綱島 東急 ストア。 東急ストア|東急グループのお店・サービス一覧|東急株式会社

ついに告知されたか…。綱島街道沿いにある『東急ストア 綱島店』が、2月29日(土)18時をもって営業を終了

綱島 東急 ストア

東急ストアは3月13日、東急東横線綱島駅に開業する「エトモ綱島」に「東急ストア綱島駅前店」をオープンする。 年商目標は13億1000万円と設定した。 <東急ストア綱島駅前店> エトモ綱島は3月16日グランドオープンとなり、東急ストアは先行オープンする。 1963年11月に開業した同店は、2016年1月より綱島駅の改修工事に伴い約4年カ月休業していたが、さらに地域住民の生活に寄り添った店舗として生まれ変わった。 鮮度の良い生鮮食品を充実させるとともに、ライフスタイルの多様化に合わせあわせて朝7時から夜25時まで営業する。 主要ターゲットは、周辺住民と駅の利用者。 5㎞圏内の人口、世帯数、乗降客数どれも増加傾向にあり、年代別人口は就労世代である20~50代の構成比が63%、世帯人員は1人世帯・2人世帯が多く、全体の72%を占める商圏。 綱島駅の乗降客数は、1日約10万人(2018年度)。 バスは、11路線あり、1日当たり約3万人が利用している。 綱島駅利用者に向け、調理をせずに食べられる商品調理の手間を省いた商品を強化し、使い切り・食べ切りサイズの商品も取り揃えた。 デリカのスペースを拡大し、旬のおいしさを味わえる、低糖質などの健康を意識した商品を種類豊富に用意し、平日は20時まで出来立て商品を提供する。 根強い人気の「焼きたてベーカリー」は、店内で焼き上げたパンを常時30種類以上展開する。 また、青果・水産・畜産は、毎日の食卓に欠かせない新鮮な素材だけでなく、フライパンで炒めるだけの簡単調理商品、ミールキットなどの時短商品を取り揃えた。 PayPay、LINE Payなど8つのQRコード決済を導入し、キャッシュレス決済に対応していく。 1億円 従業員数:78人(社員8人、パートナー社員・アルバイト70人).

次の

東急ストア、横浜市に「綱島駅前店」を再オープン、約4年ぶり _小売・物流業界 ニュースサイト【ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】

綱島 東急 ストア

東急ストアは3月13日、東急東横線綱島駅に開業する「エトモ綱島」に「東急ストア綱島駅前店」をオープンする。 年商目標は13億1000万円と設定した。 <東急ストア綱島駅前店> エトモ綱島は3月16日グランドオープンとなり、東急ストアは先行オープンする。 1963年11月に開業した同店は、2016年1月より綱島駅の改修工事に伴い約4年カ月休業していたが、さらに地域住民の生活に寄り添った店舗として生まれ変わった。 鮮度の良い生鮮食品を充実させるとともに、ライフスタイルの多様化に合わせあわせて朝7時から夜25時まで営業する。 主要ターゲットは、周辺住民と駅の利用者。 5㎞圏内の人口、世帯数、乗降客数どれも増加傾向にあり、年代別人口は就労世代である20~50代の構成比が63%、世帯人員は1人世帯・2人世帯が多く、全体の72%を占める商圏。 綱島駅の乗降客数は、1日約10万人(2018年度)。 バスは、11路線あり、1日当たり約3万人が利用している。 綱島駅利用者に向け、調理をせずに食べられる商品調理の手間を省いた商品を強化し、使い切り・食べ切りサイズの商品も取り揃えた。 デリカのスペースを拡大し、旬のおいしさを味わえる、低糖質などの健康を意識した商品を種類豊富に用意し、平日は20時まで出来立て商品を提供する。 根強い人気の「焼きたてベーカリー」は、店内で焼き上げたパンを常時30種類以上展開する。 また、青果・水産・畜産は、毎日の食卓に欠かせない新鮮な素材だけでなく、フライパンで炒めるだけの簡単調理商品、ミールキットなどの時短商品を取り揃えた。 PayPay、LINE Payなど8つのQRコード決済を導入し、キャッシュレス決済に対応していく。 1億円 従業員数:78人(社員8人、パートナー社員・アルバイト70人).

次の

東急ストア/エトモ綱島に「綱島駅前店」年商目標13億1000万円

綱島 東急 ストア

東急ストアは3月13日、東急東横線綱島駅に開業する「エトモ綱島」に「東急ストア綱島駅前店」をオープンする。 年商目標は13億1000万円と設定した。 <東急ストア綱島駅前店> エトモ綱島は3月16日グランドオープンとなり、東急ストアは先行オープンする。 1963年11月に開業した同店は、2016年1月より綱島駅の改修工事に伴い約4年カ月休業していたが、さらに地域住民の生活に寄り添った店舗として生まれ変わった。 鮮度の良い生鮮食品を充実させるとともに、ライフスタイルの多様化に合わせあわせて朝7時から夜25時まで営業する。 主要ターゲットは、周辺住民と駅の利用者。 5㎞圏内の人口、世帯数、乗降客数どれも増加傾向にあり、年代別人口は就労世代である20~50代の構成比が63%、世帯人員は1人世帯・2人世帯が多く、全体の72%を占める商圏。 綱島駅の乗降客数は、1日約10万人(2018年度)。 バスは、11路線あり、1日当たり約3万人が利用している。 綱島駅利用者に向け、調理をせずに食べられる商品調理の手間を省いた商品を強化し、使い切り・食べ切りサイズの商品も取り揃えた。 デリカのスペースを拡大し、旬のおいしさを味わえる、低糖質などの健康を意識した商品を種類豊富に用意し、平日は20時まで出来立て商品を提供する。 根強い人気の「焼きたてベーカリー」は、店内で焼き上げたパンを常時30種類以上展開する。 また、青果・水産・畜産は、毎日の食卓に欠かせない新鮮な素材だけでなく、フライパンで炒めるだけの簡単調理商品、ミールキットなどの時短商品を取り揃えた。 PayPay、LINE Payなど8つのQRコード決済を導入し、キャッシュレス決済に対応していく。 1億円 従業員数:78人(社員8人、パートナー社員・アルバイト70人).

次の