 それは、青銅の蹄を持つ雄牛の群()に引き具をつけ、アレースの野を耕し、竜の歯を植え、土から兵士たちを出現させることだった。 薬と魔法に熟練したメーデイアだが、イアーソーンがその試練に打ち勝つ望みはないと思い、に祈る。 メーデイアは利用できると踏んだイアーソーンは、メーデイアが神に愛の呪文を捧げているのを見て、薬と助けとアルゴナウタイを受け入れてくれるよう頼む。 イアーソーンはメーデイアの愛情に応え、一緒にギリシアについてきて、妻になってくれとメーデイアに言う。 イアーソーンは、メーデイアに好意を持っている女神ヘカテーに生贄を捧げてから、メーデイアの薬を肌、服、槍、剣に振りかける。 薬で身を守ったことで、イアーソーンは雄牛の群の突撃に耐え、雄牛たちに引き具をつけ野を耕し、蛇の歯を植え、土から生まれた兵士たちを出現させる。 イアーソーンは兵士たちの中に大きな円い石を置く。 兵士たちはその岩と戦い、イアーソーンも戦いに参加する。 兵士たちは全滅する。 イアーソーンは試練をくぐり抜けたが、アイエーテースは金羊毛皮を手放すつもりはなかった。 第4巻 [ ] メーデイアは金羊毛皮を守るドラゴンを眠らせると申し出る。 その代わりに、アルゴナウタイに、自分を船に乗せて外国に連れて行って欲しい、裏切った父王から離れたところに連れて行って欲しいと頼む。 イアーソーンは同意し、再度メーデイアに結婚を約束する。 メーデイアはドラゴンを無力化する薬で魔法を使う。 一行は金羊毛とともにコルキスを出帆する。 アイエーテースとメーデイアの弟がアルゴー船を追跡する。 イアーソーンは、処女たちの保護者に、メーデイアと別れると提案する。 それにメーデイアは立腹し、船に火をつけると脅迫する。 イアーソーンは、彼女をアプシュルトスに仕掛ける罠の餌にするのだと説明する。 罠が実行され、アプシュルトスは待ち伏せされて、イアーソーンに殺される。 それにより、コルキス人は散り散りになる。 それから2、3の付随的な冒険が描かれる。 コルキス人はまた戻ってきて、メーデイアの返還を要求する。 しかし、メーデイアは自発的に国を離れたのであるし、もし二人の婚姻が(性交によって)完成されているのなら、メーデイアはイアーソーンと一緒にいてもいい、逆にまだ処女のままなら一緒にいてはならないということで納得する。 それでメーデイアとイアーソーンは婚姻を完成させ、メーデイアは夫の元にいることを許される。 (おそらく)で、ヘーラクレースに殺された蛇に出くわすが、ヘーラクレース本人は見付からない。 では古代の人種の最後の生き残りであるに遭遇し、襲われる。 メーデイアは呪文で一行を救い、タロースを殺す。 タロースは死んだ時、(神々のである鉱物)を流す。 の子がトリートーン湖の海の中から受け取った土の塊を投げると、カリステー島(ティーラ、現)が生まれる。 そして最後、アルゴー船はテッサリアの海岸に帰国する。 スタイル [ ] 作者のアポローニオスはを手本にしてはいるが、『アルゴナウティカ』はいくつかの点で、それまでの伝説やホメーロスの叙事詩と異なっている。 まず、ホメーロスに較べるとかなり短い。 『』が15,000行を越えるのに対して、『アルゴナウティカ』は4巻全部で6,000行未満である。 アポローニオスは、の表現の簡潔さ、あるいはの「詩は昔の叙事詩より短く、一回の着席で(いっきに語られる)一連の悲劇作品の長さで十分である」(『』24)という意見に影響を受けたのかも知れない。 『アルゴナウティカ』はアリストテレースの要求を充たしている。 『アルゴナウティカ』の各巻はおおよそ1本の長さである。 ギリシア悲劇は伝統的に4つの悲劇、もしくは3つの悲劇と1つのを1組として上演されていた。 その合計が『アルゴナウティカ』の長さに非常に近い。 批評家たちは『アルゴナウティカ』の中にあるホメーロスの影響にばかり集中したが、たとえばの『』からのダイレクトな借用も見つけることはできる。 主人公イアーソーンの、より人間らしい弱さも、『アルゴナウティカ』が他の伝統的叙事詩と異なるところである。 Carspeckenはアポローニオスのキャラクターの特色は叙事詩というよりのジャンルに近いものがあると指摘している。 「 リーダー選びは、彼より優れた人がその名誉を妬むから、仲間より劣っているからという理由で、その時以外は、力・腕・勇気・偉大な戦士のどの試練も魔法の力に頼り、栄誉を羨み、そのくせはっきり主張もできず、危機に直面すると消極的、問題が起きるとびくびく・おろおろ、侮辱されると泣き、すぐに落胆し、恋を病むメーデイアに対しては不誠実……。 」 『アルゴナウティカ』はよくヘレニズム小説を導いた文学的伝統の中に位置づけられる。 地方の風習、因果関係学、その他、ヘレニズム期の詩のポピュラーなテーマについての多くの議論の中でも、『アルゴナウティカ』は古代の叙事詩の伝統とは似ていない。 アポローニオスは神話から題材を取るにあたって、ショッキングなヴァージョンはあまり使っていない。 たとえば、メーデイアはアプシュトルスを自分で殺すのではなく、ただ殺されるのを見ているだけである。 神々も全編を通して事件と距離を置き、あまり動かず、宗教を寓意化および合理化するヘレニズム期のトレンドに従っている。 また、イアーソーンとメーデイアといったを、ヘーラクレースとヒュラースといったよりも重要視している。 これもまたヘレニズム期のトレンドであった。 多くの批評家たちは 、アポローニオスのいくつかの美しい文章に感激を受け、この本の最もすばらしく美しい部分として、イアーソーンとメーデイアの愛の場面を挙げている。 「そう、彼女の心の回りで騒ぎ、ひそかに燃ゆる破壊者の愛、そして彼女の柔らかき頬の色は移り変わる、今は青、今は赤、彼女の魂の乱れるままに」(『アルゴナウティカ』III. 297-299) もう1つの『アルゴナウティカ』 [ ] 『アルゴナウティカ』はもう1冊ある。 の時代(皇帝在位: - )にが作ったものである。 日本語訳 [ ]• 訳 『世界文学全集(1) /アルゴナウティカ』 、1982年。 前者は訳• 岡道男訳 『アルゴナウティカ アルゴ船物語』 、1997年。 上記の改訂版• 堀川宏訳 『アルゴナウティカ』 〈西洋古典叢書〉、2019年 脚注 [ ]• ここで「少年」とは、エローメノス(eromenos, 愛される者)の意である。 はとの息子で、との兄弟である。 レーダーは元々、の妻で、この四人は、全員がゼウスの子ともだという説と、なかの二人はテュンダレオースの子だという説があり、他にも異説がある。 これらの人々は、の当事者の一世代前の人々である。 従って、神話上の時間では、アルゴー号の航海は、トロイア戦争より一世代前のことになる。 の神話的種族。 Virginia Knight, "Apollonius, Argonautica 4. 167-70 and Euripides' Medea" The Classical Quarterly New Series, 41. 1 1991:248-250. Hunter, "'Short on heroics': Jason in the Argonautica", The Classical Quarterly New Series 38 1988:436-53. Carspecken, "Apollonius Rhodius and the Homeric epic", '' Yale Classical Studies 13 1952:101 finds the heroism instead in the group, the Argonauts. Charles R. Beyeは主人公の内なる生を重要視して気付いた。 「事実上、我々は小説の始まりまで辿り着いた」 Beye, Epic and Romance in the Argonautica of Apollonius [University of Southern Illinois Press] 1982:24. A recent examination of Argonautica is R. Clare, The Path of the Argo: Language, Imagery and Narrative in the Argonautica of Apollonius Rhodius. 参考文献 [ ]• Florence, 1496. Merkel-Keil with scholia, 1854. Seaton 1900. Green, Alexander to Actium: The political evolution of the Hellenistic age 1990 , particularly Ch. 11 and 13. ロンギヌス(, De Sublim, p. 54, 19)• 、 Instit, x. 1, 54)• アリストテレス『詩学』 外部リンク [ ]•

次の

phyxsiusの語源を教えて下さい

アルゴ ナウ ティカ

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国• ウェブストアに6冊在庫がございます。 (2020年06月28日 19時38分現在) 通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。 入手できないこともございます。 【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。 尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。 内容説明 ヘレニズム期を代表する学匠詩人による叙事詩。 世界の東涯の地コルキスにある金羊皮を持ち帰るよう命ぜられたイアソンは、巨船アルゴー号を駆って航海へ乗り出すことになる。 彼を助けるべく、その許にはギリシア各地から、オルペウスやヘラクレスをはじめとする多くの英雄たちが参集した。 アルゴナウタイ物語の決定版である本作は古来広く愛読され、ローマの詩人らにも大きな影響を与えた。 著者等紹介 堀川宏[ホリカワヒロシ] 京都大学他非常勤講師。 1981年山梨県生まれ。 2012年京都大学大学院文学研究科博士課程研究指導認定退学。 出版社内容情報 アポロニオス・ロディオス/堀川 宏 訳;0903;03;金羊皮を求め、アルゴー船で航海へ乗り出す英雄たちの冒険譚。 ヘレニズム期を代表する学匠詩人による、アルゴナウタイ物語の決定版。 ;20190301.

次の