ホルモン バランス 整える 食べ物。 ホルモンバランスを整えるには?飲み物、食べ物一覧!漢方、サプリ

ホルモンバランスを整える食事

ホルモン バランス 整える 食べ物

女性ホルモンの分泌を促す食事や食べ物やツボとアロマ! 生まれたばかりの赤ちゃんは、その見た目だけでは男女の区別がなかなかつきませんが、年齢を重ねるごとに、女の子は女性らしく、男の子は男性らしく変化していきます。 これには、 ホルモンの分泌が大きく関わっています。 ホルモンとは、体の機能維持に関わる物質で、その数は100種類以上にも及ぶと言われています。 その中でも、女性にとって重要な意味を持つのが、 女性ホルモンです。 最近は、女性誌やテレビ番組などで「女性ホルモンこそが女性の美しさを作る」として、特集などがよく組まれていることから、女性ホルモンが大切ということは知っているという方は多いと思います。 しかし、どうして 女性ホルモンの分泌を促した方がよいのかはよくわからない・・という方がまだまだ多いのではないでしょうか。 そこで今回は、女性ホルモンについて調べてみました。 女性ホルモンを整えるべき理由や、 女性ホルモンを増やす方法をご紹介していますので、是非一度ご覧頂けたらと思います。 なぜ、女性ホルモンを整えたほうがいいのか? 女性ホルモンには、 エストロゲン(卵胞ホルモン)と プロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、生理周期によってその分泌量が変化します。 エストロゲンは、卵巣から排出される卵胞の成長を促し、子宮膜を厚くすることで妊娠しやすい環境を作るホルモンです。 このため、生理が終わってから分泌が始まり、最も妊娠しやすい排卵日の前にピークを迎えます。 また、エストロゲンには皮下脂肪を増やす働きもあり、肌がハリ、ツヤが生まれるため〝美人ホルモン〟と呼ばれることもあります。 一方のプロゲステロンには、受精卵が着床して妊娠が継続しやすい環境を整える働きがあります。 プロゲステロンは排卵後から分泌が始まり、生理前にピークを迎えます。 生理前に食欲が増したり、むくみが出やすいのは、水分や栄養を溜めこむプロゲステロンの働きがあるからです。 さらに、皮脂の分泌量が増えたり、紫外線から細胞を守ろうとメラニンが活発になるため、ニキビやシミが増えることから、〝ブスホルモン〟と呼ばれることもあります。 このように聞くと、女性にとって嬉しいのは、やはり肌のハリやツヤが出るエストロゲンではないでしょうか。 実際に、エストロゲンの分泌量が増える生理後は、心身の体調がよいという方は多いと思います。 逆にプロゲステロンの分泌が増える生理前は、体調が悪く気分も落ち込みがちという方が多いと思いますが、エストロゲンばかりが分泌されるようになると、妊娠の継続が難しくなるだけではなく、乳ガンや子宮体ガンの発症リスクが高くなることがわかっています。 つまり、女性ホルモンはどちらか一方が多くなってしまうのではなく、2つがバランスよく分泌されることがとても大切なのです。 女性ホルモンが乱れる事による弊害は? では、エストロゲンとプロゲステロンの分泌のバランスが崩れてしまうと、どのようなことが起こるのでしょうか。 ・やシミなどの肌トラブル ・むくみや ・便秘 ・ ・理由もなくイライラしたり、落ち込む ・生理不順 ・ ・貧血 ・や重い、頭痛や吐き気など、自律神経失調症に似た症状 ・体重が増える ・不妊 ニキビや便秘などが、必ずしも女性ホルモンの乱れから生じているというわけではありませんが、様々な対処法を試してみても改善しない場合には、女性ホルモンの乱れを疑ってみることが必要になります。 女性ホルモンの分泌を増やす方法 女性ホルモンは、加齢やストレスなどによって分泌量が減ってしまいやすいもの。 そのため、分泌を増やす方法を知ることは、女性らしさを保つためには欠かせません。 では、女性ホルモンの分泌を増やす方法には、どのようなものはあるのでしょうか。 生理前にイライラや倦怠感などがひどく現れるPMS(月経前症候群)は、セロトニンの不足と関係していると言われているので、朝日を浴びてセロトニンを増やしましょう。 また、運動をすることでストレスが解消されるので、自律神経を整える効果も同時に期待できます。 ちなみに、これは現実の恋人だけに限らず、妄想などでもOKなのだそうです。 女性ホルモンのバランスを整える食事や食べ物 アーモンドやピーナッツなどのナッツ類には、ビタミンEが豊富に含まれていますが、ビタミンEには血行促進の効果があり、脳の血流をよくすることで女性ホルモンの分泌に関わる視床下部の働きを活性化してくれます。 なお、大豆に含まれるは、エストロゲンと似た働きをするため、意識して摂取をしている方もいらっしゃると思いますが、摂り過ぎてしまうと生理痛が重くなるなどの症状が現れることから、適量を摂るように心掛けましょう。 女性ホルモンを増やす「ツボ」 女性ホルモンを増やすには、ツボを押すのも効果があります。 ツボ押しは手軽に始められるので、是非今日から実践してみましょう。 壇中(だんちゅう) 血が集まっているツボで、ここを押すことで血流がよくなり、生理痛や生理不順が解消されます。 女性ホルモンを効果的に促進するおすすめのアロマ! 女性ホルモンを増やすには、アロマを利用するのもよいと言われています。 ここでは、女性ホルモンを分泌を促す作用のあるアロマをご紹介します。 クラリセージ 女性ホルモンに似た働きをするスクラレオールが含まれており、女性ホルモンのバランスを整えてくれます。 ナッツのような甘さの香りで、心身のリラックスを促します。 ゼラニウム バラに似た甘い香りが特徴で、ストレスによる心身の緊張を解し、リラックスを促す効果があります。 また、ホルモンの分泌を調整する働きもあり、生理痛や更年期障害などの悩みを解消する効果が期待できます。 ネロリ ネロリはビターオレンジから抽出されるオイルで、その名の通りオレンジの香りがします。 女性ホルモンの分泌を調整する作用があり、ストレスの軽減や安眠効果が期待できます。 女性ホルモンを増やす方法【食べ物・ツボ・アロマ】のまとめ 女性ホルモンは、どちらか一方の分泌が盛んになるようにするのではなく、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量のバランスをとることがとても大切です。 また、女性ホルモンは加齢によって分泌が減っていきますが、今回ご紹介した方法を活用して、女性らしさを保てるように心掛けてみましょう。

次の

ホルモンバランスを整える食べ物

ホルモン バランス 整える 食べ物

女性なら誰でも毎月起こる生理。 「その度、辛い思いをしている」という人も少なくありません。 食事で生理の不快感を和らげる方法はないのでしょうか? 毎月起こる生理(医学的に正しくは「月経」「月経痛」ですが、一般的に「生理」と呼ばれることが多いため、以下「生理」「生理痛」と表記します)。 生理前後の不調や生理痛などは、多くの女性が経験したことがあると思いますが、生理痛が起こる仕組みを説明できる方は少ないのではないでしょうか? 実は生理痛のメカニズムはまだ明らかになっていません。 生活習慣と関連しているという説もありますし、女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンの不足や過剰、ビタミンB群の欠乏症など、諸説あります。 近年、最も有力視されているのは、なんと男性ホルモンのアルドステロン分泌過剰説。 ただし、エストロゲン、プロゲステロンのどちらが分泌を亢進しているのか不明であるなど、はっきりしない部分が残されているのです。 また、特に出産を経験していない女性の場合、子宮頚管が硬く内膣が狭いため、凝血が通過する際に痛みを訴えたり、子宮の個人差によって経血がスムーズに排泄できずに子宮内に滞りがちになってしまうことで、腹痛や腰痛を招いたりすることもあるといわれています。 <目次>• 生理中に避けたい食べ物・生理痛を悪化させる食べ物 このように、生理中はホルモンバランスや体の物理的な状態が通常時と異なっています。 このような時に避けたほうがよい食べ物は以下のようなものが知られています。 少しでガマンするか、フルーツ類を食べるようにしましょう。 特に生理中は避けた方がよいでしょう。 体が冷えると生理痛が悪化しやすいので、ご注意を。 アルコールは生理中に控えるべき……生理中の飲酒で貧血リスクも 生理中でも女子会やデートの誘いがあったら、参加したい気持ちもあるでしょう。 もちろん、気分転換に参加するのもよいと思いますが、アルコールを飲むことで血流が促進され、経血量が増えてしまうことがあります。 経血量が増えることで貧血を起こしてしまうリスクがありますので、いつもよりも飲酒量は控えめにすることをオススメします。 生理中に摂りたい栄養素……ビタミンB群・亜鉛など 生理中に積極的に摂りたい栄養素についてもお話ししましょう。 これらのビタミンは体内で複雑に連携しあって働いています。 どれか1つということではなく、日頃からまんべんなく摂取することが望まれます。 これは生理中も例外ではありません。 ビタミンB群は植物性食品に含まれているものが多いですが、ビタミンB12は動物性食品にしか含まれていません。 動物性食品は太る、動物性食品はエストロゲンの分泌が増加して生理痛がひどくなる、などと考えて避けすぎると逆効果になります。 気を付けてください。 また、妊娠を希望している方にとっては、葉酸は特に大事な栄養素になります。 詳しくは「」をご覧ください。 妊娠前から積極的に摂取するようにしてくださいね。 亜鉛は、貝類、赤身の肉、レバーなどに多く含まれています。 生理中の不快感で上位を占めるのは「憂鬱になる」「イライラする」「怒りっぽくなる」「無気力になる」などが挙げられます。 これらを解消するためには、カルシウム、マグネシウムの力を借りるのが一番です。 カルシウムは牛乳などの乳製品に、マグネシウムは大豆製品や緑の野菜に多く含まれています。 栄養素ではありませんが、「食事回数」が少ない人は、イライラなどの「気分の不快」を訴える人が増えるという統計もあるそうです。 特に毎日、朝食を摂らない人は、イライラしたり、落ち着かないなど負の感情が強くなる人が多くなるようです。 ちなみに、その研究では、睡眠習慣と生理中の気分の不快に関係はなかったとのことですから、しっかり食事を摂ることがいかに重要かお分かりいただけると思います。 朝食は、学業成績を上げたり、幸せな気分になったりと、よいことがいっぱいです。 詳しくは「」「」をご覧ください。 ぜひ、朝食習慣を身につけるようにしてください。 毎月のことと分かっていながら面倒にも感じてしまう生理ですが、女性の営みとして大切なものでもあります。 ぜひ、食生活などにも気を付けながら、快適に乗り切りたいものですね。 【関連記事】• 参考文献:.

次の

女性ホルモンを増やす食べ物は?体に与える美容や健康への効果とは

ホルモン バランス 整える 食べ物

通常、男性ホルモンと考えられていますが、テストステロンも女性ホルモンの一種です。 テストステロンは、一般的に性行為の欲求のホルモンとして知られています。 テストステロンは実際に女性の性欲に大きく作用します。 より一般的な見方では、テストステロンの働きは人生に悲しみと喜びを与えるとされています。 閉経時にはその働きは鈍化し、卵巣とともに消滅します。 閉経後、テストステロンレベルが低下し、エストロゲンレベルも低下します。 女性のテストステロンの約40%〜50%が卵巣や副腎で生成されます。 逆に、テストステロンの過剰生産を引き起こす女性ホルモンバランスの不均衡は、乳房のサイズの減少、体の形状の変化、過剰な髪の成長、脂性の皮膚、および無月経を含む、身体的な物理的変化を生じさせます。 オキシトシンは、下垂体によって放出される別の女性ホルモンであり、しばしば「愛の薬」と呼ばれています。 なぜ、そのように呼ばれるのでしょうか。 母親が授乳中の際、乳児の授乳は、乳腺を刺激し、母乳を引き起こすオキシトシンを放出する。 オキシトシンは、子宮頸が拡張し子宮収縮を引き起こすときにも放出される。 女性ホルモンの一種であるオキシトシンが分娩中に母親によって放出されると、胎盤の壁を越えてオキシトシンが分泌されます。 そのオキシトシンは母親に様々な良い気分を高めます。 安全性、安定感、満足感、信頼感、共感、そしてそれは母体と乳児との間の結合の役割を果たします。 女性のオキシトシン値が高いほど、彼女が幸せであると言います。 オキシトシンと結合は母親と乳児の間の関係のみに働くわけではありません。 結合は、子供と母親の間、および男性と女性のような人々の間の関係を形成する上で必要な重要な働きです。 夫婦や恋人などのパートナーとの間で20秒の抱擁は、彼らの脳にオキシトシンの放出を引き起こします。 よって、オキシトシンは女性の身体の中に信頼感をもたらします。 その解放は抱擁によって引き起こされるのではなく、肯定的で感情的な相互作用によって引き起こされます。 女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンは、オキシトシンとドーパミンの効果を増強し、気分が良くなるほどの幸せと喜びを与える作用をすると言われています。 80%の女性が、自分の生活の中である期間の間、ホルモンバランスの不均衡に関連する症状に苦しむ可能性があります。 閉経期に入る女性のほとんどはこのような症状がありますが、10代から20代の若い女性でも何らかの症状があらわれることがあります。 多くの女性はホルモンだランスの不均衡による症状に苦しんでいます。 伝統的に使用されているようなホルモン補充療法で有害な影響を受ける可能性があるため、これらの症状を治療する別の方法が有益であります。 ホルモンの不均衡に対処するための有機栽培のハーブ、食品、ライフスタイルの変更を実践したとしても、すぐに効果は現れません。 自然に来るホルモンバランスの変化には時間がかかります。 しかし、ホルモンバランスのための自然なアプローチのメリットは、時間と労力をかける価値(メリット)があるということです。 深呼吸• 特に、ビタミンB6、ビタミンD、亜鉛、マグネシウムを。 /ビタミンB6、ビタミンD、亜鉛、マグネシウムなどのビタミンおよびミネラルは、サプリメントとして、または全粒粉、ナッツ、マメ科植物、野菜、魚介類のような食品で摂取することができます。 内分泌系の適切な機能を回復させるのに効果的なオメガ3脂肪酸が豊富な、えごま油、アマニ油、青背の魚は食卓に取り入れると良いでしょう。 それは、ホルモン循環の回復と ホルモンのバランスとホルモンの作用が正常に機能するようにするためです。 非常にメリットがあります。

次の