パンとスープとネコ日和 喫茶ハッピー。 「パンとスープとネコ日和」のドラマを見れる動画配信サイトは?全話無料でお試し視聴する方法!(第1話~4話<最終回>まで)

日本ドラマ: 韓国ドラマ&海外ドラマ日記

パンとスープとネコ日和 喫茶ハッピー

アキコは出版社の編集を担当するOLでしたが、突然経理部への異動を命じられます。 同時期、定食屋を営む母親が店先で倒れ、そのまま帰らぬ人となってしまいます。 この二つの偶然によって、アキコは自分サイズのカフェを母親の居酒屋を改装して始めることになりました。 アキコのカフェのテーマは『自分のやりたいお店をやってみる』。 なお、『パンとスープとネコ日和』のロケ地に関しては別ページで詳しくまとめましたので、そちらのページをご覧ください。 なんだか演技が普通なんですよね。 こうゆう人いるよねって。 すみません、原作の方は見ていないので(著者:群ようこさん)本当のアキコの雰囲気が分かりませんが、ドラマでのアキコは常に自分のペース生きていて『今、幸せですか?』って聞いたら『うん、やりこと好きにやれて幸せですよ』って返って来るイメージです。 それは、カフェを開業してからもそうだし、出版社に勤めていた時も作家の山口先生に対しての振る舞いを見ても感じました。 なんというか、人に対して凄く誠実に対応しているアキコの魅力を小林聡美さんが演じることによって、どんどん作品に引き込まれていく感じです。 アキコの生き方で印象に残っているシーンがありました。 出版社の後輩が新刊の装丁のデザイン案でアキコに相談した時のエピソードです。 二つのパターンで悩んでいる後輩にアキコは、衝突を恐れずに自分の意見をしっかりと伝えていくことが大切だとアドバイスしています。 人と何かをする時は自分の意思を持ってて、それを相手に伝えていくってことからしか始まっていかないからね アキコの生き方を象徴するシーンですね。 アキコの言っていることは当たり前のことなんだけど、社会に出るとその当たり前のことが見えなくなるというか、見ないようになるというか、当たり前のことを行うのが難しくなりますよね。 アキコのマイペースは自分にとっての当たり前をしっかりと相手にぶつけることなんですね。 ただ、アキコのマイペースはわがままな独裁者ではありません。 いつも相手を思いやる優しいマイペースなんですね。 小林聡美さんのセリフのトーンが素晴らしくて、つい見入ってしまうことが多かったです。 おかげで目が充血しています(笑) キャストが素敵すぎる 小林聡美さん以外のキャストも『パンとスープとネコ日和』の作品にとてもマッチした方々でとても良かったです。 主要なキャストの方々をご紹介していきますね。 しまちゃん(伽奈) アキコのお店で働く頼れるアルバイトしまちゃん。 真面目で誠実で元気な女の子です。 ヤマダさん(光石研) 商店街で花屋を営むヤマダさん。 アキコの母親が営んでいた『お食事処カヨ』の常連さんで、アキコの事を気にしてくれて、カフェにも開店早々来店していました。 スダさん(塩見三省) 商店街で駄菓子屋を営むスダさん。 ヤマダさんと同じく『お食事処カヨ』の常連さんですが、少しセンチメンタルできざっぽい所があります。 ヤマダさんとスダさんが駄菓子屋さんに座ってラムネを飲んでるシーンがとてもよかったです。 喫茶店ハッピーのママ(もたいまさこ) アキコのお店の向かいにある老舗喫茶店『ハッピー』のママ。 毎回アキコに嫌味ったらしいことをふっかけてくるけど、実はいつもアキコの事を気にしてくれる優しいおばさん。 『ハッピー』のナポリタンが昔ながらの王道的なやつで超絶美味しそうだった。 ユキちゃん(美波) 『ハッピー』のママの娘のユキちゃん。 『ハッピー』で働いていますが、ママの娘とは思えないくらい純粋無垢な女性でした。 終盤、しまちゃんとも仲良くなって一緒に帰っていました。 寺の住職フクサコ(加瀬亮) たぶんアキコの弟であろう住職フクサコ。 そして3話でアキコはその住職であるフクサコを訪ねています。 フクサコはアキコに雰囲気が似ていて、『聡明』という言葉が似あう住職でした。 カフェを開業したい人におすすめ 『パンとスープとネコ日和』はカフェを開業したい人におすすめです。 ただ、仕事のマニュアルとか従業員制度とか給与体系とか、本当に役立つことはありませんが、それでも『こうゆうお店がやりたい』と思わせてくれる作品です。 また、カフェを開業したはいいけど疲れてしまっている人なんかにも見てほしいですね。 最初の動機が思い出せると思います。 まとめ 最近、寝る前に『パンとスープとネコ日和』を見てから寝るのが習慣になっています。 ただ、一話が50分と少し長いので、だいたい半分くらい見て寝るのがいつもの感じです。 小林聡美さんがトークイベントで『こういうドラマにイラっとしない方に見てほしい。 『何も起こらないじゃないか!』と怒られても困るので、ゆとりのある方に見てほしい』とおっしゃっているように、本当にカフェの日常の光景とアキコの生活が描かれているだけですが、すごく心がほっこりとします。 挿入歌で流れるウクレレ(笑うときはだれかと一緒だ)やピアノ(はるかな時間)の曲も最高です。 疲れている人、カフェを開業したい人、食欲がない人におすすめのドラマです(笑)。 ちなみに、以前観た小林聡美さんの『』や『』も最高だったので、おすすめです。

次の

パンとスープとネコ日和 ロケ地情報

パンとスープとネコ日和 喫茶ハッピー

ページ内目次• パンとスープとネコ日和ロケ地・撮影場所 小林聡美さん主演WOWOWドラマ『パンとスープとネコ日和』のロケ地は、東京都世田谷区を中心に行われました。 2013年7月8月にかけて日曜日22:00からWOWOWで放映されていたドラマになりますが、リアルタイムではなくアマゾンプライムにて視聴しました。 エキストラの協力もあり撮影が行われたようです。 今晩10時からのwowow連続ドラマ『パンとスープとネコ日和』第4話。 エキストラのお手伝いをしました。 お客さんとしてサンドイッチを食べてます。 普通に観てると気がつかないと思うけど、注意深く観ていれば見つけられるかも?です。 'OLU'OLUはドーナツとベーグルのお店で現在も営業されています。 看板無し、メニュー無しで地元の方の知る人ぞ知るお店だったようです。 贋作インドカリーマシバシイネツルカモは、名前の通りインド料理屋さんですが、現在は閉店されているとのことです。 鈴木花店は創業60年の歴史ある花屋さんで、現在も営業されています。 ドラマの雰囲気そのままに現在も営業されています。 この時点ではアキコは務めていた出版社を辞める気はなかったので、かよのお店(お食事処かよ)の代わりに入ってくれるテナントを探していたのかもしれません。 エントランスでのシーンがありましたが、暗かったので早朝、もしくは夜間に撮影されたものだと思います。 ドラマでも刺身やてんぷらなどが出されていました。 世田谷区スポーツプラザで、しまちゃんがアキコに昔からのおやつ『頭脳パン』なるものをおすそ分けしています。 しまちゃんは親から『頭がよくなる成分が入っている』と教えられていましたが、『頭脳パン』の由来は『頭脳粉』を使用して作られたパンのことで頭が良くなるという正式な発表はありません。 アキコとしまちゃんが食事をしていたお店はベルベット 東京都世田谷区代沢5-19-14メゾン渡辺1F 3話でアキコとしまちゃんがワインを飲んでいるシーンは、世田谷区のバー『ベルベット』で撮影されました。 喫茶店ハッピーのママの話しやしまちゃんのおばあちゃんの話しをして、終始雰囲気が良かったです。 フクサコを探しに行った際に利用した駅は西武多摩川線是政駅 アキコが自分の弟かもしれないフクサコを探しに利用した駅が東京都府中市是政五丁目にある西部多摩川線の是政駅(これまさえき)です。 ドラマの設定では、アキコのお店から電車で1時間の所の駅という設定でした。 フクサコがいる寺は大慈山円照寺 東京都稲城市大丸851 アキコの弟の可能性があるフクサコが住職をしているお寺は稲城市の大慈山円照寺でした。 アキコが利用した駅も円照寺には近いですが、円照寺の本当の最寄りの駅は東京都稲城市大丸にあるJR南多摩駅です。 この時に流れていた曲は大貫妙子さんの『この空の下で』です。 まとめ 私は『パンとスープとネコ日和』を2019年の1月に知って初めて見たわけですが、もっと早く出会いたかったと思わせてくれるドラマでした。 おそらくこの先も何度も見ると思います。 以前に、ツイッターで『パンとスープとネコ日和』の感想記事を書いたとつぶやいた際にフォロワーさんのに『かもめ食堂』という作品も紹介してもらったので、今度見てみようと思っています。 なお、『パンとスープとネコ日和』の感想記事は別ページになりますので、そちらのページをご覧ください。

次の

「パンとスープとネコ日和」のドラマを見れる動画配信サイトは?全話無料でお試し視聴する方法!(第1話~4話<最終回>まで)

パンとスープとネコ日和 喫茶ハッピー

この作品、良かったです。 伽奈さん演じるしまちゃんがとても良い。 劇中のもたいまさこさんが、余りにも怖くて目が潤んでしまった、と本人が言っていましたね。 映画では無いので自分としては迷ったけどこれは買って正解。 いつまでも残しておきたい。 【追記】 勘違いしとる人が多い。 『かもめ食堂』『めがね』『トイレット』つながりとか勘違いしてる人多いけど、まず監督がちゃうがな。 この作品は松本佳奈監督や。 『かもめ食堂』『めがね』『トイレット』『レンタネコ』等は荻上直子監督や。 『プール』に至っては大森美香監督や。 キャストが似てて、雰囲気が似てても監督がちゃうねんから、一緒にしたらアカンがな。 ようおんねん。 荻上直子監督と松本佳奈監督と大森美香監督。 この3人の作品をごちゃ混ぜにして、荻上直子監督の作品やと勘違いしてる人。 作ってる監督に失礼やろ。 演出のされ方が全然違う所に気づかへんのかな。 つい先日、恩人のお葬式に行ってきました。 身内でもないのに、骨も拾ってくれと喪主に言われました。 この物語に出てくる、喫茶ハッピーのママも、花屋さんも駄菓子屋さんも、主人公のお母さんにとって、そういう人だったんだなぁと勝手に思ってます。 市井の人々の暮らしに、他人から見て劇的なことなんて、そうはありません。 押しつけがましくない思いやりを、さりげなく掬って見せてくれた四話でした。 僕には89歳の母親のご飯をこしらえる役目があり、パンとスープはお昼ごはんに真似させてもらっています。 喫茶ハッピーの前を掃除するホウキまで欲しくなりました。 ナポリタン、うどんでこしらえてます。 亜流なり 映画の中で あの人の 作る料理に 敵うわけなし 映画「かもめ食堂」が好きで、それつながりで、荻上直子監督の「めがね」と本作をDVDレンタルしてみました。 あの作品を気に入った方には申し訳ないですけど、自分的には「めがね」はまったくいただけなかった。 正直がっかりでした。 その後続けて(期待半分、恐る恐るで)この「パンとスープとネコ日和」を見たんですが、こっちは大当たり。 キャストやスタッフ、演出的にも、かぶるようなところが結構あるんですが、映像作品としてはこちらの方が格段に面白かったです。 「かもめ食堂」ファンとしては「そうそう、こういうのがまた見たかったんだよ」てな感じに仕上がっています。 ぶっちゃけ、ストーリーは大したことないです。 でも、登場人物がみんな良いんです。 愛すべき人たちばかり出てきます。 全4話しかないんですが、もっと長く、違うエピソードやその後が見てみたいと思いました。 劇中に出てくるスープとサンドイッチ、とにかくウマそうです。 見ていてヨダレが出ます。 フードコーディネーターの飯島奈美さん、良いお仕事をなさっています。 インテリアや食器なんかも洒落てて、近所にあんなお店があったら、間違いなく常連になりますね。 値段の1200円をちょっと割高と女性らしいレビューも見かけましたけど、自分的には「あんなもんなんじゃないかな?」な気もしました。 ボリュームも結構ありますし、使ってる食材も無農薬・低農薬で厳選してるようですしね。 アキコさんは「やっていける程度の儲けでかまわない」ようですから、原価等を考えると、あれって案外良心的な価格設定なのかもしれません。 「1200円のランチなら食後のコーヒーくらいつけても」と確かに思わないでもないんですが、すぐ近くに「ハッピー」という喫茶店があります。 「美味しいコーヒーが飲みたければそちらにどうぞ」というところが、アキコさんのご近所への「気配り」であり「分」であり「こだわり」でもあるのでしょうね。 このレビューを書きながら、何故「めがね」がいただけなかったのか、理由がちょっとわかりました。 向こうの登場人物は、どこか現状から逃げてるような、後ろ向きな感じがしたからでしょう。 (ファンタジー色が強い上に、宗教みたいに黄昏れることをやたらと勧めてくるところもダメでした) やっぱり、今いる場所で、その人なりに、懸命に「生きていこう」とする人の方が、自分は好感が持てますし、応援したくなります。 自分探しに出かけたユキちゃんが結局元の喫茶店に戻ってきたように、「自分の居場所」や「幸せ」は案外身近なところにあるように思いました。 これはオススメです。 見た後にほっこり幸せな気分になれる作品です。 【追記】 最終話のダンスシーンをえらく気に入ってしまい、結局BDを買ってしまいました。 あの場面をリピートして見てしまうのは、自分だけではない気がしますね。 演出なのか素なのか、微妙にズレててあんまり上手じゃないシマちゃんの踊りがとても可愛いです(笑).

次の