ニホン ノワール ネタバレ。 ニッポンノワール原作の結末ネタバレ!最終回で10億円事件の真相は?

【ニッポンノワール 刑事Yの反乱】のネタバレ!原作と最終回結末は?

ニホン ノワール ネタバレ

賀来賢人が演じるのは、遊佐清春(ゆさ きよはる)という刑事Y。 たたき上げで捜査の最前線を任されるも、冷徹で目的のためには手段を選ばない刑事という役どころ。 「ニッポン」は、「日本」そのままの意味だとすると、ノワールはなんでしょう。 私はこの題名を見たとき、コメダ珈琲の「シロノワール」が思い浮かんだのですが絶対関係ないかな(笑) Noir(ヌワール、ノワール、ノアール)はフランス語で黒という意味です。 関連する言葉では、フランス語で「暗い映画」を意味する、 Film noir(フィルムノワール)という言葉があります。 フィルム・ノワールとは、小説、映画の一分野で、人間の悪意や差別、暴力などを描き出しています。 闇社会を題材にとった、あるいは犯罪者の視点から書かれたものが多いとか。 狭義には、1940年代前半から1950年代後期にかけて、主にアメリカで製作された犯罪映画を指します。 こういった意味から考えると、 「日本の闇・日本の裏社会」という意味でしょうか。 また、人間関係が複雑に入り組み、裏切られたり、悪意があったりドロドロの人間模様になることは間違いなし。 さらに、「今日から俺は!! 」の制作チームも再集結。 全ての人間が疑心暗鬼の中、だましだまされのストーリーが展開するアンストッパブル・ミステリー作品の「ニッポンノワール」。 放送日ごとに、犯人探しがSNSで話題になるでしょう! プロデューサーから細かい構想を聞き、そして台本を読み、間違いなく、今まで日本で見たことのないスケールのドラマになると確信しました。 こういう物語が見たかったんだ!という思いをぶつけられる作品になると思います。 賀来賢人さん、初めての刑事役で今までとは違った役柄を演じられるこの作品にとても意気込みを感じます。 NTV 10月期日曜ドラマ ニッポンノワール〜刑事Yの反乱〜 に主演させて頂く事になりました。 日本の刑事ドラマの概念を壊す、 見たことのないエンターテイメントになっております。 こんなドラマが見たかった!! と、 言わせてみせます、お楽しみに😎 是非! — 賀来賢人 kentkaku ニッポンノワール 本日、クランクイン😎 このチームで突っ走ります。 いよいよ、始まる感。 必ず良いものに。 そして二話読みます。 — 賀来賢人 kentkaku スポンサーリンク ニッポンノワール・あらすじ 目が覚めると俺の横には女性刑事の亡骸があった。 手には拳銃。 何故かおれの記憶は数ヶ月消し飛んでいた。 俺がコイツを 殺したのか… それとも何者かに ハメられたのか… 容疑者は「自分自身」と俺の「目に映るすべての人物」 俺を疑い追いかける同僚刑事 かつての仲間は一夜にして敵に。 相棒は亡き女性刑事の一人息子である幼き少年ただ一人。 やがて事件は未解決の「十億円強奪事件」の真相へと繋がっていく・・・ 女性刑事を 殺したのは・・? 十億円を 奪ったのは・・・? 疑いが加速し、 裏切りが止まらない。 この物語、一度見たらその結末を見届けるまで、 「とんでもないこと」が止まらない 引用…日テレ公式HP 公式あらすじを見ると、「十億円強奪事件」と書かれてあるのがキーワードのようです。 相棒の少年のことも気になります。 また、公式でもあらすじに「赤」と「緑」の色が所々に使われていてこの色使いも犯人にたどり着くヒントになるのでは?と思います。 「あなたの番です」でも、こういったヒントが隠されていましたからね。 3年A組と同じ脚本家さんなので、こういったHPでの情報や主人公のセリフなど、ひとつひとつがヒントになると思うと一話とも見逃せません。 初回放送スタートは2019年10月13日ですよ~! スポンサーリンク ニッポンノワール・世間の反応 「あなたの番です」が最終回を迎えた直後から、「あな番ロス」におちいる方が多数。 しかし、予告の「シロノワール」の賀来賢人さんをみてロスから復活される方も多数!(笑) SNSの声、集めました。 』から始まって、『3年A組』『あなたの番です』と、意欲的で視聴者を引き込む面白いものが続いている。 それだけに、次のドラマへのプレッシャーも相当だろうなぁ。 『ニッポンノワール』はどうかな。 他ドラマと違う!期待しかない。 SNSでの考察合戦も楽しみですね!.

次の

ニッポンノワール(ドラマ)の原作ネタバレ!犯人は最終回後のhuluで明らかに?

ニホン ノワール ネタバレ

賀来賢人が主演する日本テレビのミステリードラマ「ニッポンノワール・刑事Yの反乱」の原作とあらすじとネタバレです。 脚本は、ドラマ「3年A組」「ジョーカー・許されざる捜査官」「家族ゲーム」などを手がけた武藤将吾のオリジナル脚本です。 刑事・遊佐清春(賀来賢人)は拳銃を握っていたが、ここ3ヶ月間の記憶が無くなっており、意味が分からなかった。 俺が殺したのか?それとも誰かにハメられたのか? いずれにしても、このままでは自分が犯人にされてしまう。 刑事・遊佐清春(賀来賢人)は「笑えねえよ」と言い、自分の足跡を消して、反グレ集団「ベルムズ」の元リーダー貴志正臣(栄信)に証拠を処分させた。 その後、碓氷薫(広末涼子)の死体が見つかり、警察が捜査を開始する。 遊佐清春(賀来賢人)も刑事として捜査に加るが、遊佐清春(賀来賢人)は「警視庁のガン」「悪徳刑事」と呼ばれており、無断欠勤してアリバイもなかったことから、同僚から犯人ではないかと疑われた。 同僚刑事・碓氷薫(広末涼子)の死亡推定時刻は2日前の夕方で、凶器は警察官が使う「M360-SAKURA(サクラ)」という拳銃だったが、遊佐清春(賀来賢人)は記憶喪失で何も思い出せなかった。 さて、遊佐清春(賀来賢人)は、上司の命令で、死んだ碓氷薫(広末涼子)の子供・(田野井健)を預かることになった。 仕方なく、遊佐清春(賀来賢人)が碓氷薫(広末涼子)のマンションを訪れると、部屋の中が荒れており、公安部の刑事・才門要(井浦新)が居た。 遊佐清春(賀来賢人)は才門要(井浦新)が犯人かと疑うが、才門要(井浦新)は「勘違いするな。 俺が来たときには荒らされていた。 それを見てみろ。 誰かがお前を犯人に仕立て上げようとしている」と言い、部屋の中に遊佐清春(賀来賢人)のタバコの吸い殻が落ちていることを教えた。 そして、才門要(井浦新)は、碓氷薫(広末涼子)が解決した「東堂銀行10億円強奪事件」の真相が知りたいと教えた。 碓氷薫(広末涼子)は、東堂銀行から10億円が強奪された事件の容疑者を見つけてアジトに踏み込んだが、強盗4人は仲間割れを起こして拳銃で撃ち合い、4人全員が死んでいた。 10億円は行方が分からなかったが、警察の上層部が「東堂銀行10億円強奪事件」に蓋をしていた。 しかし、事件には黒幕が居た。 黒幕が警察関係者と見て間違いのだが、黒幕もまだ10億円は手にしていないのだという。 遊佐清春(賀来賢人)は「どうして、そんなことが分かる」と尋ねると、才門要(井浦新)は「薫(広末涼子)から聞いたんだ。 薫が10億円を見つけて、別の場所に隠したって。 つまり、10億円強談事件の真犯人が金のありかを聞き出そうとして、薫を殺した。 そう考えられないか?」と答えた。 才門要(井浦新)に「今度はお前の番だ。 知っている事を全部話せ」と促すが、遊佐清春(賀来賢人)は記憶喪失だったので、「何も知らねーよ」と答えた。 すると、才門要(井浦新)は「ここから先は、誰も信じるな。 判断を誤ったら命は無いぞ」と忠告して立ち去った。 さて、碓氷薫(広末涼子)の部屋に遊佐清春(賀来賢人)のタバコの吸い殻を置いた犯人は、後輩刑事・名越時生(工藤阿須加)だった。 警視庁捜査一課の理事官・本城諭(篠井英介)が、「遊佐清春(賀来賢人)の部屋に証拠がある」と言い、家宅捜索をするため、名越時生(工藤阿須加)に証拠をねつ造させ、遊佐清春(賀来賢人)を別件で逮捕しようとしたのである。 名越時生(工藤阿須加)は、死んだ碓氷薫(広末涼子)の事が好きだったので、証拠の偽装に失敗すると、遊佐清春(賀来賢人)を暗殺しようとしたが、失敗してしまった。 遊佐清春(賀来賢人)は名越時生(工藤阿須加)を縛り上げて自宅に連れ帰ると、「碓氷薫(広末涼子)を殺した犯人が憎いんだろ?だったら利害が一致している。 俺と手を組まないか」と告げて脅すと、名越時生(工藤阿須加)は絶対服従を誓った。 され、遊佐清春(賀来賢人)がロッカーを開けると、封筒が落ちてきた。 封筒の中には「東堂銀行10億円強奪事件」で使用された「クロック17」という拳銃が入っていた。 しかも、封筒の中に東堂銀行を襲撃する計画書も入っていた。 名越時生(工藤阿須加)は「先輩、10億円強奪事件の一味なんですか」と驚いた。 遊佐清春(賀来賢人)は記憶が無く、何も思え出せず、「俺が?」と困惑した。 そこへ、本城諭(篠井英介)が警察を率いて駆けつけ、遊佐清春(賀来賢人)の部屋を包囲したのだった。 「」へ続く。

次の

【ニッポンノワール 刑事Yの反乱】のネタバレ!原作と最終回結末は?

ニホン ノワール ネタバレ

Contents• 新薬は清春自ら投与 以前の考察では、新薬は山小屋で意識を失った時に投与されたのではといいましたが、実際は、最終決戦に挑む前に自ら投与していたことがわかりました。 ポイント 一応、最終決戦前に、新薬はこの世からはなくなっていたことは当たっていました。 ちなみに、新薬は薫が廃ロッカーのようなところに隠していました。 薫はガスマスク男に撃たれて死亡した 薫は、清春を自分を殺害した容疑者にして、ニッポンノワールの存在を明るみにしようとしますが、清春に諭され躊躇します。 しかし、そこにガスマスク男が現れ、薫は殺害されてしまいます。 清春も、その場で殴られ意識を失います。 ポイント ガスマスク男は、この山小屋で薫と清春が会っていることをなぜ知っていたのでしょうか。 スポンサーリンク アルティメットプログラムの成功者は2人 喜一の話では、アルティメットプログラムの成功者は清春ともう1人だけだということでした。 ポイント 克喜が拳銃を平気で撃ったり、暴れた時にすごいパワーだったのは、アルティメットプログラムではなく、普通の人体強化プログラムだったということでしょうか。 そもそも克喜は、人体強化プログラムを受けていたのでしょうか。 そういった話はいっさいありませんでしたが。 才門はやはり生きていた 山小屋に現れたガスマスク男の正体は、才門でした。 清春は、USBについてた血が才門のものではないことと、仮死状態になる薬の存在から、才門は生きていることを確信していました。 精神支配プログラム ニッポンノワールでは、精神支配プログラムも存在し、銀行強盗グループは薫にコントロールされて犯行をおこなっていました。 そして才門は、このプログラムを清春に使い、look at meの言葉で本城の殺害などをコントロールしていました。 ポイント ちょっと簡単に操られ過ぎな感じもしましたが。 スポンサーリンク 才門がガスマスク男だったのは2回だけ 才門がガスマスク男の格好をしたのは、監禁中の清春に克喜が危ないと告げた時と、黒幕に新薬が渡る前に探しに来た今だけだといいます。 ポイント この時点で才門は黒幕ではないことがわかりました。 つまり、アルティメットプログラムが成功したもう1人の人物は才門ではないということになります。 そうなると、第三話で、清春と才門が対決した時の血管浮き出しはなんだったのでしょう。 清春にニセの記憶を刷り込もうとしてやめる 才門は、薫殺害現場から清春を連れ去り、薫を殺した記憶を清春に刷り込ませようとしますが、中止します。 そして、喜一に清春の3か月間の記憶を消去させ、アルティメットプログラムまで実行させます。 ポイント ニセの記憶の刷り込みは中止したのに、なぜ喜一の一回目のNNマークでニセの記憶が蘇ったのでしょう。 また、NNマークを見せると段階的記憶が戻る仕組みは、どこで仕込まれたのでしょう。 ちなみに、謎の老婆は、記憶刷り込みをしようとした医者で、メガネ屋は、山小屋からの移動中に清春が一時的に見た外の景色でした。 才門は死にかけていた? 清春が才門に、なんで死んだふりまでしていたのかと聞くと、ふりではなく、本当に死にかけていて、アルティメットプログラムを受けていたといいます。 ポイント この辺の経緯がよくわからないのですが、プログラムを受けたのはどのタイミングだったのでしょう。 薫が死んだあと?それだと不適合なのに長く生き過ぎてる気がします。 そうなると、警察病院の地下で仮死状態になって姿を消した後ということでしょうか。 真のガスマスク男は名越だった 清春と才門のところに名越が現れ、名越は才門を撃ち殺します。 清春は、これまでの名越の不審な点について話し、名越がガスマスク男だと指摘します。 観念した名越は、自ら正体を明かします。 ポイント 薫の携帯のパスワードについては、どういう意図があったのでしょうか。 薫が克喜の学年組などを正しくパスワードとしていたのなら、名越はそのままの番号を言えばいいだけのように思いましたが、バレる危険があるウソをなぜついたのかがわかりません。 実際怪しまれてましたし。 名越、一人忘れてない? 名越は、薫、銀行強盗グループ、政明、陣内を殺したのは自分だと告白します。 ポイント 喜志の殺害についてはなぜふれていないのでしょう。 清春と名越の最終決戦 清春と名越は、最後の戦いをします。 最終的に、新薬の効果があらわれたスーパー清春が、名越をノックアウトし、逃げようとする名越を南武が確保します。 ポイント 最終決戦の様子を咲良がネット配信をします。 一応、ニッポンノワールについて世に知らしめるということを少しは出来たのかもしれません。 10億円は喜一が預かっていた 10億円は喜一が預かって、地下室に保管してありました。 ポイント 薫が、10億円と新薬を喜一に託していたという考察は当たっていたようです。 最後に清春が襲われる ドラマが終了し、エンディングの最後で、清春が襲われる描写がありました。 これは、ホラーやサスペンスでお決まりの、事件はまだ終わっていない的なあおりなので、触れないでおきます。 以上、最終回のあらすじ考察でした。 才門黒幕説を唱えてきたので、みごとに外してしまいました。 ただ、ロジカルと独創的をモットーにやってきたので、これまでの考察はそれなりにおもしろく書けたのではないかと思います。 これからも、いろいろと考察ブログを書いていきますので、当たる当たらないは別として、皆さんに楽しんでいただければと思います。 ありがとうございました。

次の