サーナイト 育成論。 サーナイト:ポケモン ダイヤモンド・パール・プラチナ攻略Wiki

【USUM】メガサーナイトの育成論!ダブルレートの展開と削りを両立する高火力範囲アタッカー【ポケモンウルトラサンムーン】

サーナイト 育成論

サーナイト Sirnight 英語名 Gardevoir 282 - 031 159 - - - 066 - - 031 - - - - - - - - - - 122 036 - 分類 ほうようポケモン 1. 6m 48. 4kg 白 メガサーナイト 1. 6m 48. 4kg 20サイクル• 第三世代: 5376歩• 第四世代: 5355歩• 第四世代以前: 208• 第五・第六世代: 233• 第七世代: 233• メガシンカ: 278• ポケモン徹底攻略• サーナイトとはのNo. 282のポケモンのこと。 初登場は。 メガサーナイトについてもここで述べる。 特徴 の進化形の1つであり、の最終進化形の1つ。 亜人型のポケモンで、白を基調に頭や腕などに黄緑色が見られる。 胸の辺りから背中にかけて赤いプレートのようなものが体を貫いている。 同様の器官は分岐進化先のにもある他、進化前・の場合は頭部の突起に存在する。 サイコパワーで体を支えているため、重力を感じていないらしい。 これがためか、速く移動するときには足を使わず空中浮遊を行う。 サイコパワーを使い信頼するトレーナーを守ることに命を懸け、そのためであれば小さなブラックホールさえも作り出すが、野生での生態は一切分かっていない。 20で• 30で• をサーナイトに持たせた状態ででメガサーナイト• で(のみ)• をエルレイドに持たせた状態ででメガエルレイド ポケモンずかんの説明文 、 みらいを よちする のうりょくで トレーナーの きけんを さっちしたとき さいだい パワーの サイコエネルギーを つかうと いわれている。 漢字 未来を 予知する 能力で トレーナーの 危険を 察知したとき 最大 パワーの サイコエネルギーを 使うと いわれている。 、 サイコパワーで くうかんを ねじまげ ちいさな ブラックホールを つくりだす ちからを もつ。 いのちがけで トレーナーを まもる ポケモン。 漢字 サイコパワーで 空間を ねじ曲げ 小さな ブラックホールを つくりだす 力を 持つ。 命懸けで トレーナーを 守る ポケモン。 サイコパワーで からだを ささえているため じゅうりょくを かんじていない らしい。 トレーナーを まもる ために いのちを かける。 、、 みらいを よちする ちからを もつ。 トレーナーを まもる ときに さいだい パワーを はっきする。 漢字 Y 未来を 予知する 力を 持つ。 トレーナーを 守る ときに 最大 パワーを 発揮する。 漢字 ソード 未来を 予知する 力を もつ。 トレーナーを 守る ときに 最大 パワーを 発揮する。 いのちがけで しんらいする トレーナーを まもろうとする。 みらいを よちする ちからを もつ。 、、、、 トレーナーを まもるためなら サイコパワーを つかいきり ちいさな ブラックホールを つくりだす。 漢字 X トレーナーを 守るためなら サイコパワーを 使いきり 小さな ブラックホールを 作り出す。 漢字 シールド トレーナーを 守るためなら サイコパワーを 使いきり 小さな ブラックホールを つくりだす。 こころの かよいあった トレーナーを まもるとき さいだい パワーの サイコエネルギーが はっきされる。 種族値 通常 の範囲 第三世代以降 レベル50 レベル100 68 おぼえるわざ も参照。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 30 をレベルアップさせる。 30 をレベルアップさせる。 30 をレベルアップさせる。 30 をレベルアップさせる。 30 をレベルアップさせる。 形態 メガサーナイトが存在する。 特性はになる。 主に下半身がふっくらと膨張し、花嫁のような姿になるが、性別問わずこの姿になる。 なお、メガシンカ前後でたかさ・おもさのどちらも変化がない。 なお、 女性的な姿と、が雌雄両方存在することはのサーナイトのフィギュアの説明文でも言及されている。 シリーズでは、、の3作に登場。 モンスターボールから出てくると、自分の周りに円状のを展開し歩き回る。 なお、同作のリフレクターは攻撃のダメージを軽減するのではなく飛び道具を反射する効果である。 にプレイアブルキャラクターとして参戦している。 テクニカルタイプ。 共鳴バーストでメガシンカする。 バーストアタックは「フェアリーテンペスト」。 オーバーラップ社の『ポケモン空想科学読本』で取り上げられた。 サーナイトはブラックホールを作る設定だが、もし直径10cmのブラックホールを敵の背後1mの位置に作るとしたら、敵は0. 000000027秒でブラックホールに吸い込まれる。 但し、トレーナーが11m離れたところにいるとすると、敵を吸い込むまでの間にトレーナーがマッハ8600の速度で22cm動き、そのままの勢いで吹き飛ばされる計算になる。 そのため、サーナイトがどのようにトレーナーを巻き込まずにブラックホールでトレーナーを守るかは、現実に当てはめた場合まだ有力な説が無いという内容であった。 2020年2月27日に行われた公式人気投票のポケモン・オブ・ザ・イヤーでは総合9位を記録したが、これはとしては最高位。 ではに配置するポケモンとして人気。 防衛用として人気のやをはじめ、入手しやすくCPが高いやなど、タイプを弱点とするポケモンが多く配置される傾向にあるため、を大きく軽減する上に弱点を突けるサーナイトが途中に挟まっていると、攻撃側はどうしてもタイプを引っ込める必要が出てくるため手間をかけさせることができ、防衛力が高まる。 攻撃力を見ても、ノーマルアタックとして破格の性能を誇るや、2ゲージで発動の早いが使えるため、攻撃側もやを倒すために使える。 アニメにおけるサーナイト• では、進化前のとともにラルトスの姉として登場。 では、のポケモンとして登場。 ではのポケモンとして登場。 メガサーナイトへとさせた。 では映画女優ポケモンとして登場。 マンガにおけるサーナイト ポケモンカードにおけるサーナイト• 探検隊シリーズ・超不思議のダンジョンでは、と共にチーム「チャームズ」を結成している。 「チャームズさんじょう! 」にも登場。 出現するダンジョン 斜体のダンジョンでは仲間にできない。 時・闇:なし 空: 炎:なし 嵐:なし 光:たからじまへのみち 未登場 けつだんのいずみ・せいめいのき かがやきのみき・うんめいのとう CONNECTED条件:ノエタウンで話しかける 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。

次の

【ポケモン剣盾】サーナイトの育成論と対策【ポケモン界の魔法使い】

サーナイト 育成論

攻撃技 タイプ 威力 命中 追加効果 備考 メガシンカ型の主力技。 みがわりも貫通する。 非メガシンカ時のメインウェポン。 主力技2、妖タイプと相性がいい。 特殊受けやめいそうを積んでくる相手を意識するなら。 ギルガルドやメタグロスに有効だが、弱点保険が発動したりバレットパンチで攻撃する前に倒されたりする。 ピンポイント。 水や地面を意識するなら。 鋼意識の炎かヒードラン意識の地。 素早さを逆転しながら攻撃。 フェアリースキンが適応されるのでかなりの威力になる。 ねむるとも相性がいい。 タスキ潰し。 まず警戒されない。 変化技 タイプ 命中 備考 鋼タイプに非常に有効。 素早さを逆転できる。 特性がトレースなら「いたずらごころ」にも強い。 鈍足物理アタッカーを相討ちにできる。 素早さが高くないので、使いどころが難しい。 まもるやみがわりと合わせて。 交代読みや、でんじはで麻痺させた後の痺れて動けなくなる試行回数を稼げる。 サポート用だが、「おにび」があるため微妙。 サポート用。 散り際に使えるが、最後に攻撃した方が良いことも。 サポート用。 抜き性能を上げれる。 また、特殊受けとしても機能しやすくなる。 スカーフ型なら。 倒れかけの相手をわざと倒さずに、積みの起点にする。 メガシンカ基本型 特性:トレース 性格:ひかえめ 努力値:C252・S調整・残りH 持ち物:サーナイトナイト 技 技1:ハイパーボイス 技2:サイコキネシスorサイコショック 技3:めざめるパワー炎orおにび 技4:選択 相性の良い味方ポケモン キリキザン X・Yで追加されたメガシンカを使ってみた。 基本はハイパーボイスで攻めていくため妖を半減する炎、毒、鋼をどうするかが課題となる。 毒、炎はエスパー技で何とかなるが、鋼にはどちらも半減されてしまうので、鋼に対する有効打として、「めざ炎」が「おにび」は持っておきたい。 しかし、サーナイトに抜群を取れる先制技を持つギルガルド、メタグロスや炎技の効かないヒードランは厄介。 H252ギルガルドはシャドーボールで51. 4%〜61%のダメージだが、交代読みで当てても弱点保険が発動し、かげうちで落とされてしまう。 また、物理防御が低いため、ファイアローやメガガルーラなどには抜群をつかれなくても普通に負ける。 対ギルガルド型 特性:トレース 性格:ひかえめ 努力値:C252・H244・BDS4 持ち物:サーナイトナイト 技 技1:ハイパーボイス 技2:シャドーボール 技3:かげうち 技4:ふういん X・Yで追加されたギルガルドが大暴れしているので作ってみた。 「ふういん」をすることによって、「シャドーボール」、「かげうち」、「せいなるつるぎ」、「キングシールド」の構成の特殊ギルガルドを倒すことができる。 しかし、相手が物理型であったり、ラスターカノンを覚えていると負けるので安定しない。 ギルガルドを倒せるだけでは本末転倒なので、普通の相手は今まで通り戦えるようにハイパーボイスを覚えさせるとよい。 エスパー技や「おにび」を覚えさせる技スペースはないが、「シャドーボール」、「かげうち」は自分が使ってもそれなりに使える技なので、無駄ではない。 こごかぜ型 特性:トレース 性格:ひかえめorおくびょう 努力値:C252・S調整・残りH 持ち物:サーナイトナイト 技 技1:ハイパーボイス 技2:こごえるかぜ 技3:サイコショック 技4:選択 選択技:みちづれ、おにび、アンコール、かなしばり こごえるかぜを搭載した型。 もし、「ハイパーボイス」でも倒せないようなら、「みちづれ」で相打ちにすれば良い。 素早さは仮想的を考えて調整しよう。 CS全振りでも良いが、耐久に振らないと「こごえるかぜ」をする前に落とされてしまうかもしれない。 (特に物理方面は危ない) いたみわけ型 特性:トレース 性格:ひかえめ 努力値:C252・D244・HBS4 持ち物:サーナイトナイト 技 技1:ハイパーボイス 技2:いたみわけ 技3:でんじは 技4:みがわり HPをわざと下げ、「いたみわけ」のダメージを上げる型。 「ハイパーボイス」だけでは惜しくも確定1発をとれない相手は多いが、いたみわけをすることににより、ハイパーボイス確定圏内に収めながら、自分の体力を回復する。 最初に「でんじは」を挟んでも良い。 自分の方が早い場合はそのままハイパーボイスを2発撃って倒す。 相手の火力が低い場合は「みがわり」でさらに自分の体力を削ってから「いたみわけ」をする。 様子見としても使えるため、最初に「みがわり」を使っても良い。 「いたみわけ」は「みがわり」で防がれてしまうが、「ハイパーボイス」が「みがわり」貫通なため問題ない。

次の

【必見育成論!】最強サーナイトの作り方!

サーナイト 育成論

【めいそう】を使う場合のことを考えれば、実は無理に弱点を突く必要はありません。 一撃でアドバンテージを取る必要がある速攻型のフーディンとは別に、【めいそう】一積み+効果普通以上のわざを通す、というところにめいそう型サーナイトの真価があります。 ですから、「こうかばつぐんのわざを増やす」よりも、「こうかがいまひとつのわざを減らす」方が重要である、というわけです。 そういう意味でも、くさわざは向きません。 ここで特攻に努力値を振る意味を考えてみましょう。 サーナイトの特攻はレベル50において、最高で194、努力値のみ0なら159となります。 この差は、【めいそう】を積むことによって拡大します。 前者なら、【めいそう】1積み後は291、後者なら238。 仮に2積みをするとなると、その差はさらに拡大して388と318。 努力値252の時の数値と、それより1回積んだ多く状態の努力値0の時の数値が近づいているのがわかります。 つまり、努力値を多く振ることにより、積む回数を少なくできるわけです。 もちろん、サーナイトが2回も3回も積むという状況は非常に稀で、実際1回積めば万歳といったところかと思います。 結局のところ、サーナイトの耐久力をどれくらいに見積もっているかが最大の問題となります。 サーナイトの耐久性は、特殊受けはそこそこ優秀で、なおかつ【めいそう】での上積みも期待できますが、一方で物理受けは貧弱です。 補正なし、個体値31の場合でも、レベル50で最大117、最低85と紙くずレベル。 今作DPでは物理攻撃が優秀なポケモンが増えたことを考えると、どうしても物理受けの弱いポケモンは運用が難しいことになります。 よって、やはり最優先すべきは物理防御ということになります。 しかし、こうも考えられます。 「きあいのタスキ」を使うことにより、紙クズ同然の防御を逆に活かせるわけです。 1ターンで即死することはなくなりますから、最低どんな状況でも1積みが期待できます。 しかし相手より素早さが高いことが前提ですので、この場合は素早さに努力値を振ることが重要となってきます。 結局、いかなる戦法をとるにせよ、素早さ252、特攻252が一番安定するようです。 しかし、もともと素早さが低いポケモンですから、種族値100以上のポケモンにはそもそも素早さで勝てないことになります。 そういうことになれば、素早さを諦め、「せんせいのツメ」を持たせて防御を固めるという戦略もあるわけです。

次の