マイ ブルー cm。 【全11種類】myblu(マイブルー)のおすすめフレーバーは?一番人気の味はどれ?

マイブルーCMに西島秀俊と有吉弘行!myblu(マイブルー)「居酒屋」編

マイ ブルー cm

『myblu』のCMについて ではまず現在放送中の『myblu』のCMについて見てみましょう。 【myblu 全てのpodを取り扱い中!】 先日から、CMでも放送が始まった「myblu」 vapestudioでは首都圏15店舗で、購入前にお試しも出来ます! お好みの味で電子タバコデビューしてみませんか?😄 — 電子タバコ専門店vape studio vapestudio カッコいい楽曲が使われていますよね。 なんだか『ゲスの極み乙女。 』や『米津玄師』っぽいような感じがします! ですが この曲を歌っているアーティストは川谷絵音さんや米津玄師さんではありません! それでは一体誰が歌っているのでしょうか? 『myblu』CM楽曲は「カムラ ミカウさん」の歌! 『myblu』のCMの曲は カムラ ミカウさんというシンガーソングライターの方が作曲・歌唱されているようです! 【CM情報】 インペリアル・タバコ・ジャパン株式会社の myblu TVCM「新しい選択」篇 楽曲制作・歌唱をカムラ ミカウが 担当しました。 テレビで見かけたら反応してくれると嬉しいねぇ。 ちなみに大阪は「この香りめっちゃずるいわ」でした。 とのこと。 そしてご覧の通り、 イケメンです!! 笑 カムラ ミカウさんは大阪の堺在住で2016年からシンガーソングライターとしての活動を本格的にスタートされました。 高校生の時には軽音楽部に所属しており、その時にDTM パソコンを使用しての音楽作成 を開始し、19歳から本格的に楽曲制作をするようになったそうです。 作詞・作曲やプログラミングまで全部ひとりでこなし、さらに ライブではギターやキーボードを弾きながらDJコントローラーを操ったり歌も歌っているらしいですよ。

次の

マイブルーがCM放送・口コミで人気|割引クーポンキャンペーンでお得に購入できた

マイ ブルー cm

また、同日より日本独自の2つの新フレーバー「アイスベリー」と「ストロングメンソール」をblu公式オンラインショップと、東京都、大阪府、福岡県の一部コンビニエンスストアにて発売を開始いたします。 この日本限定の2つの新フレーバーが加わることにより、「myblu」は全部で10種類のフレーバーをお楽しみいただけることになります。 心地よい甘酸っぱさと清涼感は抜群の相性です。 目の覚めるような刺激で氷冷感がアップ。 世界的なトレンドとなっている「VAPE」(ベイプ) 蒸気でフレーバーなどを楽しむ「VAPE」は、欧米、中国他アジア地域などでタバコ葉を使う加熱式たばこより人気が高く、紙巻たばこを吸わない層、若者、セレブ層にも支持者が多く、幅広い層のユーザーに利用され、世界のたばこ市場の中でも急成長を遂げているカテゴリーです。 また、アメリカでもトップブランドとしての地位を確立しており、世界でもトレンドとなっているブランドです。 世界的に愛好されている「blu」の新製品となる「myblu」は、2018年末までにはドイツおよび日本を含む世界10ヶ国の市場で発売される予定です。 日本でのたばこを取り巻く環境~特に大都市圏において~ 昨今、日本でのたばこを取り巻く環境は、健康志向の高まりや喫煙規制により、喫煙者にとって厳しいものとなっており、それは特に大都市圏において顕著です。 2018年6月27日、東京都において、従業員を雇う飲食店は面積にかかわらず原則屋内を禁煙とする受動喫煙防止条例が可決され、東京オリンピック・パラリンピック直前の2020年4月に全面施行されます。 東京都内の飲食店の多くが本条例の規制対象となる見通しです。 今回、東京・大阪のコンビニエンスストア初上陸となる「myblu」は、たばことは違いニコチンとタールを含まず、蒸気でフレーバーを楽しんでいただける製品です。 今後もさらに喫煙が出来る場所の制限が進む一方で、今までにない「香りを味わう」ベイプ体験を提供する「myblu」の社会的な役割は大きいと言えます。 VAPE(ベイプ)とは~「加熱式タバコ」との違いについて~ VAPEは、「リキッド」と呼ばれる、さまざまな味や香りの付いた液体を、電気熱で気化させて、その蒸気を吸って香りを楽しむものです。 多彩なフレーバーが楽しめるのが特徴で、簡単に楽しめるため、利便性の高いアイテムとしても世界で注目を集めています。 一方、「加熱式タバコ」は、ニコチンとタールの成分を含むタバコ葉を電気熱等で加熱して得られる蒸気を吸うもので、ベイプとは異なる製品です。 「myblu」の主な特徴 1. たばこではない。 ニコチンとタールを含まない「VAPE」(ベイプ) 人に会うとき香りは「あなたの一部」です。 第一印象は香りで変わるといっても過言ではありません。 「myblu」は、たばことは違いニコチンとタールを一切含んでおらず、たばこまたはたばこ製品ではありません。 そのため、身体からたばこの煙の匂いがしたり、衣服に付着したりせず、たばこを吸われない方でも香りを楽しんでいただけます。 フレーバーラインナップは最高品質の原材料を組み合わせ、メンソール、グリーンアップルなどの8種類に、今回新発売するアイスベリー、ストロングメンソールの2種類を加えた全10種類で展開いたします。 心地よい多彩なフレーバーを楽しむ最新トレンド! 「myblu」は、好みのフレーバーポッドを選ぶことで、多彩な味わいと香りを楽しめます。 フレーバーを味わう「VAPE」は、ビジネスでもプライベートでも、周りに気兼ねせず楽しめるこれからの新しいスマートなスタイルです。 多彩なフレーバーとの出会いが、いま日本でも注目を集めています。 「フレーバーポッド」内のリキッドの残量がすぐに分かるほか、手を汚さずにワンタッチで簡単に交換が出来ます。 また、USBを使用し一回約20分で充電できます。 1回の充電で約300回の吸引が可能です。 「myblu」のスターターキットには1個のフレーバーポッド(メンソール)がセットになっています。 また、フレーバーポッドは2個入りパックで販売いたします。 原材料(フレーバーポッド内のリキッド) プロピレングリコール、植物性グリセリン、香料• また東京都、大阪府の一部のコンビニエンスストア(11月12日から販売開始)、福岡県内の一部のコンビニエンスストアで購入可能です。 全国ではビックカメラ、vape studio、Vape Villageでも購入可能です。 そのほか、オンラインではAmazonや楽天でも販売しております。 blu. com• インペリアル・タバコ・ジャパン株式会社とは インペリアル・タバコ・ジャパン株式会社は、2013年に設立した日本で最も新しいたばこ会社であると同時に、世界的な大手たばこメーカーの一つであるインペリアル・タバコ・グループの日本法人でもあります。 1901年に設立されたインペリアル・タバコ・グループのシガー(葉巻)、ファインカットタバコ、ローリングペーパーを含む包括的なたばこ製品群は、2014年時点で、160ヵ国以上で販売されています。 英国のブリストルにある本社は、ロンドン証券取引所(LSE)に上場し、FTSE100銘柄に選出されています。 日本ではウエスト、ダビドフ、ゴロワーズ、ジタンなど、欧州を起源とするブランドを中心に展開しています。

次の

マイブルーがCM放送・口コミで人気|割引クーポンキャンペーンでお得に購入できた

マイ ブルー cm

chimanta コンビニで買える電子タバコ「myblu マイブルー 」! 電子タバコライトユーザーを独占か! 最近コメントでもチラホラ 「myblu」の話が出ています。 私も当然知ってはいたのですが、正直あまり興味がなかったのでスルーしていたんですよね。 ただ、読者さまから「試してみて欲しい」や「比較して欲しい」との声もあったのでそれに応える為にも先日購入しましたよ。 まだ商品は届いていないで、とりあえず「myblu」がどんな商品か知らない方の為に今更ながらご紹介させていただきます。 興味のある方はご覧になって下さいね。 スポンサードリンク 目次• 「myblu マイブルー 」とは 知っている方も多いかと思いますが、まだご存知ない方の為にご紹介させていただきます。 「myblu」はインペリアル・タバコ・ジャパンという会社から販売されている電子タバコになります。 「インペリアル・タバコ・ジャパン」とは、世界大手タバコメーカーのインペリアル・タバコ・グループの日本法人になりますよ。 紙巻きタバコの「ウエスト」は聞いたことがあるかと思います。 その大手のタバコ会社が 「myblu」という電子タバコを販売するということで注目を集めました。 ニコチンもタールもなし! 要はただの電子タバコ この「myblu」はニコチン、タールは入っていません。 私も大手タバコ会社が販売するので楽しみにしていたのですが、要は「ただの電子タバコ」なんですよ。 ネットの記事などでは「アイコス・glo・プルームテックに対抗」や「加熱式タバコ市場に参入」など書いているものがありますが、世界大手のタバコメーカーが販売したというだけで、わたし的にはまったく趣旨の違う商品だと思っています。 アイコス、glo、プルームテックは紛れもなく「タバコ」で、専用タバコにタバコ税がかかっています。 それに対してmybluは電子タバコ。 同じ大手タバコ会社が販売していても、方向性はまったく違います。 使用方法は専用ポッドを挿し込むだけ 使用方法は「専用ポッド」を機器に挿し込むだけと非常に簡単です。 1個のフレーバーポッドで 約300回の使用が可能です。 このフレーバーポッドは使い捨てになるので、300回吸い終わったら処分して新しいポッドを装着します。 色々なフレーバーが販売されているので、好きな時に好きな味に交換できるのはいいですね。 満充電まで20分で300回吸える! この「myblu」は非常に充電時間が短いです。 満充電まで20分、それでいて300回の使用が可能です。 突然バッテリーが切れてもモバイルバッテリーを持っていれば予備を持ち歩く必要がなくすぐに充電が完了します。 1箱で計算すると540円になり、上記でも書いたように 1個のポッドで300回の使用が可能になります。 うーん、これをどう思うかは個人の判断になると思いますが、例えばアイコスだと1本14吸いなので1箱で280回吸うことができます。 それに比べると吸える回数は多いことになるわけですが、アイコスは当然タバコとして吸っているので毎日500円近いお金を払うことができるんですよね。 果たして タバコじゃない「myblu」に毎日500円以上のお金をかけることができるのでしょうか。 私は無理だと思いますし、「だったら最初からリキッド注入式の電子タバコでいいだろう」と私は思ってしまいます。 これが私がこの商品に興味を持たなかった一番の理由になります。 スポンサードリンク 最大のメリットはコンビニで購入できること! ただ、さすが大手タバコ会社が販売した商品です。 この「myblu」はコンビニで購入することが可能なんですよ。 これは普通のVAPEに比べて大きく違う点になります。 6月4日より、すでに福岡の一部のコンビニで先行販売が開始されています。 今後の販売予定はわかりませんが、売れ行きによってはいずれ全国のコンビニで販売が開始されるかも知れません。 そうなるといつでもフレーバーを購入することができるので、人気が爆発する可能性はありますよね。 加熱式タバコからの移行が狙いか!? この度インペリアル・タバコ・ジャパンから販売された「myblu」。 大手タバコ会社が、加熱式ではなくただの電子タバコを販売するのは、何か狙いがありそうですね。 加熱式市場は「アイコス・glo・プルームテック」の独占です。 今からそこに参入するのは難しいので、今後の展開に目を付けたのかも知れません。 加熱式タバコを使用している方ならわかると思いますが、電子タバコに対して抵抗がなくなるんですよね。 特にプルームテックは元々が電子タバコなので、「プルームテックなら電子タバコでもいいよね」という方も多いかと思います。 ましてや「myblu」は フレーバーポッドを交換するだけなので敷居がかなり低いのもポイントです。 今まではネットや専門店でしか購入できなかったVAPEが、いつでも手軽にコンビニで購入できるようになったとしたら・・・これは電子タバコライトユーザーを独占できるかも知れませんね。 さらに禁煙の補助としても活躍しそうなので時代に沿った戦略といえるかと思います。 ちなみに似たような商品は他にも販売されていますので一応ご紹介致しますね。 リキッドが注入できる「VAPECCINO」の方がで良いような気も・・・ こちらは私が以前にレビューした「VAPECCINO」です。 この電子タバコはタンク一体型のアトマイザーに自分の好きなリキッドを注入できます。 さらに複数のアトマイザーを持ち歩けば外出先でリキッドの補充の心配がいりませんし、いつでも自分の好きなリキッドに交換することができます。 しかも味もよく蒸気もかなりでますよ。 私はまだ「myblu」を試してはいないので何ともいえませんが、もしかしたら「VAPECCINO」の方がコスト面も含めていいかも知れませんね。 「VAPECCINO」の詳しいレビューはこちらをご覧になって下さい。

次の