この アクセサリ は 使用 できない 可能 性 が あります 充電。 【掃除・修理】iPhoneが充電できない「このアクセサリは使用できない可能性があります」と表示された時の対処法

【悲報】iPhoneの充電ができない…!「このアクセサリは使用できない可能性があります」って?

この アクセサリ は 使用 できない 可能 性 が あります 充電

「このアクセサリは使用できない可能性があります」とは 「このアクセサリは使用できない可能性があります」や「このアクセサリは使用できません」の他に「このケーブルまたはアクセサリは認定されていないため、このiPhoneで正常に動作しない可能性があります」といった表示になる場合もあります。 こういった表示が出る原因はLightningケーブル(充電ケーブル)の断線やアダプタの故障、純正品でないLightningケーブルやACアダプタを使用していることが考えられます。 iPhoneの充電が正常に行われているなら充電アイコンの横ににカミナリアイコンが表示されているはずです。 「このアクセサリは使用できない可能性があります」の表示が出た場合は充電ができているか、アイコンを確認してみましょう。 スポンサーリンク 「このアクセサリは使用できない可能性があります」の表示が消えない 「このアクセサリは使用できない可能性があります」の表示が出た際、「了解」をタップしても消えない場合があります。 ロック画面でも表示され、かなり邪魔でうざい状況になります。 この場合、表示を消すにはiPhoneを再起動させる必要があります。 ただし、通常の電源オフではスライドができない状態になるため、 強制再起動をしてください。 強制再起動はiPhoneの種類によって違います。 ・iPhone7以前のものは「ホームボタン+スリープボタンを長押し」 ・iPhone7は「スリープボタン+音量を下げるボタンの長押し」 ・iPhone8とiPhoneXは「音量を上げるボタンを押してすぐ離して音量を下げるボタンを押してすぐ離してスリープボタンを長押し」 「このアクセサリは使用できない可能性があります」となる原因と解決方法 何はともあれ、まずはiPhoneの再起動を試してみましょう。 iPhone側の問題なら大体のことは再起動で直ります。 充電ケーブルの故障 充電ケーブルは比較的壊れやすいもので、断線している場合は見た目だけでは分かりにくい場合があります。 折れ曲がるような使い方をしていたりすると断線しやすくなるので気をつけましょう。 他にApple製品を持っているなら 「このアクセサリは使用できない可能性があります」と表示された端末以外でも充電を試してみてください。 特定の端末だけで表示が出る場合はケーブルの問題ではなく、端末側に問題が発生している可能性があります。 どの端末でも充電ができない場合は充電ケーブルを買い替えましょう。 充電ケーブルが純正品ではない 純正品でない、100円ショップなどの充電ケーブルを使っていると「このアクセサリは使用できない可能性があります」と表示される原因となる場合があります。 Appleの純正品は値段が高いのが気になる人は、MFi認証されたケーブルがおすすめです。 MFiとは、AppleのiPhoneやiPod向けにサードパーティが製造した周辺機器(アクセサリ)類のために用意されたAppleの認可制度およびロゴの呼び名である。 AppleはiOSデバイスの周辺機器を製造販売するサードパーティ向けに一連の技術資料を提供している。 MFi認証されている製品はパッケージに以下のロゴが表記されているので、購入する際にはしっかりと確認するようにしましょう。 純正品と同等に近い動作に期待できます。 接触不良 充電ケーブルゴミが付着していたり、傷が付いていて接触不良を起こす場合があります。 Lightningケーブルは裏表がないので、両面の接続を試してみましょう。 どちらかで充電ができるようになる場合があります。 また、充電ケーブルを拭いたり、傷がないか確認してください。 傷がある場合には買い替えを検討しましょう。

次の

iOS「このアクセサリは使用できません」→簡単な対処法はあるので試してみて

この アクセサリ は 使用 できない 可能 性 が あります 充電

」というものがあります。 このエラーメッセージはより分かりやすくなっているので説明の必要はないかも知れません。 そのままの意味で、やはりこれも 充電ケーブルの異常についてのエラーメッセージとなっています。 「このアクセサリは使用できない可能性があります」が消えない。 ロック画面でも表示される場合 「このアクセサリは使用できない可能性があります」の表示がどうやっても消えず、ロック画面にしてもそのまま・・・となってしまう場合もある様です。 この場合は iPhoneの再起動しか解決方法がないようです。 充電ケーブルを抜いて、iPhoneの再起動を試してみましょう。 普通の再起動ができなかった場合の、強制再起動の方法もご紹介しています。 >> 「このアクセサリは使用できない可能性があります」の原因 「このアクセサリは使用できない可能性があります」というエラーメッセージが出ているということは、恐らく 充電ケーブル周りの異常が発生しているはずです。 そのいくつかの原因について、以下でまとめてみました。 Amazonの情報を掲載しています そんな事情もあって、Apple純正の充電ケーブルを購入する人は少ないハズです。 恐らく、最初にApple製品を購入したときに付いてくる充電ケーブルしか、純正のケーブルは持っていない人が多いのではないでしょうか? Amazonで検索すると、安い充電ケーブルがたくさん見つかりますからね・・・。 ですが 純正ではないサードパーティー製の充電ケーブルは要注意です。 最悪の場合iPhoneを故障させてしまう可能性までありますし、そこまで行かなくても「充電できない」という不具合が発生する可能性もあります。 今回「このアクセサリは使用できない可能性があります」と表示された充電ケーブルは純正のものでしょうか?サードパーティー製のものだとしたら、充電ケーブルが正常に動作していない可能性があります。 とは言ってもApple純正の充電ケーブルは高すぎて手が届かない・・・という方も多いと思います。 その場合は MFi認証された充電ケーブルを買いましょう。 MFi認証された充電ケーブルは「Appleが公認したサードパーティー製充電ケーブル」ということになります。 MFi認証のマークが上の画像となるのですが、これがパッケージに表示されている充電ケーブルを購入すれば、Apple純正の充電ケーブルと同じ動作を期待できます。 Amazonの情報を掲載しています Amazonで「MFi認証」と検索すれば、MFi認証された充電ケーブルが見つかるはずです。 この認証は安すぎる充電ケーブルにはない可能性が高いので、購入前にしっかり確認する様にしましょう。 上の商品は、MFi認証の充電ケーブルです。 純正の充電ケーブルに比べれば、半分程度の価格で購入できますね。 純正なのにエラーメッセージが表示される Apple純正の充電ケーブルを使っているのにエラーメッセージが表示される場合は、• 充電ケーブルが故障している• 充電ケーブルを挿している元の充電器が故障している• iPhoneやiPadの充電ケーブル差し込み口が故障している ・・・いずれかの可能性があります。 ただやはり、Apple純正やMFi認証の付いた充電ケーブルはエラーメッセージが表示されにくい気がします。 長い期間使用している場合には、差し込み口が「バカ」になってしまっているときがあります。 差し込んだ充電ケーブルを軽く、グイッと前後左右いずれかに倒してやると、押し込んでいる間だけ充電できる場合もあります。 ですが、ずっと押し込んでいるわけにもいきません(更に壊れる可能性もあります)。 充電ケーブルをいくつか試すと「相性がいいケーブル」が見つかったりするときもあります。 「このアクセサリは使用できない可能性があります」の解決方法 「このアクセサリは使用できない可能性があります」の原因を探り、その解決方法を見つけましょう。 単純な方法ですが、これだけで問題が解消してしまう場合もあります。 ゆっくり挿し込んだり、素早く挿し込んだり、いろいろ試してみましょう。 充電ケーブルには問題がなかった可能性が出てきます。 よくあるのは「充電器の差し込み口の不具合」です。 ぼくはいくつも充電器を購入していますが、例えば5つ差し込み口がある充電器の場合、高い確率で1~2つは調子の悪い差し込み口があります。 なのでまずは充電器の差し込み口を変更してみましょう。 これで解決することは多いです。 その場合は残念ながら、その差し込み口はハズレとして諦めないとダメかもしれません。 充電ケーブルの端子の汚れをしっかりと拭き取って、さらにiPhone側の端子にゴミがついていないかチェックして、再度接続をしてみてください。 同じ条件で、他の充電ケーブルを使って充電ができる場合は、先ほどまで使っていた充電ケーブル自体に問題がある可能性があります。 以下の記事に「強制再起動」を含めたいろいろな再起動についてまとめているので、ご参照ください。 これはあまり関係ないかも知れませんが、ここまでやってみてダメなら一応試してみる価値はあると思います。 まとめ.

次の

このアクセサリは使用できない可能性がありますが消えない時の解決策

この アクセサリ は 使用 できない 可能 性 が あります 充電

「このアクセサリは使用できません」「このアクセサリは使用できない可能性があります」などの表示が出てしまう事があります。 考えられる原因と対応策を纏めてみました。 Apple純正の充電器を使用していないことが原因 今は安い充電器が量販店や100円ショップなどでも販売されています。 サードパーティー製のLightingケーブルを使用していると「このアクセサリは使用できません」の表示が出る事があります。 充電器をApple純正品に替えてみてください。 Lightingケーブルだけでなくアダプタ部分もApple純正品を使用すると良いでしょう。 iOSソフトウェアが原因 古いiOS を使用していると「このアクセサリは使用できません」の表示が出る事があります。 2にアップデートした後に「このアクセサリは使用できません」と表示されたケースがあります。 特にバッテリー残量(充電残量)が少ないiPhoneを充電器に挿したタイミングで表示が出る事が多くあるようです。 古いiOSは最新のiOSへアップデートしてみてください。 バッテリーの劣化が原因の場合 iPhoneは約500回のフル充電で80%程度しか充電できなくなり、その後はどんどん劣化していきます。 バッテリーが劣化していることが原因で「このアクセサリは使用できません」の表示が出る事もあります。 劣化したバッテリーは他の不具合症状も引き起こす可能性があるので、早めにバッテリー交換をしておくと良いかもしれません。 接触不良が原因の場合 Lightingコネクタとケーブルの接触不良が原因の可能性もあります。 Lightingケーブル抜き差ししてみましょう。 アクセサリをクリーニングしてみるのも1つの方法です。 コネクタ部分はホコリなどが詰まっている事も多くある為、エアダスターなどで吹き出ししてみると良いと思います。 麺棒などで掃除するのはかえって部品を壊してしまう原因になりますので注意しましょう。 エラーメッセージが出てしまったらまずはiPhoneの再起動をおこなってみてください。 これだけで改善される場合もあります。 原因と改善方法を試しても直らない場合にはiTunesで初期化も検討してみてください。 初期化の前にはバックアップをお忘れなく。

次の